本文へジャンプします。

湯元榊原舘(さかきばらかん)の口コミ情報一覧(2ページ目)

ニフティ温泉ユーザー投票実施中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

三重県 湯元榊原舘(さかきばらかん)

日帰り 宿泊

評価 4 4.1点 / 44件

場所三重県/津 (三重)

お湯 4 4.8点

施設 3 3.8点

サービス 3 3.3点

飲食 4 4.4点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする
  • 同じ都道府県にある温泉宿を探す

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2019年3月30日

44件中 21件~40件を表示

前へ  1 2 3  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • やはり源泉浴槽が良い

    投稿日:2009年3月8日

    やはり源泉浴槽が良い湯元榊原舘(さかきばらかん)

    たこさん


    評価 星4つ4.0点

    初めて訪れました。
    土曜朝の訪問にも関わらず、既に沢山のお客さんがいました。
    老舗大衆大型旅館の立ち寄りにて1000円。立ち寄りの場合はまず右にある部屋で浴衣に着替え、一旦立ち寄り専用ロビーに戻り、大浴場(脱衣所)に向かうシステムです。間違ってもこの部屋で全裸になりロビーに出るとえらい事になるので注意が必要です。

    温めの掛け流し源泉浴槽、加温浴槽、循環の露天風呂がありますが、まず露天風呂は循環が良くないのか端のほうにはゴミが浮いていた。
    しかしながらここのウリは掛け流し浴槽だと思います。人肌よりやや低い浴槽は、泡付きが良くヌルスベ、微弱な硫黄臭。そして真賀温泉のような非常に透明で綺麗な湯です。
    この浴槽と加温浴槽を交互浴。気持ちよすぎ。また行きたい。

    参考になった!

    13人が参考にしています

  • 源泉風呂は満点!

    投稿日:2009年2月12日

    源泉風呂は満点!湯元榊原舘(さかきばらかん)

    ビジー親父さん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

    榊原温泉はかつて伊勢詣での旅人が参拝前に身を清めたとされる由緒正しい温泉だそうです。3年程前に公共の日帰り施設を利用しましたが、あまりのお年寄りの多さに驚いて、そそくさと帰ってきたという私には苦い思い出の温泉です。
    今回は一志温泉を目指しましたが大変な混雑でしたのでこちらの日帰り施設「日帰り温泉 湯の庄」を利用しました。榊原温泉郷の中でも名門の立派な温泉旅館のお風呂ということで以前から入ってみたいと思っていた温泉です。

    宿泊客と区別するためでしょう、日帰り用には別に暖簾が掛けられ外観からは一見利用しやすくなっています。しかし、風呂場に行くまでがちょっと面倒です。
    入浴券を購入するとカウンターで浴衣とタオルを渡され、2時間制であることなど利用方法を説明されます。先ず、100円(返却式)で下足用ロッカーに靴を入れます。すぐ隣の更衣室(暖簾1枚で仕切られ扉はありません)で浴衣に着替えます。ここでも100円(返却式)が必要です。そこから階段を下りて風呂場に行くのですが、風呂場の脱衣場には脱衣籠しかありませんので、どこで脱いだかを覚えていないと籠の中は全部同じ浴衣なので見つけるのにウロウロします。このへんは一般的な日帰り施設に比べちょっと面倒です。

    しかし、一旦風呂に入るとその煩わしさはどこかに吹っ飛びます。浴槽は大浴槽と源泉浴槽、それに半露天風呂です。大浴槽は加温循環ですが塩素臭もほとんどなくヌルヌル感がありこれだけでも十分です。しかし、なんといってもすごいのが原泉浴槽です。32℃ですがマッタリとしたヌルヌル感と微かな硫黄臭は入った者の心を芯から癒してくれいつまでも浸っていたくなります。この源泉浴槽に入っただけで高いと思った入浴料の1,000円も、浴衣に着替える面倒も許せてしまいます。
    休日は子ども連れも多く混雑していますので平日にゆっくり利用したい大人の温泉です。

    参考になった!

    8人が参考にしています

  • うかつでした。

    投稿日:2009年1月23日

    うかつでした。湯元榊原舘(さかきばらかん)

    彼女と行ってみたさん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

    彼女と行ってみた。

    うかつでした・・・
    今回で2回目の宿泊となりますが、
    前回宿泊時は部屋風呂を満喫してしまい、内湯には行かなかったのです。
    今回は内湯も浸かりました。。。
    小型源泉風呂!いいです!
    他にお客様も居ませんでしたので、小型源泉風呂の中心部にある
    湧出口からそのまま飲泉してみました。美味いです。

    途中から数人のお客様が来られ源泉風呂を確認するのですが、
    皆様同様に「冷たい・入れない」が多数なようで
    私としましては、この温くヌル湯を独り占めできた次第です。
    30分源泉→沸かし5分→30分源泉です。湯上りの小型タオルもヌメヌメです。大型浴槽の沸かし湯も塩素臭はなく、単純にゴミ類を濾過する仕組みではないかと思われます。濾過用の循環+沸かし湯かけ流しの様子です。

    源泉かけ流しの部屋風呂ですが、温度調節が出来る仕組みとなっています。23時で内湯が終了しますので部屋風呂があることは有難いです。

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • 源泉浴槽はすばらしい

    投稿日:2009年1月18日

    源泉浴槽はすばらしい湯元榊原舘(さかきばらかん)

    湯~ぼーとさん


    評価 星4つ4.0点

    料金が1000円というのはともかく、2時間と時間が区切られておりますので注意が必要です。
    そんなに長く入らないという方には別段問題ではないですがね。

    ここはぬるめの源泉風呂がありましてここが良いです。逆に沸かし湯の方は循環か併用の様でして、
    こちらをサブにして源泉風呂をメインという入り方が良いかと思います。ま、拘ればの話ですので、
    基本的にはお好みで十分だと思います。

    しっかりとしたつるぬる感を堪能出来る泉質で、見た目とは裏腹に体感的にはインパクトのある泉質です。

    参考になった!

    6人が参考にしています

  • 極上の交互浴を・・。

    投稿日:2008年12月22日

    極上の交互浴を・・。湯元榊原舘(さかきばらかん)

    牛乳500ml一気飲みさん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    木曽崎ゴールデン温泉を後にして、折角の「三重」なので、もう一湯をと言う事で、R23を南下「津」の市街地からR163に入り西へ、勿論今回も「nifty温泉」伝いですので、自分の趣向に合う温泉と言う事で、何軒か日帰り施設も在る様ですが、こちらを狙い撃ちで、寄って見ました。

    場所は、久居市榊原(さかきばら)、伊勢道の「津」でも「久居」どちらからでも、あまり距離は変わらないのかなと、長閑な山間にあり、そんなに大規模な温泉卿でもないと、感じました。

    温泉施設自体は、名門の大変立派なお宿でございまして「大浴場を日帰りでも入浴出来ます」系でございますが、宿泊客とは別の玄関があり、旅館施設の手前右手に「日帰り温泉 湯の庄」の大きな暖簾が、掛かった方から入ります、入浴料は「大人1,000円で、2時間(浴衣・手ぬぐい付き)」です、滞在時間は「券売機で券を買ってからの2時間」となります、帰りに気がつきましが「1,500円」で、旅館部分の6階にある「展望露天風呂」も入れるコースがある様です。尚、日帰りの入浴時間は「9時~18時」までです。

    初めて来た旨を告げますと、館内の説明をしてくれます、まず「下駄箱(100円リターン)」に履物を預けて、次に、直ぐ隣りの「日帰り入浴用の脱衣所(100円リターン)」で浴衣に着替えます、それから階下にある「浴室」へGoでございます。浴室の脱衣所には「籠」しかございませんので、ご注意願います。

    さて風呂場の方ですが「ホテルの大浴場」では、この間「どえらい目」に遭ってしまい、どこぞの会員制は言いませんが「一緒にするな」みたいな、私の趣向的に、より本格的な温泉が楽しめる施設です、榊原温泉の中で、唯一源泉を2本、保有しているとの事です。
    昨日は「むらさき」という浴室でございましたが、「加温循環ろ過の主浴槽」と「ど源泉掛け流し源泉浴槽」また、浴室奥には、川面を眺められる「半露天風呂」もあります。

    温泉の方は「アル単」でございますが、浴感は、しっかりとした「ツルヌル」で、やさしい「硫黄系」の芳香が致します、色については「三重の温泉」は、濃淡はありますが「お茶」の様な色をした温泉が多い様な気がしますが、こちらについては、無色透明です。源泉にじっと浸かっておりますと、少しですが「気泡」が、纏わって参ります。いわずもがな「余計な奴の臭い」は致しません。

    32度の源泉浴槽と加温された主浴槽と半露天を絡めて、私の好物である「冷温交互浴」となるわけですが「2時間で帰れってかぁ~。」みたいな「極上の交互浴」を堪能致しました、時間があれば、「また千円払ってでも、2時間延長しようかなぁ」と思いました。

    もしここに泊まったら、寝る間を惜しんででも「浴室に居るんじゃないか」と感じた次第です。

    しかしながら、どうも「泊まり」で来ていたのかな、ひとりお客さんが「ぼやいて」いたのですが、やはり「日帰り」で大浴場を昼間開放している関係かな?脱衣所の洗面台周りなんかが、突散らかっており、確かに「宿に着いて、さぁ!ひとっ風呂と思ってきたら、これどうやろ?」と思え、それは「施設側」だけの問題では無いと、私は思うのですが、すこし残念ではございました。「2時間の枠」を付けるのは、回転だけの意味合いでは、無いだろうと感じました。良い温泉を提供する施設は、大事に浸かりたいものです。

    次訪れる時は、6階の展望風呂に行ってみたいと思います、って必ずまた来ます。

    参考になった!

    8人が参考にしています

  • 榊原温泉の湯力を認識

    投稿日:2008年10月26日

    榊原温泉の湯力を認識湯元榊原舘(さかきばらかん)

    湯けむり天使さん


    評価 星4つ4.0点

    榊原温泉は由緒ある温泉であるものの、いまひとつインパクトに欠ける印象があり、私には情緒面や泉質面において特段惹かれる面が見当たらなかった。某日帰り入浴施設に一度だけ入浴しただけであり、たとえ旅館の温泉施設に入浴したとしても、加温のうえ循環して塩素消毒を施された湯が注がれる大差ない程度の湯であろうとの先入観があったが、今回湯元温泉館の源泉を堪能したことで、良い意味で予想を裏切られた。

    ここは日帰り入浴者にも積極的に門戸を開いており、豪華なホテルのロビー受付で遠慮がちに立ち寄り湯を請うといった、ある意味屈辱的な作法を余儀なくされることがないのは有難い。即ち、日帰り入浴者用の入り口自体が別にあり、施設の中では宿泊客と同一の温泉に入浴できるシステムなのである。良心的かつ商売上手な宿と言える。
    尤も、日帰り入浴者は「まろみの湯」という施設を利用することになり、宿泊客専用の「天つ木の湯」などは利用できない。とは申せ、源泉かけ流し浴槽があるのは「まろみの湯」の内湯のみであり、宿泊せずとも榊原温泉の源泉を堪能できるのである。
    入浴料金は1000円とやや高めの印象だが、入浴後にゆっくりとくつろぐスペースも用意され、そのうえ浴衣も貸してもらえるので慌しく入浴するのでない限り、損した気分にはならないだろう。健康ランドのようにマッサージ施設や飲食スペース、映画ルーム、あげくはゲームセンターなどといったそもそも温泉とは無縁の付属設備など皆無で、ただ畳の上でくつろぐことができるだけだけれど、良泉に浸かり、このような場所でゆっくり読書でもできるならば、すこぶる安上がりな実のある贅沢だと思う。

    「まろみの湯」には二種類の浴室があり、毎日男女交代制である。先日私が伺った折には男湯が「もえぎ」と命名された浴室であった。ちなみに同日女湯の「むらさき」は「もえぎ」よりやや大規模な浴槽であるご様子。毎日男女交代制であるのは、宿泊客が滞在期間に二種類の浴室を経験できるように配慮したものであるらしい。
    「もえぎ」には内湯に主浴槽とやや小振りな源泉浴槽、更に露天風呂がある。露天風呂とは申せ、屋根部分のある半露天とおぼしきものであるが、すぐ横を榊原川の清流が流れ、なかなか風情があるもの。ただ残念なことに、露天風呂の浴槽は加温された放流循環併用式で、源泉浴槽で体感できる浴感と芳香はない。
    内湯の主浴槽も同様に加温・放流循環併用式だけれど、塩素系薬剤の投入はなく、アルカリ性単純泉だけに若干のツルヌル感を体感できる。

    そして、ここの白眉はやはり源泉浴槽、32度の源泉が加温なし・消毒なし・完全放流式で利用されている。32度という湯温では夏場以外はおいそれと長湯できものではなかろうが、加温浴槽との交互浴を行うことによって、まことに効果的に温泉を味わうことができるのである。例えば、神戸の温泉銭湯である灘水道筋温泉などでの入浴法を想定してもらえればよい。
    この源泉は無色透明で上品なツルヌル感と、確かな硫黄臭がある。源泉注入口の湯を手ですくってみると、湯の新鮮さと無駄に加工しない湯の素晴らしさを実感する。他の温泉地でもこのような温泉の利用法を実践してもらいたいものである。
    ちなみに、源泉浴槽では自家源泉の榊原七栗の湯という源泉を利用し、循環浴槽では同湯の第二源泉を利用しているが、両者の泉質のものには大差ない模様。

    泉質を重視し、のんびりとくつろぎたい向きにはお勧めの施設。榊原温泉の実力を垣間見せてくれた優れもので、再訪してもよいと思われる温泉施設のひとつとなった。

    参考になった!

    9人が参考にしています

  • 源泉がこんなにいいとは・・・

    実は榊原温泉の違う日帰り温泉施設を利用したおり、その塩素臭にまいりまして、同じ温泉郷の旅館なのだから 同じように塩素いっぱいだろうと思いこんでおり、足が向かなかったのですが、くちこみにてこちらを知り 行ったしだいです。
    1000円ですが浴衣を貸してくれます。当日は女湯が「むらさき」で なんとプールのように広い内湯浴槽があり、加温された湯がまんまんとありました。加温されていてもほのかに硫黄臭もかんじられます。その横に10人はゆったり入れる源泉浴槽がありました。32度ほどですので、温冷交互浴にて湯を楽しみました。
    まろき湯のごとく、ローションのような温泉にて硫黄臭さえ感じられます。本当にのんびりできます。
    階段を下りていくと露天風呂がありましたが、かなり加温されて熱いです。建物の下には小さな川があり、マイナスイオンいっぱいです。榊原温泉を見直すと共に、リピーターとなってしまいそうです。

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • 源泉がいい

    投稿日:2008年10月12日

    源泉がいい湯元榊原舘(さかきばらかん)

    すーさんさん


    評価 星4つ4.0点

    なんといっても、源泉風呂がいいです。温度は低いが冷たさ、寒さを感じないので、何分でも入っていられます。塩素は当然入っていません。肌がぬるっとして、いい感じになります。
    (日帰り風呂の方です)

    参考になった!

    6人が参考にしています

  • まろき湯

    投稿日:2008年6月25日

    まろき湯湯元榊原舘(さかきばらかん)

    湯巡り三昧さん


    評価 星5つ5.0点

    まろき湯の宿が榊原館のキャッチフレーズですが、まさにその通りだと思える上質な湯に満足しました。
    浴槽は三つあり、内湯には加温浴槽と30℃くらいの源泉浴槽があり、半露天には加温浴槽が一つあります。
    特筆すべきは源泉浴槽で非加熱・循環なし・消毒なしの純生の源泉が掛け流されております。源泉温度が32.5℃の低温泉の為、かなりぬるいというよりやや冷たいくらいの温度ですが加温浴槽と温冷交互浴するととても快適です。無色透明の湯は浴槽内ではほとんど無臭であるが、源泉湯口ではほのかな硫黄の香が感じられます。味は弱いたまご味でした。浴感は強めのツルツル感があります。このツルツルの肌ざわりは湯の鮮度が高い為とても上質な肌ざわりだと感じました。榊原温泉は清少納言の枕草子で有馬温泉・玉造温泉と並んで日本三名泉とうたわれていますが、この源泉浴槽に浸かるとなるほどなと納得できます。
    加温浴槽は循環を併用してはいますがかなりの量の加熱源泉が掛け流されておりました。
    ほたる祭のポスターが貼ってありましたので、この時期は蛍も見れるようです。私は昼間に立ち寄ったため見る事ができませんでしたが。
    榊原温泉は三重県なので遠いイメージがあったのですが、西名阪の松原から1時間半で着いてしまい、意外に近かったんだと驚きました。

    ※画像は日帰り専用の入口です。入口は違っても浴場は宿泊客と同じです。浴衣とタオルの貸し出しがあります。

    参考になった!

    8人が参考にしています

  • しっかりとした浴感のあるいい湯です

    投稿日:2007年11月18日

    しっかりとした浴感のあるいい湯です湯元榊原舘(さかきばらかん)

    掛けハシさん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

     外来入浴客は、「日帰り温泉湯の庄」の入り口から入る。ロッカーに案内され、ここで浴衣に着替えてから、大浴場「まろみの湯」へ。展望露天風呂に入るには別料金1,500円が必要。浴衣に着替えてから風呂場に行くので宿泊客との間で違和感が無い。考えたシステムだと思う。
     当日男湯は「もえぎ」。浴槽は3つ。形ばかりの露天は湯が劣化しており×。加熱浴槽は半循環の弱い掛け流しであるが、鮮度感が良く保たれており、ふわりとしたまろみを感じる。源泉浴槽は32.2度の源泉をそのまま掛け流しにしている。微かにささ濁り、硫黄臭、ややつるつる、たまご味。成分総量は僅か306.4mgのアルカリ性単純泉で、成分表には硫黄成分の記載はないが、硫黄泉に引けをとらないしっかりとした浴感がある。名湯と言えるかも知れない(当日女湯「むらさき」の源泉浴槽は泡付きがあった、とのこと。)

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • 土日より平日

    投稿日:2007年11月4日

    土日より平日湯元榊原舘(さかきばらかん)

    千湯記さん


    評価 星3つ3.0点

    本日入湯しましたが、狙いの露天風呂は平日のみとの
    ことで、館内の温泉のみを利用しました。
    思ったよりも私のように日帰りのお客が多くて混雑を
    していました。
    泉質は、肌にやさしくまとわりついてきて、日本の名湯
    と言われる温泉のひとつとしての地位を感じました。
    源泉の温度が高くないので、加温をするのは仕方があり
    ませんね。
    源泉のみの湯船もありますので、じっくりと入るのも
    いいと思います。

    参考になった!

    5人が参考にしています

  • 体にお湯がまとわりつき、スベスベしっとり

    清少納言の七栗の湯として、平安の三名湯。温泉教授の百名湯(DVD版&光文社版)で紹介されているお宿です。

     中部国際空港から高速船で津へ。津から車で20-30分(約17km)、静かな山あいにある大きめな温泉ホテルで、日帰りで利用させていただきました(1,000円/2時間)。

     大型のホテルと言うことであまり期待はしていなかったのですが、実際に入浴してみると、実に素晴らしいお湯でした。

     お風呂にはいると、気品のある香木のような香りがしました。源泉の香りのようでした。左に約5mx12-3mの湯船(加温、たぶん41℃くらい)、手前に石造りの露天(加温)、奥に源泉湯船(32℃くらい)がありました。青いタイルが印象的でした。

    (加温湯船と露天)七栗の湯&第2源泉
     綺麗な透明湯で熱くもなくぬるくもない温度。体にお湯の膜がつくようにしっとりとお湯がまとわりついてきます。残念ながら湯底に吸い込み口と湯出口がある循環でした。加水なし、加温あり、塩素なし。

    (源泉湯)榊原館七栗の湯
     32℃の加温などの手を加えていない源泉そのものが神棚からそそがれるように出ていました。飲泉コップがあり、どんなミネラルウオーターよりも口当たりのよい味がする源泉でした。32℃でやや冷たいのですが、加温湯と何度も往復しながら浸かっていると、不思議なことに冷たいどころか、今まで経験したことがないような心地よい感覚をおぼえました。本当に体にお湯の層がまとわりつき、良く見ると微小な泡も皮膚についているようでした。乾き上がると肌がすべすべになるお湯で、洞爺かわなみのお湯を思い出しました。加水なし、加温なし、循環なし、塩素なし。

    (榊原館七栗の湯)アルカリ性単純泉。32.2℃。(mg/kg) Na 90.9、K 0.6、NH4 0.3、Ca 0.9、F 2.9、Cl 42.5、HS 1.3、SO4 28.1、HCO3 69.6、CO3 21.0、メタケイ酸 44.6、メタホウ酸 3.7。

    (榊原館第2源泉)Na 83.9、K 1.1、Ca 0.9、F 2.1、Cl 17.7、SO4 36.1、HCO3 84.2、CO3 25.5、メタケイ酸 52.1、メタホウ酸 2.2。

    参考になった!

    7人が参考にしています

  • 本当に癒されます

    投稿日:2006年11月16日

    本当に癒されます湯元榊原舘(さかきばらかん)

    masapooさん


    評価 星4つ4.0点

    榊原温泉郷の中心的な旅館です。私の自宅から程近いので、よく日帰りで利用しています。
    日帰り客専用の入口から入って1000円の入場券を買い、受付で浴衣を渡されます。一度浴衣に着替えなければいけないのは少々面倒ですが、湯上りにすぐ服を着るより爽快ですし、湯浴み気分も盛り上がります。
    温泉には浴衣がよく合います。

    さて肝心のお風呂ですが、男女日替わりで浴室が変わります。内湯、露天風呂は加温循環されていますが、なんといってもここでは源泉風呂に尽きます。33℃ぐらいの温い温泉ですが、細かい粉末のような湯の華が舞い、微かに硫黄の香りがするアルカリ性の湯は、何か一つ体に纏ったかのようにヌルヌルとします。10人ぐらい入れるほどの浴槽で、一旦浸かれば皆さん長湯をしますから、休日となるとなかなかゆったりとは入浴しづらいですが、本当に癒されるお湯です。また、この源泉は飲泉も可能で、飲むととても甘い味がします。

    もともと源泉温度が低く、湧出量も限られているでしょうから、致し方なくほとんどの旅館が加温循環してお湯を使用している榊原温泉郷の中で、「湯元」の名に恥じぬ、貴重な源泉かけ流し風呂です。

    参考になった!

    6人が参考にしています

  • 浴衣

    投稿日:2006年10月29日

    浴衣湯元榊原舘(さかきばらかん)

    aobaさん ゲスト


    評価 星3つ3.0点

    宿泊客への配慮からか外来は別室で浴衣へ
    源泉は満員でしたがのんびりできます。
    浴衣は持って帰ってはいけません。

    参考になった!

    3人が参考にしています

  • 下↓に補足です

    投稿日:2006年10月23日

    下↓に補足です湯元榊原舘(さかきばらかん)

    ゴトーさん ゲスト


    評価 星0つ - 点

    源泉浴槽以外は循環のような表現をしましたが。正確にはどっちなのかはっきり判断できなかった・・・です。
    すみません文章下手の湯素人なので。

    参考になった!

    3人が参考にしています

  • 加温無し(?)源泉浴槽が良い

    投稿日:2006年10月22日

    加温無し(?)源泉浴槽が良い湯元榊原舘(さかきばらかん)

    ゴトーさん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

    いらぬサービスの浴衣に着替え浴室へ。露天の排水口の付近は成分がひだ状に固まっていた。

    そこを含めて循環かなぁとややがっかりし、例によって人工ぬるぬる感のでる備え付けのボディソープで体を洗った後で、浴室の奥に源泉風呂があるのに気づいた。

    飲泉のできる温めの湯は硫黄の味と香りがあり、じっくりと浸かれる良いお湯であった。湯上り後しばらく肌がしっとりしていた。1000円は高いが、東海地方では仕方のない値段か。

    参考になった!

    6人が参考にしています

  • 二回目です。

    投稿日:2006年10月9日

    二回目です。湯元榊原舘(さかきばらかん)

    たかさん ゲスト


    評価 星3つ3.0点

    2年前に当時の彼女と「カップルプラン」みたいなプランで、『花の館』で一泊した。部屋も新しく綺麗で、料理もすごく美味しかった。温泉は他のコメントのとおりで良かった。最高な気分にしてくれたので、今回も一泊した。
     今回は、予約が遅くて『月の館』の部屋しか空いておらず、「少しくらい古くても大差ないだろう」と妥協した。しかし、これが命取りだった。隅っこの「物置?」のようなドアを開けると、洗面所とトイレから安っぽい便所の芳香剤の臭いが漂ってきて思わず「臭さっ」って言ってしまった。壁も傷だらけ、障子には穴が空いてボロボロ・・・。とどめに床には得体のしれない長い髪の毛が落ちていた。
     グレード(宿泊料)を落とす事で、ここまで酷い扱いをされるとは・・・。『リピーターになるんだったら、グレードを落とすと落差に耐えられなくなるね。』と今回一緒に泊まった嫁と反省した。ちなみに当時の彼女と嫁は同一人物。2人の思い出が台無し!

    参考になった!

    3人が参考にしています

  • 浴衣

    投稿日:2005年6月27日

    浴衣湯元榊原舘(さかきばらかん)

    kuuさん


    評価 星3つ3.0点

    温泉旅館で、日帰りの入り口が別にあり宿泊客が利用できる
    展望風呂は利用できない。
    宿泊客との差別化とゆう意味合いではいいとのでは…
    券売機で入浴券を購入。
    するとロカッキーと浴衣が手渡される。
    日帰り専用の脱衣所で浴衣に着替え浴室へ。
     *これも宿泊者への配慮か
    浴室はあまり大きくはないが、内湯・半露天があり泉質は
    榊原特有のぬめりがあり(他の所よりは少し劣るが)湯の
    まとわりつく感じがいい。
    湯上りに横のなれる畳の空間もありいい。
    贅を言うなら展望露天風呂にも入れればなあ…

    参考になった!

    4人が参考にしています

  • リニューアルした部屋に泊まりたい

    温泉巡りをするきっかけになったのがこの旅館です。湯質の良さに「温泉ってこんなに素晴らしいものなのか!」と感激しました。
    しかしその時泊まった部屋が悪かった。料金も最低でしたが、内湯というか、部屋の風呂が昔風で、一昔前のラブホテルの岩風呂みたいで、気分を損ねました。部屋のドアもひどくゆがんでいて、出入りするたびにガトゴトと軋んでいました。
    でもあの温泉を各地で経験を積んだ現在、どう評価するのか?自分ながら楽しみにしています。多分「やっぱり評判の湯だった」と満足して帰るんでしょうが、今度は並みの部屋に泊まって確かめたいですね。

    参考になった!

    3人が参考にしています

  • ちょっと贅沢に立ち寄りしたい時に

    ちょっといつもとは違って贅沢な気分で立ち寄り湯したいときにはいいでしょう。宿が豪華な雰囲気なので、日帰り施設にありがちな安っぽさがないのがいいです。

    参考になった!

    3人が参考にしています

44件中 21件~40件を表示

前へ  1 2 3  次へ


このエリアの週間ランキング

  • 松阪温泉 熊野の郷(さと)

    松阪温泉 熊野の郷(さと)

    三重県 / 松阪

    クーポン 日帰り
  • アクアイグニス 片岡温泉

    アクアイグニス 片岡温泉

    三重県 / 四日市 / 湯の山温泉

    クーポン 宿泊 日帰り
  • 湯元榊原舘(さかきばらかん)

    湯元榊原舘(さかきばらかん)

    三重県 / 津 (三重) / 榊原温泉

    宿泊 日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる