本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダー、トップ大小、特集トップ大】バスクリンWフォローCP

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

organic

organic さん

平均43.8点 / 615件

数年前から温泉の魅力に惹かれて、休日は温泉巡りを楽しんでいます。泉質最重視派ですが、それ以上に気軽に行けて日ごろの疲れを癒せるような温泉を求めています。

性別男性 年齢 53歳 住まい神奈川
HP指定なし
ブログ指定なし

615件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 良質白濁硫黄泉

    投稿日:2013年5月22日

    良質白濁硫黄泉旅館みどり荘感想

    organicさん [入浴日: 2013年4月30日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    明礬温泉街にある小さな旅館で、3つの内湯と1つの露天風呂があり、いずれも貸切1時間で入浴でき、この日は天気が悪かったので内湯を選択しました。貸切という割にはスペース、浴槽共に広く、白濁したお湯からは強い硫黄臭が感じられました。最初は若干熱めであったため少々加水させて頂きましたが、掛け流されていくうちに徐々に体が慣れ、pH2.6の酸性泉特有の清涼感と硫黄の心地良い香りを十分堪能することができました。分析表を見ると、硫化水素以外は割と成分が希薄な単純硫黄泉でしたが、陽イオンが1つの成分に突出せずバランス良く入っているためか、データ以上の力強さを感じる温泉でした。明礬温泉でも、私が立ち寄った中では最上位の泉質で、穴場的存在であると思いました。

  • 絶景+青乳色

    投稿日:2013年5月22日

    絶景+青乳色観海寺温泉 いちのいで会館感想

    organicさん [入浴日: 2013年4月30日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    22.0点

    念願叶っていちのいで会館に初めて立ち寄りました。辿り着くには狭い急坂を車でかなり登る必要があり、大きな車だと少し大変かもしれません。外観はログハウス風で、二階の座敷に上がると係員から説明があり、偶数日は男性が景観の湯とのことでした。ここは入浴のみは不可能で昼食とセットになっており、ゴールデンウィークからはそれまでのだんご汁定食から松花堂弁当に変更となっていました。先に入浴することにして、一旦外に出て坂を上ると右側に景観の湯がありました。割と広めの脱衣所も完備されており、そこから圧巻の青いお湯が目に入りました。メインの広い浴槽はまるでプールの様で、メタケイ酸を多量に含む青乳色、その下に2つに仕切られた岩造りの浴槽もあり、いずれも別府湾の絶景を望むことができます。湯温は40℃にも満たない温湯でツルツル感があり、いつまででも長く入っていられました。入浴後に出てきた弁当は正直ありきたりのもので、1470円という料金は一見高いように感じられますが、天気の良い日には、お湯、空、海の鮮やかなブルーが三位一体となった光景を味わえるので、むしろお買い得と言えるでしょう。

  • 圧巻のスケール

    投稿日:2012年12月16日

    圧巻のスケールホテル浦島感想

    organicさん [入浴日: 2012年9月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    南紀勝浦温泉の中でも最も有名な超巨大ホテルです。ホテルまでは直接車で行くことができず、対岸から遊覧ボートで約5分揺られながら辿り着きます。入浴料金は1000円でタオル付き、数多くの建物と浴場があり、土産屋、飲食店等も多数有り、まるでホテルが一つの街になっている感じでした。今回は清掃時間の関係もあり、忘帰洞と天海の湯に入浴しました。忘帰洞は巨大な洞窟の中に造られた温泉で、そのスケールは壮大です。海に面した場所に複数の浴槽があり、すべて白濁し掛かった硫黄泉が掛け流されていました。湯温は浴槽毎に異なり、私は温めの浴槽が気に入りました。しいて言えば、多くのフナ虫が居たので、虫が苦手な人は少しきついかもしれません。一方の天海の湯は、山上館と呼ばれる正に山の上に建つ建物の32階に浴室があります。32階と行っても、1階から岩盤を80メートルくり抜いたエレベータを上がった場所にあるため、実際には山上館の1階となります。まず温泉うんぬん以前に、よくこのような所に建物を造ったものだと感心させられました。ここは全面ガラス張りで採光が良く、近代的な造りです。露天スペースもあり、2つの浴槽と樽湯がありました。少し温めの硫黄泉が掛け流されて、こちらの方が無色透明に近い色でした。高台から見下ろす海の眺めは絶景でした。このホテルはスケールが壮大であるだけでなく、泉質、お湯の使い方等温泉そのもののレベルが高いことに感心させられました。今後は是非未踏の浴室にも行ってみたいと思います。

  • すばらしい湯使い!

    投稿日:2012年12月16日

    すばらしい湯使い!大塚温泉金井旅館感想

    organicさん [入浴日: 2012年11月22日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    中之条駅から少し山の方へ車を走らせた場所、周りは畑や林に囲まれた小さな集落の中にある一軒宿で、言われなければ温泉旅館という感じがしない一見民家のような建物の造りです。クリーム色の外壁の比較的新しい新館の裏手に、年季が感じられる旧館があり、そこで老婦人に入浴料金を払いました。新館に日帰り温泉用に入り口がありましたが、事前にインターネットで調べておいた情報で、向かいの旧館の浴室が凄いということが分かっていましたので、まずはそちらから入浴しました。そこは脱衣所こそ男女別になっていますが浴室は混浴で、扉を開けた瞬間に噂通りの凄いお湯の掛け流し量が目に入りました。無色透明でそれほど特徴が感じられるお湯ではありませんが、体感で32~33℃程度の温湯が大変心地良く、終始貸切状態で堪能することができました。大浴槽の脇に一人用の本来は加熱浴槽がありましたが、最近ではここ旧館に立寄る人が少ないためか全く加熱されておらず完全に水・・・。さすがにこの季節だと寒くなってきたので、一旦着替えて新館へと向かいました。こちらは数年前に建てられたばかりの新しい建屋で、浴室はガラス張りでとても採光が良く、窓から眺められる山々と林の景色がまるで田舎の実家に帰ったような長閑な感覚になりました。こちらも10人位は入浴可能な主浴槽は、旧館と同じ無色透明の単純泉が非加熱で掛け流されており、やはり体感で32℃程度という感じでした。それ以外にも4人用の中温槽(40℃程度)と2人用の高温槽(43℃程度)があり、これら3種類の浴槽への繰り返し入浴が最高でした。その中でもやはり非加熱浴槽は大変気持ち良く、1時間近くも長湯してしまいました。外にはワイルドな感じの露天風呂もありましたが、この日はお湯が少ししか張られておらす、おそらく夏向きかと思います。交通の便はそれほど悪くない場所に、とにかく癒される穴場温泉を見つけたという印象で、これからも度々訪れたいと思いました。

  • 最上レベルの公衆浴場

    投稿日:2012年9月30日

    最上レベルの公衆浴場十津川温泉 庵の湯感想

    organicさん [入浴日: 2012年9月14日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    十津川温泉街の国道沿いの入り口をくぐると、そこから長い階段を下りると足湯や飲泉所があり、更にその先に湯小屋がありました。400円(村外者)の入浴料金で、ボディーソープ、シャンプーが完備、施設は比較的新しく清掃も行き届いており、公衆浴場としてはとても清潔感がありました。浴室は洗い場が3カ所、5~6人用の浴槽のみで強烈な金気臭が充満していました。緑色でうっすら濁ったナトリウム炭酸水素塩泉は適温の40℃少々、もちろん源泉掛け流しです。窓が広く、二津野ダムの風景が癒されました。飲泉すると浴感通りの金属味でした。レトロ感はありませんが、近代的でハイレベルな公衆浴場だと思います。

  • 良質な芳香泉

    投稿日:2012年9月30日

    良質な芳香泉湯の峰温泉公衆浴場感想

    organicさん [入浴日: 2012年9月14日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    湯の峰温泉街は山奥にひっそりと佇むとても風情と情緒あふれる街並みで、そこを散歩するだけでも心が癒されます。その温泉街の中心にこの共同浴場があり、一般湯とくすり湯に分かれています。今回はつぼ湯とセットになったくすり湯の方に入浴しました。このくすり湯は、加水して源泉温度を下げた一般湯とは異なり、源泉そのものを冷ましたもので、実際に入浴すると湯温は40℃前後の温め、長湯も可能でした。浴室は4~5人用の浴槽がある内湯のみで、石鹸、シャンプーの使用は禁止、純粋な療養泉です。特別風情を感じる造りではありませんが、無色透明のお湯からは硫黄臭とフェノールの芳香が混ざり合った上質な香りがたっぷりと感じられ、泉質のみの心地良さはつぼ湯を完全に凌ぐハイレベルな温泉でした。

  • 正に芸術

    投稿日:2012年9月24日

    正に芸術花山温泉 薬師の湯(はなやまおんせん やくしのゆ)感想

    organicさん [入浴日: 2012年9月16日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    和歌山県で最も有名と言っても過言ではないここ花山温泉に、初めて入浴しました。本当は今回の和歌山湯巡りの最初に訪れる予定でしたが、あいにく木曜日は定休日で、結局最終日に立寄りました。日曜日の午前中ということもあり、既に駐車場はほぼ満車で県外ナンバーの車も多く見られました。当初、入浴料金は1000円と少々高めな感はありましたが、後でその内容を考えると決してそうではないことが分かりました。早速浴室へ向かうと想像したより広く、御年輩の方々を中心として多くの入浴客で賑わっていました。設備的にも充実しており、複数の洗い場とサウナ、水風呂、上がり湯用の白湯、ジェットバス、メインの源泉を使った浴槽は温度毎に3つに仕切られており、更に小さな露天風呂まであります。当然花山温泉に来たからには名物の源泉風呂にまず入りましたが、非加熱掛け流し(26℃)のお湯はこの時期には特に気持ち良く、いつまでも入っていたくなりました。黄土色の濁り湯で、透明度は1cmもありません。浴槽の縁と床にはクリーム色の芸術的とも言える大量の堆積物が積もっていました。残りの2つの浴槽は40℃少々と38℃の加熱掛け流し浴槽で、非加熱浴槽と交互に入ることで更に快適です。時折、ゴボッ、ゴボッと音を立てて源泉が自噴してくる光景は、我々温泉マニアにとってはたまりません。泉質は大量の炭酸ガスを含み、かなり強い金気臭が感じられるもので、加熱浴槽の方ではお湯の表面に白い膜が張っていました。ちょうど、大分県の長湯温泉を更に濃厚にしたようなイメージで、これだけの温泉が和歌山市内の市街地からそう遠くない所に湧出しているから驚きです。まだ行ったことがない方は、是非一度足を運ぶ価値がある温泉だと思います。

  • すばらしいの一言

    投稿日:2012年9月22日

    すばらしいの一言鷲倉温泉高原旅館感想

    organicさん [入浴日: 2012年8月13日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    奥土湯温泉郷にある中規模の旅館で、建屋は想像より新しく近代的な感じでした。風呂は弱硫黄泉と明礬泉の2種類があり、各々が別の場所にあるため、今回は弱硫黄泉の方に入浴しました。ここは「日本秘湯を守る会」の会員宿ですが、かなり立派な旅館ですので、鄙び感を求める人には不向きかもしれません。内湯はかなり広く、長方形の大きな檜製の浴槽とシャワー付きの洗い場が複数ありました。弱酸性で適温の無色透明のお湯に、細かい白い湯の華が無数に舞うことで白濁して見える硫黄泉が、大量に掛け流されていました。露天風呂は5人程度が入浴可能な広さで、目の前に山と田園風景が広がり、とても癒されました。湯温は内湯より更に温めで、おそらく40℃位だったと思います。但し、硫黄臭はしっかりとしており、マイルドで入りやすい硫黄泉の良泉です。ちなみに、添付した写真は宿泊者専用の貸切露天風呂のものです。現代的湯治場と呼ぶに相応しい、ハイレベルな温泉旅館でした。

  • 秘湯感抜群!

    投稿日:2012年9月22日

    秘湯感抜群!赤湯温泉好山荘感想

    organicさん [入浴日: 2012年8月13日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    奥土湯温泉郷のメインストリートから砂利道を数百メートル下った所にある「日本秘湯を守る会」の会員宿です。この砂利道が結構荒れている上に傾斜も急であるため、悪天候の日は注意が必要です。特に帰りの急坂は私の4WD車でも、ホイルスピンした場所があったくらいです。建物はかなり年季が入っていて、いかにも秘湯という感じがしました。内湯とそれに続く露天風呂は、赤湯と呼ばれる茶褐色の土類系の温泉が掛け流されていました。内湯の廃湯が露天浴槽に流されるため、当然露天風呂はかなり温めで長湯が可能です。濁度が高く、強烈な金気臭に加え出汁のような香りが混ざった独特な芳香が漂っていました。実際に飲んでみると、想像通り金属味と少々の塩味がして個性的でした。離れの露天風呂もあり、そこには白濁した明礬泉が張られていました。今回はそちらには入浴しませんでしたが、浴槽脇に置かれていたタンク状のコンテナが脱衣所に使われていて、とてもユニークです。とにかく秘湯感を味わいたい方にはおすすめです。

  • 本格的な湯治場

    投稿日:2012年9月9日

    本格的な湯治場横向温泉 中の湯旅館感想

    organicさん [入浴日: 2012年8月12日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    奥土湯温泉郷のメインロードから比較的良く整備された砂利道を数百メートル進むと、ここ中の湯旅館はあります。建物は木造のレトロな感じで、宿泊は自炊のみで1泊3千円、日帰り入浴は300円の料金です。浴室は2つに仕切られた内湯浴槽があり、更に外に出ると目の前を流れる渓流の脇に手造りの露天風呂がありました。また、内湯から木製の扉一つで行き来できるもう一つの内湯もありましたが、後で気づいたらそこは女湯でした。実はしばらく気づかずに女湯にゆったりと入ってしまいました(幸い誰も入ってきませんでした)。さすがは本格的な湯治場とでも言うべきでしょうか?、女湯に簡単に出入りできてしまうとは・・・。湯温は適温~やや温めで、うっすらと濁り加減のお湯には多数の細かい茶色い湯の華が舞っており、強烈な金気臭を感じました。都会の慌ただしさを忘れて、少々タイムスリップしたような錯覚を覚えるには、中の湯旅館は最適です。

615件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる