奥薬研温泉 かっぱの湯の温泉情報、お得なクーポン、口コミ情報

奥薬研温泉 かっぱの湯

青森県 / むつ

4.0 / 27件
    奥薬研温泉 かっぱの湯 奥薬研温泉 かっぱの湯 奥薬研温泉 かっぱの湯 奥薬研温泉 かっぱの湯 奥薬研温泉 かっぱの湯
    奥薬研温泉 かっぱの湯
    奥薬研温泉 かっぱの湯
    奥薬研温泉 かっぱの湯
    奥薬研温泉 かっぱの湯
    奥薬研温泉 かっぱの湯
    奥薬研温泉 かっぱの湯
    奥薬研温泉 かっぱの湯

    画像読み込み中

    検索中
    もっと写真を見る 閉じる

    恐山を開山した慈覚大師円仁が道に迷って怪我をした際に、河童に温泉に入れられて助けられたという伝説を元に名づけられたかっぱの湯。
    無料ということもあり 簡単な脱衣所があるのみですが 神秘的なエメラルドグリーンのお湯が 世間の喧騒を忘れさせてくれます.

    【お願い】施設のご担当者様へ

    このページに「温泉クーポン」を掲載できます。
    多くの温泉(温浴)好きが利用するニフティ温泉でクーポンを提供してみませんか!
    提供いただくことで御施設ページの注目度アップも見込めます!

    基本情報

    • 住所

      青森県むつ市大畑町赤滝山国有林内

    • 電話

      0175-34-2008(奥薬研修景公園レストハウス)

    • 公式HP

      http://ohatakanko.com/onsen/kappa.html

    • ※最新情報は各種公式サイトなどでご確認ください

      入浴料:無料

      営業時間・期間

      AM 7 時 ~ PM 5時
      ※男性 7:00~9:00、11:10~13:00、15:10~17:00
      ※女性 9:10~11:00、13:10~15:00

    • 休業日

      水曜定休

    • アクセス

      電車・バス・車

      JR下北駅下車下北交通バス佐井行きで45分
      大畑駅下車タクシーで15~20分

    • 大きな地図で見る
    • 泉温

      67.2℃

    • 泉質分類

      単純温泉

    • 効能分類

    • 設備

    • 温泉の特徴

    口コミ情報

    • 16/1/15 cotton_traders

      30年前から非常に興味はあったものの、あまりの距離に一生行けないだろうと思っていました。
      ひょんな事から、むつ方面に行く機会が出来ました。
      この機会を逃したら、一生行けないかも!?
      と、恐山とここ奥薬…

    • 14/9/3 真苦部素

      屋根といっても藤棚のような吹き抜け、おそらくヒバの市松格子、垂簾も本竹の間隔を保った水平、柱もおそらく鉄骨にヒバ材を波打ち青涯波を意識したものだろうか、唯の棒柱ではない。
      渓谷の風と日差しを通しつつも…

    • 11/10/6 ペヘレイ

      昨年は、衛生面での行政の指導により、入浴することができませんでしたが、今年度から整備され、時間による男女別の温泉としてリニューアルされました。料金は、従来通りの無料での入浴。前までは野湯そのものだった…

    • 11/9/25 ロン

      はじめて行きましたが、無料とは思えないほど綺麗な脱衣室と日除けと目隠しのルーバーあり、感動しました。
      夫婦かっぱの湯が有料なのが不思議な感じですね。

      川沿いと露天風呂で、あれほどの清流のロケーショ…

    • 11/9/12 こうちゃん

      夕方に行きました。湯はあちらこちらから沸いてます。男女の入浴が時間制になってしまいました。17時以降は掃除で、水曜日は11時まで大規模な掃除だそうです。アブかいたのが残念でした。

    あなたの写真を投稿しませんか?

    onsen-staff@list.nifty.co.jpのメールアドレス宛に写真画像をお送りください。
    @nifty編集部にて確認の後、問題がなければ掲載いたします

    投稿はこちら

    温泉コラム

    • かっぱと混浴。異種族間交流の漢磨き

      • 突レポ見出し画像

      ライター画像

      毎川直也
      (まいかわなおや)

      風呂デューサーを名乗り、3種の風呂屋で修行を積んだ超お風呂野郎、毎川が男らしい温浴施設=漢湯(おとこゆ)を巡り、真の漢(おとこ)へと成長していく青春熱血風呂ドキュメントである…!

      作成日:2013年01月15日

      みなさんはおばけや妖怪の存在を信じていますか?
      私は何となくいるんじゃないかな~くらいに思っていました。

      そう、あの日あいつと会うまでは…

      下北半島…恐山へ!!

      「湯とは何か」という非常に難解な問題を最近よく考えてます。
      入浴のルーツといえば…禊(みそぎ)!仏教に起源があるのです。
      「お坊さんなら何かわかるかも!」と思い立ち、下北半島、恐山へ向かいました。

      下北半島まで来たら大間まで行ってマグロ!ということでさらに北上していると…見つけてしまいました。

      • か、かっぱの湯!?

      • なんもないじゃん!!

      一見何もないただの空き地なのですが、漂う漢気…否、妖気をキャッチしたため、奥に進んでみることに。

      • この先にかっぱの湯があるようだ…

      • 「あし笛を鳴らして踊る姿が見られるかもしれません」とな…!

      ここまで来てかっぱの姿を拝まずに…おめおめと引き下がることなどできぬ!
      いざかっぱの湯へ!

      • 草木に囲まれた道を進んでいきます

      • 階段を下るときれいな脱衣所が見えてきます

      かっぱがいなくたってすごい!

      では早速浴室に行ってみましょう。
      ここの風呂は時間ごとの男女入れ替え制となっています。入浴の際は時間に気を付けてください。

      確認して…いざ浴室!

      • 野趣あふれる中にもどこか品のある空間

      • 写真を見ているだけで音が聞こえてきそう

      無色透明のくせのない湯。開放感あふれる野趣。耳には川の音、木々のざわめき。吸い込みきれないほどのマイナスイオン。一方でどこか品を感じさせる浴室です。
      漢らしさとは違うベクトルで素晴らしいです。

      • 十分に至福!!

      かっぱと遭遇

      さて、肝心のかっぱはどこにいるのでしょうか。
      見渡してみると…

      • いた…!

      • まぎれもなくかっぱ!!

      きゅうりも持ってきてないし…どうしよう…
      しかしここは漢毎川。
      裸一貫、接触を試みる!!

      • 失礼しますよ…っと

      • いやーこのロケーションすごいですよね~

      お風呂トークが盛り上がり、かなり仲良しになれました。

      • おまえそれ何年前のギャグだよ!江戸時代ギャグかよ!

      湯は誰でも安らげる場なのだ…

      種族を超えて友達になれる…なんとピースフルな湯!漢湯認定です!!

      ここで大切なのは裸になって湯に浸かれば人間も妖怪もない!ということです。

      かっぱであろうとお金持ちであろうと貧乏人であろうと…なんの差別もなく湯は優しく包んでくれるなぁ…そんなことを感じさせる湯でした。

      「湯とは何か」…その答えを求めて来ましたが、その一つの答えはお坊さんではなく、まさかのかっぱから教わりました。

      • 漢の別れは涙をみせてはならぬのだ…

      今回湯が持つ「つなぐ力」を垣間見た毎川は、湯の本質へとまた一歩、歩みを進めたのであった。

      次回も湯よ!湧きあがれ!!

    このエリアの週間ランキング

    • かっぱのゆ

      かっぱのゆ

      青森県 / 青森

      日帰り
    • 極楽湯 青森店

      極楽湯 青森店

      青森県 / 青森

      クーポン 日帰り
    • 天然温泉公衆浴場 はちのへ温泉

      天然温泉公衆浴場 はちのへ温泉

      青森県 / 八戸

      日帰り

    おすすめのアクティビティ情報

    【お願い】施設のご担当者様へ

    このページに「温泉クーポン」を掲載できます。
    多くの温泉(温浴)好きが利用するニフティ温泉でクーポンを提供してみませんか!
    提供いただくことで御施設ページの注目度アップも見込めます!

    近隣の温泉エリアから探す

    青森県の温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

    携帯電話はこちらから

    右のバーコードを携帯電話で読み取るか、こちらからアドレスをメールで送信してアクセスしてください。

    近くの温泉・日帰り温泉・
    スーパー銭湯

    LINE@

    TOPへもどる

    お気に入りに追加しました。