本文へジャンプします。

恐山温泉の口コミ情報一覧

年間ランキング 12月18日に結果発表!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

青森県 恐山温泉

日帰り

評価 4 4.8点 / 44件

場所青森県/むつ

お湯 4 4.8点

施設 4 4.2点

サービス 5 5.0点

飲食 5 5.0点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする
  • 同じ都道府県にある温泉宿を探す

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2020年9月23日

44件中 1件~20件を表示

前へ  1 2 3  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 秘湯に興味を持ち始めてからずっと憧れて…

    投稿日:2020年9月23日

    秘湯に興味を持ち始めてからずっと憧れて…恐山温泉

    湯きちさん 、性別:男性 、年代:~10代


    評価 星4つ4.0点

    秘湯に興味を持ち始めてからずっと憧れていた恐山温泉へ。この日は連休中日で天気も良く参拝客が多かったです。経験者に聞いていたおどろおどろしい雰囲気は皆無で、北の地の空と緑と穏やかな湖の素晴らしいロケーションでした。参拝料500円を支払いお札などを購入して湯小屋へ直行です。源泉温度74.4℃の硫化水素含有酸性緑ばん泉、女湯の薬師の湯と小滝の湯は白濁していて前客がどれだけ水で薄めてるかの違いで浴感は同じように感じました。混浴の花染めの湯を見に行くと誰もおらずお湯が透き通っていて、殆ど誰も入っていない様子。硫黄と酸性のバランスの良さがはっきり分かる贅沢な湯あみとなりました。石鹸等使用禁止で掛け湯して入る木作りの雰囲気のある湯小屋で、硫黄で酸性の緑ばん泉に入れるなんて、一生に一度は来たいと思っていた夢が叶いました。

    参考になった!

    2人が参考にしています

  • 霊峰恐山の懐の出湯

    投稿日:2016年1月8日

    霊峰恐山の懐の出湯恐山温泉

    cotton_tradersさん 、性別:男性 、年代:~10代


    評価 星5つ5.0点

    霊山として名高い恐山。
    本州最奥の温泉の一つです。
    何でも日本三大霊山(比叡山、高野山、恐山)との事で、
    普通の温泉を絡めた観光地とは印象を異にします。
    菩提寺ってお寺さんがありまして、そこで参拝料を支払って中に入ると、
    温泉が都合四か所。内三か所は、♂も入れます。
    当日は平日の午後二時過ぎって事もあり?、人影もまばら。
    お陰で、素晴らしいお湯を独占出来ました。
    風呂上りに、周遊コース?を歩いてみると、やはり温泉が湧くんですから、
    火山なんですよ。その冷涼とした風景は、死後の世界を彷彿とさせます。
    ここが霊山であると言う事を再認識させられました。
    首都圏からだと、距離的にかなり敷居の高さを感じます。
    が、日本人なら是非とも一度、恐山に行って貰いたいですね。

    参考になった!

    20人が参考にしています

  • 寺の境内に温泉が4ヶ所

    投稿日:2015年5月26日

    寺の境内に温泉が4ヶ所恐山温泉 感想

    つとさんさん


    評価 星5つ5.0点

    まず、恐山へ行くと、硫黄の匂いがする。

    寺の入口で参拝料を払って中に入ると、立派な門をくぐった目の前に、平屋建ての温泉小屋が3つ。
    男湯2つ、女湯1つ。

    ここは目立つ場所なので、中を覗くだけの観光客が何人かいた。

    自分が入ったのは、観光客が行く左側ではなく、入って右側の、ほとんど人通りがない場所にある『花咲の湯』で、ここは混浴。

    しかし、GWにもかかわらず、1時間近く誰も来ずに、良質の硫黄泉を独り占めすることができた。

    おそらく、場所的にここの寺の従業員向けにある湯小屋なのかもしれないけど、誰でも入れるとのことなので、ここはおさえておきたい。

    参考になった!

    18人が参考にしています

  • お湯も雰囲気も最高

    投稿日:2014年10月7日

    お湯も雰囲気も最高恐山温泉 感想

    baka123456さん


    評価 星5つ5.0点

    私は、他人に「今まで行った温泉でどこが一番」と聞かれたら、「恐山温泉」と答えることにしています。
    それくらいインパクトの強い温泉でした。
    なんだか潔斎のために入るという気になります。

    変な言い方ですが、500円の入山料で、はしご湯も出来ます。遠いから人も少ないです。温度も、山の硫黄泉にしては熱すぎず、ちょうどいい。何から何まで良いんですよね。

    有名な場所ですから、いまさら私の口コミも余計でしょうが、ファンとして1票です。

    参考になった!

    19人が参考にしています

  • 亡き父母の菩提を得る願い合掌してしまった

    投稿日:2014年9月3日

    亡き父母の菩提を得る願い合掌してしまった恐山温泉 感想

    真苦部素さん


    評価 星0つ - 点

    八戸三沢を過ぎると人の営みが消える。延々造林と無縁そうな原生林が続く。突如として巨大風力発電所と核燃料貯蔵庫施設が現れた、対向車はサッパリ出会わず歩行者もいない、さては異世界別ステージに入り込んだのでないか?
    二時間あまり車をすすめるとカルデラの外縁が結界らしく霊場恐山の門がある。奪衣婆と懸衣翁の石像が三途の川の畔で出迎えてくれる
    六文銭ならぬ五百円で境内に登山。ようやく参拝者の人影を見た。ご立派な本堂と宿坊だが、、違和感が半端なく湧き上がる。  普通、仏門霊場は杉並木とか有るはずだがカルデラ盆地の縁に有るだけ、数キロ内はカルデラ湖と裂火口の白灰軽石だらけである。この石が色といい軽さといい人骨そのものを連想させるのだ。
    真っ白けの地面に童子童女の供物用だろうがパステルカラーの風車がカラカラ下北の風に音をたてている。読経が聴こえる。硫黄の臭いが足元から吹き出している。
    寺山修司か花輪和一の白日夢世界かってくらいシュール

    エ~、雑味のないピュアなナツメ系酸味、硫黄臭もビュア、白濁具合満点、浴感刺激柔らかさ絶妙良好、手前は約42°奥は約45°前後と推定、極楽王土の湯浴みでございました。熱湯地獄ではこざいませんでした。

    参考になった!

    17人が参考にしています

  • 宿坊のお世話になる

    投稿日:2014年5月25日

    宿坊のお世話になる恐山温泉 感想

    ぐまニストさん


    評価 星5つ5.0点

    閉山後の恐山を体験したく、新幹線とレンタカーで約8時間。マジで遠いです。しかし、オンリーワンの空気感であろうこの地は、万難を排して訪れるべき地でありました。以下、宿坊 吉祥閣に宿泊した際の感想ですが、無礼な表現などがありましたら申し訳ありません。

    ◎宿坊
    外観やエントランスは宗教色が強いですが、その他は一般的な旅館と遜色ありません。取りあえず施設自体がめちゃくちゃキレイです。案内された部屋は10人ほど泊まれそうな3間ある広い部屋。全ての部屋がこの位のサイズなんでしょうか?私ども夫婦、両親とも、このサイズの部屋に贅沢にも二人で泊まらせていただきました。ちなみに宿坊ですので部屋にテレビはなく、ドライヤーも見当たりませんでしたが、浴衣・タオル類・歯磨きセット等のアメニティはあります。

    ◎温泉
    硫黄臭がハンパではありません。詳しい成分は分かりませんが、硫黄成分の含有量はかなりのものと推測されます。湯は強烈であるが故、眼に入るとよろしくないそうです。外湯は『薬師の湯』と『花染の湯』の二ヶ所に入り、いずれも熱めではあったものの、入れないほどの温度ではありませんでした。両方とも加水用のコックもあります。この外湯の雰囲気や湯質の良さに関しては言うに及ばずです。宿坊の内湯は広く、ちょうど良い湯加減に調節されております。外湯との比較では硫黄臭さに大差はありませんが、こちらの方がより白濁しておりました。

    ◎食事
    大食堂で宿泊者が揃っていただきます。頂きやすい精進料理です。食前には『食前の偈』、食後には『食後の偈』を全員で唱えます。尚、夕食で使用した箸は翌日の朝食でも使用しますが、『霊場 恐山』と書かれたこの箸は持ち帰りできます。

    ◎お勤め
    朝6時半からお勤めがあります。宿坊の宿泊者は強制参加とのことですが、やむを得ない事情があれば、その限りではないと思います。

    ◎境内
    晴天の境内と曇天の境内では、まるで表情が違いました。それぞれに良さがあり、それぞれがオンリーワンの光景だと思います。

    ◎イタコさん
    人材が不足しているため、今となっては通常はいらっしゃらないそうですが、運良くお会いすることができました。母が自身の実姉をお願いし家族全員でお話を聞きましたが、すすり泣く母を見て、来て良かったと心から思いました。

    ◎その他
    酒類を売っている自販機はありませんでした。部屋での飲食は自由なのでお酒を飲まれたい方は持ち込んだ方が良いかと思いますが、部屋に冷蔵庫はありませんし、あくまで宿坊であることを気に留めておいたほうが良さそうです。

    もちろん温泉は素晴らしいです。ただ、それ以上に様々な貴重な体験が印象に残りました。ここに来て何物にも代えがたいものを得た気がします。

    参考になった!

    19人が参考にしています

  • 初めての恐山

    投稿日:2011年9月30日

    初めての恐山恐山温泉 感想

    きくりんさん


    評価 星4つ4.0点

    一度行ってみたかった恐山に、ようやく三連休のなか日、訪れることができました。入山料500円を払い、中へ。参道を本堂に向かって進むと、右手に「薬師の湯」と書かれた看板と湯小屋。覗いてみると、先客が2人。服を脱いでる間に、出ていかれたので、ほどなく貸切状態。板張りの床の中央に、8人サイズの木造りの浴槽が、縦に2つ連なっています。手前は、湯温42℃位で適温だったものの、奥の浴槽は、45~46℃位あり激熱!透き通った緑色の硫黄泉は、なめらかな浴感で、肌がスベスベになりました。続いて、参道左手の湯小屋「冷抜の湯」へ。先程と比べ、小ぶりな4人サイズの木造り浴槽が、やはり縦に2つ連なっています。こちらも、先客が3人いたものの、すぐ上がられた為、また貸切状態。奥の浴槽が、湯温42℃位で、手前が40℃位だったので、少しまったりできました。入口で売っていた、霊場アイスを食べてみたかったのですが、帰る時には、店が閉まってました。

    参考になった!

    20人が参考にしています

  • 何度行っても素晴らしい

    投稿日:2011年9月25日

    何度行っても素晴らしい恐山温泉 感想

    練馬春日町さん


    評価 星5つ5.0点

    普段は私の温泉好きに冷笑的な私のツレも恐山行きは例外のようです。ということで宿坊・吉祥閣に先週連泊しました。ここで連泊する人はあまりいないと思いますが、前回一泊では物足りなかったので、宿泊費が少々お高いのは覚悟で二泊しました。

    初日こそ雨は降らなかったものの、二日目は台風15号の接近で横殴りの雨を受け、地獄巡りには最悪の環境。しかし、この荒れた状況の方が寧ろ恐山らしさが醸し出されていたように思います。

    体が冷えてきたら冷抜、薬師、花染、御法の湯に浸かりに行きました。二日目は、あの広い施設に私達一組のみの宿泊だったので、女性用の古滝にも入らせてもらいました。湯小屋はそれぞれ近接していながら、源泉の違いで湯の色合い、香り、味が微妙に異なります。

    22時になると、宿坊は施錠され、御法の湯も入れなくなるので、その前に外の湯小屋に入りに行きました。外は風雨が吹き荒れ、窓のガタつく音を聞きながらの入浴はなかなかスリリングな体験でした。

    広大な菩提寺の境内、吉祥閣に夫婦二人。風呂だけでなく、やたら広い食堂に用意された二人のための食事、お坊さんとわれわれだけの朝のお勤め、ある意味実に贅沢な滞在でした。



    参考になった!

    20人が参考にしています

  • 三途の川を渡る!

    投稿日:2011年9月25日

    三途の川を渡る!恐山温泉 感想

    ロンさん


    評価 星5つ5.0点

    本堂の前の男湯に入浴してきました。
    こんなところで、裸になって入浴してもいいのだろうかと思いながら入りました。少し熱めのお湯で、湯の花が豊富に浮いている素晴らしいお湯です。

    順路の通りに進むと湖にでますが、その静けさと雰囲気がまるで極楽浄土を想像させるもので、感動しました。お風呂だけではなく、施設をまわることもおすすめします。

    参考になった!

    16人が参考にしています

  • 落ち着ける

    投稿日:2011年9月20日

    落ち着ける恐山温泉 感想

    organicさん


    評価 星0つ - 点

    昨年、閉店中で入ることができなかった石楠花荘にリベンジしようと今回訪れましたが、またもや定休日の札が掛かっていました。あえなく、もう一つ昨年来た際に場所が分からず入れなかった「花染の湯」へと向かいました。今回は受付で道順を入念に確認してから行き、実は昨年ももう一歩の所まで来ていたことが分かりました。宿坊の裏手の地獄地帯にポツンと小さな木造の小屋が建っており、これが「花染の湯」でした。基本的には混浴ですが、女性には少々ハードルが高そうな感じです。古い小屋ですが、内部はよく清掃されており、3つに仕切られた浴槽がありました。お湯は意外にも温く、40℃を切る位でしょうか?長湯が可能です。やや緑色掛かった透明なお湯には白い細かい湯の華が多数舞っており、硫黄臭もはっきりと感知することができました。ゆっくりと一人で落ち着いて入浴するには最適なお湯だと思います。

    参考になった!

    13人が参考にしています

  • 異界の湯

    投稿日:2011年9月9日

    異界の湯恐山温泉 感想

    こうちゃんさん


    評価 星5つ5.0点

    男性は男性専用2つと混浴1つに入れます。混浴の湯は他の2つとは異なる泉質であると思います。湯船が3つに区切られています。混浴の湯は分かりにくい場所なので、分からない際は事務所に聞くと良いでしょう。

    参考になった!

    9人が参考にしています

  • 画像提供

    投稿日:2011年9月7日

    画像提供恐山温泉 施設情報

    しゅんさん


    評価 星0つ - 点

    この空気は他のどこにもない。どこを撮ってもまるで寺山修司の世界。

    参考になった!

    10人が参考にしています

  • 異界での入浴

    投稿日:2011年9月7日

    異界での入浴恐山温泉 感想

    しゅんさん


    評価 星4つ4.0点

    日が西に傾いた頃到着。無数のお地蔵様にどぎついピンクの風車、積み上げられた小石には、大震災で亡くなられた方の名前も。無間地獄、血の池地獄、重罪地獄、、とオドロオドロシイ立て札が次々と。しゅうしゅうと噴き出る火山ガスの周囲の岩はまるで塗ったみたいに黄色く変色しています。ただでさえもの凄い風景が西日の中でよりいっそう際立ちます。ガレ場を抜けて賽の河原にたどり着くと、その不思議な美しさに、やはりここはこの世ではないのだと思わされます。
    地獄めぐりの後、境内に立てられた湯小屋にて入浴。女湯は古滝の湯と書いてあります。入口が二つありますが、細長い小屋の中央が湯船で左右に脱衣所があるのです。ふたつに分かれた湯船には美しい緑がかったにごり湯が満たされています。やはり普通の共同浴場とはどこか違う神聖な雰囲気です。先客はひとり。硫黄の匂いが強く立ち込めたキリっとしたいいお湯です。静かに身を沈めて異界での入浴を味わいました。
    ※写真は古滝の湯

    参考になった!

    12人が参考にしています

  • 参拝後の入浴で心も清らか

    投稿日:2011年8月8日

    参拝後の入浴で心も清らか恐山温泉 感想

    malayさん


    評価 星5つ5.0点

     レンタカーで16:35に駐車場到着。この時から既に「地獄」の一部が望まれます。入山料500円を支払い、境内へ。再入山も可能。ただ出ても食事とお土産くらいですけどね。それもこの時間では店じまい中でした。
     湯小屋はひっそりとあるのではなく、境内の本堂前に3ヶ所どーんとあります。参道横の溝を流れるのがすでに温泉ですから、寺に温泉が湧くというより温泉の源泉に寺が建てられたという感じ。
     参拝と地獄・天国(宇曽利湖)の見学を済ませ、念願の入浴へ。冷抜の湯、先客はどうもこちら(恐山菩提寺)の関係の方らしい。後にもお一人来られました。湯温は程よく41℃くらいかな?ガスの関係で窓を閉めてはいけないようなので、逆に歩く側が湯小屋に近づかないのがマナーかもしれないですね。
     ご一緒した方に依るとちょうどむつ市でも高校総体が開催されていて、今日来た女子学生が「優勝したよ~」と言っていたとか。ああ、それで恐山の地獄を(どことなく不釣り合いな)日焼け顔でニコニコした女の子達が歩いていた訳ね。日本一なんだからそりゃ嬉しいよね。
     後の予定もあるので、あまりゆっくりするわけにも行かず、後髪引かれる思いで境内を後にする。入浴すると1時間半くらいかかるかな。結局レンタカーの給油・返却に時間がかかり、予定の列車に間に合わず。これならもう少しゆっくり入りたかったな。
     ちなみにタオルは(もちろん湯船に浸けていないのに)硫黄臭がかなり残りました。それくらい濃厚な泉質のようです。
     参拝前の「禊ぎ」として入浴するか、参拝後の「天国の続き」or「地上界への復帰」として入浴するか、結局参拝後でしたが、何か心も清々しく清らかになったような気もします。
     他の方が「テーマパーク」と言われるのもわかる気がします。あの世を具現化した大昔から続くテーマパークですかね。東北の方にとっては亡くなると魂が還る場所であり、「恐れる」ことはない、心も体も温まる場所でした。

    参考になった!

    10人が参考にしています

  • 文句なしの温泉です。

    投稿日:2011年7月31日

    文句なしの温泉です。恐山温泉 感想

    ペヘレイさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    薬師の湯、花染の湯、冷抜の湯の順に入りました。
    今回は、観光バスでこられる団体の方が少なかったせいか、興味本意に温泉を覗くだけの人もほとんどなく、ゆっくりすることができました。どの湯も硫化水素型の硫黄泉で肌への馴染みも良く堪能できました。それぞれの湯の源泉が異なり、薬師の湯は、飲泉すると玉川温泉で味わったような、若干鉄味のあるレモンスカッシュのような味がして3つの中では一番酸性が強いのかもしれません。注がれる源泉の温度も3つの中では、最も低めでした。花染めの湯は、源泉が高温でスッキリした味でした。本当に暑いので飲泉のあと手がヒリヒリしてしまいました。冷抜の湯は、他の2つの中間的な感じがしました。自分としては、薬師の湯がお気に入りです。いずれ宿坊の湯も入りたいと思います。
    施設としては、浴槽と源泉が注がれるパイプと真水の蛇口のみのシンプルなもので、秘湯感あるすばらしい建物ですが、洗い場等なく純粋に温泉を楽しむ施設であり、お風呂好きの方には厳しいかもしれません。そのべたため3とさせていただきました。

    参考になった!

    11人が参考にしています

  • 宿坊浴場

    投稿日:2011年5月29日

    宿坊浴場恐山温泉 施設情報

    練馬春日町さん


    評価 星0つ - 点

    広い湯船、数え切れないカランの数で見事な宿坊浴室。ただし、湯の新鮮さは外の湯小屋に分があるかな。
    遠すぎて気軽に行ける場所ではないが、今年も行きたい。

    参考になった!

    8人が参考にしています

  • 北海道放浪・番外編「恐山温泉」

    投稿日:2010年9月28日

    北海道放浪・番外編「恐山温泉」恐山温泉 感想

    イーダちゃんさん


    評価 星5つ5.0点

    2010年8月27日---北海道旅行からの帰りの道程で、こちらの恐山の宿坊「吉祥閣」に宿泊しました。
    恐山は2009年の6月6日にも訪れているので、これは、3年ぶりの再訪ということになります。実をいうと、旅のはじめから旅を終えたら恐山に泊まる、というのは決めていたんです。
    函館発のフェリーが大間に到着したのは、27日のお午すぎ---薄曇りの下北半島は大層蒸し熱うございました。それと道、下北の海沿いの延々続くくねくね道を走っていると、ああ、もうここは北海道じゃない、ちがう大陸のちがう土地なんだ、という複雑な実感が強く胸にきましたねえ。
    恐山到着は、午後の3時半ころでした。
    三途の川から正面の二本柱の鳥居をくぐり、宇曽利湖の見える、がらーんとした広大な駐車場へ。何度見ても凄い、荒涼とした景色です。ただ、以前と訪問と違って、今回は駐車場にクルマがいっぱい停まってました。夏休みと重なっているせいでせうか。
    おひさしぶりです、またやってまいりました、と無言のうちに目礼して、荷物を抱えて、恐山の境内へ。
    恐山の宿坊の「吉祥閣」は超・豪華---一流旅館と見間違うばかりの豪奢な玄関とロビー! で、驚いたことには、こちら一泊12,000円なんです。北海道でイーダちゃんの泊まったいかなる宿より高いんです。宿坊といえば、イーダちゃんはかつて熊野に旅したとき、熊野神宮の宿坊「瑞鳳殿」に泊まったことがあるんですが、このときの一泊の値段はたしか3000円でした。寺院として恐山のこういうスタンスってどーなのよ? 商売に走りすぎてるんじゃないの、といいたい気持ちは山々ですが、ここはそーゆーことを語る場ではないので、まあひとまずは黙っておきませう。
    イーダちゃんは法泉10という部屋に案内されました。こちら、12畳と6畳の2部屋があって、ユニットバス、洗面台もついてます。昨日までテント暮らししてたイーダちゃん的にいえば、なんだか別世界の感じです。
    お茶を飲んでから、恐山のお参りに出かけてみました。
    賽の河原、無間地獄に重罪地獄、そうして荒涼の極みみたいな極楽浜のなんともいえない、この世の果てみたいな見事な絶景。
    何度見ても魂を吸われます。
    お参りののち、イーダちゃんは懐かしの「冷抜の湯」に浸かり、それから宿泊者しか入れない宿坊裏の、憧れの「花染の湯」へはしごしました。
    こちら「花染の湯」、たまんない名湯でありました。
    僕の入った4時すぎは、たまたま修理を終えたばかりというタイミングだったらしく、宿坊風呂係のNさんが湯温調節のためにしきりに出入りしており、お風呂に浸かりながら、僕、この方といろいろお話ししました。
    このNさん、気さくにいろんなことを教えてくれました。ここでは温泉の酸性度のため、風呂小屋の痛みも非常に早くて---ステンレスの釘も3ケ月で糸みたいに細くなっちゃうそうです---恐山境内の温泉小屋は全て何度か建て替えられているということ、ただし、「花染の湯」の風呂の湯舟の木材だけは30年あまり変えていなくて、恐山のなかで最古山の湯船であること---等々。
    夕食は「吉祥閣」の食堂に集まって皆で頂きます。ひとり旅の宿泊客は僕を含めてその夜は3人、あと団体さんが4組、あ、ドイツ人の30人くらいの団体さんがたまたまきてて、その夜はえらい賑やかでしたよ。
    食事は旨し旨し。精進料理なんて、と思って小馬鹿にしていたイーダちゃんの偏見を打ち砕く、見事な味でありました。これにはびっくり。隣りに座ったひとり旅兄ちゃんと何気に話したら、なんと彼も横浜からきたというので、お互いまたびっくり (^.^;>
    翌朝は5時起きして、ビニール袋片手に恐山の宇曽利湖まで掃除を兼ねて出かけてみました。誰もいない早朝の恐山はすさまじいばかりの美しさでしたねえ。あまりの凄玉風景にイーダちゃんは何度もビビったもんです。えっ? この見事すぎる霧の流れはなに? 何なのって。
    冒頭にアップした写真は午前5:40分、極楽浜から宇曽利湖を写した一枚です。(^-^)

    参考になった!

    10人が参考にしています

  • 素晴らしいの一言です

    投稿日:2010年9月5日

    素晴らしいの一言です恐山温泉 感想

    練馬春日町さん


    評価 星5つ5.0点

    昨年、宿坊に泊まりお湯を堪能させていただきましたが、また今年も行ってしまいました。今年は下風呂の帰りがけの立ち寄りでした。薬研方面から恐山に入りましたが、恐山手前から右手に地獄状態が出現し、激しい硫黄臭とクリーム色の川に心躍ります。
     今回は男湯の冷抜、薬師と混浴の花染に入りました。いずれも新鮮で、何と表現すればよいでしょうか、透明感ある硫黄の香りのする非常に浸かり心地のよいお湯です。恐山の厳かな雰囲気がそう感じさせるのかもしれません。
     宿坊のお風呂は宿泊客以外利用できませんが、非常に立派でリラックスできるお風呂ですので、これも是非、一般参拝客にも開放してほしいものです。
     参拝客で湯に浸かる人の割合はあまり高くないように思いますが、ここに来るときにはタオル持参でゆっくり見て回ることをお勧めします。

    参考になった!

    11人が参考にしています

  • 神聖な温泉

    投稿日:2010年5月9日

    神聖な温泉恐山温泉 感想

    organicさん


    評価 星5つ5.0点

    この日の下北半島の天候は大荒れで、強風と雨はまるで台風のようでした。当初は、この恐山の少し手前にある石楠花壮に立ち寄る予定でしたが、閉店したのかそれとも季節柄未だ開店していないのか、すべての窓とドアに板が打ち付けられた状態でした。但し、この辺りから川を流れる水(お湯?)は黄色を帯び硫黄臭が充満していました。期待感は最高に高まる中、入山料500円を支払い立派な門をくぐると早速お目当ての温泉小屋が複数存在していました。いずれも総ヒバ造りの風情有るもので、最初は薬師の湯に入りました。先客が何人か居ましたが、それほど込み合ってはなくシンプルな二つの浴槽がありました。やや緑色掛かった透明感のある湯に、細かい白い湯の花が多数舞っており、湯温は予想より入りやすく42~43℃程度の適温でした。当然酸性泉なので、独特の清涼感もしっかりと感じることができ、硫黄の香りと共にとても心地よいものでした。もう一つの男湯である冷抜の湯も薬師の湯とほぼ同等な広さ及び造りで、こちらの方が採光の具合からかやや薄暗く感じました。泉質もやや緑色が薄い他は、ほぼ同様のものでした。こちらは先客がおらず、ゆったりと心を落ち着けることができました。その他、この恐山には古滝の湯が女性専用である他、今回は見つけることができなかった花染の湯があるようです(今は入浴不可との情報も?)。キリッとした泉質と霊場の独特な雰囲気がよく合っており、心落ち着く良い温泉でした。

    参考になった!

    13人が参考にしています

  • 温泉付きテーマパーク?

    投稿日:2009年10月19日

    温泉付きテーマパーク?恐山温泉 感想

    おぐ230さん


    評価 星4つ4.0点

    温泉小屋の雰囲気と硫黄の臭いに期待できる予感。扉を開けると、脱衣所にほこり等も目立つが、お湯が強烈でそんな瑣末なことはどうでもよくなってきます。
     多量のお湯がどくどくと流れこんでいて、大満足です。混浴のほか女湯もあって女性も安心して入浴できるものの、境内内にある温泉小屋が珍しいのか、見学の人も多くて落ち着かない感じも…。
     ただ、恐山って荘厳としたイメージだったのですが、天気が良かったこともあって不謹慎な考えではありますが、地獄めぐりなどをしていて「ここって温泉付テーマパーク?」と思ってしまいました(;^_^A

    参考になった!

    5人が参考にしています

44件中 1件~20件を表示

前へ  1 2 3  次へ


このエリアの週間ランキング

  • せせらぎ温泉

    せせらぎ温泉

    青森県 / 弘前

    日帰り
  • 道の駅 いかりがせき 津軽 関の庄

    道の駅 いかりがせき 津軽 関の庄

    青森県 / 弘前 / 碇ヶ関温泉郷

    クーポン 日帰り
  • 極楽湯 青森店

    極楽湯 青森店

    青森県 / 青森

    クーポン 日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる