本文へジャンプします。

由布院温泉 おやど開花亭の口コミ情報一覧

スタンプを集めてプレゼントをもらおう

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

大分県 由布院温泉 おやど開花亭

宿泊

評価 4 4.5点 / 4件

場所大分県/湯布院周辺

お湯 4 4.0点

施設 5 5.0点

サービス 5 5.0点

飲食 5 5.0点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2014年10月29日

4件中 1件~4件を表示

前へ  1  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 画像追加

    投稿日:2014年10月29日

    画像追加由布院温泉 おやど開花亭 施設情報

    湯巡り三昧さん


    評価 星0つ - 点

    左上:部屋付きの内湯
    右上:部屋付きの露天
    左下:部屋付きの露天に浸かった姿勢で見える小さな庭
    右下:貸切風呂(露天のみ)

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • 画像追加

    投稿日:2014年10月29日

    画像追加由布院温泉 おやど開花亭 施設情報

    湯巡り三昧さん


    評価 星0つ - 点

    左上:雰囲気の良い庭園風の敷地内に離れが点在しています。
    右上:苔むした石灯篭
    左下:宿泊した離れ
    右下:宿泊した部屋

    参考になった!

    0人が参考にしています

  • いい宿見つけました。

    投稿日:2014年10月29日

    いい宿見つけました。由布院温泉 おやど開花亭 感想

    湯巡り三昧さん


    評価 星5つ5.0点

    由布院で温泉付離れに泊まろうと思うと、御三家なら5万円、それ以外でも3万円くらいするので、高嶺の花と思っていましたが、捜してみるとありました。「お宿 開花亭」さんは温泉(内湯+露天)付の離れに泊まって一泊二食付で1万8千5百円でした。
    植栽が見事な庭園風の敷地内に離れが点在し、とても雰囲気の良い宿です。築9年のまだ新しい宿ですが、建物は古民家のような古い雰囲気をだしながらセンスの良さも感じさせる絶妙の美的感覚が感じとれます。
    石灯篭はもうずっと昔からそこにあるように苔むしています。紅葉にはまだ少し早い感じですが、一部の木々はすでに色づき始めており、小さな小さな小川もありとても風情があります。
    離れの部屋は8畳ほどの和室が2部屋と板間の洗面スペースにトイレと内湯と露天があり、小さな庭に面した細長い土間があります。
    温泉はpH7.93の弱アルカリ性単純泉で無色透明無味無臭で、肌ざわりは始め特徴なしと感じたが、しばらく浸かっているとほんの少しツルツル感がでてきました。もちろん源泉掛け流しです。シャワーやカランも源泉です。
    この宿には大浴場はないのですが、代わりに貸切風呂があり、30分間利用できます。貸切風呂は露天風呂で、由布岳が良く見えます。
    食事は個室の食事処で頂きます。黒毛和牛の陶板焼きは霜降り肉でとてもやわらかく、いい肉をつかっています。こんな肉めったに食べられないのでラッキーでした。大根の煮物に添えられた松茸はとても香りが強く国産の上物と思われます。食事も大満足でした。
    またいつの日か由布院に来ることがあったら是非また泊まりたいと思います。

    参考になった!

    1人が参考にしています

  • 由布院温泉7

    投稿日:2008年4月6日

    由布院温泉7由布院温泉 おやど開花亭

    彩夢さん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

    年明け早々訪れたのがここ湯布院。街中より少々外れの閑静な地に立つのが今宵の宿「おやど開花亭」である。駐車スペースに車を停車させた時には、早々と出迎えを受け、短い距離ではあるが石段のアプローチの先に古民家風な母屋がどっしりと構えているのだ。小さい屋号を染め抜いた暖簾をくぐれば一見殺風景に映るロビーは、しっとりとした土間造りでレトロな雰囲気。片隅には、書やテーブルを配し、さり気ないインテリアにもセンスの良さが感じられクラシカルな風情を漂わせているのだ。お洒落なガラス窓の先に見える中庭に目をやりながらまずは一服。記帳を済ませ離れへと案内されたのである。

    離れへの唯一の通路とも言うべき母屋の奥戸の先には、手入れの行き届いた小ぶりな中庭が拡がる。そこには、小さな小川が流れ、ゆるやかなスロープ状の両脇に数棟の離れが寄り添うように点在している。敷地は広くないのだが、周りの草木と建屋が絶妙に調和しており心和む雰囲気。通された客室「こぶしの間」は、一番奥まった左手に位置する。外観はごく普通の建屋だが、一変室内はこちらも古民家風で広々とした玄関に趣きある広縁も土間造り。太い梁の柱など古木材と珪藻土をあしらった8畳+6畳という広々とした佇まいは、細部にまで凝った造り。また、檜+モザイクを施した内風呂に岩露天も付いており、居心地を追求してるプライベートな空間は何とも落ち着け素晴らしい。

    温泉は二本の源泉より完全掛け流しの単純泉。この宿には大浴場はないのだが、由布岳を望める貸切り露天「福万の湯」と「由布の湯」の2ヶ所を持つ。どちらも個性的で清潔感ある浴槽には、ザボンがいくつも浮かんでいる。どっぷりと腰を下ろして浸かれば、前方に施してある目貼りが少々邪魔をして由布岳を望めないのだが、腰を上げたり浴槽の淵に座れば望めるといった具合だ。(私にはかなり熱湯)客室風呂にはザボンが一つ。大きなガラス張りの窓からは、露天とこぶりな庭を眺められるが、(ここも熱湯)加水せず我慢して入ったのだが、のぼせて降参。露天の方は適温で入り心地もよく広さは大人二人で限界、手足を伸ばせば一人用といったところかな。室内同様にここからも由布岳を望むことは出来ないのだが、母屋より見て右側に位置する離れ数棟からは、望むことが出来ると思う。

    食事は朝夕とも個室食事処テーブル席にて戴いた。地の旬の素材を使った創作風な膳は、特筆すべき一品はないのだが、どれもなかなか手が込んでいる。良い意味、器をはじめ奇をてらわない高級家庭会席料理といった感じで品書きはなく気軽に楽しめた。(朝食も同様)一つ思ったことだが、通された個室処が「はぎ」となってたことかな。おそらく普段は、客室名と同じ処へ案内されると思うのだが、宿の配慮で眺めの良い処へ変更して頂いたのなら嬉しいが、当日は宿泊客が数組だったためか、配膳の行いやすい処へ通されたのなら少々不満。どこで食しても味は変わらないけど、こういったこだわりも必要じゃないかと。細かな点にも客の目は行き届くのである。(宿の方針なら致し方ないけど)

    この宿へは、初めての宿泊であったが一番感心したのは、いい距離感を保ちながらの心和む接客の良さ。(ほとんど女性の方だったが、特に私どもに付いてくださった初老の男性の方に好感)それだけでも、もてなしの質の高さが感じられた。閑静な佇まいには、パブリック施設をはじめ大浴場に自販機などもなく「何もない」といったプライバシーを重視した、宿の持つ個性がなんとなく感じ取れた気がした。まだまだ目には見えないものがありそうで2度3度と足を運びたくなる宿でもあった。翌朝、天候にも恵まれたせいか、貸切り露天より望めた由布岳の山頂が、霧の海から突出するさまは実に印象的だった。秋以外でも拝めるんだなとそれらの余韻に浸りながらこの良宿を後にした。HPを見て頂いたらお分かりだが、この湯布院で(一戸建ての離れに二間続き+内湯に露天付き)はリーズナブルな宿泊料金に入るだろう。(08,1月宿泊)

    参考になった!

    0人が参考にしています

4件中 1件~4件を表示

前へ  1  次へ


このエリアの週間ランキング

  • 琴ひら温泉 ゆめ山水

    琴ひら温泉 ゆめ山水

    大分県 / 日田

    日帰り
  • ゆの杜 竹泉(たけせん)

    ゆの杜 竹泉(たけせん)

    大分県 / 湯布院周辺

    クーポン 日帰り
  • 山荘 天水(てんすい)

    山荘 天水(てんすい)

    大分県 / 日田 / 天ヶ瀬温泉

    宿泊 日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる