本文へジャンプします。

ホテル礼文<礼文島>の口コミ情報花の浮島の絶景湯宿

【共通ヘッダー、トップ大小、特集トップ大】おうちでお風呂を楽しもうCP

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

北海道 ホテル礼文<礼文島>

宿泊

評価 4 4.0点 / 1件

場所北海道/礼文

お湯 0  - 点

施設 0  - 点

サービス 0  - 点

飲食 0  - 点

  • この施設の基本情報
  • この施設の口コミをする
  • 同じ都道府県にある温泉宿を探す

口コミ詳細

  • 花の浮島の絶景湯宿

    投稿日:2019年5月24日

    花の浮島の絶景湯宿 ホテル礼文<礼文島>

    きくりんさん [入浴日: 2018年9月2日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    55.0点

    礼文島の香深港フェリーターミナルの斜め前に佇む、オーシャンビューの鉄筋7階建の温泉付きホテル。せっかく日本最北の離島に渡ったので、日曜日に一泊二食付で利用してみました。

    この日は、5階のツインルームに宿泊。窓から目に飛び込むのは、港と海に浮かぶ利尻富士を望む雄大な眺め。夕暮れ時にこの景色を目にするだけでも、開放感と北の離島への旅情に包まれます。

    浴衣に着替え、エレベーターで7階の展望浴場「富士見湯」へ。男女入替わりで、男湯は右手の露天風呂の無い方です。棚に籐籠が並ぶ脱衣場には、ドライヤーも完備。浴室に入ると、右手奥に7人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、資生堂製です。

    左側の窓際に、6人サイズのタイル張り石枠内湯が2槽あり、いずれも無色透明のナトリウムー塩化物・硫酸塩泉(源泉名: 礼文うすゆきの湯)が満ちています。泉温50.2℃を加水なし・加温ありで、手前の湯口がある方は42℃位、奥の湯口が無い方は41℃位で供給。仕切りに穴があり、浴槽内で繋がっています。PH8.6ながら、やや肌がスベスベする浴感。循環・消毒ありで、湯口の湯を口に含むと無味塩素臭。湯使いが残念ですが、窓から利尻富士を眺めつつ、時間帯が良かったのか貸切状態でまったりできました。

    夕食は、3階の食事処「澄海」で旬の海の幸に舌鼓。お品書き付で、食前酒はハスカップワインに始まり、先付に生雲丹とイクラ醤油漬け。前菜は、鰊の数の子昆布・ツブわさび・蟹の煮こごり・真鱈子のうま煮・中華ワカメ・帆立の昆布和えが出て、この時点でテンションはMAX。最北の酒造と言われる、國稀酒造の地酒「雪さび」がすすみます。造りは、サーモン・帆立貝・牡丹海老・北寄貝。貝が、新鮮でプリプリです。小鍋は法華のちゃんちゃん焼きで、熱々で供され美味い。炊合わせは、富良野産の雪の下ジャガ芋の蟹身餡掛け。揚物は、蟹の新引揚げを抹茶塩で。地魚はヤナギノマエの唐揚げ煮びたしと続き、食事に白飯・とろろ昆布汁・香の物。水菓子にパンナコッタのミント添えでお腹一杯になりました。

    翌朝は、男女入替えとなった左手にある露天風呂付の大浴場へ。棚に籐籠が並ぶ脱衣場には、こちらもドライヤーあり。三面ガラス窓の明るい浴室に入ると、左側に6人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、同じ資生堂製です。

    窓際にタイル張り石枠内湯が2槽あり、湯口がある奥の8人サイズの方は42℃位で、手前の6人サイズの方は41℃位。利尻富士がより間近に見え、迫力のある景色です。

    続いて、外の露天風呂へ。浮玉が置かれ、港町の風情を醸し出しています。屋根付き3人サイズの石造り浴槽があり、湯温は41℃位。最高の景色の朝風呂を、楽しませていただきました。

    朝食は、昨晩と同じ食事処で鮭塩焼主菜の和定食。7時~7時半の間に食事処に行かねばならず、行動がちょっと制限されます。煮物やモズク酢、温泉玉子が付きますが、北寄のマヨネーズ和えや昆布巻、焼き海苔の代わりに利尻昆布くらいしかなく、地域色が少なかったのは残念かな。

    とはいえ、部屋からの素晴らしい景色とアクセスの良さ、海の幸三昧の夕食は、特筆に値するものです。湯使いさえ良ければ三拍子揃うので、日帰り温泉施設「うすゆきの湯」のように、源泉かけ流し浴槽も是非造って欲しい湯宿でした。

    主な成分: ナトリウムイオン362.1mg、アンモニウムイオン0.2mg、カルシウムイオン55.8mg、第一鉄イオン0.2mg、フッ素イオン4.5mg、塩素イオン330.3mg、硫化水素イオン0.2mg、硫酸イオン372.2mg、炭酸水素イオン24.9mg、炭酸イオン12.1mg、メタケイ酸38.1mg、メタホウ酸13.9mg、遊離二酸化炭素0.1mg、成分総計1.219g
    ※なお、脱衣場に貼られていた分析書は平成20年のものでしたが参考までに
    (日帰り温泉「うすゆきの湯」には、最新の分析書がありました)

    参考になった!

    14人が参考にしています

「 ホテル礼文<礼文島> 」 の口コミ一覧に戻る

このエリアの週間ランキング

  • 蘭越町交流促進センター 雪秩父(旧 国民宿舎雪秩父)

    蘭越町交流促進センター 雪秩父(旧 国民宿舎雪秩父)

    北海道 / ニセコ / ニセコ湯本温泉

    日帰り
  • 杜のSPA神楽

    杜のSPA神楽

    北海道 / 旭川

  • 函館健康センター 湯都里(ゆとり)

    函館健康センター 湯都里(ゆとり)

    北海道 / 函館

    日帰り

  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる