本文へジャンプします。

りんご温泉の探訪記詳細「りんごとアブラのコラボ温泉」

  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
3.9点 / 11件

みんなでつくる温泉探訪記

[16/08/28 17:27] コメント数:0 小松 歩

りんごとアブラのコラボ温泉

[山形県] りんご温泉

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

小松 歩 (こまつ あゆむ) 称号:温泉ソムリエ
1011405105
龍

東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター)。
交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床にて、車でヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は1,300以上。

残暑の中にも秋の気配を感じる今日この頃。夏の終わりは少し寂しいですが、待っているのは収穫の秋。そして「りんご」の美味しい季節です。特に一大産地の東北地方では、有り余るほどのりんごが、毎年生産され、食べるだけでなく、お風呂に入れちゃう温泉施設もチラホラ…
今回は、そんな「りんご風呂」を楽しめる温泉のひとつ。山形県の「りんご温泉」をご紹介します。

最上川と朝日連峰を望む丘の上

記事画像 温かみのある木調の外観「りんご温泉」

山形市街から、西へ走ること約40分の場所にある朝日町。朝日連峰のふもとに位置し、町を最上川が縦断する、風光明媚な町です。
「りんご温泉」は、そんな絶景を望む丘の上に佇む公営の温泉施設。地元の農産物直売所も併設され、温かみのある木調の外観が特徴です。入浴料は、内湯・露天風呂含めて300円。東北地方全般に言えますが、都内では考えられない低価格で温泉を楽しめます。

内湯は広々としたつくり

記事画像 「りんご」がプカプカ浮いていますが、それよりもアブラ臭が…

男女別の内湯は、15人以上入れそうな広々とした正方形の浴槽。大きな窓からは、朝日連峰を望み、浴室内も明るく保たれています。
「りんご温泉」ですので、湯船にはもちろん「りんご」がプカプカ。夏前に訪れたため、旬な「りんご」ではありませんでしたが、「りんご温泉」らしさは抜群です。
ただ、名物の「りんご」がかすむぐらい強烈だったのが「アブラ臭」…浴室の扉を開けた瞬間から、さわやかな「アブラ臭」が漂ってきました。

りんごが負けそうなほどの強烈な個性のお湯

記事画像 アブラ臭、濁り湯、塩辛い、ワカメのような湯の花…

お湯は灰色と緑色が混ざったような、透明度30センチの濃厚な濁り湯。湯の中には、ワカメのような消しゴムカスのような、今まで見たことのない黒い湯の花も発見。タイヤのようなアブラ臭も充満しています。
ちなみに泉質は、ナトリウム-塩化物強塩温泉。舐めると塩辛く、煮詰まったみそ汁のような味です。肌触りはツルツルヌルヌルですが、ギシギシ感も同時に感じ、もったりと重たい浴感でした。

高台に位置する露天風呂

記事画像 JR東日本のCMにも登場した絶景露天風呂です

内湯のある建物とは別棟にある露天風呂。さらに高台への坂を登った先にあります。雪の深い時期は、閉鎖されることもあるという露天風呂。内湯よりも開放的な空間は、まさに絶景!山から吹く、気持ち良い風が心地よく、同時に濃厚な「りんご温泉」を楽しめます。
木村文乃さん出演の、JR東日本のCMに登場したこの露天風呂。CMでは雪景色でしたが、緑の時期も良いものです。
お湯の利用形態は、循環併用で加水・加温・消毒有りとの掲示でしたが、それでも「りんご」を凌ぐ、強烈な個性を残す「名湯」でした。

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


オススメクーポン

エリアから探す

北海道・東北2190 関東2106 北陸・甲信越1811 東海1266 関西(近畿)1825 中国・四国936 九州・沖縄1616
TOPへ戻る
TOPへ戻る