本文へジャンプします。

豊国館(ほうこくかん)の口コミ情報一覧

【共通ヘッダ】201908夏キャンペーン(PC)

群馬県 豊国館(ほうこくかん)

日帰り 宿泊

評価 4 4.8点 / 52件

場所群馬県/万座

お湯 5 5.0点

施設 4 4.1点

サービス 3 3.5点

飲食 4 4.0点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする
  • 同じ都道府県にある温泉宿を探す

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2016年7月28日

52件中 1件~20件を表示

前へ  1 2 3  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 硫黄必ずしも・・・、

    投稿日:2016年7月28日

    硫黄必ずしも・・・、豊国館(ほうこくかん)

    sinさん 、性別:男性 、年代:~10代


    評価 星5つ5.0点

     草津と志賀の間は何度も通っているが、なぜか万座には足が向かなかった。もちろん今回が初めての訪問では無いが、記憶を辿ってもその数は片手で足りる。豊国館は初めての訪問である。口コミの評価が高かったし、個人的にもそのお湯の良さについて聞いたことがあったのでここを選んだ。
     豊国館についてはよく知らなかったのだが、館内に入ってすぐ鄙びた湯治宿なのだと理解した。受付で貴重品を預かってくれる。入浴料は500円。

     浴室に入ると先客が1名いた。内湯は2.5m×2.3mほど大きさで、白濁のお湯が掛け流されている。源泉は苦湯で、酸性含硫黄ーナトリウムー硫酸塩泉(硫化水素型)である。源泉温度が75.8度と高いので投入量は少なめである。溶存ガス成分の遊離硫化水素が109mg/Lと多いためか、濃厚な硫化水素臭を感じる。焦げたようないがらっぽさも感じられる。先客は六日間連泊の三日目で、半自炊(ご飯と味噌汁だけの提供)なのだそうだ。入浴時の湯温は42度強ほどだったが、毎朝入れないほど熱くなっているとのことであった。その先客の説によれば、「万座では苦湯が一番良い」とのことであった。ほどなく後続が一人。その方は3連泊の二日目とのことで、先客と世間話に興じていた。
     窓の外に露天風呂がある。湯舟は10m×3.5mほどの大きさで、深さは110センチほどであった。源泉は内湯と一緒だが、湯温は湯口から離れたところで44度弱ほどで、ゆっくり過ごすには少し湯温が高い。屋外のためか、硫化水素臭が幾分やさしく感じられた。
     内湯も露天も、湯舟はもちろん湯舟周りもすべて木造りで、湯治に来る理由は様々でも、木の持つぬくもり、やさしさ、安心感などは治癒への一助になるのだろうと思われた。

     この口コミを書きながら、なぜ万座に足が向かなかったのかを考えていた。結論を言えば、万座のお湯の持つ硫黄の多さ、硫化水素臭の強さを厭うたのだと思う。総硫黄量の多さを持って万座温泉の良さと言う人は多い。それに異論は無いが、硫黄の多さ強さを厭う者も少なくはない。個人的には、硫化水素は仄かに匂うほうが良い。

    参考になった!

    28人が参考にしています

  • オーナー並び仲居さん並び職員の皆さん達…

    投稿日:2016年5月12日

    オーナー並び仲居さん並び職員の皆さん達…豊国館(ほうこくかん)

    らいじんさん ゲスト 、性別:男性 、年代:50代~


    評価 星5つ5.0点

    オーナー並び仲居さん並び職員の皆さん達が
    笑顔で答えてくれて、帰りには名産を頂いた、
    部屋は綺麗でそして落ち着きの有る雰囲気で有って
    温泉も良き物で有った。
    又行きたく成った。
    皆さん来てね。

    参考になった!

    16人が参考にしています

  • シルバーウィークに温泉に行こうというこ…

    投稿日:2015年9月27日

    シルバーウィークに温泉に行こうというこ…豊国館(ほうこくかん)

    au光×@niftyさん 、性別:男性 、年代:~10代


    評価 星4つ4.0点

    シルバーウィークに温泉に行こうということになって各温泉に問い合わせしたところ、新館のみ空いていたので2泊させていただいた。草津大滝の湯は日帰りで時々行くのだが、万座は交通が不便なので滅多には行けない。
    口コミ評価が、万座では最も高いように露天風呂の開放感と自然との一体感は来館者の評価も高い。
    この宿に泊まるときはいつも自炊を選んでいる。
    一泊2食付きだと割高感が出てしまうので。
    糖尿病に患っているから玄米食なのと、炊飯器持ち込みもOKだし、自分の食べたい時間に食事ができるのはいい。
    重いが高級炊飯器を持ち込むと美味しいご飯がいただける。
    独特の硫黄の香りはなぜか食欲を唆るが、硫黄風呂は糖尿病に良いと言われているためか、爆食いしても滞在中はあまり血糖値が高くはなかった。

    参考になった!

    20人が参考にしています

  • 良心的過ぎて恐縮

    投稿日:2015年4月25日

    良心的過ぎて恐縮豊国館(ほうこくかん) 感想

    あびさん


    評価 星0つ - 点

    小さなプールとも例えられる立ち湯(混浴)を是非とも体験したく2時間ちょっとの立ち寄り湯でお世話になった。今時500円と言う料金も驚きだが『鍵付ロッカーが無いので貴重品や荷物もお預かりしますよ』とご主人。奥様だろうか『今は若い男の子達が入っているから混浴の方は入りずらいかな!?』との情報も頂く。なんて良い方々。先ずは女湯内湯で静静と掛け湯。こちらは湯槽の周囲が極狭でシャンプーやボディソープも備え付けがあるが掛け湯が精一杯な感じ。湯槽に先客がいれば掛け湯さえ大変気を使う。今日は一段と熱いらしいので早々に女露天へ。晴天でも万座の春はまだ浅く山肌にはまだまだ白い物が残こり、宿の裏からは清流の音。白濁の湯に浸かっては涼みを幾度繰り返しても飽きる事はない。そろそろかな!?ダメもとで混浴へ移動。運良く全くの貸切状態で2、30分あまり念願の立ち湯を満喫。さすがに広いが思った程深くはなく胸下位。でも深さがあるせいか湯は一層白濁度を増して見え有難ささえ感じられる。『本当にこんな贅沢させてもらっていいのですかぁ~』心の中で叫んでしまう。椅子位の高さの段差があるので腰掛湯も出来る。その後老紳士『失礼します』と入ってこられ、こちらも『お先です』と退散。びしょびしょのバスタオルを抱え女湯へ戻った。女湯脱衣場は床が温かく水分補給や小休憩の時に助かる。それにしてもだ。こちらの湯を体験して益々こちらの良心的な事を再認識させられる。500円なんて安過ぎですよ!!次回は絶対宿泊でお世話になるぞ。

    参考になった!

    19人が参考にしています

  • 万座でも良い湯らしい

    投稿日:2014年11月24日

    万座でも良い湯らしい豊国館(ほうこくかん) 感想

    baka123456さん


    評価 星5つ5.0点

    万座は大好きな場所ですが、素朴な雰囲気と低料金のここは魅力です。
    とにかく「ほっといてくれる」感じがいいです。

    スキー場は一晩で写真のようになるので、朝、雪を踏み分けて入った露天は最高でした。

    スキー場のリフトにも近く便利です。
    女房を連れてゆくときは「万座温泉ホテル」にしますが、一人なら、またここに来たいと思います。

    参考になった!

    20人が参考にしています

  • 万座温泉で500円で入れる温泉

    投稿日:2014年8月30日

    万座温泉で500円で入れる温泉豊国館(ほうこくかん) 感想

    つとさんさん


    評価 星5つ5.0点

    内湯の雰囲気もいいが、だだっ広い混浴の露天風呂がいい。

    硫黄臭がする乳白色の温泉がたまらなくいい。

    ここが唯一、万座温泉で500円で入れる温泉で、十分満足だった。

    参考になった!

    18人が参考にしています

  • 湯治場の雰囲気がいっぱいです(^-^)

    万座スキー場の駐車場目の前。
    宿の方に聞くと、駐車場は当館の持ち物だとか。
    建物は古き湯治場の雰囲気たっぷりです。
    浴場も、内湯は木造で私好みの白濁湯でgood!
    内湯から混浴の露天風呂がよく見えます。(^-^)
    大雪の中、行った甲斐がありました。

    参考になった!

    20人が参考にしています

  • 文句なし!

    投稿日:2014年4月5日

    文句なし!豊国館(ほうこくかん) 感想

    まるそうさん


    評価 星5つ5.0点

    源泉 万座温泉(苦湯) 68.2℃ pH2.2 成分1.33g
    酸性・含硫黄-ナトリウム-硫酸塩泉[硫化水素型](低張性・酸性・高温泉) メタケイ酸143mg 二酸化炭素96.8mg 万座の特徴である硫黄成分 H2Sは109mg 硫黄の臭いは半端でなく 硫化水素型の大きな特徴 白濁の湯は鄙びた浴槽によく似合う 最高の湯だと思う

    参考になった!

    20人が参考にしています

  • 雲上の悦楽

    投稿日:2013年9月23日

    雲上の悦楽豊国館(ほうこくかん) 感想

    湯けむり天使さん


    評価 星5つ5.0点

    白根火山帯西嶺と万座山の谷間にある万座温泉、標高1800メートルの高地に位置するため、鄙びたとか、長閑なとか、情緒豊かななどと形容できる温泉地ではない。周囲には岩肌むき出しのある意味野性味あふれた光景が広がる。
    その中でも、泉質が優れると評判の、かつ湯治場全とした雰囲気を最も残す近代的ホテルとは対極にある豊国館を立ち寄り湯の場として選んだ。万座のごとき強烈な温泉を僅かな時間の立ち寄り湯で済ませることに忸怩たる思いがあったが、入浴を請うてみて改めてその実力を思い知った。

    数ある万座温泉のなかで、年季が入った木造の建造物の、所謂玄人受けする湯治場の雰囲気を色濃く残す豊国館。館内を歩けば床がぎしぎし鳴り、自炊の湯治客らが行き交う正に湯治場、近代的アメニティなど一切保有することのない伝統的温泉宿だ。この雰囲気が好きな人にはたまらない魅力だろう。

    温泉設備としては男女別内湯と女性用露天風呂、そして混浴露天風呂を有する。内湯は3メートル四方ほどの比較的小振りなものが一つ、その木造の湯舟に白濁泉がかけ流されている。湯口は丸太をくり抜いたもので、温泉成分のため白く染まる。この宿の利用源泉は苦湯と称せられるもので、酸性ー含硫黄ーナトリウムー硫酸塩泉なる泉質、湯温は75.8度の高温泉、PHは2.3という強酸の湯である。苦湯とは申せ、飲んでみると意外なほど苦味はなく酸味を感じる湯だ。ただ、さすがに夏場、この湯は熱い。

    男湯からは混浴露天風呂用脱衣場を経由して混浴露天風呂にアクセスできる。女湯から直接混浴露天へは出入りできず、混浴露天風呂用の脱衣場で脱衣せねばならない。女性にはやや面倒なことだろう。
    しかし、ここに来た以上、混浴露天風呂の解放感をぜひ味わうべきだ。広々とした長方形の湯舟に浸かりながら、眼前に広がる荒涼たる岩肌から湯けむりが上がる光景を見れば、万座へ来た甲斐があるというもの。この湯舟は意外なほど深く、大人の胸あたりまである。かなり熱い湯であるが、湯舟の中にホースが二本ほど入れられており、そこから冷たい地下水が流れている。時折冷水を浴びたり飲んだりしながら過ごすのが良い。
    何より魅力なのはその泉質で、硫黄臭の強烈さに圧倒される。入浴後に着用した衣服は洗濯後も硫黄臭が消えず、家人に疎まれるほど。関西には無い、火山系のこれぞ温泉!という強烈さに圧倒される。地球が沸かしたスープを雲の上で味わう悦楽だ。

    万座温泉を味わうには日帰りではいかにも勿体無い。今回は温泉の一端を味わったに過ぎない。湯治で数日間この温泉を堪能したら、さらに絶賛するレポを書くことになるだろう。

    参考になった!

    22人が参考にしています

  • 14インチのブラウン管テレビがある

    万座温泉豊国館は日帰りで2回程利用したことがあるが、今回は湯治棟に素泊まり。14インチのブラウン管だがテレビがあるし、炊飯器、ポット、パソコン2台持ち込んだが家電持ち込み料は取られない。風呂の直ぐ横の部屋なので風呂場から裸のまま部屋に直行できる。
    2名で2泊3日で18,240円。海の日の3連休なんでやや割高だった。一人で湯治に来てる人も居たが、一人だと室料が半額になるのだから不公平感がある。自分も独身の頃は何回か温泉宿に素泊まりしたことがあるが今思えば随分得したのかも。
    扇風機、布団、網戸もある。下界は猛暑でも標高が高いので網戸にして扇風機を廻せば充分に涼しい。
    硫黄含有度、標高が全国一の万座温泉で、他の旅館に比べこの宿の魅力は大きな展望が良い露天風呂には、横になって休憩できるスペースがある。
    不便なのは内湯の洗い場が一つしかない。トイレがウォッシュレットでないことと、湯温が高すぎる。42~44℃くらいあるだろう。温泉好きのオッサン、爺ちゃんなど普通の人には適温なんだろうが。加水して湯温を下げると常連客のジジーに怒られるんで注意する必要がある。人間の体にいいのは40℃以下とされる。このような高温の温泉に長湯してると却って健康を害してしまうとワイドショーでどっかの大学の名医さんは言ってた。
    朝7時から7時半くらいまでは朝食時間なんで、貸切状態で入浴できるが、日中は日帰り客で混雑する。10~17時の日中以外は空いている。
    宿泊者はチェックアウト後にも入浴できるし、大広間が17時まで利用させてもらえる。

    参考になった!

    20人が参考にしています

  • 昔ながらの湯治宿

    投稿日:2012年12月24日

    昔ながらの湯治宿豊国館(ほうこくかん) 感想

    源泉オタクさん


    評価 星5つ5.0点

    12月23日に訪問、
    周りには雪がもう積もっていました。道路は除雪されていますが、この時期万座ハイウェーしかアクセスがありません(有料1050円片道)
    ただ、この料金を払うのに見合うだけの魅力が豊国館にはあります。
    連休の午後なのに、先客が1,2人。ほとんど貸切です。なくなく日帰りなのですが、皆様の言うように宿泊で利用したいところです。
    湯加減もいい温度、硫黄泉がかけ流されています。入る人が少ないタイミングには、水面に湯花の薄い膜がただよってます。
    近くにあるホテル系には無い、木造の建物の魅力がつまった温泉、当然湯船も木製。いつまでも長く残してほしい温泉です。

    参考になった!

    22人が参考にしています

  • 万座一=上州一

    投稿日:2012年10月19日

    万座一=上州一豊国館(ほうこくかん) 感想

    ワタルさん


    評価 星5つ5.0点

    飛びっきり綺麗な施設ではありません!美味しい料理が上げ膳据え膳でもありません!玄関を開けて…暖かいお出迎えもなし!!が…しかし最高なんです!

    白濁硫黄泉。万座の代名詞ですが…ここ豊国館の湯には、柔らかさと優しさ、そして素朴さ 懐かしさを感じます!
    昼過ぎから翌朝まで、3500円で湯治宿泊可能!こんな贅沢めったにできませんよ~!!

    参考になった!

    17人が参考にしています

  • お湯たっぷり、開放感

    投稿日:2012年9月14日

    お湯たっぷり、開放感豊国館(ほうこくかん) 感想

    よし太くんさん


    評価 星4つ4.0点

    万座の湯は、白濁・硫黄臭がたまらなく病みつきになってます。
    団体客が来るようなホテルと違い、静かでゆっくりできます。湯治はもちろん、部屋でじっくり読書やDVD、少し足を伸ばして散策など非日常を堪能できそうな宿ですね。
    温泉は是非とも混浴露天をオススメします。女性の露天も十分開放的ですが、もっとすごい!入らないなんてもったいない。プールかってくらい広く深いです。普通に泳げます。(かと言って泳ぎませんが)
    女性は勇気が要りますよね…。ちなみに湯あみ着オッケーでした。プリンスホテル、高原ホテルに売っていました。
    気にしすぎかもしれませんが、混浴はやはり躊躇します。事実、ワニの出没や妙に馴れ馴れしい男性もいるので。
    でも、タイミングを見計らって入ってもらいたいです。空いていれば貸切状態、ストレス吹っ飛びますよ!!

    参考になった!

    14人が参考にしています

  • 万座で一番気に入りました

    投稿日:2012年4月30日

    万座で一番気に入りました豊国館(ほうこくかん) 感想

    keiさん


    評価 星5つ5.0点

    ここは、混浴露天風呂が広いし深いし、びっくりでした。

    他にお客さんが居なかったので、バスタオル無しでノビノビと入れました。

    女性用露天風呂からの眺め、最高でした。

    万座に来たら、絶対入りたい露天風呂ですよ。

    参考になった!

    19人が参考にしています

  • 開放感最高

    投稿日:2012年4月9日

    開放感最高豊国館(ほうこくかん) 感想

    きくりんさん


    評価 星4つ4.0点

    日曜日の午後、日帰り入浴してみました。入浴料500円を払って、館内へ。年季の入った建物という印象。浴室には、8人サイズの木造り内湯が1つあり、青みがかった乳白色の酸性・含硫黄ーナトリウムー硫酸塩泉がかけ流しにされています。泉温は、43℃位。粉のような白い湯の花が浮いています。PH2.2ながら、肌がしっとりする浴感。口に含むと、すっぱいです。続いて一旦脱衣場に戻り、裸のまま外の露天風呂へ。30人サイズ木造り浴槽は、深さが1m10cmあるそうです。立ち上がると道路やバスターミナルから丸見えですが、何とも言えない開放感で気持ちいい!!こちらは、42℃位の適温。白濁硫黄泉を、貸切状態で満喫できました。

    参考になった!

    23人が参考にしています

  • 夏の万座へ…①

    投稿日:2011年10月14日

    夏の万座へ…①豊国館(ほうこくかん) 感想

    ぶっちゃばさん


    評価 星5つ5.0点

    8月の終わり…暑い×②毎日から逃れたくて、万座を訪れました。今回は『豊国館』への立ち寄りです。古きよき温泉旅館のたたずまいと、懐かしさを感じる雰囲気には心がなごみました。温泉も、もうしぶんなし!あじのある内湯。開放感のある広々とした露天。まさに『万座』という景観の中での湯浴みができ、大満足でした。また行きたいです(^^)

    参考になった!

    19人が参考にしています

  • 万座温泉1?

    投稿日:2011年9月8日

    万座温泉1?豊国館(ほうこくかん) 感想

    ウグイスさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    万座温泉の名湯を展望混浴露天風呂で満喫できます。実力は、万座温泉でもピカ1です。入らなきゃ損します(笑)

    参考になった!

    11人が参考にしています

  • 旧館全自炊で一泊

    投稿日:2011年7月25日

    旧館全自炊で一泊豊国館(ほうこくかん) 感想

    練馬春日町さん


    評価 星0つ - 点

    万座は日景、恐山と並んで私の大好きな硫黄泉です。
    日帰りでは何度となく行っている豊国館にやっと泊まる機会が得られました。目的は湯のみでしたので、全自炊をチョイス。

    豊国館は立ち寄り可能な時間が8~19時と万座では長いのですが、露天での夕暮れや闇夜に星を見ながら入りたかったんです。
    夜半には気温は15℃前後まで下回り、やや深めの湯舟に浸かっては脇に寝そべって空を仰ぎ見ることの繰り返し。
    芳しい硫黄の香りを思いっきり吸い込んだり、時折苦湯を口にしてみたり、宿泊だからこそ得られる開放感を味わいました。

    朝5時、既に何人かが内湯で朝風呂を楽しんでおりました。その中の常連客によれば、3月の地震後、湯の投入量が増し、湯温も上昇したそうです。そのせいか、露天は夜の間に入れないくらい熱くなっていました。

    チェックアウト前にもう一浴びし、すっかり全身に硫黄臭をまとい宿を出ました。
    陳腐な表現ではありますが、万座はやっぱり素晴らしい。

    参考になった!

    19人が参考にしています

  • じっくりと居たかった

    投稿日:2011年7月3日

    じっくりと居たかった豊国館(ほうこくかん) 感想

    ゆったり温泉さん


    評価 星5つ5.0点

     大きな露天風呂(本当は混浴らしい)は、腰までの深さで半身浴向き。肩まで浸かるのは中腰でちょっと落ち着かない。けれど、惜しみなく掛け流されているお湯は、適温でいつまでも居たいと思わせる。
     連れの話では、女湯の方の露天は内湯よりも熱かったそうな。

    参考になった!

    13人が参考にしています

  • 万座を満喫

    投稿日:2011年5月22日

    万座を満喫豊国館(ほうこくかん) 感想

    朴念仁@99さん


    評価 星5つ5.0点

    草津へ一泊した翌日、チェックアウトしてすぐに万座温泉へ向かいました。午前中の早い時間でしたが、こちらは朝8:00から日帰り入浴ができ、このサイトでの評判も良かったので、まっしぐらに向かいました。
     お湯は独自の源泉苦湯で、硫黄臭の強い白色の濁り湯です。男湯の内湯が結構熱くて、しばしゆっくり入浴しました。混浴の露天は比較的広くかつやや深めで、端の方の腰かけに座って入浴しました。つれあいによれば女湯も内湯がやや熱め、女性専用の露天風呂は少しぬるかったそうです。久しぶりに半端でない硫黄の匂いとまずまずの温度の万座の湯を満喫しました。写真はつれあいが撮影した女湯の内湯です。

    参考になった!

    11人が参考にしています

52件中 1件~20件を表示

前へ  1 2 3  次へ


このエリアの週間ランキング

  • 高崎 京ヶ島天然温泉 湯都里(ゆとり)

    高崎 京ヶ島天然温泉 湯都里(ゆとり)

    群馬県 / 高崎

    日帰り
  • 黄金の湯館(こがねのゆかん)

    黄金の湯館(こがねのゆかん)

    群馬県 / 伊香保

    クーポン 日帰り
  • 湯の道利久 前橋南店(ゆのみちりきゅう)

    湯の道利久 前橋南店(ゆのみちりきゅう)

    群馬県 / 前橋

    日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる