本文へジャンプします。

古遠部温泉(ふるとうべおんせん)の口コミ情報一覧(2ページ目)

お風呂をもっと安心して楽しもう!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

青森県 古遠部温泉(ふるとうべおんせん)

日帰り 宿泊

評価 4 4.8点 / 65件

場所青森県/弘前

お湯 4 4.9点

施設 3 3.5点

サービス 4 4.2点

飲食 4 4.6点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2019年12月7日

65件中 21件~40件を表示

前へ  1 2 3 4  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 石灰花ドームがどかんと鎮座

    二股らぢうむ とか 夏油 とか 石灰花ドームのある処は 幾つかありますが 此処も堂々たるものです。濃い温泉が大量に噴き出し、潤沢にかけ流されているので とどになる贅沢が味わえます。温泉好きなら忘れられない温泉になる筈。また典型的な湯治宿でもあります。リピートしたいのですが宿のご主人に「健康なお若い方がなんでまたうちに?」と言われまして ちょっと遠慮しています…そのうち身体が軋んだら必ずお尋ねしますんで その時は是非宜しく(><。)

    参考になった!

    2人が参考にしています

  • 初めてのトド。

    投稿日:2011年8月5日

    初めてのトド。古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 感想

    ちょわさん


    評価 星5つ5.0点

    お正月の帰省の帰りに寄りました。雪が積もっているにもかかわらず、かなり混んでいましたが、ほとんどの人は休憩所でごろ寝をしていたので、お風呂はガラガラ。噂のトドを初体験しました。
    トドだけで十分あったまりました。真冬なのに暑いくらい。
    ぜひ、一度宿泊して何回も入りたい温泉です。
    鍋焼きうどんもおいしかった!

    参考になった!

    2人が参考にしています

  • パワー全開湯

    一言…素晴らしい。。
    それ以外は思いつかなかった湯。

    毎分500リットルの湯が、浴槽だけでなく建屋の外にまでオーバーフローしてます。

    源泉掛け流しの究極型と言っても過言ではないはず。


    ナトリウム、カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉は中性の湯。

    しかも浴槽や床は析出物がびっしり。

    湯力は相当感じました。

    参考になった!

    2人が参考にしています

  • 古遠部温泉 宿泊編

    投稿日:2011年5月9日

    古遠部温泉 宿泊編古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 施設情報

    paw_pawさん


    評価 星0つ - 点

     温泉編でも触れたとおり、山中の一軒宿である古遠部温泉さん。施設的にはお世辞にも綺麗とはいえませんし、かなり年季の入った建物です。窓がきちんと閉まらなかったり、トイレも汲み取りだったりします。設備的に気の効いたものはなく、旧来の湯治宿的な存在です。
     ただ、それらをカバーしても余りあるほどの素晴らしい温泉が待っていてくれますので、一般の観光ではなく温泉ファンの方であれば全く問題ないと思います。2食付きで6900円から、湯治料金ですと2300円からという格安料金もリーズナブルです。
     料理は焼き物、煮物、揚げ物、全て作り置きではなく出来立てホヤホヤを順番に出してくれます。これは立派な旅館でもなかなかできないサービスで、頭が下がります。しかも料金を考えても充分な内容で本当に美味しいです。写真は上が夕食、下が朝食です。夕食には岩魚の塩焼き(ホクホクで骨まで食べられます)、てんぷら盛り合わせ(サクサクしていて揚げたて)、ミニ鍋はきりたんぽ鍋です。お刺身はまあなんですが(笑)、その他山菜や漬物などがついており、ご飯も美味しかったです。こちらに宿泊されるのであれば2食付をお勧めいたします。

    参考になった!

    4人が参考にしています

  • 古遠部温泉 温泉編

    投稿日:2011年5月9日

    古遠部温泉 温泉編古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 感想

    paw_pawさん


    評価 星5つ5.0点

     一般の観光客にはほとんど知られていないと思いますが、温泉ファンの間では超有名なビックネームの古遠部温泉さん。青森と秋田の県境にあり国道282号線から林道のような脇道に入りガタゴトと約10分も行くと件のお宿が現れます。もともと鉱山の調査掘削の際に掘り当てられた温泉ということもあって、周りに集落はなく、文字通りの1軒宿です。施設外観は山奥にある林野庁の詰所のような佇まいです。
     お風呂は男女別の内湯が各一の一本勝負。福島県大沼郡・大塩温泉の共同湯を髣髴とさせる浴室&湯船は析出物でテロテロの鄙び状態。赤錆色の変色も見事という他ありません。分析表では毎分800リットルの湧出量を誇っており、実際に湯船に投入されている源泉は200リットル弱(男女合計400リットル)といったところでしょうか。残りははじめからスポイルされていると思われますが、湯船の大きさからして、これ以上投入量を増やすのは湯温の調節などもあり限界なのかもしれません。
     詳細は不明なものの、投入量が法外に多いのは紛れもない事実で、5-6人サイズの湯船からザーザーと掛け流しされ、浴室の床も常時洪水のような状態になっています。湯船はコンクリ仕様と思いきや、なんと総ヒバであることが判明。余程気をつけて見なければ判別できないほど析出物がデコレートされています。こうした様態は温泉ファンには堪らないところ。
     湯は加水・加温なしの生源泉の無加工投入。投入口で体感44度弱、湯船内で42度強から43度の適温。源泉の投入量が多いため湯が絶えず対流し鮮度も抜群。鉄臭&土類臭も鼻腔をくすぐります。源泉を口に含むとはっきりと分かる鉄味と炭酸味、そして弱塩味を感知。やや生臭く感じるのはそれだけ新鮮な証拠と言えるでしょう。ギチギチとした肌あたりで、浴感もストロング。この手の源泉のお手本のような湯です。
     こちらでもう一つ忘れてはならないのが、禁断のトド浴です。豪快な溢れ出しの湯溜まりに手拭いを枕にして横たわる気持ちよさは、極楽そのものです。古遠部でトド浴の虜になった方も少なくないのではないでしょうか。このトド浴を存分に楽しむにはやはり宿泊しなければなりませんが、体験の価値は充分あります。
     地元でも人気施設とあって、夜8時まではひっきりなしに立ち寄り湯の入浴客がおり、その後30分が湯を抜いての清掃となります。ズバリ狙い目はその直後です。ただでさえ鮮度の良い湯がさらにシャキシャキの状態で楽しめます。夕食が早めのため、8時半で入りに行くと、たいがい貸切の状態で楽しめます。湯の入れ替え直後は湯もまだカーキ掛かっておらず、白んだ貝汁濁りといった状態です。是非ご堪能ください。

    参考になった!

    5人が参考にしています

  • お湯良し

    投稿日:2011年5月7日

    お湯良し古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 感想

    温泉まったりさん


    評価 星5つ5.0点

    地震の影響でキャンセルが多く、本来なら一人泊は連休中はやっていないそうですがなんとか宿泊出来ました。堆積物で茶色の浴槽周りはオーバーフローしたお湯が溢れてトド寝している人がチラホラと、思わず自分も真似てトドに、気持ち良かった。(笑)お湯は新鮮で出汁のような味がします。地元の人が神経痛や筋肉痛に効くと言っていました。ここは料理も美味いです。

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • すごい温泉ですね

    投稿日:2011年4月26日

    すごい温泉ですね古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 感想

    きくりんさん 、性別:男性 、年代:~10代


    評価 星5つ5.0点

    日曜日の午後、日帰り入浴して来ました。既に来訪者が5人いて、2人は上がったところらしく、脱衣場はキツキツ。ガラス戸を開け、浴室に入ると、小さめの内湯が1つ。茶褐色のお湯が湯舟から溢れ、かけ湯に使ったケロリンの黄色い桶が流されてしまいます。湯舟の深さは1メートル位あって、湯口付近では茶色の細かい湯の花が舞っています。口に含んでみると、甘い感じがしました。湯舟の縁には、茶色い析出物。カルシウム分が多いのか。熱めの湯温ながら、肌に優しい浴感でした。山の中のデコボコ道を行かねばなりませんが、また訪れたいです。

    参考になった!

    14人が参考にしています

  • 鉄苦い膨大な湯量・秘湯です

    これはまた不便な山の奥にある秘湯。まさに秘湯です。2月の始めに日帰りで行きました。雪深い時期です。
    奥羽本線の碇ヶ関駅から、タクシーで20分。矢立峠の手前を曲がり、さらに山の中へ入っていくこと5分。携帯は通じません。周りには店も何もありません。国道からの道は一応除雪されているのですが、それでも地元のタクシーでさえスリップ。冬場は自力で行くのは難しそう…。

    それでも、地元の車を中心にかなり泊まり客がいたようでした。日帰り客は大広間に荷物を置けるので、そこから階段を下りて浴室へ。浴室は男女別の内湯のみ。木造の浴室は湯気であふれており、木の深い浴槽には緑白色の軽く濁ったお湯がじゃんじゃん注がれています。お湯は熱めで、それでも入れないほどではなく、全身入ると心地よいしびれるような熱さです。臭いはほとんどなく、味はかなり苦みと鉄の味が強くてとても飲めません。pH 6.28, 総成分5.1g/kg。Na,Ca-塩化物・炭酸水素塩泉でしょうか。Mgが11mval%も含まれているので、こんなに苦いのかなと思います。濃厚な成分が湯船の縁に沈殿して分厚い層になっています。

    浴室の外には溢れたお湯が放流されていて、鉄分で錆色になっています。お湯の量と鮮度は最高、そして野性味を感じることのできるパワフルな温泉です。本当に山の中の一軒宿で何も遊ぶものがないので、静かに温泉につかるにはいい宿ですが、私はちょっと飽きちゃうかも知れません。

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • 源泉タンク。

    投稿日:2011年1月3日

    源泉タンク。古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 感想

    ジョンディアさん


    評価 星5つ5.0点

    温泉好きの方なら笑える光景が沢山ある所でした。
    宿の湯船より低い辺りは一面の抽出物の大地となっており浴室より見える源泉のタンクだと思われる物の蓋にあたる部分が源泉に押されているのか沸騰した鍋の蓋みたいに踊ってました。
    怒涛のかけ流し量でオーバー風呂ーの湯船は水流に押されそう。
    その源泉は鉄味を除けば意外と美味しい味がしました。
    う~掛け値無しに素晴らしい。

    参考になった!

    5人が参考にしています

  • 湯も食事もたっぷりと楽しめる

    古遠部温泉は「療養の宿」と称して、ダート道のどん詰まりにひっそりと佇んでいる。まわりに人家の気配もなく、聞こえてくるのは瓢げたカエルの声と川に流れ込む湯の音だけだ。この世情からかけ離れた雰囲気がなんともいえない。

    早目に到着して早速有名な源泉かけ流し過ぎの湯に向かう。土曜の午後3時過ぎだったが、誰もおらず一人占めで湯を楽しむ。本当にドバドバと湯が流れ込み、ザブザブと浴槽から溢れ、ひたひたと床をつたって湯の川が流れていた。

    床に仰向けに横たわり、皆さんお勧めのトド湯を楽しむ。絶えず湯が流れているので床が温まっており、背中全体にじんわりと熱が伝わってゆっくりと身体がほぐれていくのが判る。マイルドな岩盤浴という感じ。風呂桶を枕にしてという話も聞くが、トド湯の醍醐味は盆の窪あたりを渦巻く湯のせせらぎの音だと気付いてからは、べた寝の体勢に終始した。素っ裸で大の字になって湯と戯れる快感に存分に浸ることができた。

    夕食はシンプルなメニューながら、出来たてを供されるので満足感がとても高い。岩魚の塩焼はあちこちの山の宿で食べさせられたが、いつも冷たく固くなったもので旨いと感じたことはなかった。しかし、こちらは焼き立てのもので、噛めばギュッとつゆが出るほど。これは旨かった。天麩羅も揚げたて、旬のみずの浅漬・分厚い平目の刺身など他も申し分なく、値段を考えれば大層豪勢な夕食に満足した。

    なお、夕方4時~7時頃までは地元の客が立ち寄りで来てかなり混雑していたから、ゆっくりと楽しみたい方はこの時間を外した方が良いかも知れない。

    参考になった!

    5人が参考にしています

  • 画像

    投稿日:2010年10月16日

    画像古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 施設情報

    練馬春日町さん


    評価 星0つ - 点

    ユーザー登録前にコメントしているので画像のみ。
    記憶に強く残る湯宿。
    いつもまた行きたいと思っています。

    参考になった!

    4人が参考にしています

  • 川のように

    投稿日:2010年10月4日

    川のように古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 感想

    ふうたろうさん


    評価 星4つ4.0点

    2×4mくらいの小さい湯船に成分が濃いと感じられる濁り湯がドバドバと注がれている。あふれた湯が床を川のように流れる。そして、私もトドになった。

    参考になった!

    3人が参考にしています

  • トド寝。

    投稿日:2010年9月9日

    トド寝。古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 感想

    たけぞうさん


    評価 星5つ5.0点

    トド寝を体感 古遠部温泉。
    ここは、間違いなかった。完璧な設備を求める方は不向き。
    ワクワク感とともに扉を開けると、
    オーバーフローし浴場全体に湯が行き渡っている光景を目の当りにする。
    同時に1辺壁付き2方向入湯型の浴槽が目に入り、
    あらゆるところに析出物でコーティングされているのに驚く。
    浴槽縁・床、そして掛け流された湯の通り道、はたまた建物外斜面に至るまで。
    もとは檜風呂だよと地元の方が言っていた。もはや原型を留めていない。
    さっそく入湯すると、鉄チックないい湯で温感は熱めであった。
    浴槽からでて床に座っていると、サウナのごとく汗が溢れ出る。

    そして、床に寝そべり、お待ちかねの古遠部式トド寝で決め込む。

    気分は極楽極楽。豊富な湯量と源泉温度がなせるわざか。
    そこには、独特の入湯スタイルを有し天然コーティングされた極上の空間があった。
    参りました。古遠部式恐るべし。
    (2010年8月22日)

    参考になった!

    4人が参考にしています

  • 画像提供①

    投稿日:2010年5月1日

    画像提供①古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 施設情報

    しゅんさん


    評価 星0つ - 点

    建物外観。

    参考になった!

    2人が参考にしています

  • 画像提供②

    投稿日:2010年5月1日

    画像提供②古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 施設情報

    しゅんさん


    評価 星0つ - 点

    建物裏です。お湯が雪を溶かして流れ出ています。

    参考になった!

    2人が参考にしています

  • 画像提供③

    投稿日:2010年5月1日

    画像提供③古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 施設情報

    しゅんさん


    評価 星0つ - 点

    流れ出る温泉と析出物。浴室全体がこれに覆われています。

    参考になった!

    2人が参考にしています

  • 源泉掛け流れ!

    投稿日:2010年1月6日

    源泉掛け流れ!古遠部温泉(ふるとうべおんせん) 感想

    しゅんさん


    評価 星5つ5.0点

    とにかくもう、お湯が容赦なく湯船から溢れかえり、オーバーフローが音を立てております。浴室内はあらゆるものが鉄錆色になり温泉成分でオブジェと化しています。お湯だけがにごった緑色をしていて、鉄っぽい効きそうな香りを漂わせています。
     カランはなし。だけど浴室は広めなので湯船から出て頭を湯船の淵に乗っけて横になる。オーバーフローのお湯が背中を流れて気持ちいい。ここに来れば誰でもこういう体勢になっちゃいます。コップが置いてあるので飲んでみましたが、すごい。炭酸が口の中ではじけます。
     この日は大雪。しかも電車が信号トラブルで止まってしまい、ご主人に碇ヶ関の駅まで迎えに来てもらいました。日が暮れた雪の山道は素人ではムリっぽい。電車で来てよかった。着いたら5時過ぎで宿はもう夕食の時間でした。ここの食事は席に着いてから天ぷらを揚げ、岩魚を焼いてくれるので、出来立てアツアツです。きりたんぽの小さな鍋もあり、満足できる内容でした。
     部屋のカギはなし。トイレはボットン便所を洋式にしたもの。でもそんなこと気になりません。ふとんが湿っぽくて冷たい以外は極楽でした。

    参考になった!

    4人が参考にしています

  • 星10コあげたい

    投稿日:2009年7月13日

    星10コあげたい古遠部温泉(ふるとうべおんせん)

    ぐまニストさん


    評価 星5つ5.0点

    初夏の平日に宿泊しました。
    夜2回朝1回の計3回、湯殿は全て終始貸切状態。
    ヒバの香りのする中、床のほぼ全面を使って、
    何回も何回も豪快にトド、もう最高、最高すぎます。
    温泉の成分が濃すぎるせいでしょうか、
    洗髪したら髪がゴワゴワになりましたけど(笑)
    料理も素朴ですが非常においしかった。
    トイレはボットン、昆虫も普通にいたりしますが、
    そんな事、全然関係ないという方は、
    泊まりでトドを満喫するのがベストだと思います。
    自宅から遠く気軽に行けるところではないんですが、
    また行きたい、いや絶対に行くぞ!

    参考になった!

    5人が参考にしています

  • 期待通りの古遠部温泉

    投稿日:2009年5月16日

    期待通りの古遠部温泉古遠部温泉(ふるとうべおんせん)

    トゥアレグさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    高速も安くなったし、先月、前から行ってみたかった古遠部温泉に宿泊しました。
    古遠部の前に奥奥八九郎に立ち寄ってきましたが、泉質はかなり近いと思われ、鉄分豊富なお湯ですね。戸外の有名な茶色の析出物に圧倒されました。
    カギのない昔ながらの温泉風情が色濃く残る部屋ですることは、寝るか湯につかりにいくかだけですが、それで十分。携帯なんて圏外ですから繋がりません。
    とめどない湯量は浴槽からあふれ、析出物で覆われた床を満たし、最高の寝湯を提供してくれます。
    食事も量・味ともに満足。意外だったのは、テレビでBSが見れたこと。
    きっとまたうかがうと思います。

    参考になった!

    3人が参考にしています

  • 濃いお湯に圧倒されました

    投稿日:2008年11月14日

    濃いお湯に圧倒されました古遠部温泉(ふるとうべおんせん)

    かなぶんさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    発見されてまだ50年も経っていない歴史の浅い温泉だが、秘湯の雰囲気は十分。鉱山開発の試掘で発見されたらしい。
     国道282号線碇ヶ関の近くから林道に入ると、新車では通りたくないでこぼこ道。大丈夫かいなという道が2km近く続く。いいかんげんにと思ったころたどり着いた。
     毎分500リットルのお湯がこれでもかとあふれ、置いた桶が床を流れていく。浴槽はヒノキ製らしいが、析出で覆われて、さらにお湯があふれていて、なんだかわからない。 外を見れば、一面にお湯の成分が堆積して、その上を湯気を上げながらお湯が流れている。湯船の造り、お湯の酸性度(キシキシ感)、湯温、そしてタオルが茶色に変色する湯の力。 どれもが圧倒されてしまう。
     ここは、お勧めです。

    参考になった!

    4人が参考にしています

65件中 21件~40件を表示

前へ  1 2 3 4  次へ


このエリアの週間ランキング

  • かっぱのゆ

    かっぱのゆ

    青森県 / 青森

    日帰り
  • 道の駅 いかりがせき 津軽 関の庄

    道の駅 いかりがせき 津軽 関の庄

    青森県 / 弘前 / 碇ヶ関温泉郷

    クーポン 日帰り
  • 極楽湯 青森店

    極楽湯 青森店

    青森県 / 青森

    クーポン 日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる