本文へジャンプします。

郷の湯旅館の口コミ情報一覧

糖の燃焼と吸収をサポートする血糖値対策サプリ「糖ダウン」

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

大分県 郷の湯旅館

宿泊

評価 4 4.9点 / 9件

場所大分県/長湯

お湯 4 4.9点

施設 3 3.7点

サービス 4 4.4点

飲食 0  - 点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2020年2月10日

9件中 1件~9件を表示

前へ  1  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • こってり分厚い析出物

    投稿日:2020年2月10日

    こってり分厚い析出物郷の湯旅館

    きくりんさん 、性別:男性 、年代:50代~


    評価 星5つ5.0点

    長湯温泉を流れる芹川の上流、県道30号線を千寿温泉より先に進んで、看板を目印に左折。里山風景が広がる細い道を進んだ先に佇む、瓦屋根の趣きのある湯宿。また、九州温泉道の対象施設でもあります。平日の午前中に、日帰り入浴してみました。

    入浴料500円は、左手の母屋の玄関で御主人へ。母屋を出て右手に行くと、大きな門の下右側に浴室棟入口があります。浴室は男女入れ替わるようですが、家族湯の前を通って突き当たりの浴室が、この日は男湯でした。

    棚だけの脱衣場には、ドライヤーも完備。湯気抜きのある高い天井の浴室に入ると、カランのある洗い場はありません。かけ湯を十分して、いざ入浴。

    左側に、5人サイズの石造りだか木造りだか分からないほど析出物で覆われた内湯があり、うっすら黄褐色がかった透明のマグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉(源泉名: 有限会社 郷の湯旅館)が、源泉かけ流しにされています。泉温51.0℃を、加水・加温せず42℃強位で供給。PH8.6で、肌がスベスベする浴感です。循環・消毒なし。歩くと、底に溜まった粉場の湯の花が舞い上がります。湯面には、油膜のような湯の花も浮遊。湯口の湯を口に含むと、鉄臭がして苦しょっぱいです。窓から、小川と里山の景色。ずっと貸切状態で、まったりできました。

    これだけ温泉成分の析出物が付着した湯舟は、なかなか見れないなぁと感動もひとしお。温泉ファンには、一度は訪れて欲しい湯処ですね。

    主な成分: リチウムイオン0.9mg、ナトリウムイオン486.0mg、アンモニウムイオン1.4mg、マグネシウムイオン310.0mg、カルシウムイオン197.0mg、マンガンイオン0.5mg、鉄(II)イオン3.7mg、フッ化物イオン0.4mg、塩化物イオン240.0mg、ヨウ化物イオン0.7mg、硫化物イオン0.2mg、硫酸イオン453.2mg、炭酸水素イオン2760.0mg、メタケイ酸235.0mg、メタホウ酸10.3mg、メタ亜ヒ酸0.1mg、遊離炭酸792.0mg、成分総計5.573g

    参考になった!

    23人が参考にしています

  • 本当はクチコミに投稿したくないほど感動…

    投稿日:2017年10月10日

    本当はクチコミに投稿したくないほど感動…郷の湯旅館

    buchibuchi22さん ゲスト 、性別:男性 、年代:40代


    評価 星5つ5.0点

    本当はクチコミに投稿したくないほど感動させていただいた湯でした クチコミが少ないから不安などという文をよく見ますが他人の意見で判断する方は行かないで下さい 湯守りさま (ご主人? オーナー? 支配人?社長様?) のヒトを選ばない誰からも好まれる人柄の良さがココの析出物と同様溢れかえっています。いろんな所のお湯を熟知されており良いところ またオススメの温泉を丁寧に教えてくれました 決して けなしたり悪口も口にされません
    年に2回 大分の温泉に25年伺っていますがご主人にオススメの湯を教わるのは初めてです
    次回はそこに寄ろうと思います。

    ただ単に ”行ってきました 食べてきました”など自慢したい投稿は遠慮して頂きたい 場所ですね😉

    参考になった!

    13人が参考にしています

  • 立ち寄り湯にてお邪魔しました。

    投稿日:2014年12月31日

    立ち寄り湯にてお邪魔しました。郷の湯旅館 感想

    西播のホーリーさん


    評価 星4つ4.0点

    県道脇の看板からクネクネと母屋を見下ろす感じで辿り着きます。

    日帰り湯は手前の駐車場に車を停め少し歩きます。

    母家にてご主人に立ち寄り湯の旨伝えると、手前のこじんまりした湯場に案内されました。

    思ったより小ぶりでお湯の成分が厚く付着した湯船に貸し切りとなりました。
    四人オーバーは窮屈感がありそうなので、よかったです。

    長湯特有の例の色した濁り湯、個人的には少し離れた七里田木の葉の湯に近いような感じでしたか。

    入浴後、ご主人とも雑談しましたが、こちらも源泉掛け流しのお湯を大切にされているなあと感じました。

    参考になった!

    11人が参考にしています

  • 師匠の湯

    投稿日:2013年8月29日

    師匠の湯郷の湯旅館 感想

    みゆさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    水神之森入湯後長湯最後の温泉へ。八十八湯めぐりのパンフレットに載ってたので期待しました。建物は手作り感抜群。秘湯ぽいです。オーナーさんは皆さんが言うとおりお客さんとお喋り好きな人ですね!早速服を脱ぎ戸を開けて足を踏み出したらもうそこから析出物が足にざらざら付いてきてうわぁ~なんじゃこれ!テンション上がりました。クリーム色の湯船の底からクリーム色の粉??みたいなのが沢山出てきて肌触りはしっとりで少しだけヌルっとする感じ。うわ~気持ちいい~けっこう熱めだけど良かった!木で作ってある小さめの椅子がお湯の成分がこびりつき過ぎてけっこう重い。床もクリーム色でこびりつき過ぎ。貸し切り状態で楽しめました。オーナーさんの手書きの入浴方法も良い感じ!上がるとオーナーさんは、どうやったか?私 かなり良かったです!テンション上がりました!オーナーさん これが本当の源泉や!! はっっはい! 師匠と弟子みたいな会話になり私の方がありがとうございました!!って感じです!本当また来たいです!覚えてくれてたら嬉しいなあ。

    参考になった!

    10人が参考にしています

  • 話好きのご主人!

    投稿日:2011年7月17日

    話好きのご主人!郷の湯旅館 感想

    温泉レスラーさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    平日の午前中に立ち寄り湯でお邪魔しました。

    お風呂30分・世間話90分!どちらがメインか分かりませんが?楽しいひと時でした!そして、ご主人も結構な温泉好きでして、いろいろな情報を頂きまして大変勉強になりました。


    さて、お風呂ですが手作り感ある木造りの湯小屋で、素朴な印象でした。お湯は薄い黄褐色で上面は澄んでいまして、かなり新鮮な印象でした。香りはほのかに金気臭・湯温は41~42度ぐらいと適温!飲泉可能な源泉が掛け流しで味わえます。

    私的には、もちろん温泉も良かったですが、ご主人との世間話も非常に楽しくて、良い旅の思い出になりました。


    参考になった!

    8人が参考にしています

  • ホスピタリティな温泉宿

    投稿日:2011年3月1日

    ホスピタリティな温泉宿 郷の湯旅館 感想

    愛裸舞硫黄泉さん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    事前連絡なしで、たまたま入浴できラッキーでした。 めちゃめちゃ優しくて親切でお話し上手な宿主さんと手作り風宿に、これでもかと言わんばかりの温泉析出物、驚きがたくさんでした(^^)今回の湯巡りで伺った二軒の長湯温泉の宿は宿主のホスピタリティがビンビン感じられ良い出会いがあり、心身ともにリフレッシュできました。また行きたいと思います。

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • すんごい湯!すんごいおやじ!

    投稿日:2010年8月4日

    すんごい湯!すんごいおやじ!郷の湯旅館 感想

    彼女と行ってみたさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    彼女と行ってみた。

    次の宿チェックインまで時間がありましたので、
    周辺で日帰りする為に・・・ 近辺にたくさんある温泉の中でここを選んだ理由は温泉博士という雑誌に掲載されている広告を読んだからです。
    湯の表面に成分膜が出きタイミングがいいと「バリバリ割って入る・・」らしい。
    そして到着。貸切露天2,500円を選びました。
    通常浴槽は500円と書いていた。
    貸切は超バラック的な建物。しかし敷地内にはきちんとした入浴棟らしき建物もあります。おやじさんへお金を支払いへバラックへ・・
    浴槽を見ると緑色に濁っており入湯してみると湯底から白い湯の華が舞い上がり白緑色の湯になった!
    ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩泉
    分析表も掲示されていました。

    この浴槽から立ち上げると水田が目の前に見え稲穂も伸びていた♪
    熱い湯を木枠を使いうまく温度調整している。

    そして驚いたのは元々は丸石を積んで作ったであろう浴槽には硬い析出物がお約束通りびっしりへばりついているのですが、まだ固まる前の柔らかい析出物がたくさんあり、手で取ることができました。
    そしておじさんへ温泉が大好きであることを告げると話が盛り上がり
    大分の秘密温泉情報等をたくさん教えていただいた!この情報が素晴らしく多分世の中にあまり知られていないであろう内容であった・・・
    クチコミが広がることを恐れ看板を外したという共同湯など。。。

    ここは、
    湯がものすごい! おやじさんも素晴らしい!
    温泉について信念をもっているおやじだ

    ただ、この貸切建物2,500円はちと高い。今度は通常の500円に入ってみたい。

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • 湯の氷?!を割って入る温泉

    投稿日:2008年11月22日

    湯の氷?!を割って入る温泉郷の湯旅館

    ぐらむさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    クチコミも少ないから入るのがとても心配だった温泉です。
    実際なんとな~く怪しい雰囲気の温泉なんですよね。
    お風呂の脱衣所は手作りっぽかったし…。

    だけど温泉はすごいの一言!!
    湯の花って言うと普通は舞ってる感じがありますが
    ここのは結晶化して露天の湯面を膜と言うか薄氷状態で覆ってたんです。
    いくら成分が濃くてもここまでの状態は初めてでメチャ感動!!
    一番風呂の特権で割りながら温泉に入りました♪

    しかも聞くところによると毎回出来る訳では無いとの事。
    ほんと温泉って生き物なんだなぁ…。
    この湯の氷がはってあるのは下側の湯船で
    上側の湯船は源泉掛け流しなので熱かったです。

    【公式サイト】
    http://www.mirakuru.jp/satonoyu/

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • 長湯上流の一軒宿

    投稿日:2006年11月11日

    長湯上流の一軒宿郷の湯旅館

    ごんごんさん


    評価 星5つ5.0点

    ラムネ温泉に入る前にどこかで洗いをすませたかったので雑誌「温泉博士」に掲載されていたこちらなら間違いないと思いチョイスしました。

     建物はなんとなく手作り感が漂う豪快な感じ。車を停めるとキャラの立ったご主人が出てこられました。「どうやってうちをご存じになりました?うちのお湯はいいですよ。」お湯にはとっても思い入れがあるようで、更に期待が高まります。

     この日はさとの湯が女湯。浴室に入ってびっくり。細かな砂のような析出物が床一面を覆っていてまるで砂場のよう。緑がかった茶色のお湯は51.8度の源泉の掛け流し。ラムネ温泉のような鉄臭は有りませんが、代わりに新鮮な土の香りが漂います。2つある露天風呂の内1つは空でしたが、もう一方には「ゆっくりと楽しんで貰いたいから」というご主人の気遣いからぬるめのお湯が張られていました。屋外にある分、お湯の匂いが判りづらいのが残念でしたが、綺麗な空気を胸一杯に吸いながらぬる湯をゆったり楽しむのは清々しく気持ちよかったです。

     三連休の初日だというのに貸し切り状態だったので湯船のお湯を洗髪に利用しましたがこれは失敗。髪の毛がゴワゴワになってしまいました(次の日に普通にシャンプーすると元に戻ります)。欲をかかずに素直にカランを使うのが正解です。

     女湯では確認出来ませんでしたが、男湯露天には湯の花が石膏の板状になって浮いていたそうです。メンテナンスには大変ご苦労があるかと思うのですが、ご主人はそんなことを微塵も感じさせない明るい方で、温泉に情熱とプライドを持っていらっしゃることがひしひしと伝わってきました。

     ぬる湯なのに湯上がりは体がぽかぽか。ご主人のお人柄にも惹かれるので、是非再訪したいと思います。

    参考になった!

    5人が参考にしています

9件中 1件~9件を表示

前へ  1  次へ


このエリアの週間ランキング

  • 琴ひら温泉 ゆめ山水

    琴ひら温泉 ゆめ山水

    大分県 / 日田

    日帰り
  • シティスパ てんくう

    シティスパ てんくう

    大分県 / 大分周辺

    日帰り
  • ゆの杜 竹泉(たけせん)

    ゆの杜 竹泉(たけせん)

    大分県 / 湯布院周辺

    クーポン 日帰り

Webでの集客なら

ニフティ温泉を使って手軽に集客!成果報酬型クーポン『ぬくぬく~ぽん』

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる