本文へジャンプします。

小宿 YAMADAYA(旧 山田屋旅館)の口コミ情報まるで薬湯のよう

ランキング受賞施設の招待券が当たる!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

大分県 小宿 YAMADAYA(旧 山田屋旅館)

宿泊

評価 4 4.7点 / 11件

場所大分県/別府周辺

お湯 4 4.7点

施設 3 3.4点

サービス 4 4.0点

飲食 4 4.4点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする

口コミ詳細

  • まるで薬湯のよう

    投稿日:2012年1月7日

    まるで薬湯のよう 小宿 YAMADAYA(旧 山田屋旅館) 感想

    練馬春日町さん ゲスト [入浴日: 2011年12月25日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ここは宿が強酸性の緑礬の湯をウリとしているのでどうしても入っておきたい湯だったが、過去に立ち寄り湯をお願いしたところ、宿泊客のみと断られていたので、次に別府に行ったときは泊まるつもりだった。また、すぐ近くの鶴寿泉の湯ともかなり違うというのも非常に興味のある点だった。

    宿はもともとは湯治宿だったように見える建てつけだが、中に入ると洒落たかんじに改装されており、清潔に保たれている。宿泊する棟に客が入る風呂はなく、道はさんで向かいに地下構造の湯小屋がある。前の更地には小さなボッケのような噴気口があり、なかなかいい雰囲気。朝食時にはそこで蒸された温泉卵が出てくる。

    宿に着いて早速風呂に入ってみた。湯小屋内の急な階段の下に風呂はある。昔は一つの浴槽であったと思われるが今は真ん中で仕切られており、2組が別々に同じ浴槽に入れるようになっている。

    聞いてはいたが確かに塚原温泉の湯に似ている。PH1.7とのことで目に入れば滲みる。味は強烈な酸味に加え独特の苦味もあり、いかにも効きそうな薬湯のようだ。鶴寿泉の湯もすばらしいが、ここの湯はそれよりも強い印象を受けた。緑灰色の濁り湯を想像していたが、濁り湯ではなく、透明なお湯。湯溜めのところに青みがかった黄色い硫黄成分が固着しており、浴槽の底にも顆粒状の湯の花が少量ながら沈殿している。非常に気に入ったので、滞在中は5、6回は入っただろうか。入りすぎて指紋が削られてしまったようだ。

    ここに泊まる前は鉄輪の貸間で地獄蒸しばかりだったせいもあるが、宿の料理はなかなか凝っていて美味であった。その料理となかなか個性の強い酸性湯に繰り返し入ることを考えるとコストパフォーマンスは高いように思う。

    参考になった!

    12人が参考にしています

「 小宿 YAMADAYA(旧 山田屋旅館) 」 の口コミ一覧に戻る

このエリアの週間ランキング

  • 琴ひら温泉 ゆめ山水

    琴ひら温泉 ゆめ山水

    大分県 / 日田

    日帰り
  • 鉱泥温泉(こうでいおんせん)

    鉱泥温泉(こうでいおんせん)

    大分県 / 別府周辺 / 明礬温泉

    日帰り
  • シティスパ てんくう

    シティスパ てんくう

    大分県 / 大分周辺

    日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる