本文へジャンプします。

ニセコ薬師温泉旅館(閉館しました)の口コミ情報北海道放浪6.「ニセコ薬師温泉」

【合計100名様】プレゼントキャンペーン開催中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

北海道 ニセコ薬師温泉旅館(閉館しました)

日帰り 宿泊

評価 4 4.2点 / 49件

場所北海道/ニセコ

お湯 4 4.5点

施設 2 2.5点

サービス 2 2.5点

飲食 0  - 点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする

口コミ詳細

  • 北海道放浪6.「ニセコ薬師温泉」

    投稿日:2010年9月1日

    北海道放浪6.「ニセコ薬師温泉」 ニセコ薬師温泉旅館(閉館しました) 感想

    イーダちゃんさん ゲスト [入浴日: 2010年8月6日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2010年8月6日金曜日---五色温泉湯治部「ニセコ・アンヌプリ」の間で、どーゆーワケか午前の3:30という早朝に目覚めてしまったイーダちゃんは、腕立て270回を敢行したり、腹筋をやったり、朝湯に浸かったりして夜明けまで漫然と時間を潰しておりました。
    どーも仕事をしてないと力が余っていけませんねー(^.^;> 北海道に上陸してから5日目、旅をはじめてからこれで6日目になるんですが、生活のサイクルがどんどん早くなってきたのを、このころからイーダちゃんは自覚しはじめてきました。
    特にテント泊をしてるとてきめんサイクルは早まりますね。面白いもんです。
    露天のお湯に浸かりながら朝日をむかえたイーダちゃんは、日が昇るのを待ち構えてクルマをだしました。目指すは、ニセコのもっと高所にある神仙沼。早朝すぎて観光客がほかにいないんで、クマがおっかなかったですねえ。人気のない神仙沼はさすがに美しかった。
    で、早くから立寄りをやっている、こちら「ニセコ薬師温泉旅館」にきてみたわけなんです。こちらに関してはずいぶんいろんな噂を聞いていました。曰く「変わりモンしか行かない」とか、昔は金を掘る山師たちのたまり場だったとか……。
    ま、実際にきてみると、こちらは結構大きな、昔の小学校の校舎みたいな木造の建物でしたね。時間は朝の10時すぎ。前日は曇っていましたけど、6日の朝のこのころには雲の切れ間からお日サマが顔を見せまして、ニセコはあっという間に30度越えの超夏日に。
    標高700mの五色温泉よりだいぶ高度が低いせいか、こちら、アブがもの凄かった。大ぶりのスズメバチもぶんぶん飛んでます。宿前にそれに関する警告文も書かれてる。
    宿の対面前の小屋に温泉立寄りの自販機がありまして、それで入湯の券を買わなくっちゃいけないんですが、僕、あいにく小銭をもってきてなくて、販売機脇の宿のベルを何度も鳴らしたんですが、声をだしても戸を叩いても、とにかく宿のひとがでてこない……。
    「まいったなあ」
    仕方なしにクルマに引き返して、ドアのポケットの小銭をなんとかかき集め、入場の券をやっと購入しました。それ持って宿内に入ると無人の玄関に籠が置いてあって、「お風呂の方は券をこのなかに入れてください」みたいな文句が書いてある。で、そうすると、また廊下の少しさきに矢印があって、お風呂はこの先と案内が書いてある。その通り進むと実際お風呂があって、入れるんですけど、とにかく宿のひとが出てこない。なぜ? 特別にシャイなのか? 判んないけど、そのへんは面白かったですね。
    お風呂はサイコーでした。
    僕は最初透明湯のほうのお風呂に入ったんですが、こちら湯船の深さが150cm以上ある、足場がごろごろした岩場のままの、足元湧出の天国風呂なんでありました。
    もー 感涙というコトバ以外言えることがない感じ。白い湯の華が透明なお湯のなかをくるくる舞っているし、足元からぷくぷく昇ってくるあぶくの数もハンパない多さ。さっそく目洗いとお湯の鼻腔吸いを敢行すれば、あら、これはかなりの炭酸味……(^.^;>
    こ、これは……調べてみると、ナトリウム塩化物・炭酸水素泉だということでした。一言でいって超・極上。
    これだけでお湯には大満足だったのですが、もうひとつ内湯があるというのでそっちのほうもいってみました。そしたらそっちもとってもいいの。茶緑系の今度は濁り湯、さっきより湯船の大きい、やはり足元湧出という信じられないような極楽風呂。
    こちらの極楽には84才の旅好きのおじいちゃんが先客で浸かってられました。このおじいちゃんにまず挨拶して、掛け湯して、それから僕もお湯にしずしずと入ります。
    こっちのお風呂もこれは極上でしたねえ……(^0^)/
    ここまでハイクラスのお湯になっちゃうと、これはもう言うことなんてなんもないっスよ。あふれてくる感激を身体の奥にためたまま、目をとじて、ひたすら黙りこむのみ。
    おじいちゃんとかなり旅の話をして、40分ぐらい入っていたかな? 挨拶してさきにあがりました。
    すると、さっき何も置いてなかったテーブルにお菓子が置いてある! そして、湯浴みのお客さまはどうぞ召しあがって下さいと紙が添えられている。いつのまに来たんだ、宿のひと!?
    帰りにもういちど玄関を通るとき、行きに籠に入れた入場券がちゃんと回収されているので、ああ、ここの宿のひとはズボラじゃないんだ、ちゃんと細密に気を使ってお客の応対をしてるんだ、ただシャイなのか方針なのかは分からないけれど、お客のまえに姿を見せるのをよしとしていないだけなんだと判って、なんか非常にそのへんが面白かった、てゆーかこの忍者みたいな黒子的応対にはつい笑っちゃいましたねえ(^0^)

    参考になった!

    4人が参考にしています

「 ニセコ薬師温泉旅館(閉館しました) 」 の口コミ一覧に戻る

このエリアの週間ランキング

  • 旭川高砂台 万葉の湯

    旭川高砂台 万葉の湯

    北海道 / 旭川市

    クーポン 日帰り
  • おふろcafe星遊館(芦別温泉スターライトホテル)

    おふろcafe星遊館(芦別温泉スターライトホテル)

    北海道 / 芦別市 / 芦別温泉

    宿泊 日帰り
  • すすきの天然温泉 湯香郷(とうかきょう)

    すすきの天然温泉 湯香郷(とうかきょう)

    北海道 / 札幌市中央区

    クーポン 宿泊 日帰り

キャンペーン情報

Webでの集客なら

ニフティ温泉を使って手軽に集客!成果報酬型クーポン『ぬくぬく~ぽん』

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる