人気サウナランキング結果発表!
温泉&スパ情報まとめ テルメ
人気エリア
東京
関東
神奈川
埼玉
北海道
大分
関西(近畿)
千葉
大阪
愛知
最終更新日:2021年10月22日

別府八湯の一つ「亀川温泉」 その魅力とおすすめ施設を紹介! 大分

別府温泉には別府八湯と言われるように様々な源泉があります。
その中でも今回は「亀川温泉」について説明します。
亀川温泉は別府駅から2駅北に行ったJR亀川駅付近の温泉で、海沿いにある温泉街です。
海が見える所が多く、地元客が多く集まることで人気の温泉地で知られています。
そんな亀川温泉の人気施設を紹介します!

亀川温泉とは?

亀川温泉は泉質がナトリウム・塩化物泉で、大正時代からある温泉です。
1950年に開設された別府競輪場にも温泉があるなど、古くから発展している温泉街となります。
亀川温泉の近くには市営温泉の浜田温泉があり、浜田温泉資料館もあります。

別府の中心街からは少し離れていますが、保温効果の高い温泉で心身をリラックスさせる効果があります。
温まりやすい温泉と言えるでしょう。

亀川温泉の人気施設を紹介

浜田温泉

亀川温泉に古くからある温泉地で、別府の中でも歴史のある温泉施設です。
2002年に改修されていますが、昔ながらの銭湯のような感覚で温泉を楽しめます。

お湯の温度は高めになっているので、熱湯が好きな方や冬の寒い日などにはぴったりな温泉でしょう。
蛇口から水も出せるので温泉を調節することが可能です。
優しめの塩化物泉で、強い刺激はあまり感じない温泉です。

窓が開いていると、海からの風が入り、とても心地よく感じられますよ。
住所:大分県別府市亀川浜田町991-6
電話:0977-67-2619
入湯料金:大人200円 小人100円
利用時間:6:30~22:30
最寄バス停:「亀川駅」下車、徒歩3分

亀陽泉

2つ目に紹介するのが、亀陽泉です。
ここも大正時代から営業されていた古くからの公衆浴場ですが、2016年に改修され、綺麗な施設に生まれ変わっています。
亀の甲羅がモチーフとなっており、探してみるのも面白いでしょう。

亀陽泉は中世に一度、災害のために埋没してしまいましたが、明治時代に再発見されたという歴史があります。
この施設ではあつ湯とぬる湯があるので、好きな方を選んで入浴できます。

また、別府温泉の特徴して、改修されるとバリアフリーがしっかりとして、入浴しやすい温泉に変わります。
この亀陽泉もとても使いやすい温浴施設となっています。
住所:大分県別府市亀川中央町10-26
電話:0977-66-2666
入湯料金:大人250円 小人100円
営業時間:6:30~22:30

四の湯温泉

亀川地区の住宅街の中にある温泉が四の湯温泉です。
公園の中にあって、初めて行くと「本当にここにあるの?」と思ってしまうほどです。
しかし、中に入るととてもきれいで、地域の方々に愛されているだと分かります。

無色透明の柔かいお湯で、飲泉もできて、まろやかな味わいです。
別府の公衆浴場の特徴である半地下、高い天井、脱衣所と一体になっているなど全て揃っているので、
別府の風情を感じたいならおすすめです。

別府温泉の中ではインパクトが少ないですが、観光客でもリピーターが続出するなど、人気の温泉なんですよ。
住所:大分県別府市亀川四の湯20-4
入湯料金:100円
利用時間:4~9月 6:30~11:00 14:00~22:00
10~3月 7:00~11:00 14:00~22:00
最寄バス停:「四の湯]下車、徒歩1分

別府に行った時は亀川温泉へ!

別府八湯の亀川温泉について紹介しました。
別府の市街地から遠く、山の方にある温泉と比べるとインパクトが少ないですが、
知る人ぞ知るエリアで地元客、観光客問わず集まる場所です。
温泉が好きな方にはぴったりな温泉と言えるでしょう。
ぜひ、別府にお越しの際は行ってみてください!
関連タグ
この記事を読んだ方におすすめの関連記事
この記事を書いたライター
なおたか
なおたか

おんせん県・大分在住。温泉ソムリエ。平日も休日も温泉を楽しんでいます。別府八十八湯、九州八十八湯巡りをしています!

温泉ソムリエ,温泉ソムリエマスター,気象予報士,防災士,北海道観光マスター,温泉観光実践士,別府八湯温泉道 表泉家 名人

編集部おすすめの温泉・スパコラム
最新の温泉・スパコラム
エリア一覧
人気のタグ
TOPへもどる