電子チケットで温浴施設の利用がもっと便利に!
ニフティ温泉ニュース
人気エリア
東京
関東
神奈川
埼玉
北海道
大分
関西(近畿)
千葉
大阪
愛知
最終更新日:2023年10月18日

【東北】温泉街歩きが楽しめる温泉25選! 東北

名だたる温泉地が連なる東北エリア。
東北エリアには、温泉街歩きが楽しめる温泉地が豊富にあり、旅行にも最適です。

ここでは、東北エリアでおすすめしたい温泉地をご紹介します!

【青森県】浅虫温泉

東北の熱海」と呼ばれる温泉地として親しまれています。
周辺には旅館や商店が立ち並び、温泉街が満喫できます。夕日を望むビーチや、水族館があり、季節によってはマリンアクティビティを楽しむことも可能。
グルメと温泉、自然の魅力に包まれた癒しの温泉地となっています。

浅虫温泉 宿屋つばき/ 青森県青森市

浅虫温泉 宿屋つばき/ 青森県青森市
「また来ようかな」と言われる温泉宿を目指し、ホッとくつろげるおもてなしを心がけている宿です。
温泉は「かけ流し」を使用し、ナトリウムイオン、カルシウムイオンを多く含んでいるため保温効果と肌をつやつやにする美肌効果が期待できます。

貸切露天風呂、貸切半露天寝風呂もあり、気の置けない相手とゆったりと入浴を満喫することが可能。
20数種類のスパイスをブレンドしたスパイスカレーが楽しめる喫茶専門店にもぜひお立ち寄りください。
 

椿館/ 青森県青森市

椿館/ 青森県青森市
400年もの歴史を刻む老舗の温泉宿です。
青森の自然や文化、食が堪能できる旅館で、自家源泉9本の源泉かけ流しが堪能できます。
青森ならではの味付けや手作りの郷土料理でおもてなし。温泉だけでなく、グルメもお楽しみください。
心地よい旅時間が過ごせます。

野辺地から青森方面へは国道4号線の山側に信号のない農道があり、快適に走って浅虫温泉に到着。
入浴料を2人分払おうとしたら、親切な女将がこれを使って下さいと、1000円の湯札を取り出した。
以前から1500円で3か所入れる麻蒸湯札は存在したが、今回1000円の湯札が誕生したので使い易くなった。

大きめの内湯からは新鮮な湯がオーバーフローしていた。 内湯からも露天からも敷地内の椿が多数見受けられた。 玄関前の飲泉所で飲泉、尿酸値が下がるらしい。
(しろうさぎさんの口コミ)
※料金は2023年10月16日時点の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

 

 【秋田県】乳頭温泉郷

十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に点在する七湯が「乳頭温泉郷」と呼ばれています。
七湯はそれぞれ源泉を持っているため、各地で異なる泉質が堪能できます。
乳頭温泉郷の源泉はなんと十種類以上!
七湯めぐりの温泉浴は万病に効くと言われており、組合加入の7軒をめぐる湯めぐり帳を手に湯めぐりを楽しんでみるのもおすすめですよ。
 

鶴の湯温泉/ 秋田県仙北市

「鶴の湯温泉」には、4種類の泉質の異なる「白湯」「黒湯」「中の湯」「滝の湯」の源泉があります。
混浴露天風呂もあるため、家族や団体旅行でも使用可能。
また、オリジナルの味噌で仕立てた山菜と名物の山芋鍋、たて焼きの岩魚塩焼きなど、地元のグルメを川連塗りのお膳でいただけます。
温泉や散策とセットで、グルメも堪能してみてはいかがでしょうか。

日帰りで利用しました。
江戸時代を彷彿とさせる古民家と里山の風情...
恋い焦がれて、訪れましたが、期待に添ってなにもかも良かったです。
若い娘たちと行きましたが、混浴にも入りやすく...
湯あみ着など着なくても入浴できる環境に感謝しました。
勿論、泉質も最高でした。
青森県岩木山の山麓のホテルに基点を置いての旅行でしたので、時間的にも多くを取れませんでしたが、次回はしっかり此処を目的に来たいと思いました。
(tenshuさんの口コミ)
 

乳頭温泉郷 妙乃湯/ 秋田県仙北市

画像参照:https://taenoyu.com/

渓流と滝に面し、ブナの森に囲まれた一軒宿ならではの開放感抜群な露天風呂が魅力です。
妙乃湯には、泉質の異なる二つの自家源泉があります。
とろんとした中性のやさしい温泉の「銀の湯」。酸性の濁り湯でさっぱりした肌触りの「金の湯」。
いずれも違った効能を体験することができます。
秘湯情緒満載の雰囲気が楽しめる温泉宿にぜひ足を運んでみてください。

女房のコメント;
露天風呂からの眺望が素晴らしい。内湯の種類が豊富。暗証番号式の貴重品ロッカー無料。

自分のコメント;
サービス精神はどこの宿より優れている。正にお客様第一って感じ。
帰りの路線バスに乗るお客さんを見送りに出て手を振って見送りしてくれるのはこの宿くらいのもの。
(妙乃湯さんの口コミ)

 

休暇村乳頭温泉郷/ 秋田県仙北市

休暇村乳頭温泉郷/ 秋田県仙北市
画像参照:https://www.qkamura.or.jp/nyuto/

「休暇村乳頭温泉郷」は、四季折々に姿を変える美しいブナ林にある心癒される施設です。
自然の風に吹かれながら美しい風景の中で入浴が楽しめ、極上の癒し時間を満喫できます。
冬場には雪を眺めて入浴ができる雪見露天となり、景色とお湯をダブルで楽しめます。
施設では、旬の味覚や秋田の郷土料理が楽しめるビュッフェも。
休暇村周辺にはブナの森の散策路があり、自然を体験できる点でも人気のスポットです。

何年か振りの再訪が叶った。こまちで田沢湖駅へ。バスで休暇村へ。
こまちに乗車途中から盛岡過ぎで雪が深くなる。降ってもいる。バスはどんどんと深雪の中を進む。ほぼ満席。
荷物を置いて妙の湯まで歩くが吹雪いて辿り着いて直ぐ引き返す。お風呂へ。
以前よりも湯温が適温で良かった。寒くもなく熱すぎもせず。これならもう一晩と思わせる。
いつ再訪出来るやら。
(ゆったり温泉さんの口コミ)
 

 【岩手県】花巻温泉

岩手県にある花巻温泉郷は、異なる特徴の12つの温泉地からなる温泉郷です。
文人たちにも親しまれる湯治場としても親和性があると言われています。
湯宿が豊富であるため、宿泊をしながら各ホテルの湯めぐりをすることも可能。
それぞれ景色やつくりの違う温泉で、身も心も癒されてみてはいかがでしょうか。
 

鉛温泉 藤三旅館/ 岩手県花巻市

鉛温泉 藤三旅館/ 岩手県花巻市
鉛温泉 藤三旅館には5本の源泉を有しており、館内の4浴場すべて源泉100%かけ流しを使用しています。
総けやきでつくられた木造3階建ての本館は、歴史の趣が感じられます。
自然を感じる渓流露天風呂や、白糸の滝を目の前にした展望半露天風呂、立って入る立位浴ができるお風呂など、各浴槽で異なる楽しみ方ができるのも魅力のひとつ。

「鉛温泉 藤三旅館」のお得なクーポンはこちら!
全国有名な温泉を伺うのが趣味で、藤三旅館に訪れるために都内からお伺いしました。

評判通りの温泉で、本物の温泉を楽しむことができました。
東北でベスト3には入る温泉だと思います。
他の花巻の温泉も訪れましたが、目的の藤三旅館が別格だったためクチコミさせていただきました。 
(いたどりさんの口コミ)


結びの宿 愛隣館/ 岩手県花巻市

結びの宿 愛隣館/ 岩手県花巻市
内湯や腰掛湯、陶器風呂や岩露天風呂など、豊沢川の流れを眺めながら入浴できる「川の湯」。
シルクバスや陶器風呂、立湯露天風呂を森の木々を眺めながら満喫できる「森の湯」。
そして、2019年7月にリニューアルした、山をテーマにデザインされた「山の湯」の、3つの温泉が堪能できます。
周辺の湯屋に足を運ばずとも宿内で湯遊びを楽しみつくしてしまえるほど。
内湯と信楽焼陶器風呂の 2つの浴槽に入れる貸切風呂もあるので、カップルや家族でプライベートの温泉を楽しむのもおすすめです。

「結びの宿 愛隣館」のお得なクーポンはこちら!
 清潔感ある施設で大変満足できました。家族で宿泊に利用。
部屋に聞こえる心地よい川の清流音が印象に残ってます。温泉は柔らかくて包まれ感があり、掃除が行き届いて気持ち良かったです。
(mkteraさんの口コミ)


大沢温泉 湯治屋/ 岩手県花巻市

大沢温泉 湯治屋/ 岩手県花巻市
古くから湯治屋として使われてきた施設には、3つのお風呂が備わっています。
大沢温泉名物の混浴露天風呂「大沢の湯」、豊沢川を眺める女性専用の露天風呂「かわべの湯」、レトロなタイル張りの男女別内風呂「薬師の湯」。
いずれも大沢温泉の湯をじっくりと堪能でき、秘湯に浸かっているような雰囲気も人気の理由です。

川沿いの綺麗な温泉宿です。お湯もいい。
透明なアルカリ性単純泉でスベスベになります。
施設も綺麗で行く価値あり。
(せんせんさんの口コミ)

 

【山形県】小野川温泉

1200年前、絶世の美女と伝えられる平安時代の女流歌人“小野小町”が旅する途中、温泉で病を癒したという伝説が開湯のはじまりだと言われている温泉です。
そのため、湯治場として長年親しまれ、心も身体も癒してくれます。
自然はもちろん、名物豆もやしやラジウム玉子、米沢牛などのグルメも豊富。
温泉宿や商店の立ち並ぶ温泉街の散策もおすすめです。
 

小野川温泉 たかさごや/ 山形県米沢市

小野川温泉 たかさごや/ 山形県米沢市
たかさごやには、大浴場(男女別)、露天風呂、貸切風呂、血液サラサラルーム、アクアスパ、足湯、飲泉所など、温泉をふんだんに使った設備が整っています。
その全てが源泉100%を使用した贅沢な設備です。(※アクアスパを除く)
宿では米沢のグルメのひとつ米沢牛が堪能できるので、食事も一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。


小野川温泉 滝の湯/ 山形県米沢市

滝の湯は、小野川温泉内にある共同浴場です。
源泉100%かけ流しの湯は効能も感じやすく、観光客だけでなく地元の常連さんにも愛され続けてきた施設です。
湯船の中には湯の花が見られることも。
硫黄や塩化物泉含ラジウムを含む温質により、冬でも汗がひかないほど体の芯からじっくりと温めてくれます。


【山形県】蔵王温泉

開湯は1900年前まで遡る歴史ある温泉地です。
温泉が発見されて以降さまざまな施設が設置され、スキー場やロープウェイなど観光地として栄えたエリアとなりました。
強酸性の硫黄泉の効能は美肌効果があり、宿泊施設や日帰り入浴など湯めぐり散歩を楽しむ人が後を絶ちません。
東北最大級の総合マウンテンリゾートとして、人気の温泉地となっています。
 

蔵王温泉大露天風呂/ 山形県山形市

大自然に囲まれた広々とした露天風呂で源泉かけ流しの湯が堪能できる温泉です。
強酸性の硫黄泉で、肌と血管を若返らせると言われています。
番台・脱衣所は木のぬくもりが感じられる建屋になっており、雰囲気まで含めて心地よい空間に。
手ぶらでふらっと立ち寄れるので、手軽に入浴を楽しみたい人におすすめです。

恐らく、全国トップ3に入る露天風呂だと思います。
ここに入ってしまったら、有名なだけの中途半端な露天風呂なんて入れなくなりますよ。
ケイさんの口コミ)


蔵王温泉共同浴場 下湯/ 山形県山形市

蔵王温泉に立ち並ぶ共同浴場のひとつ。
上湯、川原湯の共同浴場と合わせて湯めぐりをするのもおすすめです。
大人でも200円で入浴できるリーズナブルな点が人気。(※2023年10月16日時点)
木の小屋の中で、循環したかけ流しの湯をじっくりと堪能することができます。

泊まった宿から頂いた入浴券にて利用いたしました。いかにも共同湯という佇まいですが、小奇麗で観光客でも入りやすい雰囲気となっております。

中もまさに共同湯という感じですが、結構広く頑張れば同時に8人位まで入れそうな大きさです。
で、お湯ですが、ほぼ無色で体感41度ぐらい、硫黄臭は控え目でした。
温度調節のための加水はあるようです。今回は営業終了間際の利用だったこともあり、終始貸切状態でした。
(ぐまニストさんの口コミ)


【山形県】銀山温泉

山形を代表する銀山温泉は、大正のロマンと歴史を感じられる東北の温泉地です。
古くから存在するうえNHKテレビ小説の「おしん」の撮影地として一時有名になりました。
温泉郷らしい趣深い温泉街はひっそりとしたたたずまい。レトロな街並みが広がり、情緒も楽しめます。
銀山川の流れを眺めながらゆっくりと足湯に浸かることも楽しみ方のひとつです。
 

仙峡の宿 銀山荘/ 山形県尾花沢市

温泉街入り口の高台に位置しており、部屋や館内から見られる銀山川や山々の景色が自慢の宿です。
温泉は肌あたりが良く、川のせせらぎや鳥のさえずりなど、心地よい四季折々の自然の音が楽しめます。
木のあたたかみにこだわった、寝湯も絶品。
夜は夜空を見上げて最高のリラックス体験ができるでしょう。

まだ雪の残る寒い時期にお伺いしましたが、
こちらの温泉は保温効果が高いのか、温泉に入った後、ずっと身体が温かく、
部屋の暖房をきって、窓を開け、外の冷たい空気を入れたくらい、ポカポカになります。

お食事もとても美味しく、山形肉を使ったしゃぶしゃぶ、大根飯など、
山形のご飯を夕ご飯、朝ごはんで、堪能致しました。

宿の方々の暖かいサービスが嬉しく、また是非、行きたい温泉宿です。
(ふきのとうさんの口コミ)


共同浴場しろがね湯/ 山形県尾花沢市

大正時代の面影の残る、銀山温泉の情緒ある温泉旅館街。
その中にある共同浴場「しろがね湯」は、どこか湯治場の懐かしさを感じさせる場所です。
外観はモダンで、内観は間接照明がムードよく、観光客も気軽に銀山温泉の入浴が楽しめます。
湯巡りにふらっと立ち寄っても良いでしょう。

値段の割に良かったです。私たち2人だったのでラッキーでした。小さな施設ですが、外から見えないように工夫があり、半分が露天風呂風で、ずっと入浴できる感じでした。
(mascoさんの口コミ)

 

【山形県】肘折温泉

山形県の北西部にある肘折温泉は、開湯1200年以上の歴史がある温泉地。
コンパクトで静かな温泉地ではありながら、湯治場の風情を守ったレトロな温泉地として人気です。
新鮮な食材を販売している、朝市を浴衣で見て周ることも楽しみ方のひとつ。
地元の食材を使った食事処や、食べ歩きや食材の買い物など、グルメも存分に満喫できます。
疲れたら足湯で一休みしましょう。
 

肘折温泉 お宿 大穀屋/ 山形県最上郡

雰囲気だけではなく、浸かって実感する肘折温泉の“温泉力”をうたっている温泉宿です。
古くから湧き続ける温泉のデトックス効果や美肌効果が実感できる、源泉かけ流しの天然温泉の魅力を体感できます。
のんびり過ごす湯治プランや料理を楽しむプランなど、おすすめ宿泊プランも豊富にあるので、目的に応じて過ごし方を選びましょう。

 夫婦で骨折をしてしまい、この温泉地の評判を聞き6泊してきました!
お料理は品数など全く問題なく、美味しかったです!山の温泉地でもマグロや伊勢海老を食べたい方にはむきません!
温泉は男女別に大浴場、そしてなにより空いていればいつでも入れる、貸し切り風呂(かなり大きい)が有り、今回、妻の介助が必要だったのでホントに有りがたい!
スタッフの方々も元気で気持ち良く、肘折でコストパフォーマンスNo1ではないか!
(南関オヤジさんの口コミ)

 

カルデラ温泉館/ 山形県最上郡

カルデラ温泉館/ 山形県最上郡
「カルデラ温泉館」は、苦水川のほとりに建つ八角形の屋根が印象的な温泉施設。
黄金温泉を源泉とし、ナトリウムを含んでおりさまざまな効能が期待できます。
風呂上がりにはお肌がつるつるになることから、女性に人気。
湯治場風情の雰囲気が残る内観も必見の施設です。


肘折温泉 三浦屋旅館/ 山形県最上郡

肘折温泉 三浦屋旅館/ 山形県最上郡
歴史ある古風な木造建築の雰囲気が心地よい温浴施設。
三浦屋源泉と温泉組合源泉をたっぷりと使用しているので、肘折温泉の湯の恵みを体いっぱいに感じられるでしょう。
食事は地元の食材を使用した家庭的な味わいが楽しめます。

比較的空いている時期だった点を加味しても、非常に丁寧な対応をして頂きました。乗車予定のバスをお知らせしていたところ、到着時はバス停までお迎えに来て頂き、出発時はバスに向かって手を振って見送って下さいました。滞在中もその前後も、温泉と同様の心温かいおもてなしでした。

建物はとても趣があり個人的には大満足でしたが、12月という事もあり廊下はやや寒く感じました。そういう建物なのを前提に、春~秋に利用すると良いかもしれません。
(アッツさんの口コミ)
 

【宮城県】秋保温泉

秋保温泉の歴史は古く、古墳時代にさかのぼると言われています。
信濃御湯(別所温泉)、犬養御湯(野沢温泉)とともに「日本三御湯」と称される由緒ある温泉地です。
周辺には自然豊かな景勝地をはじめ、工芸家や作家の工房も点在。
また、気軽に峡谷美が楽しめる場所も付近にあり、岩場では自然の力強さも体感できます。
四季折々のイベントも開催されているので、季節ごとに異なった表情が見られるでしょう。
 

岩沼屋/ 宮城県仙台市

「岩沼屋」では秋保温泉の湯を源泉から引き入れています。
湯殿「風ノ音」は、2023年に新しくつくられた大理石の露天風呂です。
ランプと行燈で美しくライトアップされた庭園は情緒あふれています。
庭園の眺めと滝の音を体感しながら入浴する時間はまさに至福。
内湯も伝統と風格が感じられる開放感が魅力です。昼と夜とで違った顔を見せる点もまた素敵です。


ホテルニュー水戸屋/ 宮城県仙台市

ゆったりとした時の流れの中で、心地よいお部屋と湯巡り、厳選素材を使ったグルメが楽しめる施設です。
お風呂は、外気を感じられる満月風呂、ひとりずつ入浴できる陶器風呂、岩風呂や檜風呂、サウナなど、人気の浴槽がそろっています。その数、男女合わせて16種類。
プライベートな空間で入浴できる3種類の貸切風呂もおすすめですよ。

日帰り入浴は1,300円。仙台駅からの無料シャトルバスも、ニュー水戸屋でゆっくりできる発着時間になっています。
16種類のお風呂は金土日のみとのこと。たまたま行ったのが金曜日で、すべて入れました。その他の日は、半分だとのこと。

滝もある庭園を眺めながら、熱湯、ぬる湯もあり、サウナ含め、2時間お風呂で過ごし、大満足です。
掃除の年配の女性がお客様と楽しくお話しており、私はおすすめのお店を教えてもらいました。
帰りはそこでオハギを買って帰りました。その女性がいるから、床もどこも綺麗です。
なかなかここまで掃除を徹底するところはないので、星5つです。
(ゆきりんごさんの口コミ)
※料金は2023年10月16日時点の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。


ホテル瑞鳳/ 宮城県仙台市

秋保名所「磊々峡(らいらいきょう)」を眼下に見渡しながら、開放感ある空間で過ごせるホテルです。
宿泊プランでの滞在では、シンプルで落ち着きのある客室で優雅な時間が過ごせます。
湯量の豊富な広々とした大浴場とサウナ、ジャグジーもついていてゆっくりとくつろげます。
露天風呂の数は6種類と豊富。美しい日本庭園を望みながら、立ち湯や打たせ湯などのお風呂で湯めぐりを味わいましょう。


【宮城県】鳴子温泉郷

「鳴子温泉郷」は「鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」を総称した温泉地です。2016年に環境省によって、国民保養温泉地に指定されました。
のどかな田園風景に囲まれた小さな温泉街には、地元の食材を活かした料理が楽しめる宿泊施設やレストランが多く点在。
特に秋の紅葉シーズンは美しい景色が広がり、多くの人々が訪れます。
 

いさぜん旅館/ 宮城県大崎市

いさぜん旅館/ 宮城県大崎市
湯治主体の宿として知られる「いさぜん旅館」。
お風呂の種類は、混浴内湯の「いさぜんの湯」の他、大浴場と露天風呂と内湯が付いた中浴場の3つがあります。
昔ながらの湯治場としての雰囲気をたっぷり味わいながら入浴ができます。

やはり、ここに来たら自家源泉の方に入らなければ。
ラジウムを含んでいる炭酸泉は温めで、2~3人くらいしか入れないサイズのお風呂。
壁の裏にある鉄鉱泉は熱めで、こちらも3~4人くらいのサイズか。
炭酸泉にゆっくりと浸かって、上がり湯に鉄鉱泉の方に入るとよいとのこと。
(つとさんさんの口コミ)
 

黒湯の高友旅館/ 宮城県大崎市

暗緑に濁った鳴子温泉郷唯一の鉄天然ラジウム泉の天然温泉「黒湯」が自慢の温泉旅館です。
濃厚なお湯で湯上がり後も、温かさが保持されます。
全部で4種類の個性的な源泉が引かれており、鮮度の高い天然温泉を堪能することができます。
静かな空間で、源泉の威力を堪能し日頃の疲れやストレスを癒してください。


義経ゆかりの湯 姥乃湯/ 宮城県大崎市

義経ゆかりの湯 姥乃湯/ 宮城県大崎市
画像参照:https://ubanoyu.com/

「こけしの湯(硫黄泉)」「啼子の湯」「亀若の湯」「義経の湯」の4つの泉質が堪能できる場所です。
敷地内に湧いている自家源泉を使用しており、泉質・効能共に希少価値の高さが人気です。
それぞれ異なる雰囲気が楽しめるのも魅力。
800年以上前の「義経伝説」をもとに田舎の武家の朝ごはんをイメージした「田舎の朝ごはん」も、入浴と合わせてぜひ堪能ください。


【福島県】飯坂温泉

飯坂温泉は鳴子・秋保とともに奥州三名湯に数えられる、東北を代表する温泉郷です。
俳聖の松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったという言い伝えも。
温泉街には9つの共同浴場と4つの足湯があり、温泉地では地元の方々と交流が深められる楽しみがあります。
近くには果樹園が立ち並び、福島の果物が堪能できる点でも人気となっています。
 

飯坂温泉 湯乃家/ 福島県福島市

飯坂温泉唯一の展望露天風呂のある旅館として知られています。
最上階にあるひのきづくりの展望露天風呂からは、そびえ立つ山々や開放感抜群の空を眺めることができます。
男女別の大浴場では、日本武尊が発見したと言い伝えられている温泉を心ゆくまで堪能可能。
日帰り入浴もできるので、観光のついでに立ち寄るのも良いでしょう。


飯坂ホテルジュラク/ 福島県福島市

画像参照:https://www.hotel-juraku.co.jp/iizaka/

湯温が選べる内湯と、幻想的な庭園を望む露天風呂が備わった「花ももの湯」と、宿泊者専用の5種類の湯舟を楽しめる「Spa&Relaxationゆらり」があります。
ホテル内でたくさんの種類のお風呂が楽しめる点が人気の理由。
客室も広々としていて目的に応じた部屋が選べる点では、宿泊プランも人気となっています。



【その他のエリアの温泉街をチェック!】
【関東】温泉街歩きが楽しめる温泉25選!
【関西】温泉街歩きが楽しめる温泉25選!
関連タグ
この記事を読んだ方におすすめの関連記事

この記事を書いたライターの記事

この記事を書いたライター
萩 ゆう
萩 ゆう

20代だけど温泉をこよなく愛す温泉ライター。住むところは中国地方や関西など転々と。特技はマラソン。疲労回復にも効果のある炭酸泉を求めて、各地の温泉を巡っています。

銭湯検定4級

編集部おすすめの温泉・スパコラム
最新の温泉・スパコラム
エリア一覧
人気のタグ
TOPへもどる