本文へジャンプします。

板柳共同浴場の口コミ情報一覧

ニフティ温泉てぬぐいグランプリ結果発表

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

青森県 板柳共同浴場

日帰り

評価 4 4.7点 / 3件

場所青森県/北津軽

お湯 5 5.0点

施設 4 4.0点

サービス 0  - 点

飲食 0  - 点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする
  • 同じ都道府県にある温泉宿を探す

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2014年10月9日

3件中 1件~3件を表示

前へ  1  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 駅近の鄙びた浴場

    投稿日:2014年10月9日

    駅近の鄙びた浴場板柳共同浴場 感想

    きくりんさん 、性別:男性 、年代:40代


    評価 星4つ4.0点

    JR五能線の板柳駅から徒歩約1分。鄙びつつも、存在感ある共同浴場。土曜日の午後、寄ってみました。

    特徴的な外観は、弘前にあった女学校を移築したものなのだとか。下駄箱も、木札で鍵を掛ける銭湯風。入浴料350円は、番台のおばちゃんに渡します。左側が男湯。脱衣場には、ロッカーもありますが鍵は無く、床に置かれた丸い脱衣篭を使います。タイル張りの浴室は、右側に洗い場。10人分のレトロなシャワー付きカランと、6人分のシャワーなしカランが並んでいます。石鹸等は、当然ありません。タイル張りの内湯は、2つに分割。共に、うっすら黄褐色のナトリウムー塩化物温泉(源泉名:板柳温泉 3号泉)が、サラサラとオーバーフローしています。源泉は54.5℃と高いため、加水ありです。左側の6人サイズの浴槽は湯温41℃位で、右側の10人サイズ浴槽は湯温43℃位。PH8.0ながら、肌がツルツルする浴感です。カランのお湯を口に含むと、モール臭がして少ししょっぱい。丁度先客が上がられ、しばし貸切状態。まったりしていたら、少しアワ付きも見られました。

    主な成分: ナトリウムイオン3181mg、炭酸イオン13.4mg、炭酸水素397.8mg、メタケイ酸181.5mg、遊離二酸化炭素11.7mg、成分総計9.222g

    参考になった!

    8人が参考にしています

  • 元女学校のレトロな建物

    投稿日:2013年10月21日

    元女学校のレトロな建物板柳共同浴場 感想

    しろうさぎさん


    評価 星5つ5.0点

    板柳駅から50m。 レトロな建物は弘前市の女学校の建物を移築したとのこと。 駐車場と敷地のアプローチには融雪パイプが敷かれている。

    湯はつるつるするが、あすなろ温泉旅館よりはさっぱりとした共同湯らしい感じ。 カランからも温泉が出る。

     弘前周辺がこんなに名湯ぞろいとは知らなかった。 とても3泊ではまわりきれない。

    板柳温泉3号泉 ナトリウムー塩化物泉 かけながし
    54.5度 pH7.8 溶存物質 9210 ナトリウム 3181 カリウム 257.3 アンモニウム 6.4 マグネシウム 1.9 カルシウム 48.3 マンガン 0.2 鉄(Ⅱ) 0.1 フッ化物イオン 4.2 塩化物イオン 4968 臭化物イオン 21.5 ヨウ化物イオン 1.4 硫酸イオン 60.5 炭酸水素イオン 397.8 炭酸イオン 13.4 遊離二酸化炭素 11.7 酸化還元電位 (ORP)マイナス32 (2013。10。12)

    参考になった!

    5人が参考にしています

  • 板柳共同浴場

    投稿日:2010年11月2日

    板柳共同浴場板柳共同浴場 感想

    paw_pawさん


    評価 星5つ5.0点

     JR五能線板柳駅から徒歩1分、ダッシュなら20秒と言う好アクセスの板柳共同浴場。国道399号線からだと駅前通りへ入ってすぐ左に位置します。同国道に面した板柳温泉旅館にも隣接した共同浴場です。
     建物の前には10台ほど止められる駐車場も完備されていました。概観は和洋折衷の洋館チックな木造の建物で、レトロでモダンという不思議な雰囲気を醸しだしています。もともとは弘前にあった女学校の校舎を移築し、再利用しているとのこと。このまま大切に利用・保存していただきたい建物です。
     お風呂は共同湯ということで男女別の内湯のみ。浴室&浴槽は、外観の趣とは異なりタイル張りの仕上げだったのには、少々拍子抜けしました(笑)。湯は津軽地方をはじめ、青森の塩化物泉でよく見かける笹濁りの湯で、油臭も感知。管理されているご主人(かな?)のお話ですと、お隣の板柳温泉旅館とまったく同じ源泉とのことでしたが、同温泉旅館よりも茶色っぽく見えました。源泉は鮮度重視で浴槽内から投入されており、当然のことながらかけ流しで、湯もシャキシャキしてます。
     体感44度の熱めの湯はキューっと体に効いてくるような浴感。ヌルスベした肌当たりは浴後にはスベスベに。浴槽には仕切りがあり、熱湯と温目が楽しめるようになっていましたが、温目でも42度強ありましたので、全般的に熱めの設定になっているようです。湯量は豊富なようであふれ出しもまずまず。カランも源泉を使用しており、温泉ファンを喜ばすには充分なスペックです。
     ところで、女学校を最後にご卒業された昔のお嬢さんたち(みのさん風)は、今おいくつになられたのでしょうか。こちらの共同湯に、かってのご学友が集まって入浴しながら同窓会なんていうのも楽しそうですね。

    参考になった!

    4人が参考にしています

3件中 1件~3件を表示

前へ  1  次へ


このエリアの週間ランキング

  • かっぱのゆ

    かっぱのゆ

    青森県 / 青森

    日帰り
  • せせらぎ温泉

    せせらぎ温泉

    青森県 / 弘前

    日帰り
  • 天然温泉公衆浴場 はちのへ温泉

    天然温泉公衆浴場 はちのへ温泉

    青森県 / 八戸

    日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる