本文へジャンプします。

茶六別館の口コミ情報一覧

口コミキャンペーン実施中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

京都府 茶六別館

宿泊

評価 4 4.7点 / 3件

場所京都府/天橋立

お湯 0  - 点

施設 0  - 点

サービス 0  - 点

飲食 0  - 点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする

口コミ一覧 (口コミ最新投稿日:2006年12月11日

3件中 1件~3件を表示

前へ  1  次へ

※口コミとして掲載している情報は投稿時のものとなり、現在の施設のサービスと異なる場合がございます。

  • 宮津温泉1

    投稿日:2006年12月11日

    宮津温泉1茶六別館

    彩夢さん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    なにかと慌しい年末。仕事に連夜の飲み会にと合間をぬって訪れたのが、ここ宮津。この地域に訪れ時は、隣の文珠での宿泊だったが、今回初めてお世話になった。湾に面した島崎公園に向かって立つ趣ある宿「茶六別館」。生垣に囲まれ屋根と壁の調和が映えており、いかにも和風建築らしい美しさを見せている。

    玄関先には、丹後特産の藤布のれんを掛け、煤竹の簀子天井にサビ壁など施しており草庵風に侘びた趣がある。館内もしっとりとした茶人好みのしつらえで至って閑静。随所に工夫がなされ、木の質感を生かした風格ある佇まいは、存分に風情を醸し出している。

    その落ち着いた佇まいに溶け込むかのような小庭にも趣向が凝らされている。しっとりとして風流。苔むす庭のつくばいや石の肌が濡れて美しく、庭の緑も「千変万化」といった感じ。さりげなく手水鉢に活けられた花一輪にも「侘び寂び」の心が生きてるようで、小ぶりな庭にも小さな季節感がある。

    通された客室は2階。主室10畳に控え間3畳程。古雅な意匠を凝らした数奇屋造りで気品高いしつらえ。床飾りや調度のどもすっきりと品格高く、襖や戸の引き手など細部にまで匠の技が光る。少しのぞかせて頂いたのだが、他の客室なども趣向はさまざま、工匠の粋を結晶させた造りは見事。館内共々に和風建築の粋を見せつけてくれた。

    温泉はナトリウム塩化泉。古代檜のふちが滑らかな大浴場は、清潔感のある凝った造り。風流な庭を眺めつつ入る湯は、丁寧に整えられた植え込みが目と身体を休ませてくれ、心地良い気分に浸れる。露天だが「小町の湯」は青石を配し広め、「太郎の湯」は陶板の小ぶりな造りで大人一人で調度良い。また脱衣場など檜丸太の洗面所を設け、宮津焼の陶板で飾るなど細かい所にも気配りがうかがえる。湯上り時など元禄袖に半幅帯、洗い髪をなびかせば、さながら「洛中洛外図」屏風の女人である。嫁に問い掛けたら笑っていた。

    食事は「懐石」とも考えたのだが、やはり丹後らしさが一番味わえるシーズンなのだからと「カニつくし会席膳」にした。一品一品あらゆる調理法で運ばれてくるカニのオンパレード。なかなかの美味。それにも増して良かったのが、カニすきと変更した好物の「ブリしゃぶ」。このダシが締めの雑炊にも合うのである。また朝食のおかゆも印象強く、朝晩共々に旬の素材を生かした「一客一亭」の心でもてなす料理は素晴らしい内容であった。

    城下町宮津。北前船に古風な商家など残る町。そんな宮津の古き良き面影を伝える宿であり、改めて和風宿の奥深さと魅力を肌で感じることができ良かった。そして心よりのもてなしに茶の心が生きている丹後屈指の名旅館である。諭吉が何枚も飛んだが、内容的に満足。次回は「オフシーズン」に訪れてみようと思う。

    参考になった!

    1人が参考にしています

  • 旅館の雰囲気がすばらしい

    投稿日:2006年9月5日

    旅館の雰囲気がすばらしい茶六別館

    ご隠居さん ゲスト


    評価 星5つ5.0点

    旅行雑誌などの評価では、茶六別館は食事の美味しい宿として
    とりあげられる事が多い。私もそれを期待して利用したのだが。

     確かにうまい料理である。素材も良いし手のこんだ職人の技は
    見事なものだ。1泊30000円くらいの宿としてはトップクラス
    の料理である。具体的に気に入った料理は次のとおり。
    先付け(和え物)前菜(虫かごに入った季節モノ、料理人の気合い
    が感じられる品々だった。普通は一つ二つ手抜きがあるのだが、
    ほとんど芸術品といえる)炊き合わせ(蓮根饅頭、すり身の野菜
    で魚をくるんである。料理人の自慢げな顔がみえるようだ)
    逆に物足りなかったのは刺身、焼き物。9月のはじめという時期
    が悪かったのかもしれないが、鮮度が今ひとつ、高級な鮎や鯛を
    使う事にこだわらず、地魚を使ってみてもよかったのでは。

     この旅館で一番評価できたのは雰囲気である。
    入館しての受付場所に座るとなんともいえず落ち着く。
    通された部屋も掃除がいきとどいた古い和室である。伝統のある
    宿にも関わらず、どこにも汚さを感じさせない希有な機会であった。

     温泉は狭いが清潔に保たれているが、循環しているため温泉らしさ
    は感じられない。

     カニの季節にもう一度来てみたい宿である。
                       2006年9月初旬宿泊

    参考になった!

    1人が参考にしています

  • 宿としては抜群です

    投稿日:2006年8月24日

    宿としては抜群です茶六別館

    ブドリさん ゲスト


    評価 星4つ4.0点

    宿に対する評価と温泉に対する評価の間にかなりの開きがあります。
    宿としては抜群です。まず、建物の良さがあげられます。小さな庭を囲むように廊下が廻り、その外側に部屋があります。私たちが通されたのは海が一望できる部屋でした。数奇屋風の造りで、天井や扉にも一工夫されていて凝った造りになっています。派手さはないものの、落ち着いて過ごすことができました。二つ目にはサービスの手際良さ、温かさがあげられます。押し付けがましくはなく、さりげない気の遣いようが伝わってきました。宿に到着したときも、受付のカウンターではなく、ロビーに座ってお菓子と抹茶をいただきながら、受付をすませました。こうしたちょっとしたところで他の宿とずいぶん印象が違いました。三つ目は食事の良さです。泊まった部屋ではなく、別の部屋で夕食をいただきました。広くはありませんが、こちらも落ち着いた和室でした。運ばれてくる料理はどれも素材の良さを引き出したおいしいものばかりでした。朝食は食事どころでいただきますが、冷奴と魚の干物が特におしいかったです。宿としては本当に満足で、「5」の評価です。
    しかし、お風呂は「3」までの評価にとどまります。数年前に露天風呂ができて、浴場としては風情があるものですが、お湯は評価できませんでした。源泉の温度も低く、湧出量も少ない中で、できるだけ快適に入浴できるように工夫はされています。それでも加水・加温・循環させている湯は、やや緑がかった色をしていることの他に、温泉らしさを感じさせてくれものがありません。硫黄を含んでいるらしいのですが、そのにおいを感じ取ることはできませんでした。塩素臭のないことが救いです。ただ、1泊の旅行や日帰り入浴で、その温泉の持つ効能を期待するのは無意味ですし、温泉入浴の主たる効果は精神的な部分に負うところが大きいことを考えると、手入れの行き届いた庭を見ながら入浴できるこのお風呂を、もう少し高く評価してもいいかなと一方では思いました。

    参考になった!

    1人が参考にしています

3件中 1件~3件を表示

前へ  1  次へ


このエリアの週間ランキング

  • 上方温泉 一休京都本館

    上方温泉 一休京都本館

    京都府 / 宇治

    クーポン 日帰り
  • さがの温泉 天山の湯

    さがの温泉 天山の湯

    京都府 / 京都市内

    日帰り
  • 壬生温泉 はなの湯

    壬生温泉 はなの湯

    京都府 / 京都市内

    日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる