本文へジャンプします。

小浜温泉 脇浜共同浴場の探訪記詳細「昭和12年築!風情最高の共同浴場!」

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる
  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
4.6点 / 7件

みんなでつくる温泉探訪記

[15/04/05 12:13] コメント数:2 小松 歩

昭和12年築!風情最高の共同浴場!

[長崎県] 小浜温泉 脇浜共同浴場

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

小松 歩 (こまつ あゆむ) 称号:温泉ソムリエ
1021494106
龍

東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター)。
交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床にて、車でヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は1,500以上。

こんにちは。長崎県雲仙市。島原半島の西側に位置する小浜温泉は、橘湾を臨む風光明媚な温泉地。あちらこちらに湯けむりが上がり、風情も抜群!そして湧出する源泉の温度は、なんと105度…もう沸騰しちゃってます(笑)。それにちなんで、105メートルの足湯があったりと、温泉街散策も楽しい温泉地です(足湯は日本一の長さだそうです)。

昭和12年築

記事画像 一見、漁師の番屋のようです…

今回ご紹介する施設は、風情ある小浜温泉の中でも、トップレベルの風情を持つ「脇浜共同浴場」です。ここは昭和12年築で、なんと80年近くの歴史を持つ共同浴場。建物も当時のまま残されています。漁師町にあるため、外観は一見、漁師の番屋のようです。

館内も超レトロ

記事画像 昭和にタイムスリップ

古き良き番台スタイルの館内は、昭和にタイムスリップしたかのような、超レトロな雰囲気。銭湯ではお馴染み、あのマッサージ機も現役バリバリです。オープン当時(昭和12年)の掲示物もそのまま残され、最新の温泉分析書は昭和33年のもの。まるで、歴史資料館に来たかのような気分にもなります。ちなみに、入浴料は150円。信じられないくらいの激安です。

長崎県の「まちづくり景観資産」に認定

記事画像 是非この先も残してほしい施設です

脇浜共同浴場は、地域景観のシンボルとして、長崎県の「まちづくり景観資産」に認定されています。昭和のまま時間が止まったような、この貴重な建造物を、是非この先も残して行ってほしいですね。

お湯も一級品

記事画像 新鮮な小浜の湯を堪能

お風呂は共同浴場らしく、内湯のみとなっています。真ん中で仕切られた浴槽は、15人ほどが一度に入れそうな大きさです。
泉質は、ナトリウム-塩化物泉。典型的な海の温泉といった感じです。無色透明のお湯は、源泉温度が100度近い高温のため、加水してのかけ流しですが、源泉本来の「潮の香り」が感じられ、湯口からは、ほのかに硫黄と石油の香りも感じられました。もちろん、浴槽の温度は熱めで、しゃきっと元気になれます。また、湯口にはコップがあり、飲んでみると薄めのみそ汁ぐらいの濃さで、とても美味しく、ガブガブ行けちゃいます。
常連さん曰く、飲むと胃腸に効き、入れば傷やあせもはすぐ治るほど、効能も抜群なんだそうですよ。

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る

この温泉探訪記へのコメント

  • 小松 歩

    小松 歩 [15/04/15 20:50]

    TAKEさん、コメントありがとうございます。

    僕がお伺いした時の番台はご主人でしたよ!
    これからも永く続けてほしいですね!

  • TAKE

    TAKE [15/04/09 20:15]

    ご主人はお元気でしたか?永く続くといいですね。

2件中 1件~2件を表示

 1 

2件中 1件~2件を表示

エリアから温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

TOPへ戻る
TOPへ戻る