人気サウナランキング結果発表!
温泉&スパ情報まとめ テルメ
人気エリア
東京
関東
神奈川
埼玉
北海道
大分
関西(近畿)
千葉
大阪
愛知
最終更新日:2021年10月22日

「おんせん県おおいた」1泊2日の温泉旅行モデルプラン 大分

日本有数の温泉地である別府や湯布院を有する大分県。源泉数(4,411ヶ所)・湧出量(285,553L/分)が日本一で泉質も多彩なことから、「おんせん県おおいた」として県を挙げてさまざまな宣伝活動をしています。
そんな温泉ファン憧れの大分県に行ってきましたので、温泉だけではなくグルメも観光も楽しめる! おすすめの1泊2日のモデルプランをご紹介します。

1日目

別府地獄めぐり

別府地獄めぐり
初日は、250~300mの地底から噴き出る熱湯・噴気・熱湯の様子を地獄と表現する別府ならではの体験スポット「別府地獄めぐり」からスタート。海・鬼石坊主・かまど・血の池地獄の4ヶ所には足湯があり、鬼石坊主地獄には「鬼石の湯」もあります。
鮮やかな湯色が美しい地獄から、熱泥が湧き出る地獄、動物園やワニが生息する地獄、間欠泉が噴き出る地獄など、現世の「地獄」をたっぷり堪能してください。

観海寺温泉 いちのいで会館

観海寺温泉 いちのいで会館
昼食は、食事をすると温泉にも入れる「観海寺温泉 いちのいで会館」にて。本業は仕出し弁当のお店で、温泉には食事をした方のみ入浴できます。(5~8月は松花堂弁当、9~4月は団子汁定食)
観海寺温泉 いちのいで会館のお湯は時間の経過や成分・天候で色が変わり、私が行った日はお湯を入れ替えて2日目だったので色が薄く、日が経つともっと真っ青になるとのこと。絶景の露天風呂でクリアブルーの美しい温泉が楽しめます。

ガニ湯(長湯温泉)

ガニ湯(長湯温泉)
宿泊地の長湯温泉に移動し、知る人ぞ知る全方向丸見え露天風呂「ガニ湯」へ。斧川の川岸にポツンとあるガニ湯は、今は人工の岩風呂ですが、昔は自然の軽石の中から炭酸泉が湧出していたそうです。
夕方だったので通行人はいなかったと思いますが、川沿いの旅館からは見えていたかもしれません。水着で入れる露天風呂なので、ぜひ思い出(武勇伝?)作りにどうぞ!

ラムネ温泉館

ラムネ温泉館
全国でも貴重な炭酸泉を味わえる日帰り施設「ラムネ温泉館」。大浴場には42℃の内湯(炭酸が溶けた土類イオンのにごり湯)と32℃の露天風呂(泡付きの炭酸泉)、外にはサウナとシャワールームがあります。
32℃の温泉は体感としては冷たいのですが、湯口の近くは小さな銀の粒が一瞬で身体につくほどの炭酸を感じることができます。湯上り後は足先までポカポカと温かく、温まりはその後長時間続きました。

長湯温泉 大丸旅館

長湯温泉 大丸旅館
「長湯温泉 大丸旅館」は、与謝野晶子らも泊まった大正創業の老舗宿で温泉はもちろん源泉掛け流し。外湯として前述の「ラムネ温泉館」(宿泊者は無料)を有し、温泉もお食事も接客も素晴らしいお宿でした。
炭酸と土類イオンたっぷりのお湯にゆっくりつかることにより、張りつめた神経をほぐして自律神経を鎮め、痛みやアレルギー疾病に穏やかに効く効果が感じられ、日頃の疲れが吹き飛ぶようにリフレッシュできました。

2日目

七里田温泉(下ん湯・木乃葉の湯)

七里田温泉(下ん湯・木乃葉の湯)
炭酸泉つながりで、翌日は長湯温泉と並んで炭酸泉が有名な「七里田温泉」へ。長湯温泉からは約6kmなので車なら15分ほどで着きます。
七里田温泉は、建物内にある木乃葉の湯と3分ほど歩いた場所にある下ん湯があります。特に下ん湯は小さな内湯で36℃、泡付きはラムネ温泉館以上という感動の温泉でした。

湯布院を散策

湯布院を散策
湯布院は大分県内で別府と並んで人気の温泉地で、金鱗湖などの観光やショッピングも楽しめます。ここでお土産におすすめなのが、ロールケーキの専門店「B-speak(ビースピーク)」のPロール。少しキメの粗い生地はふんわり感が存分に味わえ、巻かれた生クリームは甘すぎずにバランスのいいおいしさです。
他にも、和洋スイーツやご当地調味料なども魅力的なものばかりで、ついつい買いすぎてしまうかも?!

洋食レストラン「洋灯舎」

洋食レストラン「洋灯舎」
湯布院での昼食は、金鱗湖の湖畔にあるペンションレストラン「洋灯舎(らんぷしゃ)」がおすすめ。カウンター席なら、目の前に金鱗湖を眺めながら食事をすることができます。
豊後牛のハンバーグステーキも洋食盛り合わせ(黒毛和牛のメンチカツ デミグラスソースとチキン南蛮 付け合せにたっぷりサラダ)も絶品でした!

由布院温泉 庄屋の館

由布院温泉 庄屋の館
最後は、「由布院温泉 庄屋の館」の日帰り入浴で〆の温泉。庄屋の館は、約5,000坪の敷地にゆったりと配された温泉付き離れが点在するハイクラスなお宿ですが、日帰り入浴も可能です。
庄屋の館といえばブルーのお湯が鮮やかな大露天風呂!ナトリウム-塩化物泉のお湯は、メタケイ酸が594mgと豊富に含まれているのが特徴で、肌のセラミドを整える美肌の湯が堪能できます。

いかがでしたか?1泊2日の限られた時間ではありますが、温泉もグルメも観光も満喫できるモデルプランを組んでみました。
私は1月末に行ったのですが、海に近い別府は晴れていても標高の高い湯布院はまさかの大雪で、高速道路は冬タイヤのチェックをしているほど…。大分県内は海側と山側ではまったくお天気が違うので、お出かけになる際は天気予報のチェックも必須です。
魅力いっぱいの「おんせん県おおいた」、楽しい旅行になりますように…!
関連タグ
この記事を読んだ方におすすめの関連記事
この記事を書いたライター
 ΨあやΨ
ΨあやΨ

神奈川県在住の温泉ソムリエブロガー。 2歳の女の子ママとして、子連れ温泉旅行を楽しんでいます♪

編集部おすすめの温泉・スパコラム
最新の温泉・スパコラム
エリア一覧
人気のタグ
TOPへもどる