本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

人気温泉スタンプラリー

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

きくりん

きくりん さん

平均43.9点 / 2599件

性別男性 年齢 53歳 住まい埼玉
HP指定なし
ブログ指定なし

2599件中 71件~80件を表示

前へ  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 変わらない湯屋

    投稿日:2019年12月19日

    変わらない湯屋下ん湯

    きくりんさん [入浴日: 2010年1月3日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    湯布院のシンボル的な観光スポットである金鱗湖の湖畔に佇む、茅葺の屋根が特徴的な無人の共同浴場。以前、利用しました。

    入浴料200円は、入口前の料金BOXへ。梁がむき出しになった天井で、脱衣場と浴室が一体型となった昔ながらの共同浴場です。石造り木枠内湯と石造りの半露天風呂では、無色透明の単純温泉を満喫。混浴ですが、脱衣場は男女一緒だし、湯色も透明なので、女性のハードルはかなり高めかと思います。

    年々観光地化されていく由布院温泉で、ここだけはまるで時間が止まっているかのような佇まい。維持費が大変でしょうが、いつまでもこのまま茅葺屋根の湯屋であり続けて欲しい湯処です。

  • その名の通り

    投稿日:2019年12月16日

    その名の通り由布岳温泉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月16日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR久大本線の由布院駅から、車で約10分弱位。のどかな田園地帯の小さな集落の中に佇む、平成5年に開業した日帰り温泉施設。男女別の露天風呂が付いた大浴場の他に、各室露天風呂付の家族風呂もあります。家族風呂は2000円と高いので、平日のお昼頃に大浴場の方を利用してみました。

    入浴料500円は、駐車場隣の受付小屋で。瓦屋根に白壁という、風情のある湯小屋です。天井の梁が剥き出しになった脱衣場。扉に漢数字で番号が書かれた、コインレス鍵付き木製ロッカーもレトロな雰囲気。ドライヤーは完備されています。

    浴室に入ると、右側に3人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、一般的なものです。

    壁際に3人サイズの石造り内湯があり、無色透明の単純温泉(源泉名: 由布岳温泉)が、源泉かけ流しにされています。泉温47.7℃を、加水・加温せず42℃位で供給。PH7.9ながら、肌がツルツルする浴感です。循環・消毒なし。フォースの湯口から注がれ、口に含むも無味無臭でした。

    続いて、外の露天風呂へ。10人サイズの石造り浴槽があり、湯温は40℃位。浸かると塀で由布岳が見えませんが、縁に腰掛けると山頂の方だけ見えます。また雨でも見えるようにと、壁に由布岳のパネル写真が貼られています。平日の昼間だったせいか、ずっと貸切状態でまったりできました。

    主な成分: ナトリウムイオン41.1mg、マグネシウムイオン0.8mg、カルシウムイオン1.2mg、フッ化物イオン0.6mg、塩化物イオン19.0mg、硫酸イオン9.4mg、硝酸イオン0.7mg、リン酸一水素イオン0.5mg、炭酸水素イオン97.2mg、メタケイ酸190.0mg、メタホウ酸1.4mg、メタ亜ヒ酸0.2mg、成分総計0.369g

  • 田園地帯と由布岳

    投稿日:2019年12月8日

    田園地帯と由布岳ゆふいんホテル秀峰館

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月16日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR久大本線の由布院駅から、車で約5分弱位。のどかな田園地帯に佇む、平成6年に開業した鉄筋4階建ての温泉宿。平日のお昼頃、日帰り入浴して来ました。

    入浴料600円は、玄関を入った右側のフロントで。その横のエレベーターで、4階(最上階)へ。降りたら、右手にぐるりと戻るように廊下を歩いた先に、男女別の大浴場があります。

    左側に女湯の「展望風呂 日女湯」を見て、更に奥の男湯「展望風呂 六所湯」へ。棚に籐籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、右側と左側手前に13人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは馬油系です。

    窓際に18人サイズの石造り内湯があり、無色透明の単純温泉(源泉名: ゆふいんホテル 秀峰館)が満ちています。泉温43.2℃を加温・加水して、42℃位で供給。PH8.2で、やや肌がスベスベする浴感です。循環・消毒ありですが、塩素臭なし。窓からは、由布岳を間近に望む素晴らしい景色です。

    続いて、外の露天風呂へ。屋根付10人サイズの岩風呂があり、湯温は40℃位。こちらも目の前に、ドーンと由布岳が見えます。貸切状態でしたが、撮影禁止が残念。とはいえ、この景色を独り占めしながらの湯浴みは最高でした。

    この日は温泉しか利用しなかったのですが、大分市の精肉店が営む宿だけに、自慢の豊後牛しゃぶしゃぶも是非一度味わってみたいです。

    主な成分: ナトリウムイオン66.9mg、マグネシウムイオン2.8mg、カルシウムイオン12.4mg、フッ化物イオン0.2mg、塩化物イオン43.8mg、臭化物イオン0.1mg、硫酸イオン18.5mg、硝酸イオン0.5mg、リン酸一水素イオン0.4mg、炭酸水素イオン160.0mg、メタケイ酸148.0mg、メタホウ酸2.5mg、遊離炭酸1.3mg、成分総計0.474g

  • 美しい由布岳を一望

    投稿日:2019年12月4日

    美しい由布岳を一望柚富の郷彩岳館

    きくりんさん [入浴日: 2003年8月14日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR久大本線の由布院駅から、車で約10分弱位。由布院盆地の南側を走る県道11号線沿いに佇む、平成11年に開業した温泉旅館。およそ16年程前に、日帰り入浴しました。

    この時は露天風呂「望岳の湯」で、源泉かけ流しにされた無色透明のアルカリ性単純温泉(源泉名: 柚富の郷 彩岳館)を満喫。由布院温泉で最初に訪れた宿でしたが、期待通り雄大な由布岳を望みつつ、まったりできました。

    由布岳を一望する露天風呂では、「山のホテル 夢想園」と人気を二分する宿だけに、再訪してまたあの時の感動に酔いしれてみたいです。

  • 由布院を代表する絶景露天

    投稿日:2019年11月30日

    由布院を代表する絶景露天山のホテル夢想園(むそうえん)

    きくりんさん [入浴日: 2010年1月4日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR久大本線の由布院駅から、車で約10分弱位。由布院盆地の南側の高台に佇む、昭和41年に開業した見晴らしの良い露天風呂を持つ温泉旅館。以前、日帰り入浴しました。

    この時は露天風呂「御夢想の湯」で、無色透明のアルカリ性単純温泉(源泉名: 御夢想温泉)を満喫。広々とした岩風呂で、雄大な由布岳を望む絶景を楽しみつつ、のんびりと湯浴みができました。

    その後、何度か由布院を訪れながらも再訪できていないので、次回は宿泊もして地産地消の会席料理も味わってみたですね。

  • 由布院のツルツル青湯

    投稿日:2019年11月27日

    由布院のツルツル青湯杜の湯 ゆふいん泰葉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月16日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    由布院温泉の閑静な高台に佇む、平成13年に開業した隠れ家的な湯宿。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午前中、日帰り入浴してみました。

    入浴料700円は、母屋のフロントで。駐車場横の回廊を通って、源泉が吹き出す鉄塔そばの湯小屋へ。日帰り入浴は、ここの小浴場か貸切露天風呂を利用。この小屋の奥からも、凄い湯気の煙がモウモウとしているので、期待に胸が膨らみます。

    コインレス鍵付きロッカーがある脱衣場には、ドライヤーも完備。こじんまりとした浴室に入ると、右側に2人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、炭系です。

    小さな窓際に4人サイズの石造り内湯があり、うっすら青みがかった透明のナトリウムー塩化物泉(源泉名: ゆふいん泰葉 杜の湯)が、源泉かけ流しにされています。泉温98.4℃を加水・加温せず、41℃位で供給。PH9.0で、肌がツルツルする浴感です。循環・消毒なし。湯口が析出物で真っ白になっていて、口に含むと石膏臭のする微塩味。ずっと貸切状態で、まったりできました。

    脱衣場の壁に、郡司さんの「日本一の青湯」のお墨付きの掲示があります。近くの「束ノ間の湯(旧 庄屋の館)」や「御宿 一禅」と比べてそれほど青く見えないのは、源泉から近く鮮度が良いためだったり、浴槽が深くないせいでしょうか。分析書は、湯小屋の外にありました。

    ラドン含有量: 2.0×10-10 (Ci/kg)
    主な成分: リチウムイオン0.7mg、ナトリウムイオン499.0mg、カルシウムイオン1.1mg、アルミニウムイオン0.5mg、フッ化物イオン2.3mg、塩化物イオン531.0mg、臭化物イオン1.5mg、水酸化物イオン0.2mg、硫化水素イオン0.2mg、硫酸イオン107.0mg、炭酸水素イオン136.0mg、炭酸イオン99.6mg、メタケイ酸567.0mg、メタホウ酸25.9mg、メタ亜ヒ酸0.7mg、成分総計2.007g

  • アワアワの黄金湯

    投稿日:2019年11月25日

    アワアワの黄金湯七福温泉 宇戸の庄

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月15日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    大分自動車道の玖珠ICから、車で約15分。自然あふれる宇土谷の奇岩に囲まれた森の中に佇む、平成15年にオープンした釣り堀や食事処、宿泊棟を併設した温泉施設。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日に、一泊二食付で利用して来ました。

    広い駐車場の奥に孔雀小屋があり、アヒルや七面鳥?が放し飼いにされています。この日は、山荘風の母屋2階のトイレ付10畳和室「こごみの間」に宿泊。布団は自分で敷き、テレビはありませんが、WiFiは使えます。当日の宿泊者は自分だけだったので、久々の全館貸切状態です。

    浴衣に着替え、湯小屋「弁天の湯」へ。籐籠と100円有料ロッカーが並ぶ脱衣場には、ドライヤーなし。浴室に入ると、右側に2人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、リーブルアロエです。

    左側に4人サイズの石造り内湯があり、うっすら茶褐色に濁った単純温泉(源泉名: 七福温泉 宇土ノ庄)が、かけ流しにされています。泉温39.5℃を、加温して42℃位で供給。PH8.0で、肌がスベスベする浴感です。薄茶色の湯の花も見られます。湯口の湯を口に含むと、焦げたモール臭がして円やかな味。続いて、外の露天風呂へ。

    巨岩の前に7人サイズの石造り浴槽があり、湯温は37℃位。こちらは、加温なしの源泉かけ流しです。気泡が油面に浮かび、プチプチと弾けます。あっと言う間に、全身アワアワに。見上げると、奇岩を望む素晴らしい景色。途中で日帰り入浴の方も来ましたが、ほとんど貸切状態でまったりできました。ちなみに、宿泊者でも夜の入浴は22時迄です。

    夕食は、玄関から右手の食事処で。お品書きなし。ヤマメを中心にした料理に舌鼓。小鉢はワラビのおひたしで、シャキシャキして旨い。盛皿は、地鶏の炭火焼・菜の花の白和え・ヤマメのカルパッチョ・鮎の甘露煮・ヤマメのマリネやオイル漬け・骨煎餅と山の幸が沢山。麦焼酎「耶馬美人」がすすみます。続いて、ヤマメのお造りは身がプリプリ 。更にヤマメの握り寿司、ヤマメの塩焼と続き、川魚好きにはたまりません。そして、近くの山で採れたコゴミやタラの芽、筍といった山菜の天婦羅を岩塩で。すごいボリュームです。最後にご飯や汁物は出ず、茶碗蒸しが出てお終い。飲む人にはいいですが、最後に釜飯などあったら、なおいいかもですね。

    翌朝も、当然朝風呂を貸切状態で。この季節の平日だと、宿泊者がいない時もあるのだとか。静かに温泉を楽しみたい方には、ベストシーズンかも知れません。

    朝食は、昨晩と同じ食事処で。焼き鮭主菜の和定食を頂きます。味噌汁の筍が、柔らかく旨い。椎茸の煮物・切干大根・温泉玉子・胡麻豆腐など定番のおかずも。体に優しいメニューでした。

    車なら比較的アクセスも良く、釣り堀や食事、温泉目当てに日帰りで家族で訪れても楽しい施設です。泊まってもそんなに高くないので、夏休みなどは混むかも知れませんね。

    主な成分: リチウムイオン0.2mg、ナトリウムイオン136.0mg、アンモニウムイオン3.3mg、マグネシウムイオン1.5mg、カルシウムイオン5.2mg、鉄(II)イオン0.2mg、フッ化物イオン1.7mg、塩化物イオン40.5mg、リン酸一水素イオン1.7mg、炭酸水素イオン317.0mg、メタケイ酸147.0mg、メタホウ酸1.2mg、遊離炭酸11.0mg、成分総計0.681g
    ※なお、平成15年の分析書だったので参考までに。

  • 景勝地に近い極上湯

    投稿日:2019年11月21日

    景勝地に近い極上湯岩戸湯

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    若山温泉と同じ県道28号線沿いに佇む、奥耶馬渓の一目八景にも程近い、平成4年に開業した日帰り温泉施設。一見すると、喫茶店か観光案内所のようなログハウス風の外観で、注意して見ていないと通り過ぎます(1回通り過ぎました)。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午後、利用してみました。

    入浴料300円は、玄関を入った左側の受付で。右手の奥すぐに、下へ下りる階段があり、その先に男女別の浴室があります。男湯は右側です。

    棚だけの脱衣場には、ドライヤーなし。浴室に入ると、右側に2人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、固形石鹸のみです。

    壁際に4人サイズのタイル張り石枠内湯があり、うっすら茶褐色がかった透明の単純温泉(源泉名: 耶馬渓温泉)が、源泉かけ流しにされています。泉温40.0℃を、加水・加温せずそのまま供給。PH7.7ながら、肌がスベスベする浴感です。循環・消毒なし。細い塩ビ管の湯口とその下からボコボコと温泉が出ていて、口に含むとモール臭がして円やかな味がします。

    窓の外には、山移川の向こうの崖の岩に注連縄を付けた山を望む景色。ずっと貸切状態で、まったりできました。

    分析書は階段の所にある簡易的なものだけだったので、帰りがけに女将さんに尋ねるも、詳しいものは無いとのことです。

    また、気になった注連縄について聞いてみると、十数年前の山崩れの際に祠のような窪みが出来て、その岩が観音様に見えることから、じいちゃんが注連縄を付けたのだとか。そして注連縄は紙ではなく、実際は一辺が1m位の白いトタンと聞いて更に驚きました。

  • 渓谷の混浴露天風呂

    投稿日:2019年11月18日

    渓谷の混浴露天風呂若山温泉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    奇岩奇峰や紅葉で知られる景勝地である深耶馬渓を通る県道28号線沿いに佇む、昭和52年にオープンしたドライブインに併設された湯処。日帰り入浴の幟が立っていたので、平日の午後寄ってみました。

    入浴料300円は、食堂のレジで。内湯と混浴露天風呂のどちらかを選びます。この日は天気も良かったので、露天風呂をチョイス。

    看板の所に川へ向かう坂道があり、下りて行くと屋根付の湯小屋が見えてきます。というか、格子扉はあるものの、ほとんど外から丸見えです。

    奥に男女別の脱衣場がありますが、簡素な造りでドライヤーも無し。また洗い場は無く、石鹸などのアメニティもありません。

    屋根付8人サイズの石組み浴槽があり、ちょっぴり茶褐色がかった透明の単純温泉(源泉名: 民宿 若山)が、源泉かけ流しにされています。泉温50.0℃を、加水・加温せず42℃位で供給。PH8.1で、肌がスベスベする浴感です。湯口の湯を口に含むと、モール泉がして円やかな味。こちらの湯船は、オーナーのお手製なのだとか。

    目の前には、巨岩がゴロゴロする渓谷の景色。山移川のせせらぎに癒されつつ、先客が上がられた後、貸切状態でまったりできました。

    分析書が掲示されていなかったので、帰り際に受付で尋ねると、内湯の方にあるとのことで見せていただきました。

    ラドン含有量: 0.38×10-10 (Ci/kg)
    主な成分: ナトリウムイオン48.4mg、マグネシウムイオン0.2mg、カルシウムイオン0.9mg、アルミニウムイオン0.3mg、フッ素イオン0.5mg、塩素イオン12.1mg、硫酸イオン3.5mg、硝酸イオン0.6mg、リン酸水素イオン1.1mg、炭酸水素イオン104.5mg、炭酸イオン9.0mg、メタケイ酸167.4mg、メタホウ酸0.8mg、成分総計0.363g
    ※なお、平成21年の分析書だったので、そろそろ更新かも知れません。

  • 素朴な共同浴場の極上湯

    投稿日:2019年11月16日

    素朴な共同浴場の極上湯折戸温泉

    きくりんさん [入浴日: 2019年4月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    深耶馬渓の紅葉の名所として知られる折戸渓谷に位置し、静かな山の中にポツンと佇む、民家のような二階建の共同浴場。外観は昔の建物ですが、中は2015年にリフォームされて綺麗になっています。平日の午後、利用してみました。

    入浴料200円は、玄関を入って右側の受付で。すぐに男女別の浴室があり、男湯は奥です。階段の下の棚にプラ籠が並ぶ狭い脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、右側に2人分のシャワー付カランがある洗い場。共同浴場なので、石鹸などのアメニティはありません。

    壁際に4人サイズの石造り内湯があり、うっすら褐色がかった透明の単純温泉(源泉名: 折戸温泉)が、源泉かけ流しにされています。泉温44.8℃を、加水・加温せず40℃位で供給。PH8.4で、肌がスベスベする浴感です。循環・消毒なし。塩ビ管の湯口からゴボゴボと間欠的に注がれ、口に含むとモール臭がして小甘味。小さな薄茶色の湯の花も見られます。

    窓を開けると、ほとんど花が散ってしまった桜の木と山々を望む景色。ずっと貸切状態で、まったりできました。次回は桜が満開の頃、いや紅葉の季節に来て、向かいに建つ小さな宿「つきのほたる」に泊まって、のんびりと湯浴みをしてみたいものです。

    なお、詳しい分析書は掲示されておらず、受付で尋ねてみても、玄関脇の簡易的なものだけしかないのだとか。源泉かけ流しの使用状況表示は、しっかりとありました。

2599件中 71件~80件を表示

前へ  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる