本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

人気サウナランキング結果発表!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

きくりん

きくりん さん

平均43.9点 / 2653件

性別男性 年齢 55歳 住まい埼玉
HP指定なし
ブログ指定なし

2653件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • アワアワ温泉&薬湯に演歌

    投稿日:2020年1月6日

    アワアワ温泉&薬湯に演歌夜明薬湯温泉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月17日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR久大本線の夜明駅から、徒歩で約8分。国道210号線沿い、三隈川に架かる夜明大橋のたもとに佇む、昭和58年にオープンした日帰り温泉施設。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午前中、利用してみました。

    入浴料450円は、玄関を入った左側の受付で。女湯は一日入浴者専用休憩室の横ですが、男湯は自販機奥の突き当たりにあります。

    棚にプラ籠と100円有料ロッカーが並ぶ脱衣場には、ドライヤーなし。高い天井の浴室に入ると、左側に4人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、 固形石鹸のみです。

    女湯との仕切りにインパクトのある巨石を配した、16人サイズの底タイル張り石組み内湯には、無色透明のナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉(源泉名: 夜明薬湯温泉)が源泉かけ流しにされています。泉温44.4℃を加水・加温せず、41℃位で供給。PH7.9ながら、肌がツルツルする浴感です。

    奥の窓際に湯口があって飲泉もでき、口に含むとほんのり鉄臭がして炭酸味。また、湯口から浴槽に湯が落ちる所が白濁していると思ったら、何と気泡でした 。程なく、全身にもアワ付きが。反対側の入口付近には、打たせ湯もあります。

    そして、もう一つの4人サイズの石組み内湯は、漢方薬入りの薬湯です。黄土色に濁っていて、がっつりと漢方薬の匂いがします。窓からは、赤い橋の欄干と山を眺める景色です。

    朝一の訪問だったので、ちょっとだけ貸切状態でまったりできました。やがてBGMに演歌が流れ、地元の常連さん達が次々と来訪。挨拶やおしゃべりが始まって、この様子が昭和の古き良き共同浴場のように見えました。

    主な成分: リチウムイオン0.1mg、ナトリウムイオン648.0mg、アンモニウムイオン0.7mg、マグネシウムイオン1.3mg、カルシウムイオン4.5mg、鉄(II)イオン0.4mg、フッ化物イオン8.1mg、塩化物イオン274.0mg、臭化物イオン0.3mg、硫酸イオン0.3mg、炭酸水素イオン1313.0mg、炭酸イオン7.8mg、メタケイ酸31.5mg、メタホウ酸27.8mg、遊離炭酸597.0mg、成分総計2.923g
    ※なおロビーにある分析書は、平成8年のものだったので参考までに。

  • コバルトブルーの濁り湯を貸切で

    投稿日:2020年1月3日

    コバルトブルーの濁り湯を貸切で湯布院秘湯の宿 奥湯の郷(閉館しました)

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月16日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    大分自動車道の湯布院ICから、車で約20分。湯布院町川西の山の中へ、細い林道を進んだ先にある小さな集落にひっそりと佇む、客室数わずか5室の民宿風の小さな湯宿。かつて、温泉チャンピオンの郡司勇氏の「ホンモノにごり湯番付」で、西の横綱に選ばれたことがあるのだとか。平日に、一泊二食付で利用してみました。

    駐車場に猫が5匹いて、旅人を温かくお出迎え。この日は、トイレ付ツインルーム「ブルーベリー」に宿泊。窓から、竹製冷却装置「湯雨竹」と湯小屋、森を眺める景色です。浴衣に着替え、早速温泉へ。

    建物の奥から出て、2つある貸切風呂へ向かいます。部屋の札を掛け、中から鍵を掛けるシステム。翌朝9時まで、予約なしで空いていればいつでも入れます。先ずは、右側の浴室へ。

    棚に籐籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、左側に2人分のシャワー付カラン(1つはシャワーなし)がある洗い場。アメニティは、椿系とリーブルアロエです。壁際に3人サイズの石造り内湯があり、うっすら青みがかった透明のナトリウムー塩化物泉(源泉名:奥湯の郷)が、源泉かけ流しにされています。泉温99.0℃を、竹製冷却装置「湯雨竹」を使って加水せず、44℃位で供給。PH8.8で、肌がツルツルする浴感です。循環・消毒なし。湯口は浴槽の中ですが、手ですくって嗅いでみると、ほのかに塩化物臭がしました。

    続いて、外の露天風呂へ。3人サイズの岩風呂があり、湯温は41℃位。こちらは湯温が低かったので、森の景色を眺めつつ、まったりできました。

    夕食は食事処で、女将の手作り料理に舌鼓。お品書き付で、食前酒はブルーベリー酒。山菜の酢の物は、筍・ワケギ・ブロッコリー・コンニャクを柚味噌和えで。小鉢は白和え・茄子の酢味噌和え・椎茸と野菜の酢の物。豊後牛の炭火焼が旨い。山の幸に、瓶ビールがすすみます。大根の田楽と抹茶わらび餅、牛蒡の酢漬けを添えて。虹鱒の塩焼は焼き立て、ユキノシタや土筆など珍しい山菜を天婦羅で。思わず、焼酎を追加しちゃいます。筍の炊き込みご飯、具沢山の団子汁、茶碗蒸しでお腹いっぱいに。最後に、女将が挨拶で各テーブルへ回って来られました。

    翌朝は、左側の浴室へ。ほぼ右側と同じ造りです。4人サイズの石造り内湯があり、湯温は41℃位。続いて、外の露天風呂へ。4人サイズの岩風呂で、湯温は43℃強位。こちらも、目の前に森の景色。右側の浴室より、少し青みが濃いように見えました。

    朝食は、昨晩と同じ食事処で。山菜の煮しめ主菜の和定食です。胡麻和え、漬物、ピクルス、自家製キクラゲの酢の物、おから、生玉子はTKGで。体に優しいメニューでした。

    同じ湯布院町で青湯を楽しめる「束ノ間の湯(旧 庄屋の館)」や「御宿 一禅」「ゆふいん泰葉」は、いずれも由布院温泉の中心地ですが、こちらは少し離れた山の中の一軒宿。静かに青湯を堪能したいのなら、こちらがオススメです。

    主な成分: リチウムイオン1.6mg、ナトリウムイオン533.0mg、カルシウムイオン21.3mg、ストロンチウムイオン0.5mg、アルミニウムイオン0.6mg、フッ化物イオン7.6mg、塩化物イオン679.0mg、臭化物イオン1.7mg、ヨウ素イオン0.1mg、水酸化物イオン0.1mg、硫化水素イオン0.2mg、チオ硫酸イオン0.3mg、硫酸イオン203.0mg、炭酸水素イオン11.6mg、炭酸イオン48.0mg、メタケイ酸213.0mg、メタホウ酸29.4mg、メタ亜ヒ酸0.9mg、成分総計1.798g

  • 九酔渓の絶景露天

    投稿日:2020年1月1日

    九酔渓の絶景露天九酔渓温泉 二匹の鬼

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月16日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    大分自動車道の九重ICから、車で約20分。紅葉の名所として名高い九酔渓の山あいに佇む、平成10年に開業した温泉宿。平日の午後、日帰り入浴して来ました。

    入浴料200円は、母屋の受付で。途中の坂道にも駐車場がありましたが、そこに隣接する家族風呂の奥にあるのが、目指す男女別の露天風呂です。女将さん曰く、そこまで車で行っていいとのことで、再び車に乗ってGO!

    到着してみると、湯小屋の手前が男湯。棚にプラ籠が置かれた狭い脱衣場には、ドライヤー無し。カランのある洗い場はなく、アメニティは一般的なものが浴槽横に1組置かれています。

    谷に面して半屋根付6人サイズの岩風呂があり、緑褐色に濁った ナトリウムー炭酸水素塩温泉(源泉名: 九酔渓温泉)が源泉かけ流しにされています。泉温51.5℃を加水・加温せず、42℃強位で供給。PH7.1で、さらりとした浴感です。湯口の湯を口に含むと、ほのかに鉄臭がして円やかな味がしました。

    浴槽内は濁りで見えませんが、ぐるりと腰掛けられる石が置かれています。浴槽や床は、温泉成分で茶褐色にコーティング。目の前に九酔渓の素晴らしいパノラマを眺めつつ、ずっと貸切状態でまったりできました。

    露天風呂付の離れやコテージが点在する静かな宿なので、一度紅葉の季節にまた訪れてみたい宿です。

    主な成分: リチウムイオン0.4mg、ナトリウムイオン375.0mg、マグネシウムイオン18.1mg、カルシウムイオン31.9mg、ストロンチウムイオン0.3mg、鉄(II)イオン0.6mg、フッ素イオン0.4mg、塩化物イオン102.0mg、臭化物イオン0.3mg、硫酸イオン140.0mg、炭酸水素イオン797.0mg、メタケイ酸122.0mg、メタホウ酸6.2mg、遊離炭酸73.0mg、成分総計1.674g

  • 由布院のツルツル青湯

    投稿日:2019年11月27日

    由布院のツルツル青湯杜の湯 ゆふいん泰葉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月16日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    由布院温泉の閑静な高台に佇む、平成13年に開業した隠れ家的な湯宿。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午前中、日帰り入浴してみました。

    入浴料700円は、母屋のフロントで。駐車場横の回廊を通って、源泉が吹き出す鉄塔そばの湯小屋へ。日帰り入浴は、ここの小浴場か貸切露天風呂を利用。この小屋の奥からも、凄い湯気の煙がモウモウとしているので、期待に胸が膨らみます。

    コインレス鍵付きロッカーがある脱衣場には、ドライヤーも完備。こじんまりとした浴室に入ると、右側に2人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、炭系です。

    小さな窓際に4人サイズの石造り内湯があり、うっすら青みがかった透明のナトリウムー塩化物泉(源泉名: ゆふいん泰葉 杜の湯)が、源泉かけ流しにされています。泉温98.4℃を加水・加温せず、41℃位で供給。PH9.0で、肌がツルツルする浴感です。循環・消毒なし。湯口が析出物で真っ白になっていて、口に含むと石膏臭のする微塩味。ずっと貸切状態で、まったりできました。

    脱衣場の壁に、郡司さんの「日本一の青湯」のお墨付きの掲示があります。近くの「束ノ間の湯(旧 庄屋の館)」や「御宿 一禅」と比べてそれほど青く見えないのは、源泉から近く鮮度が良いためだったり、浴槽が深くないせいでしょうか。分析書は、湯小屋の外にありました。

    ラドン含有量: 2.0×10-10 (Ci/kg)
    主な成分: リチウムイオン0.7mg、ナトリウムイオン499.0mg、カルシウムイオン1.1mg、アルミニウムイオン0.5mg、フッ化物イオン2.3mg、塩化物イオン531.0mg、臭化物イオン1.5mg、水酸化物イオン0.2mg、硫化水素イオン0.2mg、硫酸イオン107.0mg、炭酸水素イオン136.0mg、炭酸イオン99.6mg、メタケイ酸567.0mg、メタホウ酸25.9mg、メタ亜ヒ酸0.7mg、成分総計2.007g

  • 景勝地に近い極上湯

    投稿日:2019年11月21日

    景勝地に近い極上湯岩戸湯

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    若山温泉と同じ県道28号線沿いに佇む、奥耶馬渓の一目八景にも程近い、平成4年に開業した日帰り温泉施設。一見すると、喫茶店か観光案内所のようなログハウス風の外観で、注意して見ていないと通り過ぎます(1回通り過ぎました)。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午後、利用してみました。

    入浴料300円は、玄関を入った左側の受付で。右手の奥すぐに、下へ下りる階段があり、その先に男女別の浴室があります。男湯は右側です。

    棚だけの脱衣場には、ドライヤーなし。浴室に入ると、右側に2人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、固形石鹸のみです。

    壁際に4人サイズのタイル張り石枠内湯があり、うっすら茶褐色がかった透明の単純温泉(源泉名: 耶馬渓温泉)が、源泉かけ流しにされています。泉温40.0℃を、加水・加温せずそのまま供給。PH7.7ながら、肌がスベスベする浴感です。循環・消毒なし。細い塩ビ管の湯口とその下からボコボコと温泉が出ていて、口に含むとモール臭がして円やかな味がします。

    窓の外には、山移川の向こうの崖の岩に注連縄を付けた山を望む景色。ずっと貸切状態で、まったりできました。

    分析書は階段の所にある簡易的なものだけだったので、帰りがけに女将さんに尋ねるも、詳しいものは無いとのことです。

    また、気になった注連縄について聞いてみると、十数年前の山崩れの際に祠のような窪みが出来て、その岩が観音様に見えることから、じいちゃんが注連縄を付けたのだとか。そして注連縄は紙ではなく、実際は一辺が1m位の白いトタンと聞いて更に驚きました。

  • 渓谷の混浴露天風呂

    投稿日:2019年11月18日

    渓谷の混浴露天風呂若山温泉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    奇岩奇峰や紅葉で知られる景勝地である深耶馬渓を通る県道28号線沿いに佇む、昭和52年にオープンしたドライブインに併設された湯処。日帰り入浴の幟が立っていたので、平日の午後寄ってみました。

    入浴料300円は、食堂のレジで。内湯と混浴露天風呂のどちらかを選びます。この日は天気も良かったので、露天風呂をチョイス。

    看板の所に川へ向かう坂道があり、下りて行くと屋根付の湯小屋が見えてきます。というか、格子扉はあるものの、ほとんど外から丸見えです。

    奥に男女別の脱衣場がありますが、簡素な造りでドライヤーも無し。また洗い場は無く、石鹸などのアメニティもありません。

    屋根付8人サイズの石組み浴槽があり、ちょっぴり茶褐色がかった透明の単純温泉(源泉名: 民宿 若山)が、源泉かけ流しにされています。泉温50.0℃を、加水・加温せず42℃位で供給。PH8.1で、肌がスベスベする浴感です。湯口の湯を口に含むと、モール泉がして円やかな味。こちらの湯船は、オーナーのお手製なのだとか。

    目の前には、巨岩がゴロゴロする渓谷の景色。山移川のせせらぎに癒されつつ、先客が上がられた後、貸切状態でまったりできました。

    分析書が掲示されていなかったので、帰り際に受付で尋ねると、内湯の方にあるとのことで見せていただきました。

    ラドン含有量: 0.38×10-10 (Ci/kg)
    主な成分: ナトリウムイオン48.4mg、マグネシウムイオン0.2mg、カルシウムイオン0.9mg、アルミニウムイオン0.3mg、フッ素イオン0.5mg、塩素イオン12.1mg、硫酸イオン3.5mg、硝酸イオン0.6mg、リン酸水素イオン1.1mg、炭酸水素イオン104.5mg、炭酸イオン9.0mg、メタケイ酸167.4mg、メタホウ酸0.8mg、成分総計0.363g
    ※なお、平成21年の分析書だったので、そろそろ更新かも知れません。

  • 素朴な共同浴場の極上湯

    投稿日:2019年11月16日

    素朴な共同浴場の極上湯折戸温泉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    深耶馬渓の紅葉の名所として知られる折戸渓谷に位置し、静かな山の中にポツンと佇む、民家のような二階建の共同浴場。外観は昔の建物ですが、中は2015年にリフォームされて綺麗になっています。平日の午後、利用してみました。

    入浴料200円は、玄関を入って右側の受付で。すぐに男女別の浴室があり、男湯は奥です。階段の下の棚にプラ籠が並ぶ狭い脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、右側に2人分のシャワー付カランがある洗い場。共同浴場なので、石鹸などのアメニティはありません。

    壁際に4人サイズの石造り内湯があり、うっすら褐色がかった透明の単純温泉(源泉名: 折戸温泉)が、源泉かけ流しにされています。泉温44.8℃を、加水・加温せず40℃位で供給。PH8.4で、肌がスベスベする浴感です。循環・消毒なし。塩ビ管の湯口からゴボゴボと間欠的に注がれ、口に含むとモール臭がして小甘味。小さな薄茶色の湯の花も見られます。

    窓を開けると、ほとんど花が散ってしまった桜の木と山々を望む景色。ずっと貸切状態で、まったりできました。次回は桜が満開の頃、いや紅葉の季節に来て、向かいに建つ小さな宿「つきのほたる」に泊まって、のんびりと湯浴みをしてみたいものです。

    なお、詳しい分析書は掲示されておらず、受付で尋ねてみても、玄関脇の簡易的なものだけしかないのだとか。源泉かけ流しの使用状況表示は、しっかりとありました。

  • 小鳥と演歌と黄色い屋根

    投稿日:2019年11月11日

    小鳥と演歌と黄色い屋根赤松温泉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR日豊本線の杵築駅から、車で約5分。国道10号線を山香方面へ進むと、ハーモニーランドを過ぎた国道沿いの右側に佇む、黄色の屋根の建物が目印の日帰り温泉施設。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午前中、利用して来ました。

    入浴料300円は、入口右側の受付で。ドアを開けると、そこはもう広い浴室の一部です。奥へ歩くと、浴室と一体型となった簡単な仕切りだけの脱衣場。100円返却式ロッカーが並び、ドライヤーはなし。左側に、5人分のシャワー付カランがある洗い場。石鹸などのアメニティはありません。

    巨石を配した岩風呂が4つあり、無色透明のアルカリ性単純温泉(源泉名: 赤松温泉)が源泉かけ流しにされています。泉温は不明ですが、手前の9人サイズで40℃弱位、真ん中6人サイズで42℃弱位。奥の6人サイズで44℃弱位。一番奥が熱く、そこから真ん中、手前へとオーバーフロー。湯口は浴槽内で、新鮮な湯を直接供給。肌がツルヌルする浴感です。また、入口近くの6人サイズの浴槽は水風呂でした。

    窓から、ハーモニーランドを見上げる景色。黄色いテント屋根を透過した光で全体的に黄色く見える浴室に、配置された鳥カゴから聞こえるカナリア等の小鳥のさえずり、そして流れる演歌のBGMは、B級感が溢れるというか、ちょっとしたカオスの世界。先客が上がられた後、貸切状態でまったりできました。

    主な成分: ナトリウムイオン179.2mg、カルシウムイオン0.6mg、フッ化物イオン3.2mg、塩化物イオン14.8mg、臭化物イオン0.2mg、硫酸イオン2.6mg、炭酸水素イオン421.6mg、炭酸イオン41.9mg、メタホウ酸イオン41.2mg、硝酸イオン0.1mg、水酸化物イオン0.3mg、メタケイ酸20.0mg、遊離炭酸0.5mg、成分総計0.728g
    ※なお、平成5年の分析書だったので参考までに

  • ぬるめの濃い茶濁湯

    投稿日:2019年11月3日

    ぬるめの濃い茶濁湯海門温泉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月14日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR日豊本線の宇佐駅から、車で約20分。国道213号線を国東半島方向へ進み、真玉川を渡った最初の小さな交差点を左折。住宅街の細い道を進んで行くと左側にある、真玉川の河口近くに佇む、昭和59年(1984年)に開業した湯処。以前は海門荘という旅館だったのですが、今は豊後高田市の観光まちづくり株式会社が引き継いで、日帰り温泉のみ運営。また、九州温泉道対象施設でもあります。日曜日の午後、利用して来ました。

    入浴料350円は、左側の受付で。廊下の奥に、男女別の浴室があり、男湯は手前です。棚にプラ籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、左右に3人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、一般的なものです。

    窓際に5人サイズのタイル張り石枠内湯があり、茶褐色に濁ったナトリウム・マグネシウムー塩化物泉(源泉名: 真玉 海門温泉)が源泉かけ流しにされています。泉温40.3℃を、加温・加水せずそのまま供給(湯温の低い時のみ、加温した地下水を加えるのだとか)。PH5.9で、少しキシキシする浴感です。湯口の湯を口に含むと、鉄臭がしてしょっぱい。透明度は15cm位でしょうか。

    窓の外は住宅の屋根。小さな浴槽なので、浸かるたびに湯がオーバーフローします。湯の流れる音に癒されつつ、先客が上がられた後少しの間だけ、貸切状態でまったりできました。畳敷きの休憩室もあるので、湯上がりに寛げますよ。

    主な成分: リチウムイオン4.9mg、ナトリウムイオン5560.0mg、マグネシウムイオン1010.0mg、カルシウムイオン959.0mg、ストロンチウムイオン14.2mg、バリウムイオン0.4mg、マンガンイオン2.2mg、鉄(II)イオン17.1mg、塩化物イオン11600.0mg、臭化物イオン40.7mg、ヨウ素イオン0.4mg、硫酸イオン1430.0mg、リン酸ニ水素イオン0.4mg、炭酸水素イオン1620.0mg、メタケイ酸211.0mg、メタホウ酸67.2mg、遊離炭酸669.0mg、成分総計23.532g

  • 伝説の島の温泉

    投稿日:2019年10月31日

    伝説の島の温泉姫島村健康管理センター

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月14日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    国東半島の伊美港から、姫島港までフェリーで約20分。フェリー乗り場を出て、右手の東方向へ移動すること約4km。姫島の東側の海岸沿い佇む、姫島七不思議伝説の一つである拍子水を利用した温泉施設。日曜日の午後、利用してみました。

    入浴料310円(小タオル付)は、左側の受付で。左手奥のスロープを上がった所に、男女別の浴室があり、男湯は左側です。

    コインレス鍵付きロッカーが並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。島民の方のアカスリタオルが干され、憩いの場であることが連想されます。浴室に入ると、右側手前に4人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、固形石鹸と一般的なシャンプーのみです。

    窓際にタイル張り石枠内湯が2つあり、左側の4人サイズの方は緑褐色に濁った炭酸水素塩泉(源泉名: 拍手水温泉) を源泉かけ流しにしています。泉温24.9℃を、そのまま注ぐ冷泉。ph6.5で、肌がややスベスベする浴感です。湯面にアブラのような油膜が浮いていて、透明度は、20cm位でしょうか。冷たいのを我慢して浸かっていると、アワ付きも見られました。

    右側の6人サイズの方は、42℃位に加温。真ん中から、ブクブクと泡が出ています。湯が減ったら、加温湯や冷泉のバルブを捻って湯を足すようにと注意書きも。湯船の縁は、茶褐色のウロコ状になった温泉成分の析出物で覆われています。

    また左側に飲泉場もあり、口に含むと鉄臭がしてエグ味もある炭酸味。窓を開けると、海を一望する景色。交互浴を楽しみつつ、タイミングが良かったのか、しばらく貸切状態でまったりできました。

    使用状況表示が無かったので受付の方に尋ねると、冷たい方は源泉そのままですが、温かい方は循環・消毒ありなのだそう。帰り際に、建物右手の池の所に源泉が湧いているので飲んでみてと勧められます。行ってみると、ボコボコと勢いよく湧出。飲んでみると、飲泉場よりシュワっと感が凄かったです。

    日本書紀にも登場する比売語曽(ひめごそ)社の女神が、手拍子を打って天に願うと水が湧き出たという拍子水の伝説も面白いですが、海のすぐそばなのに塩化物泉ではなく、鉄分を多く含む炭酸泉が渾々と湧き出ているのも興味深いですね。

    主な成分: リチウムイオン0.7mg、ナトリウムイオン122.0mg、アンモニウムイオン0.3mg、マグネシウムイオン225.0mg、カルシウムイオン254.0mg、ストロンチウムイオン5.4mg、マンガンイオン1.8mg、鉄(II)イオン9.6mg、フッ化物イオン0.4mg、塩化物イオン150.0mg、臭化物イオン0.4mg、硫酸イオン200.0mg、炭酸水素イオン1710.0mg、メタケイ酸145.0mg、メタホウ酸3.6mg、遊離炭酸1350.0mg、成分総計4.186g

2653件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ


Webでの集客なら

ニフティ温泉を使って手軽に集客!成果報酬型クーポン『ぬくぬく~ぽん』

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる