本文へジャンプします。

地蔵の湯 東葉館の口コミ情報一覧

【共通ヘッダ】201905会員登録キャンペーン(PC)

栃木県 地蔵の湯 東葉館

日帰り 宿泊

評価 3 3.5点 / 5件

場所栃木県/足利

お湯 4 4.0点

施設 3 3.5点

サービス 2 2.8点

飲食 3 3.0点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする
  • 同じ都道府県にある温泉宿を探す

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2013年4月5日

5件中 1件~5件を表示

前へ  1  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 地蔵の湯

    投稿日:2013年4月5日

    地蔵の湯地蔵の湯 東葉館 感想

    温泉ドライブさん


    評価 星3つ3.0点

    足利温泉 地蔵の湯
    19.7℃ pH6.6
    総鉄イオンメタ珪酸含有規定泉
    湧出時無色透明→酸化により赤茶色

    明治末期の開業の旅館で、三代目の経営
    足利葉鹿地区の開けた町の広いスーパー駐車場に面した場所にありました。

    玄関を入るとフロントで700円を支払い、対応は若女将であった。正面は食事処、湯殿は左奥、広間があり左折、企画事があるようで賑やか。
    突き当たりに水のサーバーがあり男女浴室に分かれる。

    脱衣室にて靴を脱ぎ、先客一名脱衣中、ここは鉱泉だよと教えてくれる。
    市内在住の古くからの常連さんで、建て替える前の古い旅館時代や若女将がバイトで来た事も知っている。

    浴室は白いタイル貼りで、右に真湯の浴槽、左が赤茶色の温泉である。湯は41℃だが成分のせいか熱めに感じる。

    カランは6席、内壁と窓側に分かれる。
    窓側はサッシアルミ部にフックや鏡が装着されている。
    シャワー一体式カランには珍しいシャワーフックが付いている。手元にシャワーが掛けられ便利で、今までこのタイプは初めて。
    ソープ類は3席で1セットだ。
    サウナは無い。

    露天に出るとすぐ横の壇上に、仙人の湯と書いた離れがある。新しい小屋で中は真湯の浴槽とカラン数席があった。こちらは温度調節がついたカランである。
    こちらは常連さんによると、備長炭の柔らかい湯との事。
    屋外にはあずまやがのる角張り岩露天がある。真湯である。 ここにも2席カランあり。

    もう一度温泉に浸かる。すぐあたたまった。無加温の生源泉浴槽もあると良いのだが、湧出量も少ないのであろう、火照った身体を露天の椅子に座りさました。

    13H250329金晴初入浴

    参考になった!

    11人が参考にしています

  • お湯がビックリ!!

    投稿日:2012年9月9日

    お湯がビックリ!!地蔵の湯 東葉館 感想

    マリコさん


    評価 星4つ4.0点

    時々、気分転換がてら行きますかね!伊香保温泉を連想させるようなお湯です。
    小じんまりしているので、色々なお風呂を楽しみたいと考えている人には、物足りないかもしれませんね!

    参考になった!

    11人が参考にしています

  • 茶褐色の円やか温泉

    投稿日:2012年7月25日

    茶褐色の円やか温泉地蔵の湯 東葉館 感想

    ワタルさん


    評価 星0つ - 点

    透明度5センチくらいでしょうか?見た目はかなり濃厚ですが、無味無臭。鉄分が豊富なのに…錆び臭さも無し!非常に円やかな泉質ナリ!
    足利の街中に、鉱泉とは言えども、素晴らしい温泉です!露天風呂も温泉なら、ちょこちょこ通うのにな~!

    参考になった!

    10人が参考にしています

  • お湯は

    投稿日:2011年5月23日

    お湯は地蔵の湯 東葉館 感想

    なちゅさん


    評価 星3つ3.0点

    お湯はとても良くたまにふらりと行きますが受付の方少しは笑顔で対応してほしいものです…

    参考になった!

    1人が参考にしています

  • 足利市にこんな鉱泉が。

    投稿日:2010年6月9日

    足利市にこんな鉱泉が。地蔵の湯 東葉館 感想

    温泉ひとり旅さん


    評価 星4つ4.0点

    足利市内にある、ちょっとした隠れ湯です。ガイドブックには、まず掲載されていません。スーパー「とりせん」に隣接していますので、そこを目指してもらえればすぐにわかると思います。

    風格が感じられる旅館『東葉館』の浴場が日帰り客に開放されています。

    温泉(鉱泉)は内風呂にある浴槽の1つでのみ利用されています。脱衣所から浴場に一歩入ればすぐに‘これだ!’とわかります。 露天エリアには主浴槽のほかに、別棟の「仙人の湯」なるものもあります。が、温泉ではありません。

    温泉のお湯は、オレンジ~黄土色をしていました。透明度はわずかに3~4cmくらいしかありません。湯船の底には湯華が沈澱しています。お湯を口に含んでみると…塩辛そうなイメージだったのですが、全くの無味。においも殆どありませんでした。 春日部の「湯楽の里」や秋田県の「矢立峠温泉」などと見た目は同じようなのですが、全く異なるお湯でした。

    温泉(鉱泉)の湯船が1つしかないので、物足りなく思う方もいらっしゃるでしょうが、1回は訪れてみて下さい。足利でこんなお湯が!ときっと驚きますよ。

    参考になった!

    8人が参考にしています

5件中 1件~5件を表示

前へ  1  次へ


このエリアの週間ランキング

  • 旅館 雲海閣(うんかいかく)

    旅館 雲海閣(うんかいかく)

    栃木県 / 那須 / 那須湯本温泉

    宿泊 日帰り
  • 栃木温泉 湯楽の里(ゆらのさと)

    栃木温泉 湯楽の里(ゆらのさと)

    栃木県 / 栃木

    クーポン 日帰り
  • 極楽湯 宇都宮店

    極楽湯 宇都宮店

    栃木県 / 宇都宮

    クーポン 日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる