本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【年間ランキング2023】ついに発表!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

きくりん

きくりん さん

平均43.9点 / 2647件

性別男性 年齢 56歳 住まい埼玉
HP指定なし
ブログ指定なし

2647件中 191件~200件を表示

前へ  16 17 18 19 20 21 22 23 24 25  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 平日が空いています

    投稿日:2013年7月13日

    平日が空いていますおがわ温泉 花和楽の湯感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年6月20日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR八高線・東武東上線の小川町駅から徒歩約8分。瓦工場跡地に建てられた、和風旅館のような佇まいの日帰り温泉施設。いつも駐車場が車でいっぱいなので、これまで敬遠していましたが、平日の夜初めて行ってみました。無料の靴箱キーと引き換えに、ロッカーキーを受け取るシステム。浴室手前の総合案内処で、岩盤浴着や浴衣、タオルセットを受け取ります。岩盤浴代が入浴料に含まれており、せっかくなので岩盤浴場「瓦黄房」へ。入口で水分補給、木枕を持って中に入ると、なかなか広いスペース。壁には中国黄河の黄土、床には芦野石を敷き詰めているそうです。ほどよく汗をかいたところで、湯処「殿湯」へ。サウナやアカスリ処を併設した浴室には、12人サイズの石造り内湯があり、井水を加温して満たしています。洗い場はあまり広くありませんが、天井を高くし、露天風呂に向かって大きく窓を切っているので、狭さを感じさせません。続いて、外の露天風呂へ。すぐ右手には、屋根付き12人サイズの石造り浴槽「ラムネ風呂」。こちらは、人工の高濃度炭酸泉。40℃位のぬるめの湯温で、アワが付きもまあまあです。次に、屋根付き16人サイズの細長い石組み浴槽。無色透明の強アルカリ単純泉が満たされ、PH10.1ながらやや肌がツルツルする浴感です。湯温は42℃位に加温。さらに、内湯から見えた大きな石組み浴槽は、2つの7人サイズの浴槽をつなぐように、真ん中には浅い寝湯スペースがある変わった造り。岩風呂には、それぞれ戦国武将の名前が付けられていました。夕食時間と重なったせいでしょうか。人もまばらで、街中とは思えないほど静かにまったりできました。混んでなければ、1日ゆっくりしたいですね。ちなみに、通常18時から入浴料1100円のところ、この日は温泉博士の特典(1000円割引)で、入浴料100円で利用させていただきました。

  • 宿泊が良さそう

    投稿日:2013年6月30日

    宿泊が良さそう小梨の湯 笹屋感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年6月2日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    白骨温泉に佇む、日本秘湯を守る会会員の宿。日曜日の午前中に雑誌「旅の手帖」2013年2月号のクーポン利用で、タダで(通常は入浴料600円)日帰り入浴して来ました。帳場から右手奥に進み、雪駄を履いて階段を上がったところにある湯殿へ。脱衣場は床暖房が効いていて、素足でも温かい。二面ガラス張りの浴室ですが、この日はガラス戸が開け放たれ半露天風に。白い析出物が堆積した8人サイズの内湯は、もはや木造りか石造りかわかりません。青みを帯びた乳白色の含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉(源泉名:小梨の湯)が、かけ流しにされています。湯温は41℃位。PH6.61で、肌に優しい浴感。残雪を被った山を渡る冷たい風が、頬を撫でて心地よい。しばらく貸切状態で、まったりできました。帰りがけ、貸切露天風呂の前に「どうぞ、空いてますので」の立札を見つけ、ちょっと拝見。階段を上っていくと、4人サイズの石組み浴槽があり、湯温は42℃位。白樺林を眺めて、のんびりできそうでした。是非一度泊まって、雪見露天を楽しみたいと思いました。

  • レトロな佇まい&きれいな湯殿

    投稿日:2013年6月25日

    レトロな佇まい&きれいな湯殿箱根太陽山荘感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年5月26日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    1942年(昭和17年)築の本館と別館が国の登録有形文化財に指定されている国民宿舎。日曜日の午後、日帰り入浴して来ました。箱根登山鉄道の強羅駅から、一般通路という地下道を抜け、駅の裏手に出ます。左手の坂を上ること、徒歩約5分で到着。敷地のまっすぐ奥へ延びた道の右側に建つ本館で、入浴料1000円を払うと、ご入浴は1時間位でお願いしますと言われます。入口近くに建つ、きれいにリニューアルされた総檜造りの温泉棟へ。和みの「木風呂」と野趣豊かな「岩風呂」があり、この日男性は岩風呂でした。脱衣場もとてもきれいで、木の温もりを感じます。浴室も天窓から光が射し込み、とても明るい。アメニティはDHCでした。自然石をふんだんに配した、10人サイズの石造り内湯には、うっすら緑白色の酸性-カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉(源泉名:大涌谷温泉蒸気造成混合泉3号泉)が、かけ流しにされています。湯温は42℃位。PH2.2ながら、肌に優しい浴感です。硫黄の匂いに包まれ、至福の時を過ごせました。タイミングが良かったのか、貸切状態だったのも良かったです。一度は泊まってみたいと思える宿でした。

  • 大人の佳宿

    投稿日:2013年6月18日

    大人の佳宿加満田(かまた)感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年5月25日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    55.0点

    数々の文人、財界人に愛されてきた、奥湯河原温泉に佇む宿。また雑誌「自遊人」の2013年1月号にも、料理の美味しい宿として紹介されています。一度は泊まってみたいと思っていましたが、たまたまネットでキャンペーンのお得プラン(ただし、料理はスタンダードプランと同じ)を見つけたので、土曜日に一泊二食付で利用して来ました。この日は、西館1階の10畳次の間付き「川蝉」の間に滞在。この部屋の名前は、もと三菱銀行頭取が名付けたそうで、京都の数寄屋造りを参考にした総檜造り。お得プランなのに、着いて早々テンションが上がります。まずは、本館2階の大浴場「彩」へ。8人サイズのタイル張り内湯には、無色透明のカルシウム-硫酸塩泉(源泉名:湯河原77号)がかけ流し。PH7.5で、くせの無いさらりとした浴感です。湯温は42℃位。窓から見える山の新緑が眩しい。続いて、西館の先にある貸切露天風呂へ。こちらの2つある貸切露天風呂は、空いていれば予約無し、無料で24時間利用可能。右側の「もみじの湯」へ。5人サイズの石組み浴槽は、屋根付きで雨でも安心です。無色透明のカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(源泉名:湯河原77号・129号・町営の混合泉)がオーバーフロー。近くの川で蛍の餌さとなるカワニナを育てている為、石鹸やシャンプーは使えません。PH8.2で、やや肌がツルツルする浴感。湯温は40℃位。よく見ると、小さな茶色の湯の花も見られました。夕朝食は、部屋で。お品書き付で、山菜や稚鮎など旬の食材に、料理人の技を凝らした一品一品に舌鼓。食後は、部屋の内湯へ。各部屋のお風呂にも、温泉が引かれています。1人サイズのタイル張り浴槽ですが、好きな湯加減で楽しめます。少しぬるめにして、寝る前にリラックスできました。翌朝は、夜10時に男女入替となった東館の大浴場「輝」へ。8人サイズの石造り木枠内湯で、湯温は42℃位。こちらもかけ流しです。次に、昨日入れなかったもう1つの貸切露天風呂「ほたるの湯」へ。7人サイズの石組み浴槽で、湯温は40℃位。茶色の小さな湯の花が舞い、野趣あふれる雰囲気。木の葉をすり抜けて来る風が心地よく、ついウトウトしてしまいました。戻って、朝食。近海で取れる魚が美味しいです。チェックアウトのギリギリまで、最後に部屋風呂を堪能。窓の外には、ドクダミの白い花。梅雨が間近と、教えてくれました。野鳥のさえずりで目が覚める、静かな環境。ベテランの仲居さん達は、とにかく気が利きます。いっぺんでこちらの宿のファンになりました。

  • 1300年続く名湯

    投稿日:2013年6月15日

    1300年続く名湯鹿の湯感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年5月19日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    山狩りで傷ついた鹿が体を癒したところから発見された逸話が残る、那須温泉の元湯。いつも混雑している印象でこれまで敬遠していましたが、今年の3月1日にリニューアルオープンしたというので、およそ22年ぶりに寄ってみました。とはいえ、やっぱり芋洗い状態の時に入りたくはありません。そこで、閉館1時間前を切った17時過ぎに訪問。受付で「17:50には湯が抜かれてしまいますが大丈夫ですか?」と確認されますが、もちろんOK。入浴料400円を払い、帳場から左に廊下を進んで、川の対岸にある湯小屋へ。脱衣場と木造りの浴室は別れていますが、扉の無い共同浴場の造りです。手前にかけ湯(かぶり湯)用の湯溜めがあり、衝立はありますが、しゃがんでかけ湯。その向こうに、4人サイズの木造り内湯が6つ並んでいます。手前から奥にいくにつれ、41℃、42℃、43℃、44℃、46℃、48℃と湯温が上昇。いずれも、青みを帯びた白濁の単純酸性硫黄温泉(源泉名:鹿の湯・行人の湯の混合泉)が満ちています。PH2.6ながら、肌に優しい浴感。硫黄の匂いに包まれ、至福の時が流れます。ただそれも、適温浴槽までのこと。44℃まではまぁいけますが、そこから先はデッドゾーンと化します。無理してもいけないと自分に言い聞かせ、血圧を気にしながら静かに速やかにギブアップ。しかし、閉館間際にもかかわらず、どの浴槽も意外と湯が劣化していないのには驚きました。昔も今も変わらぬ、人気と効能。次は時間を取って、かぶり湯からしっかり満喫してみたいです。

  • 鄙び湯の極み

    投稿日:2013年6月8日

    鄙び湯の極み村之湯温泉感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年5月6日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    指宿市内にある、明治15年創建の超鄙びた共同浴場。連休最後の日の昼頃、初めて行ってみました。手書きの看板が、いい雰囲気。正面の民家のご主人に入浴料250円を渡し、右手の湯小屋へ。これまで見たことのない程の鄙びた光景に、一瞬息を呑みます。脱衣場と浴室は扉のない一体型。天井は高く、梁はむき出し。壁面はコンクリートで、ポスターが数枚貼られています。床も所々茶色に変色。シャワーや、カランはありません。4人サイズの石造り内湯が2つ、縦に並んでいます。手前の浴槽から入ってみると、深さが90cm位あり結構深い。うっすら茶褐色のアルカリ性明礬温泉(正式な分析表はなく、埼玉出身の若女将に聞いてみましたが不明)が満ちています。湯温は、41℃位で適温。やや肌がツルツルする浴感です。続いて、奥の浴槽へ。お湯が、サラサラとオーバーフローしています。こちらは、湯温39℃位のぬるめ。飲泉もできるようになっていて、口に含むと塩味の旨い温泉でした。もっと薄暗くなって、いつもの常連さん達が来る時間になると、生活感のある違った表情を見せるのでしょうか。この日は、ずっと貸切状態で楽しめました。とにかく、鄙び系の共同浴場が好きな方には、たまらない温泉だと思います。指宿に行かれたら、是非寄ってみて下さい。

  • 絶景露天をその目で

    投稿日:2013年6月5日

    絶景露天をその目でヘルシーランド露天風呂 たまて箱温泉感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年5月6日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    総合温泉施設「ヘルシーランド」の絶景露天風呂。以前写真で見て一度行ってみたいと思っていましたが、連休最後の日に朝一で寄ってみました。入浴料500円は券売機で。偶数日だったので、男性は入口から右手の「和風風呂」。洗い場から外に出ると、目の前に180度広がる海と、80人サイズの石造り浴槽があります。うっすら黄色みを帯びたナトリウム-塩化物強塩温泉(源泉名:伏目児ヶ水7号)がかけ流し。源泉温度が高いため加水していますが、湯温は41℃位。PH7.4ながら、肌がツルツルする浴感です。口に含むと、しょっぱい。開聞岳もバッチリ見えて、開放的で気分最高!!奥には、「高温湯」と書かれた8人サイズの石造り浴槽もあります。湯温は44℃位。写真撮影禁止なので、この絶景を画像でお見せできないのが残念ですが、一度は訪れておくべき絶景露天だと思います。

  • 大正レトロ

    投稿日:2013年5月25日

    大正レトロ市比野温泉 割烹旅館 みどり屋感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年5月4日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    市比野温泉街の中心地に佇む、鄙び度満点の木造旅館。連休の午前中、日帰り入浴して来ました。与謝野晶子・鉄幹ゆかりの宿でもあり、近くに歌碑と滝を望む公園があります。表の通りから見ると木造二階建てのように見えますが、実は三階建て。玄関から一歩中に入ると、正に大正時代そのものといった雰囲気がたまりません。入浴料300円を払って、階段を下りると浴室。女将さんに「丸い風呂と四角い風呂のどちらになさいますか?」と聞かれ、迷わず丸い方へ。扉を開くと、5~6人サイズのタイル張り円形浴槽があり、無色透明のきれいな単純温泉が満たされています。湯温は40℃位。もうヌルンヌルンの浴感です。赤いコックを捻ると温泉が出ると教えてもらったので、かけ流し状態のまま貸切で満喫しました。窓の外は、滝が流れ落ちています。石鹸水が排水溝から川に流れて行っちゃってるけど、大丈夫なのかな?「天下の名泉」も、美しい自然と市比野温泉の街並みも、いつまでもこのまま変わらずにいて欲しいと思いました。

  • 藩主や文人に愛された宿

    投稿日:2013年5月13日

    藩主や文人に愛された宿小野川温泉 扇屋旅館感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年4月28日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    55.0点

    小野川温泉の尼湯の前に佇み、一際老舗感を出しまくっている木造旅館。連休中の日曜日、一泊二食付きで利用してみました。玄関を入るとすぐ正面が階段で、2階に上がるようになっています。廊下を進むと、壁に著名人の絵や書が飾られ、歴史を感じさせる展示スペース。さらに奥に進んだところにある、「うぐいす」の間にこの日は通されました。部屋には、昔懐かしい黒電話や、ワンタッチ着火ではないストーブ(平成生まれの人は、着け方がわからないのでは?)。窓の外には池があり、鯉が泳いでいます。落ち着いたところで、浴衣に着替え大浴場へ。広い脱衣場の欄間のガラス絵(大正時代のもの)が、なんともロマンチック。大人6人が足を伸ばして入れるサイズのタイル張り内湯には、無色透明の含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(源泉名:小野川温泉協組4号・5号の混合泉)が、かけ流しにされています。湯温は、43℃強位の熱め。溶き卵のような、白い大きな湯の花。PH7.6ながら、肌に優しい滑らかな浴感です。口に含むと、ほのかな硫黄臭がして、少ししょっぱい。夕食は、明治34年の大火の前からある建物の広間を使った食事処で。襖で仕切られ、個室となっています。地の物を食したい私には、まさに期待通りの山の幸のオンパレード。おかひじきの食感が、シャキシャキして美味しかった。翌朝も同じ処で朝食を頂きますが、きのこ御飯やラジウム卵がこれまた美味。ラジウム卵は、お土産に1パック頂いちゃいました。夜と違い、お湯が41℃位の適温だったので、チェックアウトギリギリまで朝風呂も堪能。中庭にタイル張り円形の露天風呂もあるのですが、最近使われていないのか、ゴミが浮いていたので入りませんでした。内風呂付きの特別室があるとのことなので、いつかそちらにも泊まってみたい。

  • 久しぶりの岳温泉

    投稿日:2013年5月8日

    久しぶりの岳温泉喜ら里感想

    きくりんさん [入浴日: 2013年4月28日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    岳温泉の中心地に佇む、和の情緒溢れる宿。連休中の日曜日午後、日帰り入浴して来ました。以前から気になっていて、2度電話して日帰り入浴を断られていましたが、3度目にしてOK。門のところに水車、たくさんの提灯に迎えられ、太鼓橋を渡っていくアプローチにテンションが高まります。入浴料1000円を払って、ラウンジを通り過ぎ、左手の大浴場「忘れの湯」へ。16人サイズの石造り内湯からは、緑白色の単純酸性温泉(源泉名:岳温泉元湯)がサラサラとオーバーフロー。表面にも白い湯の花が、たくさん浮いています。PH2.5ながら、肌に優しい浴感。湯温は、41℃位です。口に含むと、すっぱい。続いて、外の露天風呂へ。6人サイズの石組み浴槽で、囲われているため景色は見えません。湯温は40℃位。最初は貸切状態でまったりしていましたが、連休中のためか次々とお客さんが来てました。湯上がりの水分補給に、安達太良の名水が飲めるのも嬉しいです。

2647件中 191件~200件を表示

前へ  16 17 18 19 20 21 22 23 24 25  次へ


キャンペーン情報

Webでの集客なら

ニフティ温泉を使って手軽に集客!成果報酬型クーポン『ぬくぬく~ぽん』

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる