本文へジャンプします。

ホテル浦島の口コミ情報一覧(3ページ目)

年間ランキング2020結果発表!お得なクーポンも公開

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

和歌山県 ホテル浦島

日帰り 宿泊

評価 4 4.2点 / 97件

場所和歌山県/勝浦 (和歌山)

お湯 4 4.8点

施設 4 4.2点

サービス 3 3.9点

飲食 3 3.3点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする
  • 同じ都道府県にある温泉宿を探す

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2020年7月17日

97件中 41件~60件を表示

前へ  1 2 3 4 5  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 忘帰洞に尽きる

    投稿日:2009年4月5日

    忘帰洞に尽きるホテル浦島

    たこさん


    評価 星4つ4.0点

    このホテルに行くためには、亀の頭がシンポルの小型客船に乗らないとならない。。というのが嫌すぎて未訪問でしたが、今回やっと訪れる事になりました。
    (後で判りましたが小技を使えばこの嫌な船に乗らなくとも訪問可能です)
    まずホテルから1kmほど離れた専用大型駐車場に車を止め、そこから専用バスに乗り、さらに専用船に乗りやっとのことでロビー前桟橋に到着。 この専用線、竜宮城に行く亀と浦島太郎をイメージしているらしいが、高速道路1000円化が始まった後の休前日であり、大嫌いな子供が船内にぎゅうぎゅう詰め、座るスペースも無くタコ部屋かと思った。
    ロビーの受付はさすが超大型旅館とあって受付が非常に多くストレスは感じなかった。スタッフの対応も非常によかった。
    今回は山上館に二人で宿泊しましたが、ここの山の上に向かうエスカレーターがむちゃくちゃ長く山の上に到達するまで5分以上かかった。(エレベーターを使えば20秒ほどです)

    部屋は値段の割にはかなりお粗末なもので、部屋も狭かった。(窓を開ける時の音が五月蠅い、テレビが粗末、コップが臭い、ドアが引き戸の割に玄関が狭い、建物が古いのは判るが清潔感は別問題であると思う)楽しみにしてた景観も大雨の為何も見えませんでした。
    夕食は懐石を頂いたが、味はあまり満足出来るものではなく、また完全禁煙の為ストレスが溜まった。
    ここまでだとホテルとしての評価は自分的には★1つの評価のような気がするが、そこはさすが浦島、大型老舗ホテル特有のホテル自体が一つの立派な温泉街のような土産屋横丁、散歩の出来る広大な山上公園(朝散歩しました)、次々と浴衣姿ですれ違う風情、不況、不況と言われるご時世ながら、このホテルはとても活気がありました。

    何よりも七カ所ある温泉がとてつもなく素晴らしかったです。
    山上にある遥峰の湯、天海の湯(残念ながら天女の湯・狼煙の湯は4/1にて閉鎖)、なぎさ元湯露天風呂、玄武洞、遙峰の湯、ハマユウの湯・滝の湯を到着後一気にハシゴ湯しましたが、湯が素晴らしい。ナトリウム・カルシウム、塩化物泉で、白濁の混合泉がメインで、どの浴場もスーパー銭湯並に湯船が多い。無論塩素臭などするはずも無く、関西では非常に珍しい、結構強めの硫黄臭を感じる白濁泉です。また玄武洞と忘帰洞の海側の露天風呂は、やや緑かかった白濁泉(こちらは混合泉じゃないと思われる)で特に硫黄の香りが楽しめた。(無論東北などに多い酸性ではありませんが)
    夕食後の楽しみとして最後に訪れた忘帰洞だけは別格でした。夜と朝で男女入れ替えがあり、夜入ったほうはとてつもなく広い。湯船だけでも10数カ所。洞窟の中の為か小さな迷宮の佇まい。また樽風呂の高さから丁度波打ち際が見え、波の轟音をBGMに眺める海の絶景は『白浜の崎の湯』の豪華版といった感じでした。

    亀の船と客室と食事は納得できるものではなかったが、それを十分に払拭する巨大温泉ランド。ここは本当に楽しい。また機会が有れば宿泊したいです。

    追加:

    煙草に関しては、吸わない方から見ればウザイかもしれないですけど、立派な嗜好の1つであり、旅館としてのホスピタリティを考えれば万人受けする設備を整えるべき。分煙された喫煙席を作るとか、これだけの施設であれば良い方法はあると思うのですが・・・。 嫌煙者の意見は喫煙者を蔑ろにした排他的な意見が多いですけど、ある意味喫煙者は税金にて国家貢献してるつもりと思ったり。まぁここで喫煙や自然保護について争うつもりはないですけどね。

    参考になった!

    1人が参考にしています

  • 好きなのだから仕様がない

    投稿日:2009年3月25日

    好きなのだから仕様がないホテル浦島

    オンセンホリデーさん


    評価 星0つ - 点

    3月7日にまた行っちゃいました。
    今回は春らんまんプランの日昇館・朝食付、二人泊で土曜だったので通常より2100円高い一人9975円。ここもオーシャンビューですが、山上館が眼下に大海原を一望できるのに対し、こちらは左右の眺めが一部崖で切り取られているといった按配でした。
    私のここのお気に入りは玄武洞なんですが、湯船の中にある源泉を汲み上げるポンプ、以前は勢いよく湯がドバドバと噴き出ていたのに今回も3ヶ月前と同じく、湯がチョロチョロとしか出ていなくて物足りなさを感じました。女性用の方からはポンプの音も聞こえていて、奥さんに聞くと湯が威勢よく出ていたそうで、浦島さん、男性用の方は故障してるんですかねぇ。
    ここに泊まる時は夕食はいつも勝浦の町中に行って旨いもんを食べるようにしてるんですが、この日は野球のWBC韓国戦のテレビ中継を見たかったので、手早く済ませるため館内の回転寿司にしたんですが、これは失敗(苦笑)。安いので次々と皿を取って腹を満たすことはできたんですが、お味の方は…。
    それでも、館内の湯船巡りは楽しく、土産屋も大型ホテルゆえ充実しており、土産物をあれこれと吟味するのも一興です。ホテルの桟橋からは紀の松島めぐりのフェリーも出ていて、チェックアウト後はこれに乗ってみました。鯨の博物館の鯨のショーなんかおもしろかってですネ。
    勝浦にはここ意外にも名湯秘湯が目白押しのようですが、私の場合はそれらにはまだ入ったことがなく、もっぱら浦島オンリーです。その訳を、今年生誕100年となった太宰の佳作、ダス・ゲマイネから引用してクチコミを終えようと思います。“好きなのだから仕様がないという嗄れた呟きが、私の思想の全部であった。”

    (彼女と行ってみたさん、私の湯の峯荘のクチコミにコメントとお祝いの言葉を頂き、ありがとうございました)

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 源泉数

    投稿日:2009年1月25日

    源泉数ホテル浦島

    湯巡り三昧さん


    評価 星0つ - 点

    ホテル浦島のフロントの係の方に源泉数を質問すると24本との回答だったので、下のクチコミで源泉数を24本と書きましたが、いくらなんでも多すぎるのでは?と疑問に思いましたので電話で再度確認してみたところ源泉数は19本との回答でした。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • けた外れの温泉力

    投稿日:2008年12月11日

    けた外れの温泉力ホテル浦島

    湯巡り三昧さん


    評価 星5つ5.0点

    ホテル浦島はまだ湯巡りをする前に一度宿泊で利用した事がありました。当時はまだ温泉に興味のなかった私にでさえ強く印象に残るほどの個性の強い硫黄泉でありましたので、是非再訪したいと思っておりました。
    入浴できる浴場は前回は六つでしたが、山上館専用であった「天海の湯」にも入れるようになっていました。
    七つの浴場に21の浴槽(男性用)があり、24の源泉から温泉が供給されるという圧倒的なスケールでありながら、各浴槽ごとに少しづつ泉質が異なっていて温泉巡りを楽しめます。泉質は大きく分けると白濁の湯・緑がかった白濁の湯・透明に近いくらい薄い白濁で湯の花たっぷりの湯・薄い緑で透明の湯の4種類があり、どの湯も浴感は特徴が薄いが、硫黄泉らしく強い硫黄の匂いと塩味+苦味+たまご味のすばらしい湯でした。
    旅館の風情や食事やサービスなど温泉以外を重視する方にはお薦めしませんが、温泉を目当てに行くのであれば関西ではここに勝る所はないと思われます。私の訪れた温泉の中では白骨温泉泡の湯旅館(長野県)とホテル祖谷温泉(徳島県)に続いて三つ目の評価の星を六つ付けたいと思える極上の温泉です。
    ※画像は本館5階客室の眺望です。

    ①忘帰洞
    大きな洞窟の中に五つの浴槽があり洞窟の外は海で太平洋の迫力ある荒波を見ながら入浴できます。五つの浴槽は全て白濁の湯でありますが、濁りの濃さは各浴槽ごとに少しづつ異なっており、透明度20cmの濃い白濁から透明に近い薄い白濁までいろいろな濃さの浴槽がありました。湯の花は濃い灰色の大きな湯の花が少し舞っていました。洞窟と海と白濁の湯の調和がすばらしく、深い感動に包まれます。ホテル浦島に来たなら絶対にはずせない浴場です。

    ②滝の湯
    浴槽は内湯2つと露天2つで、計4つあります。内湯では壁の岩組みからまるで滝のように源泉が注ぎ込まれていました。湯は透明度20㎝の白濁でした。

    ③玄武洞
    ここも洞窟内の温泉です。忘帰洞に比べると小規模であるが洞窟内壁が天然の岩肌なのが良い。浴槽は2つあり、海側の浴槽は夜に入浴した時は透明の湯であったが、翌朝に入浴した時は緑色+白濁の大変美しい色になっていました。時間の経過に伴って湯の熟成が進むという天然温泉の不思議を体験できました。湯の温度はややぬる目でした。奥の浴槽は透明度20㎝の白濁の湯で、浴槽から大量の湯がざばざば溢れていて気持ち良かった。白い湯の花が少し舞っています。湯温は適温です。

    ④磯の湯
    内湯のみで浴槽は2つです。手前の浴槽は薄い緑色で透明の湯です。硫黄泉には2種類あり、遊離硫化水素の白濁の湯(硫化水素型)と硫化水素イオンの緑色で透明な湯(単純硫黄型)がありますが、手前の浴槽は後者であります。白い湯の花が少し舞っていました。隣の白濁りの浴槽と比べると硫黄臭はやや弱く、味覚は苦味が強かった。手前の浴槽は適温であるが奥の白濁の湯はややぬる目でした。

    ⑤狼煙の湯
    露天のみ浴槽2つ。山の頂にある為眺望がとても良い。ここは絶対に明るい時間に入るべきです。岩風呂は底が透けて見える薄い白濁で、白く細かい湯の花と黒く大きな湯の花が多量に舞っていました。まさに大乱舞といった感じであり、これほどの湯の花はなかなかみれません。湯の花好きの方には必須の一湯です。木の浴槽は透明度20㎝の白濁湯です。

    ⑥なぎさ元湯
    露天のみで、主浴槽1つと4つの樽風呂があります。主浴槽と樽風呂の1つは透明度20㎝の白濁湯です。樽風呂3つは緑色がかった白濁湯(透明度20㎝)です。玄武洞の海側の浴槽よりは薄い緑色でした。勝浦港側の景色が見渡せます。

    ⑦天海の湯
    昔は「山上館」の宿泊者専用であったが、今は誰でも入浴できます。内湯1つのみの浴槽には底が透けて見える程度の薄い白濁の湯が張られており、白と黒の細かい湯の花が舞っていました。

    参考になった!

    1人が参考にしています

  • 日常使い的に

    投稿日:2008年12月9日

    日常使い的にホテル浦島

    オンセンホリデーさん


    評価 星0つ - 点

    休みがあるけど旅行に行ったばかりなのでお金をセーブしたい、けど、どこか日帰り入浴するだけでは物足りない、そんな私のニーズに応えてくれたのが浦島です。12月5日に一泊してきました。今回は一人だったので気張らずに“温泉&保養プラン・本館山側シングル・朝食付”にしました。これで入湯税込み6660円です。部屋は夏に利用した山上館と比べると若干古いものの都心のビジネスホテルなんかよりは広々としており、ベッドもシングルサイズのものが二つありました。夕飯は例によって町中の食堂ですませました。おのみの造り、マウ~!でした。
    さて、温泉。今回で3度目ですが、いままで入らなかった「なぎさ元湯」にチェックイン後まず行きました。神社があって、その建物の一階部分が温泉になっていました。浴槽の他に大小の樽が四つあり、深さもそれぞれ違っていましたが、私が寛げたのは60cmと表示のあった樽。この深さだと腰を下ろすとちょうど肩の深さになるんですよねぇ。熱すぎずも冷たすぎずもない白濁した硫黄泉に身を浸していると、囲いの向こうに港の様子が見え、とんびの声も聞こえてき、長閑な気分になれました。
    インタバルをおいて次に行ったのが「滝の湯」。ここも初めてでした。内湯にはごつい岩があってそこから湯が滝のように出ているのですが、若干古びた感じで、そこよりも露天(景観はナシ)エリアの方が気に入りました。浴槽が二つあり、人一人が入れるマスの水風呂もあり、火照った体を冷ますのに何度かザブンとつかりました。
    次が「磯の湯」。ここは内湯のみ、浴槽が二つだけと小ぶりなんですが、奥の浴槽はぬる湯で、ぬるい湯につかっていると副交感神経が働きだして眠くなってくる、と言った旨の表示があり、眠りはしなかったものの、けっこう長い時間つかっていました。
    翌朝5時のオープンの時間になって行ったのが「玄武洞」。ここは湯船のなかに源泉を汲み上げるポンプがあって、そこからゴボゴボと湯が出てき、ジャバジャバと湯がオーバーフローして一番のお気に入りだったのですが、この日は湯の出の勢いがあまりなく、よってオーバーフローの量も少なく残念に思いました。また、前回水風呂だった海側の浴槽、今回は硫黄泉のぬる湯が張られていました。
    朝9時過ぎに訪れたのが「忘帰洞」。この時間になるとホテルで一番の人気のここもガラガラ。湯船につかってのんびりと洞窟に響く波の音に聞き入っていました。
    ホテル浦島、確かに団体客は多いんですがホテルが広大なので混雑感はありません。長い廊下をホテル備え付けの草履をペタンペタンと鳴らしながら歩くのも一興。豪快さと開放感が他の追随を許さないといった点で私はここが好きです。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 得々メール

    投稿日:2008年12月1日

    得々メールホテル浦島

    湯巡り三昧さん


    評価 星0つ - 点

    ホテル浦島のメール会員に登録していたので、会員限定の大変格安でお得な宿泊プランの「得々メール」が届きました。
    一泊二食付きで6,500円(本館)でした。通常価格が12,600円なので約半額という激安ぶりです。この安さについ飛びついてしまい予約をいれました。
    会員になるにはホテル浦島のHPでだれでも無料でできます。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 今年3度目の訪問

    投稿日:2008年8月25日

    今年3度目の訪問ホテル浦島

    あびびびさん


    評価 星5つ5.0点

    最近は洗練された宿より、周囲の環境が良く、寛げる宿に魅力を感じるようになった。7月は乗鞍高原温泉に2度、そして浦島は今年3度目である。その間、温泉通が喜ぶ名旅館に何度も行ったが、乗鞍、浦島の開放感が数段上回った。

    乗鞍は九千円、そして今回の浦島は八千円の宿泊代で、費用も名旅館の半分以下で済む。この浦島は朝食付きの設定で、夜は町の居酒屋に出掛けたが、自分の好きな食材ばかりを食べて超満足。

    今回の部屋は「なぎさ館」で、7階の角部屋、12畳の和室に5、6畳の応接間があり、とても八千円レベルの部屋ではない。食事のあとは勝浦湾の夜景を見ながらゆっくり寛いだ。もちろんその間に、透明、白濁、薄緑と3種類のの硫黄泉を楽しんでほっこり。

    夏休みということで今回もたくさんのお客さんで館内は込み合っていたが、風呂の数が多く、さほど気にならない。要は自分のペースで過ごせばいいだけの話で、それだけの環境と容量はある。

    今回は2泊し、レンタサイクルでゆりの山温泉など、町内の温泉施設をはしごして、温泉三昧の夏を過ごした。
    今回も5点満点は仕方がない。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 寛げる宿

    投稿日:2008年8月10日

    寛げる宿ホテル浦島

    南紀大好きさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    ここに来るときは開放感を求めてです。
    素晴らしい眺めに、源泉掛け流しの硫黄泉、そして駅周辺で食べる海の幸(子供同伴の時はホテルのバイキング、今回は朝食つき)、那智の浜は日本有数の特選ビーチ、さらに那智の滝、熊野古道と、周囲の環境も抜群です。

    特にこのホテルは館内が広く、開放感にあふれています。
    今回は日昇館・和室設定(@9000円)でしたが、部屋は12畳に3畳の着替え間付き、太平洋の荒波が岩礁に砕ける様を眼下に見ながらの二泊は本当に伸び伸びと過ごせました。

    大型ホテルでフロントなど、たくさんのお客さんで騒々しいですが、入浴施設は多く、いちいち気にはなりません。

    今年2回目ですが、夏は南紀周遊券(特急含め乗り放題で大阪から8000円と格安)もあり、利用しない手はありませんね。

    大型ホテルはどうも…という方の気持ちも分かりますが、老舗宿はリラックスできない自分にとってはオアシスです。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • B&B洋室プラン・山上館(朝食付)

    投稿日:2008年6月2日

    B&B洋室プラン・山上館(朝食付)ホテル浦島

    オンセンホリデーさん


    評価 星0つ - 点

    1年振りに再訪してきました。
    ホテルに一歩入るや硫黄臭のお出迎え、いいですね。
    前回は立ち寄りでゆっくりできなかったので、今回は上記のプランで宿泊してきました。
    部屋は広く、窓からは眼下に太平洋が見渡せ、ベッドはlovuhoサイズ(笑)のように大きく、これで平日1泊2名一人9600円です。
    忘帰洞も色々と湯船があっていいんですが、私は玄武洞の方がお気に入りです。
    こちらの湯船のなかには源泉を汲み上げる機械があって、ゴボゴボと音を立てながら白濁した湯が噴き出ています。壁側からも湯が流れ出ていて、こちらは湯船の広さと湯量の多さから循環湯かなとも思えるんですが(間違っていたらゴメンなさい)、そんなことはあまり気にならないぐらい洞窟の雰囲気がいいんです。体が熱くなれば、海側の冷水の湯船でクールダウンもできますし。
    山上館宿泊客専用の浴場は、上記忘帰洞や玄武洞が良すぎるだけに凡庸な感じがしました。
    朝食のみのプランにしたのは、夜は町に出て食べ歩きを楽しみたかったからです。鮪や鯨の握り寿司、おいしかったなぁ。
    慌しい日常のなかの小旅行でしたが十分楽しめました。また来たいと思います。
    (写真は港からホテルに渡る船です。可愛いでしょ)

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 抜群の開放感

    投稿日:2008年5月27日

    抜群の開放感ホテル浦島

    浦島太郎さん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    いつ行ってもいいですが、特に初夏から夏にかけてが最高。お薦めは磯の湯と玄武洞。さらになぎさの湯も強い硫黄の香おりが鼻腔に刺激的で源泉の力強さを感じさせてくれます。

    団体客が多いとか、食事がダメとか、そんなことはどちらでもよろしい。それを十分にカバーできる広い空間がある。それにコストパフォーマンスも抜群だし、私はなんの不満もありません。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 湯めぐり三昧☆

    投稿日:2008年4月9日

    湯めぐり三昧☆ホテル浦島

    ゆずこさん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

    はっきりいってホテル浦島全体は広いです。
    あちこち湯めぐりできるのでファミリー向けですが年配の方向けではあまりないように思われます。

    忘帰洞が一番素敵。海が見えて美しいです。
    一度は行かれることをおすすめします。

    本館は古めなのでおすすめはそれ以外。山上館が一番いいですがエレベーターで上がっていかないといけないので湯めぐりをするのに多少遠くていいならいいと思います♪

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 家族旅行

    投稿日:2008年3月31日

    家族旅行ホテル浦島

    あいちさん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

    1泊でしたが お天気も良く 楽しめました。 
    バイキングは あまり期待しなかったせいか 
    普通に 美味しかったです。海老のてんぷらも煮物も 温かく
    美味しかったです。 デザートも 充分にあり 子供も 満足
    していました。
     
    朝、温泉に入りながら 初めて地平線から 日の出を見て 本当に
    感動しました。 (事前に携帯で日の出時刻を 調べました)
    忘帰洞(男女入れ替え制)奥のお風呂で 見えました。
     
    お部屋も布団も 綺麗でしたが 1つ 残念だったのは 部屋の
    窓ガラスが 汚く 拭いてみたら 真っ黒でした。

    あとは 満足できる ホテルでした。
    帰りは 世界遺産熊野古道・那智の滝を みて 帰ってきました。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 格安団体ツアー専門?

    投稿日:2008年2月26日

    格安団体ツアー専門?ホテル浦島

    よっ子さん ゲスト


    評価 星2つ2.0点

    温泉めぐりを主体に泊まるなら6つの趣異なる湯に浸かり満足いく宿だと思います。
    でもただそれだけですね。
    船からは次から次へと団体さんが雪崩のように下りてきて、フロアーはお祭り騒ぎのような異様な雰囲気で興ざめします。
    そして夕食のバイキングはきっと冷凍食品を使っているだろうなと思うほどマズイ!
    人の味覚はそれぞれですから、料理の評価もそれぞれだと思いますが、私たちのグループの一人が「まずいね~ガッカリだわ」と言ったのをきっかけに「まずい~」コールがおきました。
    そして混む時間帯に行くと料理を取るための列が出来、まるでアリが群がるようでガッカリします。
    お金を出して山上館に泊まれば、こんな嫌な思いをしないですむのでしょうね。
    予約する時は大型ホテルで団体客が多いということを頭に入れて申し込むことをお勧めします。

    参考になった!

    1人が参考にしています

  • 環境◎ 生かし方△

    投稿日:2008年2月24日

    環境◎ 生かし方△ホテル浦島

    ゆったり温泉さん


    評価 星3つ3.0点

     お風呂は海が目の前の洞窟風呂。ちょっと白濁の硫黄泉。雰囲気は◎、湯温はちと熱い。じっくり浸かっているのは躰に悪い。
     お宿の雰囲気は団体客が多い所為か雑然とした様子。食事はバイキングで自分の好きなものを摂る。でも新味が無いメニュー。
     工夫すればもっと面白いのになぁ。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 開放感、爽快感

    投稿日:2008年2月23日

    開放感、爽快感ホテル浦島

    源泉一番さん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    毎年2、3回は訪れています。
    特に夏は全国トップクラスの那智海水浴場も視野に
    入れて、三泊ぐらいします。
    安くて、源泉掛け流しの風呂が多数あり、
    誰にも気兼ねせず過ごせる開放感、爽快感に
    浸っています。

    これだけの奇観、設備、安価なら外国からの訪問者も
    多いでしょう。でもその人たちも、お国に帰って
    「凄くいい温泉がある」って話題になっているでしょうな。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 外国人ばかり

    投稿日:2008年2月11日

    外国人ばかりホテル浦島

    宿泊客さん ゲスト


    評価 星3つ3.0点

    泊まったのが2月8日の金曜日。客のほとんどが中国?韓国?からの団体客でした。ハングル語だか中国語だか?訳のわからない言葉(騒音)で館内が騒々しかったです。まるで海外にいるような気分でした。翌日団体さんは8時頃大きな荷物を一杯抱え、関空へと帰っていきました。そのあとの館内の静かなこと。忘帰洞も玄武洞も昨日の喧騒がうそみたいに静まり返っていました。10時まで静かな硫黄風呂を楽しめました。

    参考になった!

    1人が参考にしています

  • 日帰りではきつい

    投稿日:2008年2月11日

    日帰りではきついホテル浦島

    いいいいいよさん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

    全部で7ヶ所の浴場があり、全部はしご湯するのに3時間程度はかかります。駐車場は宿泊者以外利用できないし、桟橋周辺は駐車場が少ないようだ。渡船の時間などもかかり日帰り入浴で全部廻るのはきつい。ここの風呂に入るなら宿泊以外ないと思います。一番安い洋室の素泊まりで5,715円、2食付だと13,000円くらい。コンビニかスーパーで食料を買い込んで素泊まりが安くあがる。まあこのホテルでそういうケチったことをするお客さんはまず居ないでしょうけど。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 本物の温泉施設

    投稿日:2008年2月9日

    本物の温泉施設ホテル浦島

    和歌山大好きさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    全国温泉めぐりをしていますが、こんな開放感のある温泉施設はありません。日昇館プラン(朝食つき・@8500円)を利用したのですが、部屋は広いし、太平洋の眺望は抜群だし、温泉はいいし、もう最高です。

    館内に七つか八つある入浴施設のうち三ヶ所が日昇館の近くにあるのですが、玄武洞、磯の湯、なぎさの湯といずれも文句なしの温泉で、特に硫黄泉の白濁と透明湯の二つの湯が楽しめる磯の湯は館内一ですね。玄武同の掛け流しの湯も秀逸で、この二箇所で充足感に満ち溢れます。

    外国の方とか、けっこう団体客も多いですが、三千人収容の大型ホテルで並外れた敷地の広さ、それにほとんどが「忘帰洞」目当てで風呂が混雑することは滅多にありません。

    食事や従業員の対応(悪くないですが)が気になる方は別ですが、本当に温泉が好きなら絶対満足するのではないかと思っています。
    今度は夏に3泊くらいで行こうとプランを立てています。

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 最高でしょ!

    投稿日:2008年1月30日

    最高でしょ!ホテル浦島

    浦島太郎さん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    先日も行ってきました。最近パチモン日帰り温泉が多い中、ここは本物の温泉ですねぇ。近畿では最高クラスでしょう。自宅から車で6時間かけて毎年行っていますが飽きの来ない温泉と言えるでしょう。来年もまた行きたいなぁ。旅館、食事などは二の次。温泉好きなら満足間違いなし。だまされたと思って浦島の忘帰洞に行くべし!

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 文句なしの施設

    投稿日:2008年1月29日

    文句なしの施設ホテル浦島

    源泉命さん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    自分の感覚から言えば、温泉好きの方がここの施設で4点以下ということは考えられない。食事?マナー?そんなことはほっといて、ただひたすら温泉に浸かりなさい。源泉パワーを堪能して、地球のパワーをもらいなさい、そう言いたくなる。

    食事やら、応対やら求めるなら他に高級旅館が一杯あるでしょう。その分安いじゃないですか。

    参考になった!

    0人が参考にしています

97件中 41件~60件を表示

前へ  1 2 3 4 5  次へ


このエリアの週間ランキング

  • かつらぎ温泉 八風の湯(はっぷうのゆ)

    かつらぎ温泉 八風の湯(はっぷうのゆ)

    和歌山県 / 高野

    クーポン 宿泊 日帰り
  • ふくろうの湯

    ふくろうの湯

    和歌山県 / 和歌山

    クーポン 日帰り
  • 紀州温泉ありがとうの湯 漁火の宿シーサイド 観潮(かんちょう)

    紀州温泉ありがとうの湯 漁火の宿シーサイド 観潮(かんちょう)

    和歌山県 / 和歌山

    クーポン 宿泊 日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる