人気サウナランキング結果発表!
温泉&スパ情報まとめ テルメ
人気エリア
東京
関東
神奈川
埼玉
北海道
大分
関西(近畿)
千葉
大阪
愛知
最終更新日:2021年10月22日

湯の国・登別の温泉・銭湯5選 北海道

北海道を代表する温泉地・登別温泉。自然湧出量が1日1万トン、泉質は硫化水素泉、食塩泉、ミョウバン泉など9種類もあり、まさに湯の国といえるでしょう。さまざまな泉質を味わうために湯めぐりをするのも楽しそうですね。
周辺には地獄谷や大湯沼など、温泉のダイナミックさを感じられるスポットもあります。ぜひ温泉とセットで出掛けてみてはいかがでしょうか。

温泉銭湯 夢元さぎり湯


登別温泉の中でも特に人気の「温泉銭湯 夢元さぎり湯」。日帰り入浴のみで、源泉掛け流しでありながら入浴料は大人450円と大変リーズナブル。地元では毎週のように通う人もいるほど人気の温泉です。
泉質は登別定番の硫黄泉のほか、登別温泉では唯一のミョウバン泉があります。皮膚を引き締める作用があるのだそうです。加温・加水することなく100%源泉掛け流しなので、硫黄の香りが強く感じられ、濃厚なお湯が楽しめます。
これだけの充実ぶりにして入浴料420円はかなりのお値打ちです。是非一度入浴してみてください。

<温泉銭湯 夢元さぎり湯>
住所:北海道登別市登別温泉町60
電話0143-84-2050
アクセス:JR室蘭本線登別駅から道南バス登別温泉行きで15分、終点下車、徒歩3分
道央自動車道の登別東ICで降りて、道道洞爺湖登別線を北上し、6kmほどで登別温泉街入り口に近く

気軽に立ち寄れる登別温泉街の日帰り入浴施設。
登別の湯を堪能するならここで間違いないと思います…
(アルカリ温泉さんの口コミ)

登別万世閣


登別温泉バスターミナルからすぐのところにあるのが「登別万世閣」です。泉質は酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉。乳白濁の硫黄泉は、血管拡張作用を持ち、疲労回復が期待できるといわれています。
東屋がある露天風呂では四季折々の風情が楽しめる上、北海道ならではの綺麗な空気も同時に楽しめます。また、ファミリーにもうれしいのが、ベビーバスやベビーバスチェアなどの貸出グッズのほか、女性浴場の洗い場には畳敷きスペースがあり、小さなお子様とも安心して利用できる点も良いですね。
入浴料は大人1100円。朝食やランチ、ディナー付きのお得なセットもありますよ。

<登別万世閣>
住所:北海道登別市登別温泉町21
電話0570-08-3500

アクセス:JR札幌駅から特急「すずらん」、「北斗」、又は「スーパー北斗」にてJR登別駅下車。JR登別駅から道南バス「登別温泉行き」終点登別温泉バスターミナル下車すぐ(約1時間40分)
札幌北IC~登別東IC~登別温泉方面へ(約1時間30分)

一言でいえばバランスの取れた宿です。きれいだし部屋も清潔感があるし、食事もバイキングプランにしましたが種類も多く、その場でお肉を焼いてくれたり、暖かいものは暖かく食べれました。素材も良く美味しかったです…
(ロバタンさんの口コミ)

第一滝本館


登別にある宿で、肌をツルツルスベスベにしてくれると評判の美人の湯を含む効能豊かな7種類の温泉を楽しめる「第一滝本館」。昭和初期から続く大浴場にある大小合計35もの湯船では、これらの贅沢なお湯を存分に味わうことができます。
 原則的には温泉宿ですが、日帰り入浴も行っており、入浴料は2250円(9~16時)。夕方以降はさらにお安くなる設定ですが、それなりに値が張るので、長時間ゆっくりと滞在し、贅沢な温泉を堪能するのがオススメです。

<第一滝本館>
住所:北海道登別市登別温泉町55
電話0143-84-2111
アクセス: 「札幌駅」より登別温泉行きバス「高速おんせん号」利用
登別東ICより、左折して登別温泉方面へ。左手に観覧車のあるマリンパークニクスが見えてきたら、まもなくの大きな十字路を右折、そのまま道なりに進む

登別だとここはどうしても外せない                          
北海道登別市、登別温泉の言わずと知れた巨大温泉旅館です。有給休暇使って平日一泊二食付き夫婦で本館宿泊、登別と言えばやっぱりここは外せません。今回で三回目の利用となります…
(たこさんの口コミ)

登別グランドホテル


登別エリアにある巨大ホテル「登別グランドホテル」。原則的には宿泊施設ですが、日帰り入浴サービスも行っており、気軽に温泉入浴を利用することができます。
勢いよく流れる滝の音に耳を傾けつつ、豊富に用意された温泉に浸かれば、心身ともにリラックスできることウケアイ。源泉は食塩泉、硫黄泉、鉄泉などで構成されており、様々な温泉を一度に楽しむことができる点も贅沢で良いですね。
気になる日帰り入浴料は1500円。一見値が張るようにも思えますが、一度浸かればむしろ安いことに気づくはずです。是非利用してみてください。

<登別グランドホテル>
住所:北海道登別市登別温泉町154
電話0143-84-2101
アクセス: JR室蘭本線登別駅から道南バス登別温泉行きで13分、終点下車すぐ
道央自動車道登別東インターチェンジより約10分

古い口コミばかりで不安になりましたが、
実際行ってみて、悪いところなんて全然ありませんでした。

泊まらせていただきましたが、
お料理も美味しいし、温泉も3種類あって満足♪
もちろんスタッフも素敵な笑顔・対応で
周辺の他施設とは別格!…
(うきうきさん の口コミ)

登別温泉郷 滝乃家


自然との調和を最優先に和とモダンの要素を取り入れながら、食塩泉、ラジウム泉、鉄泉、硫黄泉などの豊富な温泉を楽しめる施設がここ「登別温泉郷 滝乃家」。
 露店風呂、内湯の大浴場に浸かれば心身ともに癒しの効果を得られるはず。原則的には宿泊施設ですが、日帰り入浴は1000円。ニフティ温泉の口コミでも総じて評価が高いこちら、是非利用してみてください。

<登別温泉郷 滝乃家>
住所:北海道登別市登別温泉町162
電話0143-84-2222

アクセス: JR室蘭本線 登別駅より道南バス登別温泉行き利用17分、終点下車、徒歩4分
道央自動車道 登別東ICより道道2、350号経由、登別温泉方面へ6km

初めて利用してから4年余り。その後10回くらい利用しています。
私の一番のお気に入りは露天風呂。大き過ぎず小さ過ぎず、津々と降る雪を眺めて一人白いお湯に浸かっているのが好き…
(ムームームックさんの口コミ)
関連タグ
この記事を読んだ方におすすめの関連記事
この記事を書いたライター
松田義人
松田義人

最低でも週に3〜4回は温泉に浸かる編集者・ライター。「台湾の温泉めぐり」の自著も制作中。編集プロダクション・deco代表。

編集部おすすめの温泉・スパコラム
最新の温泉・スパコラム
エリア一覧
人気のタグ
TOPへもどる