本文へジャンプします。

玉川温泉の探訪記詳細「床下浸水3センチ!甲府版「玉川温泉」は、滝のように流れるかけ流し」

  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
4.2点 / 31件

みんなでつくる温泉探訪記

[16/07/24 17:42] コメント数:0 小松 歩

床下浸水3センチ!甲府版「玉川温泉」は、滝のように流れるかけ流し

[山梨県] 玉川温泉

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

小松 歩 (こまつ あゆむ) 称号:温泉ソムリエ
1011419106
龍

東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター)。
交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床にて、車でヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は1,500以上。

良質なモール泉を有する温泉施設がひしめき合う、山梨県甲府市周辺。泉質は似ていますが、泡つきだったり、香りだったり、それぞれ個性はバラバラです。その中で、一際個性的な温泉が、甲斐市の田園風景の中に存在します。その名は「玉川温泉」。強烈な個性を持つ、秋田の玉川温泉同様、甲府版の「玉川温泉」も個性的な温泉です。

のどかな田園風景の中に佇む「玉川温泉」

記事画像 甲府昭和インター降りて約10分

メインストリートの国道から少し離れた、甲斐市の田園風景の中に佇む「玉川温泉」。道中の「滝のように流れるかけ流し」という看板のコピーに惹かれ、初訪問。甲府昭和インターから、約10分とアクセスも抜群です。
田園風景によく馴染む素朴でレトロな外観は、なんとも言えない風情を醸し出しています。

浴槽サイズに見合わな過ぎるお湯の大量投入

記事画像 床下浸水3センチの大洪水です!

受付の気さくな女将さんと談笑しつつ、入浴料500円を支払い大浴場へ。
男女別内湯のみで、外の景色を楽しむことはできませんが、内湯の景色は驚愕!浴槽のサイズに見合わなすぎるお湯の大量投入で、浴室に足を踏み入れた一歩目から、床は源泉の大洪水!床下3センチはあろうかと思われる浸水具合は、青森県・古遠部温泉等が有名な「トド寝」を彷彿とさせる風景でした。
ちなみに、奥の大浴槽は、加水・加温・消毒なしの完全かけ流し。手前の中浴槽は、加温しての循環浴槽とのこと。ですが、どちらの浴槽もかなりのオーバーフローで、お湯は超新鮮。洗い場のシャワー・カランも源泉を使用しているという、贅沢な湯使いです。

生き生きとした源泉は鮮度抜群!

記事画像 金気・薄塩ダシ味・細かい泡つきの極上湯です

泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。ほのかに黄色がかった透明なお湯は、源泉温度は41.5℃と奇跡的な適温。浴槽は少しぬるめで長湯向きの温度になっています。
湯口からは、ドバドバと源泉が惜しげも無くかけ流され、ツルツルスベスベの肌触りと、細かい泡つきをしっかりと感じる極上の鮮度です。ほのかに金気・モール・硫黄の香りを漂い、飲むと薄塩ダシと甘味でゴクゴク飲める味は、水分補給にぴったり。長湯→源泉で水分補給→長湯…のサイクルで、約2時間の湯浴みを堪能しました。
お湯の湯量・鮮度においては、甲府でも際立った個性を発揮する温泉です。

入浴後はお腹も空きます

記事画像 女将さんおすすめの「花祥」で「天重」をいただく

時間はちょうどお昼時。そこに2時間の入浴が加われば、空腹感も増してきます。この日のお昼は、玉川温泉の女将さんおすすめの和食処「花祥」へ。玉川温泉から、車で約5分の場所に位置します。
地元の方で混み合う店内。数あるメニューの中から、これも女将さんおすすめ「天重」を注文。食べ応えのある巨大なエビが2尾と、ボリュームも満点。絶妙なタレの染み込んだご飯も美味しく、一瞬で完食しました。

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


オススメクーポン

エリアから探す

北海道・東北2284 関東2157 北陸・甲信越1839 東海1290 関西(近畿)1841 中国・四国963 九州・沖縄1633
TOPへ戻る
TOPへ戻る