本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

この秋行きたい!注目サウナ特集【33選】

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

きくりん

きくりん さん

平均43.9点 / 2653件

性別男性 年齢 55歳 住まい埼玉
HP指定なし
ブログ指定なし

2653件中 71件~80件を表示

前へ  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 2つの源泉とオーシャンビュー

    投稿日:2019年3月16日

    2つの源泉とオーシャンビューHOTELシーサイド島原

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月12日 /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    松平七万石の城下町として栄え、近年では水の都としても知られる島原。その港近くに佇む、平成24年に開業した大型リゾートホテル。また、九州温泉道の対象施設にもなっています。平日の午後、日帰り入浴してみました。

    本館のフロントで日帰り入浴したいと伝えると、本館1階の「湯治処」か、新館6階の「展望大浴場」のどちらかになるとのこと。せっかく海の近くに来たので、眺望を期待して新館を選択。新館へ移動して、エレベーターで6階へ。大浴場の手前に受付があるので、こちらで入浴料500円を払います。

    コインレス鍵付ロッカーが並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、右側に7人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、ハーブ系です。

    窓際にタイル張り石枠内湯が2つあり、泉質の違う源泉を楽しめます。まず左側の10人サイズの浴槽には、無色透明のマグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩温泉[源泉名: 島原温泉(2源泉の混合)](共同源泉)が満ちています。泉温61.8℃を、加水・加温して42℃位で供給。PH7.3で、やや肌がスベスベする浴感。循環・消毒ありですが、塩素臭なし。湯口の湯を口に含むも、無味無臭でした。

    そして、右側の5人サイズの浴槽には、無色透明の含二酸化炭素ーマグネシウム・カルシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉(源泉名: 島原温泉 敷地内からの自家源泉)が、源泉かけ流しにされています。泉温26.0℃を、加温・加水せずにそのまま供給。PH6.3ながら、肌がスベスベする浴感です。湯口の湯を口に含むと、鉄臭がして炭酸味。浴槽のタイルも、温泉成分で茶褐色にコーティング。冷たいですが、程なく期待したアワ付きもあります。主浴槽との交互浴をしつつ、天然の高濃度炭酸泉を楽しめました。

    続いて、外の露天風呂へ。14人サイズの石造り浴槽があり、湯温は40℃位。表示はないものの、内湯の主浴槽と同じ源泉でしょう。内湯と露天風呂のどちらからも、有明海と島々を望む素晴らしい景色。行き交う船を眺めつつ、貸切状態でまったりできました。

    〈島原温泉〉(元池源泉と観音島源泉を3:7で混合)
    主な成分: リチウムイオン0.6mg、ナトリウムイオン197.3mg、アンモニウムイオン0.1mg、マグネシウムイオン151.0mg、カルシウムイオン101.0mg、ストロンチウムイオン0.6mg、バリウムイオン0.1mg、マンガンイオン2.0mg、亜鉛イオン0.2mg、フッ化物イオン0.6mg、塩化物イオン43.9mg、臭化物イオン0.2mg、ヨウ化物イオン0.1mg、硫酸イオン9.7mg、チオ硫酸イオン0.4mg、リン酸一水素イオン1.5mg、炭酸水素イオン1551mg、メタケイ酸120.1mg、メタホウ酸4.0mg、遊離二酸化炭素166.9mg、成分総計2.382g

    〈島原温泉〉(高濃度炭酸泉)
    主な成分: リチウムイオン0.4mg、ナトリウムイオン196.0mg、アンモニウムイオン0.1mg、マグネシウムイオン249.3mg、カルシウムイオン187.7mg、ストロンチウムイオン1.1mg、バリウムイオン0.2mg、マンガンイオン6.4mg、鉄(II・Ⅲ)イオン1.0mg、フッ素イオン0.1mg、塩素イオン106.7mg、臭素イオン0.4mg、硫酸イオン85.1mg、リン酸二水素イオン0.3mg、炭酸水素イオン2123mg、メタケイ酸227.8mg、メタホウ酸14.5mg、遊離二酸化炭素1005mg、遊離硫化水素0.1mg、成分総計4.242g

    ※なお、混合泉の方は平成27年の分析書でしたが、
    炭酸泉は平成17年の分析書だったので、ご参考までに

  • この風情がたまらない

    投稿日:2019年3月11日

    この風情がたまらない小地獄温泉館

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月12日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    雲仙温泉の中心街からちょっとだけ離れた、小地獄の近くに佇む日帰り温泉施設。その歴史は古く、享保16年(1731年)に湯治場として開かれ、その後大正8年に共同浴場として開館。現在では近くの「国民宿舎 青雲荘」の外湯になっており、また九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午後、およそ10年ぶりに利用して来ました。

    湯治場のような雰囲気は今も変わらず、八角形の湯屋がシンメトリーになった木造の建物は雲仙のシンボル的な存在。番台のような受付や、木製の下駄箱にも風情があります。入浴料420円は券売機で。受付の左側、少し階段を上がったところが男湯です。

    木製のコインレス鍵付きロッカーが並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。傘型の高い天井の浴室に入ると、手前左右に9人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、一般的なものと馬油系です。

    窓際に石造り内湯が2つあり、いずれも白濁した単純硫黄温泉(硫化水素型)[源泉名: 雲仙温泉(小地獄)]がかけ流しにされています。泉温63.5℃を加水して、左側の16人サイズの浴槽は43℃位、右側の8人サイズの方は41℃位で供給。PH3.85ながら、肌がややスベスベする浴感です。湯口の湯を口に含むと、少し酸っぱい。右側の浴槽には、打たせ湯も付いています。窓からは、裏山の景色。平日の為かほとんど貸切状態で、湯気が立ち込める中で硫黄の香りに包まれまったりできました。

    主な成分: 水素イオン0.1mg、ナトリウムイオン6.8mg、アンモニウムイオン4.2mg、マグネシウムイオン2.3mg、カルシウムイオン7.1mg、アルミニウムイオ0.8mg、総鉄イオン1.0mg、塩素イオン4.4mg、硫酸イオン72.1mg、チオ硫酸イオン2.0mg、メタケイ酸80.5mg、遊離二酸化炭素238.5mg、遊離硫化水素3.5mg、成分総合計0.426g

  • 石臼の湯口が真っ白

    投稿日:2019年3月7日

    石臼の湯口が真っ白雲仙温泉 雲仙いわき旅館

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月12日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    雲仙温泉の中心地、温泉神社の参道脇に佇む、明治20年(1887年)に開業した老舗旅館。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午後、日帰り入浴して来ました。

    入浴料600円は、玄関を入って左側のフロントで。真っ直ぐ奥に進むと、左側に男女別の大浴場があります。男湯は、奥の青い暖簾が掛かる「ふげんの湯」(ちなみに、手前の女湯は「妙見の湯」)。棚に籐籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、左右に9人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは一般的なものです。

    中央に10人サイズの石造り内湯があり、うっすら緑白色に濁った含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩温泉(硫化水素型)[源泉名: 雲仙温泉 (峰の湯)]が、源泉かけ流しにされています。敷地内から自然湧出する、泉温48.0℃の自家源泉を、43℃位で供給。日本温泉協会の温泉利用証(有効期限は2015年11月末までですが)によると、加水・加温なし、消毒なしの完全放流式で、オール5評価のハイスペック温泉です。

    でも、加水バルブもあるので、熱すぎる場合は加水もあるのかな?PH2.4ながら、やや肌がスベスベする浴感。石臼の湯口は、温泉成分の析出物で真っ白にコーティング。湯を口に含むと、硫化水素臭がして酸っぱい味がします。先客が上がられた後、貸切状態でまったりできました。

    2階に露天風呂もあるようでしたが、日帰り入浴の時間が15時までなので、時間切れでこの日は入れず。噂に違わぬ名湯の宿なので、もっとゆっくりしてみたかったなぁ。

    主な成分: ナトリウムイオン9.3mg、アンモニウムイオン14.9mg、マグネシウムイオン6.4mg、カルシウムイオン21.1mg、アルミニウムイオ37.5mg、マンガンイオン0.2mg、総鉄イオン20.9mg、塩化物イオン3.6mg、チオ硫酸イオン0.2mg、硫酸水素イオン92.0mg、硫酸イオン686.1mg、リン酸二水素イオン0.6mg、メタケイ酸173.6mg、メタホウ酸3.6mg、遊離炭酸853.1mg、遊離硫化水素3.4mg、成分総合計1.93g

  • 滞在して貸切風呂も楽しみたい

    投稿日:2019年2月28日

    滞在して貸切風呂も楽しみたい旅館國崎

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月12日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    小浜温泉の脇之谷通り(わくんたんとおり)沿いの脇浜橋のたもとに佇む、昭和48年に開業した客室数わずか10室の小さな温泉旅館。日本秘湯を守る会の会員宿でもあり、また九州温泉道の対象施設にもなっています。平日の午後、日帰り入浴して来ました。

    入浴料500円は、玄関を入って左側の受付で。真っ直ぐ奥に進み、すぐ左側に内湯があります。棚だけの脱衣場には、貸し小タオルやドライヤーも完備。浴室に入ると、右側に2人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは資生堂製です。

    奥に6人サイズの石造り浴槽があり、無色透明のナトリウムー塩化物泉(源泉名: 國崎源泉)がチョロチョロとオーバーフロー。泉温97.0℃を、加水せず42℃強位で供給。PH8.0ながら、肌がスベスベする浴感です。加温なし、循環・消毒なしの源泉かけ流し。湯口の湯を口に含むと、微弱硫化水素臭がして旨じょっぱい。窓から景色は望めませんが、壁の「小浜の夕陽は日本一 今日の日本一に感謝する小浜の湯」と板を眺めつつ、ずっと貸切状態でまったりできました。

    宿には他にも貸切風呂(50分1000円)が3ヶ所ありますが、宿泊者は無料で何度でも楽しめるようなので、ぜひ一度滞在してのんびりと湯浴みを満喫してみたい宿です。

    主な成分: リチウムイオン4.6mg、ナトリウムイオン2200mg、マグネシウムイオン140mg、カルシウムイオン140mg、ストロンチウムイオン1.6mg、マンガンイオン0.8mg、鉄(II)イオン0.1mg、フッ素イオン0.4mg、塩素イオン4000mg、臭素イオン13mg、ヨウ素イオン0.2mg、硫化水酸イオン0.2mg、硫酸イオン320mg、炭酸水素イオン210mg、炭酸イオン1.4mg、メタケイ酸260mg、メタホウ酸49mg、遊離二酸化炭素13mg、成分合計7.57g

  • 小浜温泉の激渋共同浴場

    投稿日:2019年2月22日

    小浜温泉の激渋共同浴場小浜温泉 脇浜共同浴場

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月12日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    小浜温泉の新町通りから少し入った高い所に建つ、昭和12年(1937年)に開業した木造湯屋の共同浴場。通称「おたっしゃん湯」と呼ばれているのは、創業者の奥さんの姉妹の「タツさん」に由来するのだとか。そのレトロな外観は「長崎県まちづくり景観資産」に、また温泉の素晴らしさから「九州温泉道」の対象施設にもなっています。平日のお昼頃、利用してみました。

    入浴料150円は券売機で。番台の右側が男湯です。漢数字で番号が書かれた木製ロッカーに、思わずワオと声が出ちゃいます。ドライヤーなしですが、ノスタルジックなマッサージ機や、畳の小上がりあり。「浴客心得」や「本鉱泉医治効用」など、古い看板にも目が釘付けです。

    湯気抜きのある高い天井の浴室に入ると、奥に4人分のシャワー付カラン(うち2つはシャワーなし)がある洗い場。共同浴場なので、石鹸などのアメニティはありません。

    中央に6人サイズのタイル張り石枠内湯が縦に2つ連なり、どちらもうっすら濁った透明のナトリウムー塩化物温泉(源泉名: 小浜温泉)が、源泉かけ流しにされています。泉温94.8℃を、手前は42℃位、奥は43℃位で供給。状況に応じて、お客さんの加水もあるようです。PH8.0で、肌がスベスベする浴感。湯口に飲泉コップが置かれ、口に含むと微硫化水素臭がして旨じょっぱい。常時2~3人という空いている状況で、地元の人に混じってまったりと湯浴みできました。

    主な成分: リチウムイオン3.9mg、ナトリウムイオン2455mg、アンモニウムイオン4.1mg、マグネシウムイオン151.3mg、カルシウムイオン152.1mg、ストロンチウムイオン2.1mg、マンガンイオン1.0mg、鉄(II)イオン0.3mg、フッ化物イオン0.8mg、塩化物イオン4622mg、臭化物イオン15.2mg、ヨウ化物イオン0.5mg、チオ硫酸イオン1.1mg、硫酸イオン388.5mg、炭酸水素イオン197.7mg、炭酸イオン6.6mg、メタケイ酸305.1mg、メタホウ酸62.6mg、総成分量8.673g
    ※なお、分析書は平成28年のものに更新されていました。

  • 日奈久で鮮度と泉質ナンバー1

    投稿日:2019年2月3日

    日奈久で鮮度と泉質ナンバー1日奈久温泉 旅館幸ヶ丘

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月11日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    日奈久温泉の共同浴場「温泉センター ばんぺい湯」脇の温泉神社参道沿いに佇む、以前は宿泊も行なっていたが、今は日帰り入浴のみ営業の温泉旅館。これまで対象施設だった「金波楼」に代わり、2018年4月から新しく九州温泉道の対象施設にもなっています。平日の午後、利用してみました。

    玄関を入り、右側のインターホンで温泉に入りたいと伝えると、「上がって来て」とご主人の返事。重厚な階段を上って左手に男女別の大浴場があり、入浴料500円はその前で払います。

    棚にプラ籠が並ぶ脱衣場は、浴室との別れていない昔ながらの一体型で、ドライヤーは手前の流し台の所に完備。浴室左右に4人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、固形石鹸とシャンプーのみです。

    5人サイズのタイル張り大理石枠L字形内湯には、ちょっぴり緑がかって見える透明の単純温泉(源泉名: 旅館幸ヶ丘)が、源泉かけ流しにされています。泉温44.2℃を、加水・加温せず42℃位で供給。PH8.19で、肌がツルツルする浴感です。

    子供が鯉を捕まえているような石像の湯口からドバドバと注がれ、大理石の床にもオーバーフロー。飲泉コップが置かれ、口に含むと玉子臭がして円やかな味。日奈久温泉では近年共同泉源を使用する宿が多い中、こちらのように自家源泉をかけ流しにしている湯処は貴重なのだとか。

    浴槽が小ぶりなため、25分から30分で浴槽の湯が全て入れ替わる程鮮度も良く、まったりしているとアワ付きも見られます。窓から斜面と庭を眺めつつ、ずっと貸切状態でのんびりと個性ある湯を楽しめました。

    主な成分: ナトリウムイオン210.6mg、カルシウムイオン11.3mg、塩素イオン197.8mg、臭素イオン0.7mg、硫化水素イオン0.7mg、チオ硫酸イオン0.1mg、硫酸イオン6.2mg、炭酸水素イオン238.6mg、メタケイ酸11.7mg、メタホウ酸4.7mg、遊離二酸化炭素110.3mg、総成分量794.3mg

  • 湯めぐりできる和モダンな小宿

    投稿日:2019年1月21日

    湯めぐりできる和モダンな小宿湯宿鶴水荘

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月11日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    静かな時間が流れる湯の鶴温泉の湯出川沿いに佇む、昭和37年に開業した温泉旅館。現在は若いご夫婦の経営により、部屋の設えや料理に和モダンなテイストが盛り込まれているようです。平日の午前中、日帰り入浴して来ました。

    入浴料500円は、玄関を入ってすぐのフロントで。そこから左手へ廊下を進んだ突き当たりに、男女別の大浴場があります。この日の男湯は、右側の「岩ん湯」。女湯の「川ん湯」とは、男女日替りなのだとか。棚に紐籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。屋根付きの露天風呂風の浴室に入ると、右側に4人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、椿系です。

    こちらには、なんと3つの浴槽があり、いずれも無色透明のアルカリ性単純温泉(源泉名: 湯の鶴温泉)が源泉かけ流しにされています(源泉温度が高いので、夏場だけ10%加水あり)。

    まずは、右隅の2人サイズの檜風呂へ。泉温53.3℃を、湯温42℃位で供給。PH8.5で、肌がツルツルする浴感です。続いて、左手の10人サイズの岩風呂へ。真ん中あたりが岩で仕切られ、岩の湯口がある方は湯温42℃位、湯口がない方は湯温41℃位です。湯口の湯を口に含むと、少し石膏臭がして円やかな味。薄茶色の小さな湯の花も舞っていて、まったりしていたらアワ付きも見られました。最後に、洗い場近くにある1人サイズの金瓶浴槽へ。こちらは、湯温43℃位の少し熱め。ずっと貸切状態で、のんびりと湯浴みできました。

    この他に趣きの違う貸切風呂が3つあり、それぞれ日帰り入浴でも利用できるのだとか。でもここは一度泊まって、浴衣姿で湯めぐりしてみたいものです。

    主な成分: リチウムイオン0.2mg、ナトリウムイオン198.8mg、アンモニウムイオン0.5mg、マグネシウムイオン0.3mg、カルシウムイオン4.6mg、ストロンチウムイオン0.3mg、フッ素イオン5.2mg、塩素イオン25.8mg、硫酸イオン280.9mg、炭酸水素イオン177.3mg、炭酸イオン17.7mg、硝酸イオン0.2mg、メタケイ酸59.4mg、メタホウ酸5.6mg、成分総計0.78g
    ※脱衣場に分析書の掲示が無く、フロントで見せてもらえましたが、平成19年のものだったので参考までに

  • ウサギの湯口

    投稿日:2019年1月14日

    ウサギの湯口岩の湯

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月11日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    肥薩おれんじ鉄道の湯浦駅から、徒歩で約8分。熊本県芦北町の南部、国道3号線沿いの湯浦交差点の角に佇む、奈良時代末期の宝亀年間(770年~780)の開湯と伝わる湯浦温泉にある公衆浴場。平日の午前中に、利用して来ました。

    入浴料170円は券売機で。番台の右側が男湯です。棚にプラ籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーなし。浴室に入ると、左側に6人分のシャワー付カランがある洗い場。石鹸などのアメニティはありません。

    右側に8人サイズのタイル張り石枠内湯があり、無色透明の単純温泉[源泉名: 湯浦温泉(岩ノ湯)]が源泉かけ流しにされています。泉温42.0℃を、加温・加水せずそのまま供給。PH8.43で、肌がツルツルする浴感です。

    ウサギの湯口からドバドバと注がれ、口に含むと玉子臭がして少塩味。浴場は2010年にリニューアルしていますが、この湯口はそのまま使われているのだとか。まったりしていると、アワ付きも見られます。

    2人続いて入ると激しくオーバーフローして、排水が追いつかないほど。時間帯が良かったのか、ほとんど貸切状態で新鮮な湯浦温泉の湯を満喫できました。

    主な成分: ナトリウムイオン112.6mg、カルシウムイオン4.4mg、塩素イオン22.9mg、硫化水素イオン0.8mg、硫酸イオン3.4mg、炭酸水素イオン244.4mg、炭酸イオン12.0mg、メタケイ酸3.0mg、メタホウ酸5.1mg、遊離二酸化炭素44.1mg、総成分量453.7mg

  • 不知火海の絶景と湯めぐり

    投稿日:2019年1月10日

    不知火海の絶景と湯めぐり昇陽館

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月10日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    44.0点

    風光明媚な湯の児温泉の海沿いに佇む、昭和43年に開業したオーシャンビューの温泉旅館。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日に、一泊二食付で利用して来ました。

    この日は、2階の次の間広縁付6畳和室に宿泊。窓の外には、海と湯の児島の美しい景色。早速浴衣に着替え、夕暮れ迫る露天風呂へGO!

    こちらの宿には、空いていれば自由に使える2つの家族風呂を合わせると、合計5つの浴室・露天風呂があります。まずは、2階の露天風呂「五色岩の湯」へ。

    エレベーターから左手へ進み、突き当たりの「男性露天風呂」と書かれた鉄扉から館外へ。右手の棚にプラ籠が並ぶ脱衣小屋には、ドライヤーなし。外に出ると、カランがある洗い場はありませんが、ボディソープ等のアメニティはあり。

    巨石が配された16人サイズの岩風呂には、無色透明のナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉(源泉名: 湯の児温泉)が、源泉かけ流しにされています。泉温51.7℃を加水せず、湯口付近で湯温43℃位、湯尻では湯温42℃弱位。PH7.4で、やや肌がスベスベする浴感。口に含むと、旨じょっぱい。浴槽の岩が白茶色にコーティングされています。

    続いて、奥の小浴槽「木影の湯」へ。岩をくり貫いた2人サイズの石造り浴槽で、湯温は41℃位。不知火海と湯の児島の素晴らしい景色を眺めつつ、貸切状態でまったりできました。

    戻って、夕食は部屋で。お品書きはありませんが、地元の海で水揚げされた魚づくしの会席料理に舌鼓。烏賊のトビコ和えやバイ貝等の八寸に始まり、洋皿は鰆のカルパッチョのバジルソース。煮物は蛸の甘辛煮で、柔らかくて旨い。蒸皿はタラバ蟹のボイルが出て、お造りの鮃・太刀魚・車海老・勘八・烏賊が新鮮で、ビールがすすみます。蓋物は鰆とワラビ、鍋物は海鮮豆乳鍋、焼物に勘八の幽庵焼きと続き、食事に御飯・白魚のお吸い物・香の物・茶碗蒸しが出て、デザートのフルーツでお腹一杯になりました。

    一休みして、展望大浴場「亀寿の湯」へ。西館1階の出口から外へ出て、2つの家族風呂の前を通り過ぎ、海沿いの通路を歩いた先にあります。階段で2階に上がると、男女別の大浴場。男湯は右側です。

    棚に籐籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーあり。浴室に入ると、左右に6人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは一般的なもの。窓際に9人サイズの石造り内湯があり、湯温は42℃強位。夜は暗くて島の灯りしか見えませんが、翌朝は不知火海の素晴らしい眺めも楽しめました。

    翌朝は、本館1階の内湯へ。棚にプラ籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーあり。浴室に入ると、左側に3人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティも完備。右側にタイル張り石枠内湯が2つあり、湯口がある手前の2人サイズの方は湯温44℃弱位、奥の4人サイズの方は湯温42℃位。垣根越しに湯の児島の景色を望めました。

    戻って、朝食も部屋で。湯豆腐や温泉玉子が出る、体に優しい和定食。太刀魚のみりん干し、海苔の佃煮で御飯がすすみました。

    食後は、館外の家族風呂の1つである「ほら穴風呂」へ。洞窟のような雰囲気の浴室で、脱衣スペースにはプラ籠のみ。3人サイズの石造り浴槽には、源泉が壁づたいに注ぎ、まるで鍾乳石のよう。湯温は41℃位のぬるめで、サウナのような湯気モウモウでもないので、一番入り易いかも知れません。

    続いて階段を上がり、2階のもう1つの家族風呂「ひのき風呂」へ。脱衣場には籐籠のみで、浴室に入ると2人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティも完備。窓際に3人サイズの檜造り内湯があり、湯温は43℃弱位。ガラス越しに海を一望し、まったりできました。

    結局、チェックアウト時間のギリギリまで湯めぐり三昧。建物は少々古いですが、目の前が海という素晴らしい景色と地物の新鮮な魚が供される料理、そして何より源泉かけ流しの温泉で、身も心もリフレッシュ出来る宿かと思います。

    なお、後で気付いたのですが、「五色岩の湯」と「亀寿の湯」では掲示されていた分析書が違います。源泉名は同じですが、湧出地の住所や成分に違いも。もしかしたら、別源泉かも知れません。

    〈五色岩の湯〉
    主な成分: リチウムイオン0.8mg、ナトリウムイオン552.7mg、マグネシウムイオン16.8mg、カルシウムイオン44.6mg、フッ素イオン3.2mg、塩素イオン337.1mg、臭素イオン1.8mg、硫化水素イオン0.4mg、硝酸イオン1.1mg、炭酸水素イオン1099mg、硫酸イオン10.0mg、メタケイ酸69.6mg、メタホウ酸18.1mg、遊離二酸化炭素44.0mg、遊離硫化水素0.2mg、総成分量2223mg

    〈亀寿の湯〉
    主な成分: リチウムイオン0.7mg、ナトリウムイオン547.5mg、マグネシウムイオン26.7mg、カルシウムイオン79.4mg、フッ素イオン3.2mg、塩素イオン460.0mg、臭素イオン2.7mg、硫化水素イオン0.8mg、炭酸水素イオン1031mg、硫酸イオン39.5mg、メタケイ酸71.8mg、メタホウ酸18.3mg、遊離二酸化炭素26.4mg、遊離硫化水素0.1mg、総成分量2331mg
    ※いずれも、平成16年の分析書なので参考までに

  • 植木温泉の閑静な湯宿

    投稿日:2019年1月7日

    植木温泉の閑静な湯宿旅館平山

    きくりんさん [入浴日: 2018年4月10日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    合志川に架かる米塚橋のたもとに佇む、昭和39年に開業した全9室のこじんまりとした温泉旅館。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午後、日帰り入浴してみました。

    かつて、この地は温泉が自噴する田んぼで、地質調査に来られた大学教授が、温泉旅館にすることを勧めたのだとか。入浴料500円は、玄関から右手のフロントで。フロントの右斜め前に、男女別の大浴場があります。

    手前に、青い暖簾が掛かる男湯。100円返却式ロッカーと棚に籐籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、右側と左側手前に7人分のシャワー付カラン(うち1つはシャワー無し)がある洗い場。アメニティは一般的なものです。

    窓際に8人サイズのタイル張り赤御影石枠内湯があり、無色透明の単純硫黄温泉(源泉名: 植木温泉)が源泉かけ流しにされています。泉温46.6℃を、加水せず44℃位で供給。PH8.67で、肌がツルツルする浴感です。湯口の湯を口に含むと、玉子味。小さな白い湯の花も、見られます。壁には、この地にゆかりのある種田山頭火のタイル絵があり、郷愁をそそられます。

    続いて、外の露天風呂へ。半屋根付6人サイズの岩風呂で、湯温は43℃位。囲まれていて景色は望めませんが、坪庭を眺めつつ、ほとんど貸切状態でまったりできました。

    ラドン含有量: 9.18×10-10 (Ci/kg)
    主な成分: リチウムイオン0.3mg、ナトリウムイオン251.6mg、アンモニウムイオン0.5mg、カルシウムイオン1.5mg、アルミニウムイオン0.1mg、鉄(II)イオン0.1mg、フッ素イオン21.3mg、塩素イオン91.9mg、臭素イオン0.3mg、硫化水素イオン2.1mg、硫酸イオン7.8mg、炭酸水素イオン400.6mg、炭酸イオン37.8mg、メタケイ酸52.1mg、メタホウ酸19.1mg、総成分量889.7mg

2653件中 71件~80件を表示

前へ  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ


Webでの集客なら

ニフティ温泉を使って手軽に集客!成果報酬型クーポン『ぬくぬく~ぽん』

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる