本文へジャンプします。

老松温泉 喜楽旅館の探訪記詳細「廃墟?に湧く那須の珍湯!絶品の白濁硫黄泉です!」

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる
  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
4.5点 / 27件

みんなでつくる温泉探訪記

[15/08/08 14:25] コメント数:0 小松 歩

廃墟?に湧く那須の珍湯!絶品の白濁硫黄泉です!

[栃木県] 老松温泉 喜楽旅館

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

小松 歩 (こまつ あゆむ) 称号:温泉ソムリエ
1021494106
龍

東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター)。
交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床にて、車でヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は1,500以上。

関東屈指の人気温泉地である「那須湯本温泉郷」。老舗で洗練された旅館が多い中、国内でも屈指のボロ旅館があります。それが「老松温泉 喜楽旅館」。ネットでも何かと話題で、テレビでも取り上げられたこともある、ちょっとした有名旅館です。

湯本の大通りから外れた一軒宿

記事画像 良い具合に霧とマッチしています

那須湯本の大通りから、看板を頼りに細い一本道を進み、やがて砂利道になるところに「老松温泉 喜楽旅館」はあります。だんだんと細く、未舗装になり、山へと向かう道は、旅館などはありそうもない雰囲気で、かなり不安になります。
以前から話題の、建物の崩れ落ちた部分は撤去され、少しきれいになったようですが、この年季の入りまくった外観はしびれます。伺った日は天気が悪く、霧も出ており、良い具合に建物とマッチし、不気味な雰囲気を醸し出しています。

鄙びたを通り越してボロボロ

記事画像 廃墟探訪へ来た気分です(笑)

館内に入ると、お昼なのに真っ暗。良い感じに鄙びた…を通り越してボロボロです。一部壁がはがれていたり、床が抜けたりしていますが、そこは現在使われていないエリアとのこと。館内の主要な通路はボロボロですが、しっかり安全です。ただ、なんとなく男の冒険心をくすぐり、温泉に入りに来たのですが、廃墟探訪に来たかのような気分にもなります(笑)。

湯治場的な鄙びた浴場

記事画像 風情抜群です!

男女別の浴室は内湯のみで、それぞれに2つの浴槽があります。木の板目からも歴史を感じる浴室は、昔ながらの湯治場的な雰囲気。奥の大きな窓から光が差し込み、幻想的な空間を作り出しています。また、片方の浴槽にしかお湯を張っていないのは、以前よりも湯量が減少してしまったから、だそうです。

白濁の硫黄泉

記事画像 那須では珍しい自家源泉です!

お湯の評判が抜群な老松温泉。那須湯本温泉の多くの宿が、鹿の湯源泉を使用する中、ここは那須では珍しい自家源泉です。酸性で高温の鹿の湯源泉とは正反対の、弱アルカリ性で30度ほどの低温のやさしい白濁硫黄泉を堪能できます(分析表の掲示はなく、宿のご主人の話ですが…)。そんな自家源泉を、加温のみで贅沢にかけ流し。湯口は加温源泉、非加温源泉の2つが有り、それぞれセルフで調整できます。すべキシ感のある肌触りがやさしく、ぬるめのお湯なのでじっくり入って温まってください、というご主人言葉が印象的でした。また、飲泉もでき、飲むと苦味と甘味を硫黄の風味が包み、いかにも胃腸に効きそうです。実際、この温泉を飲むと、二日酔い知らず、なんだそうですよ。

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


エリアから温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

TOPへ戻る
TOPへ戻る