姥湯温泉 桝形屋の温泉情報、お得なクーポン、口コミ情報

LINEヘッダーバナー

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

姥湯温泉 桝形屋

山形県 / 白布 / 姥湯温泉

4.2 / 37件
日帰り 宿泊

画像読み込み中

検索中
もっと写真を見る 閉じる

姥湯温泉 桝形屋は、吾妻連峰の北側、標高1300Mの奥深い谷間に位置し、南画世界を思わせる奇岩怪岩が聳え立つ絶壁に三方を囲まれております。
姥湯温泉のそのすぐれた景観は山形県内の温泉中第一といわれ、とくに春の新緑・秋の紅葉は見事です。 岩壁から噴き出す湯口は、六ヶ所。桝形屋にはそのうち一本を使い、他は川へ流れ落ちています。 宿の近くに大きな露天風呂が二つあり温度も高温です。 桝形屋の自慢は、山菜料理と野趣あふれる露天風呂で、谷川の音、鳥のさえずりをききながら眼前にのしかかる渓谷美を仰いでの入浴は心身共に癒されます。

利用者のおすすめポイント

この施設の良かったポイントに投票

×
※ログインされてない場合はキャンペーン対象外になります

お得な宿泊プラン

宿泊予約をご利用いただけます

この施設の宿泊プランを見る

【お願い】施設のご担当者様へ

このページに「温泉クーポン」を掲載できます。
多くの温泉(温浴)好きが利用するニフティ温泉でクーポンを提供してみませんか!
提供いただくことで御施設ページの注目度アップも見込めます!

基本情報

掲載情報に誤りがある場合はこちら

  • 住所

    山形県米沢市大沢姥湯1

  • 電話

    090-7797-5934

  • 公式HP

    http://www.ubayuonsen.com/

  • ※最新情報は各種公式サイトなどでご確認ください

    入浴料:大人 700円
    子供 300円(3歳以上小学生まで)

    営業時間・期間

    4月下旬~11月上旬(降雪等の影響により宿の営業期間が変更となる場合がございます。)  9:30~15:30

  • 休業日

    不定休

  • アクセス

    電車・バス・車

    JR奥羽本線峠駅から送迎車30分(要予約)
    東北自動車道 福島ICから国道13号線 板谷町経由33Km

    駐車場

    あり(無料・駐車場より宿までは徒歩にて約250m)

  • 泉温

    51℃

  • 泉質分類

    単純酸性硫黄泉

  • 効能分類

  • 設備

  • 温泉の特徴

  • 利用シーン

宿泊情報

  • チェックイン

    15:00 (最終 18:00)

  • チェックアウト

    10:00

  • 部屋数

    13

  • 部屋設備・備品

    テレビ / 湯沸かしポット / お茶セット / 石鹸(固形) / ハミガキセット / タオル / バスタオル / 浴衣

  • 館内設備

    ・送迎(宿泊客のみ要予約) / 売店 / 駐車場あり

  • 食事場所

    [朝食] 部屋, 広間
    [夕食] 部屋, 広間

  • 周辺のレジャー

    ハイキング / 登山

  • 外国語対応

    英語:少し分かるスタッフが数人いる。

  • 利用可能なクレジットカード

    利用不可

  • ポイント加算について

    取り扱いなし

  • マイレージ加算について

    取り扱いなし

  • 特典

    ・時間外入浴可 /

  • その他の情報

    駐車場より約250m歩いて宿の玄関に到着します。 車は玄関に横着け出来ません。

宿泊予約をご利用いただけます

この施設の宿泊プランを見る

口コミ情報

  • 21/11/16 きーん

    道はかなり狭く急勾配ですが軽自動車でそれなりに運転ができる方なら大丈夫です。奥が男湯手前が女湯ですが見えます。バスタオル必須です。巻いたまま入って湯船で外す感じです。岩の上からずっと見てる方がいまし…

  • 14/7/20 奥州の暇人

    看板見て寄ったんですが、有名な秘湯だったんですね~確かにアプローチは面白かったし、山奥へ向かっているんだと期待しましたが、露天風呂しか入れず600円も取られ人は一杯!話の種になる程度の印象しか残らなか…

  • 14/5/25 アミュウ

    手前にある滑川温泉からさらに4㎞ほど山道を上って行かなければたどりつけない場所にあり、約半年近く(降雪で)完全にクローズとなる秘湯。日曜日の午前中、立ち寄り入浴で訪れた。
     急な上り坂では小型車のエン…

  • 13/10/14 てっちゃん

    山形県にある福島県との県境あたりの 姥湯。
    スイッチバックをしないと曲がれないカーブを通っていく山道の突き当たりにあります。
    秘湯へ行く感は バッチリです。

    駐車場から数百メートルさきの桝形屋さんで…

  • 12/6/25 しろうさぎ

    峠駅から滑川温泉までの道が特に怖くて離合困難。 路肩の崩落箇所が2か所、今年の4月に崩落したらしい。台風4号で更に崩落していなければよいが。 滑川温泉から姥湯温泉までの登り4kmは切り返さないと上れな…

あなたの写真を投稿しませんか?

service.onsen@niftylifestyle.co.jpのメールアドレス宛に写真画像をお送りください。
@nifty編集部にて確認の後、問題がなければ掲載いたします

投稿はこちら

温泉コラム

  • 『姥湯』という名の絶景混浴露天風呂

    • 突レポ見出し画像

    ライター画像

    玉置豊
    (たまおきゆたか)

    趣味は食材採取の旅に出ること。それに温泉が付けば完璧。お風呂はちょっと熱めが好きだが、すぐのぼせてしまうタイプ。

    作成日:2012年11月19日

    山形県の山奥に、開湯から500年近い歴史を誇る、姥湯(うばゆ)温泉という絶景の混浴露天風呂があるという。

    「姥」という文字に秘められた謎とは、一体何なのだろうか。

    山姥から託された温泉、姥湯温泉

    絶景の秘湯があると聞き、山形県米沢市にある姥湯温泉に向かったのだが、その場所は秘湯というだけあって、自動車1台がなんとか通れる道路のまさに行き止まり。対向車が来たらどうしようと、ハラハラしっぱなしのドライブとなった。

    ようやく到着した駐車場に車を止めて、そこから見上げた先にある宿、桝形屋へと向かう。この日は残念ながら雲が掛かっていたが、晴れた日なら今日以上の絶景が観られそうだ。

    • 走行注意、危険徐行、路肩注意の3連発!

    • 旅館の上は、雲が掛かって真っ白。

    この姥湯温泉には、こんな伝説が残っている。天文2年(1533年)に、鉱山師だった遠藤大内蔵が鉱脈を求めてこの地へやって来ると、露天風呂に髪の長い女性が入っていた。

    こんな山奥で女が湯浴みとはと驚き、恐る恐る近づけば、なんと赤ん坊を抱いた恐ろしい形相の山姥だったのだ!

    • 近くのお堂には、その老婆の木像が祀られている。なるほど、怖いかも。

    思わず逃げ腰になった遠藤大内蔵だが、山姥は「鉱山師などやめて、この湯の湯守にならんかい」と云い残し、赤ん坊もろともどこかえ消えてしまった。

    山姥の言葉通り、遠藤大内蔵はこの湯を姥湯と名づけて開湯し、のちに桝形屋を開業。現在の当主で17代目になるそうだ。

    • 姥湯温泉にある宿は、この桝形屋の一軒のみ。

    絶景の混浴露天風呂

    500年近い歴史を誇る秘湯とは、一体どんな温泉なのだろうか。

    • 17代目当主に案内をしていただいた。

    露天風呂は女性専用と混浴があり、まずは手前の女性専用へ。もちろん誰も入っていないことを確認していただいているのでご安心を。

    ここのお風呂がすごかった!

    • 素晴らしい…

    ゴツゴツとした岩に囲まれた露天風呂には、南国の海をイメージさせるようなコバルトブルーのお湯。もちろん源泉掛け流し。

    山に登りすぎて、そのまま現実世界から離脱してしまったのかと思うほどの美しさなのである 。

    だがこのまま女湯に入る訳にもいかないので、この上にある混浴露天風呂を目指す。

    そこにはこの世とは思えない不思議な景色が広がっていて、これに晴天と紅葉が重なったらと思うと、想像しただけでうっとりしてしまう絶景だ。

    • 少し熱めのお湯が気持ちいい。

    • いい意味であの世っぽい!

    混浴露天風呂がまた素晴らしい

    混浴露天風呂があるのは、これより先は人間の気配が全くしないという、この世の果てといってもいいような場所。

    残念ながら日ごろの行いが悪いためか、山には雲が掛かってしまってたが、むき出しの岩肌の迫力がすごい!

    こんな山間の温泉に、老婆が赤子を抱いて湯浴みしていたのだから、初代当主の遠藤大内蔵さんも、さぞかし驚いたことだろう。

    • 文句なく気持ちいい。

    さてこの山の中にある温泉は、一体どこから湧いているのだろう。

    せっかくなので、お湯の流れを遡ってみると、姥湯温泉のお湯が沸いていたのは、なんと山の斜面だった。

    温泉というと、地下深く掘ったところから湧き出るイメージがあるけれど、ここの温泉は岩肌から湧水の如く出ているのだ。何百年もお湯が出続けているなんて、あの岩山の中は、いったいどうなっているのだろう。

    • お湯が伝わる水路では湯の華が採れる。

    • 湯元を指差すのは、伝説の山姥の霊…ではなくて私。

    こんな素敵な秘湯なのだが、一点だけ問題がある。それは雪深い場所にあるため、冬場の営業ができないということ。

    ※2012年の営業は11月5日までの予定となっています!

  • 温泉探訪記

    『姥湯』という名の絶景混浴露天風呂

    山形県の山奥に、開湯から500年近い歴史を誇る、姥湯(うばゆ)温泉という絶景の混浴露天風呂があるという。

    「姥」という文字に秘められた謎とは、一体何なのだろうか。

このエリアの週間ランキング

  • 百目鬼温泉

    百目鬼温泉

    山形県 / 山形市

    日帰り
  • 極楽湯グループ 鷹山の湯(ようざんのゆ)

    極楽湯グループ 鷹山の湯(ようざんのゆ)

    山形県 / 米沢市

    クーポン 日帰り
  • ラ・フォーレ天童のぞみ

    ラ・フォーレ天童のぞみ

    山形県 / 天童市

    日帰り

【お願い】施設のご担当者様へ

このページに「温泉クーポン」を掲載できます。
多くの温泉(温浴)好きが利用するニフティ温泉でクーポンを提供してみませんか!
提供いただくことで御施設ページの注目度アップも見込めます!

近隣の温泉エリアから探す

近隣の温泉地から探す

山形県の温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

携帯電話はこちらから

右のバーコードを携帯電話で読み取るか、こちらからアドレスをメールで送信してアクセスしてください。

近くの温泉・日帰り温泉・
スーパー銭湯

LINE@

TOPへもどる

お気に入りに追加しました。