本文へジャンプします。

長崎県の温泉、日帰り温泉、スーパー銭湯、スパ、健康ランド、銭湯の口コミ情報(15ページ目)

人気温泉スタンプラリー

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる
  • 掲載入浴施設数
    15652

  • 掲載日帰り施設数
    9129

  • 宿・ホテル数
    9699

  • ユーザー数
    68089

  • 温泉口コミ数
    124410

詳細条件で絞り込む

地方で絞る

北海道 東北 関東 北陸・甲信越 東海 関西(近畿) 中国・四国 九州・沖縄

都道府県で絞る

目的で絞る

口コミ評価で絞る

以上

口コミした年で絞る

並び順

長崎県の口コミ一覧

562件中 141件~150件を表示

前へ  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 高台の壱岐旅情

    投稿日:2014年3月29日

    高台の壱岐旅情国民宿舎壱岐島荘 感想

    きくりんさん


    評価 星4つ4.0点

    壱岐の湯ノ本温泉に佇む、海を望む国民宿舎。土曜日の午前中に、日帰り入浴して来ました。玄関入って、右手がフロント。2012年11月に全館大リニューアルした為、ロビーや広間、レストラン、大浴場、客室もとてもきれいになっています。入浴料は420円。受付を背にして階段を下り、地下1階の大浴場へ。脱衣場にロッカーは無いので、貴重品は階段を下りたところにある、無料の鍵付きロッカーに入れます。浴室のタイル張り石枠内湯は、右側8人サイズと、左側3人サイズに2分割。どちらも、茶色に濁ったナトリウムー塩化物泉(源泉名:国民宿舎 壱岐島荘)が満ちています。PH6.5で、さらりとした浴感。成分総計17940mg。源泉温度は65℃と高いので、夏場は約10%加水を行っているとのこと。この日、大きい方は湯温42℃位で、小さい方は40℃位でした。高台に建っている為、港と島々を眺めつつまったり。ほとんど貸切状態で楽しめました。湯上がりに、眺めの良いロビーでのんびりするのもオススメです。

    参考になった!

    10人が参考にしています

  • 創業50年を越える壱岐の名宿

    投稿日:2014年3月29日

    創業50年を越える壱岐の名宿平山旅館 感想

    きくりんさん


    評価 星5つ5.0点

    唐津東港からフェリーで約1時間40分。壱岐の印通寺港から、更に車で約20分。1000年以上も昔から湧出し「子宝の湯」として伝わる、湯ノ本温泉に佇む昭和30年開業の温泉宿。お正月休みに、一泊二食付きで利用して来ました。館内は、お香の香りが漂い、旅の疲れも癒されます。この日は、2階の10畳次の間広縁付きの「風」の間に宿泊。夕食は、1階の食事処へ。伊勢海老のお造り、鮑のステーキ、河豚刺し等、超豪華な海の幸のオンパレード。食べきれなくなったので、鍋は遠慮しました。一休みしたら、地下1階の男湯「応神の湯」へ。浴室は2つに別れていて、脱衣場からすぐのところに、3人分のカランと、大人5人が足を伸ばして入れるサイズの木造り内湯。茶色に濁ったナトリウムー塩化物泉(源泉名:湯の本温泉)が、かけ流しにされています。湯温は40℃位。PH6.6で、さらりとした浴感です。壁に描かれた、神功皇后子育ての産湯伝説の絵が印象的。隣の浴室にも、全く同じサイズの木造り内湯があり、こちらは湯温41℃位でした。続いて、奥に進み外に出ると露天風呂。8人サイズの石組み浴槽で、湯温は42℃位。総計16181mgという濃い成分の湯は、口に含むと旨じょっぱい。フェニックスが1本天高く生えていて、南国ムードも醸し出していました。朝食は、昨日と同じ食事処へ。温めた壱岐の牛乳が体に優しい。壱州豆腐がでかくて、ビックリします。自家製野菜のサラダが盛付けも綺麗で、量も多く美味しかったです。食後は、2つある無料の貸切露天風呂へ。予約も不要で、空いていればいつでも利用できます。どちらも、5人サイズの石組み浴槽で、湯温は42℃位。囲まれていますが、樹木が植えられ、やはり南国ムード。赤茶色の粉状の湯の花も、たくさん舞っていました。旨い海鮮料理と離島の温泉、綺麗な部屋でのんびりするのにオススメな宿です。

    参考になった!

    11人が参考にしています

  • 山々の景色

    国見山系の緑豊かな山間に佇む、黒川紀章氏が設計した近代的な公共の宿。お正月休み中の午後、日帰り入浴してみました。玄関から左へと進み、土産物コーナーを通り抜けて大浴場へ。入浴料500円を券売機で払い、無料の鍵付き下駄箱に靴をしまいます。この日は、女湯が「檜風呂」、男湯が「岩風呂」でした。100円返却式ロッカーが並ぶ脱衣場。浴室の右側には、8人サイズのタイル張り石枠内湯「源泉の湯」があり、うっすら茶色に濁ったナトリウム-炭酸水素塩泉(源泉名:させぼ世知原温泉)が、かけ流しにされています。源泉37.4℃を、湯温40℃位に加温。PH8.4で、やや肌がスベスベする浴感です。湯口の湯を口に含むも、無味無臭でした。隣には、4人サイズの「深湯」。さらに浴室の左側には、6人サイズの内湯「あつ湯」(湯温42℃位)と、10人サイズの内湯「ぬる湯」(湯温38℃位)もあります。続いて、外の露天風呂へ。8人サイズのタイル張り石枠浴槽で、湯温は41℃位。山々の雄大な景色を望みつつ、湯浴みできました。お正月で、人が多かったのは残念でしたが、泊まってゆっくりしてみたい宿です。ちなみに、「源泉の湯」以外は除鉄装置で濾過して無色透明の湯となっており、循環で供給されていました。

    参考になった!

    21人が参考にしています

  • ツルツル美人湯

    佐世保の高台に佇む、伊藤博文が命名した明治26年創業の老舗宿。お正月休みに、一泊二食付きで利用して来ました。急な坂道を上ったところの本館斜め前に、大きな立体駐車場があります。この日の客室は、2階の「月の間」をチョイス。8畳床の間付きの和室と、広いツインルームの洋間が、セットになった和洋室です。眺めもなかなか良好。夕食は、5階の展望レストラン「ブルーガーデニア」で。お品書きはありませんが、品数は多い。久々のカラスミや、鯛しゃぶが美味しかったです。ただ、料理の説明が無かったのは残念。それでも、佐世保の夜景を眺めながら、食事を楽しめました。一休みしたら、別館の温泉棟「弁天の湯」へ。ところが、すっかりお酒がまわってしまい、3階の和風呂「松風」に入ることなく就寝。翌朝、男女入替りとなった4階の洋風呂「天ゆう」へ。宿泊者は、無料の鍵付きロッカーが使用できます。サウナ付きの浴室奥には、12人サイズのジャグジー付き石造り内湯。無色透明のナトリウム-炭酸水素塩泉が満ちています。湯温は40℃位。PH8.3で、かなり肌がヌルヌルする浴感です。ポリ浴槽は、バイブラバス(気泡風呂)とリラックスバス(寝湯)でした。続いて階段を上り、5階の露天風呂へ。男性用「との湯」は水漏れで使えず、女性用「ひめ湯」を利用。傘型の日除けが付いた20人サイズの石組み浴槽で、湯温は41℃位。竹柵の間から、佐世保の街を一望できました。朝食は、1階の広間でバイキング。海鮮茶漬けなどのメニューが揃い、とても美味しかったです。食後もチェックアウトギリギリまで、ツルツル美人湯をのんびり満喫できました。

    参考になった!

    5人が参考にしています

  • 珍しい

    投稿日:2014年2月16日

    珍しいホテルオークラJRハウステンボス 感想

    まき♪さん


    評価 星4つ4.0点

    鉄色?茶色い温泉は、佐世保ではこちらだけかと。テーマパークへ来て、温泉に入ることが出来るのはお得な感じ。ですが、地元の利用者は、殆どおりません(笑)

    客室に比べて洗い場が、少ないのが難点!ですね。

    参考になった!

    2人が参考にしています

  • 眺めがよいです

    山あいにあり、露天からの夜空の眺めは最高です。星の綺麗な時期でしたから、露天を楽しむことできました!

    アクセスがよくないので、立ち寄り湯だけの利用はしにくいかなぁ

    参考になった!

    14人が参考にしています

  • 遠路、こちらを目指して……、

    投稿日:2013年12月15日

    遠路、こちらを目指して……、小地獄温泉館 感想

    西播のホーリーさん


    評価 星4つ4.0点

    冬場は特に最高の湯加減です。
    何度も何度も飽きずに通ってしまいます。
    著名な割に、平日の同じ時間は地元の同じ方が来られてるようで、なんかほっとします。
    小浜を素通りして無心に坂道を目指します(笑)。

    参考になった!

    9人が参考にしています

  • 努力はしているんでしょうが

    投稿日:2013年10月28日

    努力はしているんでしょうが湯快リゾート ホテル蘭風 感想

    塩ちゃんさん


    評価 星3つ3.0点

    欄風の宿泊はある会社の団体旅行に参加し宿泊しました。
    温泉施設は男女入れ換えになっていますが、片方は洗い場も湯船も広いが、片方は観葉植物が繁って浴場そのものを狭くしている。
    泉質は良い。
    旅行は
    我々は団体旅行なのでパッとしていないのかな?
    部屋は羽布団が薄くなりすぎ。
    もう少し努力してほしい。

    参考になった!

    3人が参考にしています

  • う~んもうちょっとかな。

    投稿日:2013年10月19日

    う~んもうちょっとかな。五島コンカナ王国 感想

    みいさん


    評価 星3つ3.0点

    念願の五島列島に参りましたので、こちらに寄ってみました。

    ホームページなどの印象ですと、外国のリゾート地のようなのかなと思いましたが、全くかけ離れていました。

    昔の温泉地といったようなイメージでした。お湯はよかったですよ。

    五島自体素敵なところなのに、商売のやり方が今一つだなと思うような商店がたくさんありました。

    横のつながりができていないのかなと思いました。

    改善すればもっとたくさんお客様いらっしゃるだろうなと思う点がたくさんありました。

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • 雲仙に来たなら

    投稿日:2013年8月19日

    雲仙に来たなら小地獄温泉館 感想

    ピースくんさん


    評価 星5つ5.0点

    やはりここは外せないと思い、いつもならホテルで朝湯をするところを我慢してこちらに伺いました。大正時代に共同浴場として建造され、現在はすぐ近くにある国民宿舎「青雲荘」の外湯となっているそうです。雰囲気のある外観を見て、入る前から期待が高まりました。
    お湯の方は、雲仙随一の白濁湯というキャッチフレーズに示されるとおりの見事な色。もちろん強烈な硫黄臭もあり、浴室に入った時に岩手の網張温泉を思い出しました。宿泊したホテルのお湯ももちろん良かったのですが、インパクトはこちらの方が上。整った設備の所よりも、こういったひなびた雰囲気を味わうのが温泉めぐりの楽しみといえるでしょう。
    単純硫黄泉(硫化水素型):63.5℃、pH3.85、成分総計426mg/kg

    参考になった!

    8人が参考にしています

562件中 141件~150件を表示

前へ  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる