蔦温泉(つたおんせん)の温泉情報、お得なクーポン、口コミ情報

LINEヘッダーバナー

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

蔦温泉(つたおんせん)

青森県 / 十和田 / 蔦温泉

4.4 / 54件
コロナ対策実施 日帰り 宿泊

画像読み込み中

検索中
もっと写真を見る 閉じる

約千年前に湯治場として愛されてきた風情ある極上のやさしい湯。
日本でも大変珍しい湯船の底から源泉が湧き出してくる「源泉湧き流し」の温泉でございます。

利用者のおすすめポイント

この施設の良かったポイントに投票

×
※ログインされてない場合はキャンペーン対象外になります

お得な宿泊プラン

宿泊予約をご利用いただけます

この施設の宿泊プランを見る

【お願い】施設のご担当者様へ

このページに「温泉クーポン」を掲載できます。
多くの温泉(温浴)好きが利用するニフティ温泉でクーポンを提供してみませんか!
提供いただくことで御施設ページの注目度アップも見込めます!

新型コロナウイルス対策について

アイキャッチ

私たちは新型コロナウイルスの感染予防と拡散防止に努めています

お客様に安心してご利用いただくために、蔦温泉(つたおんせん)では新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止に努めています。
お客様のご協力をお願いします。
詳しくはこちらをご覧ください。

>

基本情報

掲載情報に誤りがある場合はこちら

  • 住所

    青森県十和田市奥瀬蔦野湯1

  • 電話

    0176-74-2311

  • 公式HP

    http://tsutaonsen.com/

  • ※最新情報は各種公式サイトなどでご確認ください

    入浴料:
    ・大人800円 / 小人500円(小学生)
    ・ハンドタオル 250円 ・バスタオル(貸出し)500円
    ・貸切風呂 1時間3,300円(現地予約制 ※電話予約は受付しておりません)

    営業時間・期間

    立ち寄り入浴:10:00 ~ 15:00(14:30受付終了)

  • アクセス

    電車・バス・車

    JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間20分、十和田湖温泉郷下車、タクシーで10分
    東北自動車道の十和田ICで降りて、国道103号線を北上する。十和田湖から国道102号線で奥入瀬川沿いに下って、焼山交差点で左折して八甲田山方向に行く。焼山から5kmほど。

  • 特徴

    浴底より源泉湧き流し ※温度調節のため蔦の森の湧水を入れています。

  • 泉質分類

    ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)

  • 効能分類

  • 備付品

  • 設備

  • 温泉の特徴

  • 利用シーン

宿泊情報

  • チェックイン

    15:00 (最終 22:00)

  • チェックアウト

    10:00

  • 部屋数

    35

  • 部屋設備・備品

    テレビ / 電話 / 湯沸かしポット / お茶セット / ハミガキセット / カミソリ / タオル / バスタオル / スリッパ

  • 館内設備

    七戸十和田駅より無料送迎(3日前まで要予約) / レストラン / 送迎バス / モーニングコール / 宅配便 / 駐車場あり

  • 食事場所

    [朝食] レストラン(バイキング)
    [夕食] レストラン

  • 周辺のレジャー

    釣り / ハイキング / スキー / 登山

  • 外国語対応

    英語:少し分かるスタッフが数人いる。

  • 利用可能なクレジットカード

    VISA / JCB / American Express / Diner's Club / UC / DC / Master Card

  • ポイント加算について

    取り扱いなし

  • マイレージ加算について

    取り扱いなし

宿泊予約をご利用いただけます

この施設の宿泊プランを見る

口コミ情報

  • 20/7/28 きくりん

    南八甲田連峰の赤倉岳東麓に佇む、明治42年(1909年)に開業した蔦温泉の一軒宿。文豪の大町桂月が愛した湯宿でもあります。およそ9年ぶりに、土曜日の午前中に日帰り入浴して来ました。

    こちらには、…

  • 15/9/23 ゆっくり一人湯

    シルバーウィークの最終日に青森の親戚の車で立ち寄り湯をしました。
    風呂は歴史を感じるたたずまいで雰囲気も良かったです。
    浴槽の木の隙間からボコボコと源泉が出ていました。
    温泉名は雑誌等で紹介されて知っ…

  • 15/8/12 一人旅

    これまでと変わらない湯        

    久しぶりに来ることができました。経営者が変わったという事で、リニューアルされ、部屋もきれいになりました。そして、磨き上げられた廊下は、これまでどおり、輝いてい…

  • 14/10/26 baka123456

    私は貧乏性のため、こういう有名な旅館には滅多に泊まらないのですが、青森旅行の際、どうせならと思い切って予約、宿泊しました。
    建物の感じは、例え「温泉でなくても」泊まりたいくらい好きなのです。
    玄関を入…

  • 14/6/1 yamao

    足下湧出の鄙びた風情の温泉は日本文化として残したい。しかしいつまでもつか不安を感じるところもあった。

あなたの写真を投稿しませんか?

service.onsen@niftylifestyle.co.jpのメールアドレス宛に写真画像をお送りください。
@nifty編集部にて確認の後、問題がなければ掲載いたします

投稿はこちら

温泉コラム

  • 足元から湧出する優しい湯で漢磨き

    • 突レポ見出し画像

    ライター画像

    毎川直也
    (まいかわなおや)

    風呂デューサーを名乗り、3種の風呂屋で修行を積んだ超お風呂野郎、毎川が男らしい温浴施設=漢湯(おとこゆ)を巡り、真の漢(おとこ)へと成長していく青春熱血風呂ドキュメントである…!

    作成日:2013年06月13日

    私たちは普段何気なく生きていますが、ふと足元を見るとそこにはいつでも大地があります。
    アホなことをしているときも、漢湯の記事を執筆しているときも母なる大地は優しく見守ってくれているのです!

    優しく見守る大地に対し、優しく包み込んでくれる湯。
    大地から湧きだした瞬間湯に浸かることができたら…一体どれほど優しい気持ちになれるのか。
    …包まれてきました!

    そんな優しい湯がそもそもあるのか…

    湧きだした瞬間の湯に入るには、湯船の底が源泉でなければなりません。
    加えて出てくる湯が適温、そして浴槽の広さに応じて一定量の湧出量がなければお湯の衛生状態を保てません。

    一般的に「足元湧出」と呼ばれる温泉の利用形態で、数は少ないですが存在します。
    今回漢磨きに来たのは青森県にある蔦温泉旅館です。

    • 自然あふれる道中

    • 歴史を感じる渋い外観!

    館内も昔のつくりをそのままに、磨きあげられた柱や壁が輝いています。
    「大事に使ってくれてありがとう!」という声が建物から聞こえてきそうな勢いです。
    優しい湯を求めてきたら、入る前から優しい気持ちになってしまいました。

    • 玄関。右手には最近見かけなくなった帳場が!

    • 館内の一角。落ち着いた大人の空間

    屋外もお楽しみ満載!

    浴室に向かう前に屋外をお散歩してみましょう。
    ここには散策路があり、6つの沼があります。
    鳥獣保護区にも指定されており、鳥と戯れるのもいいでしょう。

    • 森のにおいがするー

    • もっとも大きい蔦沼!ポージングも冴える!

    旅館向かいにも立派な庭と、別棟で素敵なお土産屋さんがあります。

    • 秋を感じさせる噴水、池(取材は昨年秋)

    • 山小屋風のレトロなお土産屋

    これが…源泉湧き流し!

    軽く汗をかいたところで…浴室に参るぞ!
    優しさに溺れる準備はできておるか!?

    • あれ?お湯が張られてない?あ、あるのか!

    窓からは日の光が差し込み、湯船の床まで一点の曇りのない透明度!

    透明度が高すぎて2度見させられるとは…修行が足りぬ…!

    床板の下に源泉があり、隙間からお湯が湧き出ているのです。たまにポコポコッと泡が出てきます。

    • この隙間から湧き出てます

    • 湧きたての湯は刺激が強めで、熱く感じるらしい

    そして冒頭に話した、浴槽の広さに応じた湧出量。これはどうでしょうか。

    以下の写真を見ていただければ一目瞭然です。バンバカお湯が浴槽からあふれています。
    約6時間で浴槽内のお湯は完全に入れ替わるのだそう。

    • バンバカ>ドバドバ>トポトポ>チョロチョロ

    • 背中に常に湯が流れてくるので、軽く寝湯状態です

    普段掃除をしている私にとって、気になっていたことがあります。
    それは床下湧出だとお湯を抜くことができないということです。

    聞いてみるとお湯のなかに機材を入れて、床を磨くのだそうです。
    水中は水の抵抗があるので力が要ります。番頭さんは間違いなく。位の高い漢です。
    そして床板も30~40年サイクルで張替えているそうです。お金のかかることです。それをずっと続けるためには、こだわり、自信、誇り…そういった高い精神性がないと難しいのです。

    • そんな漢達に思いを馳せ、感謝する

    優しさに包まれたなら

    湯と大地がもたらす優しさの裏には、その湯を支える漢達の姿がありました。

    「足元湧出という大地からの贈り物を守りたい!」その気持ちこそが優しさあふれる湯を守っているのだ!!

    その高い精神性を讃え…漢湯認定です。

    • 存在にありがとう!

    今回、「湯の優しさ」という概念と「守り続ける人間の誇り」を学んだ毎川はさらなる極上の湯を求めて彷徨うのであった。

    次回も見てけろ~

このエリアの週間ランキング

  • 極楽湯 青森店

    極楽湯 青森店

    青森県 / 青森市東大野

    クーポン 日帰り
  • 天然温泉 かっぱのゆ

    天然温泉 かっぱのゆ

    青森県 / 青森市

    日帰り
  • 道の駅 いかりがせき 津軽 関の庄

    道の駅 いかりがせき 津軽 関の庄

    青森県 / 平川市 / 碇ヶ関温泉郷

    クーポン 日帰り

おすすめのアクティビティ情報

【お願い】施設のご担当者様へ

このページに「温泉クーポン」を掲載できます。
多くの温泉(温浴)好きが利用するニフティ温泉でクーポンを提供してみませんか!
提供いただくことで御施設ページの注目度アップも見込めます!

近隣の温泉エリアから探す

近隣の温泉地から探す

青森県の温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

携帯電話はこちらから

右のバーコードを携帯電話で読み取るか、こちらからアドレスをメールで送信してアクセスしてください。

近くの温泉・日帰り温泉・
スーパー銭湯

LINE@

TOPへもどる

お気に入りに追加しました。