本文へジャンプします。

雲母本館の探訪記詳細「フレッシュな自家源泉かけ流し!お湯はゆで玉子風味!」

  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
4.0点 / 1件

みんなでつくる温泉探訪記

[16/05/30 20:17] コメント数:0 小松 歩

フレッシュな自家源泉かけ流し!お湯はゆで玉子風味!

[新潟県] 雲母本館

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

小松 歩 (こまつ あゆむ) 称号:温泉ソムリエ
1011407105
龍

東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター)。
交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床にて、車でヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は1,300以上。

2軒の共同浴場と、2軒の旅館からなる「雲母温泉」。今回は雲母温泉の旅館「雲母本館」をご紹介します。
場所は、前回ご紹介した「上関共同浴場」と「雲母共同浴場」から歩いて数十秒のところ。玄関手前の排水溝からは湯気が立ち、ほのかに硫黄の香りが立ち込めます。

昭和レトロな外観

記事画像 のんびりした空気の流れる旅館です

「雲母本館」と書いて「きらもとかん」と、難解な読み方の旅館。年季の入った昭和レトロな外観は、時代が止まったかのような、のんびりとした空気が流れています。
館内に入ると誰もおらず、仕方がないので隣の家の庭先にいらっしゃる女性に話しかけると、その方が「雲母本館」の奥様。日帰り入浴を申し出ると、受付に500円置いて、あとはご自由に使ってください、とのお返事。この田舎ならではの「のどか」なやりとりに気分も「ほっこり」。ちょっと素敵な時間でした。

1階は男女別浴室

記事画像 コンパクトでお湯に集中できます

「雲母本館」には浴室が2ヶ所あり、1階は男女別の内湯、2階には大浴場内湯となっています。
この日は、自分以外誰もいない完全開始きり状態。まずは、1階の男女別の内湯へ入ります。浴槽はひとつで、2人入ればいっぱいのコンパクトな湯船。面と向かってお湯と向き合える環境です。

2階は明るい大浴場

記事画像 自家源泉かけ流し

階段を上がると大浴場へ直結。大浴場は1ヶ所のため、男湯、女湯、家族湯とお客さんによって、臨機応変に対応しているそう。この日は贅沢にも独り占めで使用できました。
大浴場は7、8人入れそうな湯船がひとつあり、大きくとられた窓からは、荒川を一望できる開放的なつくりです。
泉質は、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。雲母温泉の共同源泉ではなく「雲母本館」の独自源泉だそうです。源泉温度は63.1度ですが、湯船の中央にある四角い湯口塔から少しずつ源泉を注ぎ、浴槽は熱めですが絶妙な適温。硫黄の香り立つフレッシュなかけ流しを実現しています。そんな硫黄の香りに包まれ、贅沢な湯浴みを堪能。ツルスベキシキシの包まれるような浴感に癒されます。

シャワー・カランも源泉使用

記事画像 ゆで玉子のような風味です

名湯らしく、シャワー・カランにも源泉を使用。頭や身体を洗う時にも温泉が使えるのは嬉しいですね。
カランは温泉成分のためか、真っ黒に変色しています。浴槽のお湯に比べ、硫黄の香りも濃厚で、舐めるとゆで玉子のような味。フレッシュな源泉でしか感じられない香りに包まれ、夢心地。幸せな瞬間です。ただ、源泉の栓のみにすると、出るのは60度以上の熱湯。調子に乗るとやけどの恐れもあるので、ご注意下さい。

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


オススメクーポン

エリアから探す

北海道・東北2195 関東2115 北陸・甲信越1813 東海1267 関西(近畿)1826 中国・四国940 九州・沖縄1617
TOPへ戻る
TOPへ戻る