本文へジャンプします。

ゆふいん 束ノ間(旧 庄屋の館)の探訪記詳細「メタケイ酸たっぷりのブルーの大露天風呂!」

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる
  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
4.2点 / 46件

みんなでつくる温泉探訪記

[16/03/27 23:22] コメント数:0 ΨあやΨ

メタケイ酸たっぷりのブルーの大露天風呂!

[大分県] ゆふいん 束ノ間(旧 庄屋の館)

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

ΨあやΨ 称号:温泉ソムリエ
2022410
ネコ

神奈川県在住の温泉ソムリエブロガー。
2歳の女の子ママとして、子連れ温泉旅行を楽しんでいます♪

今回の大分温泉旅行のラストは、「由布院温泉 庄屋の館」の日帰り入浴(9:30~16:00 800円)に入りました。おんせん県おおいたの「シンフロ」(温泉でシンクロをする動画)でラストを飾る、ブルーのお湯が美しいと評判の温泉です。

温泉付き離れが点在するハイクラスなお宿

記事画像 大露天風呂は一番上にあります

庄屋の館は、約5,000坪の敷地にゆったりと配された温泉付き離れが点在するハイクラスなお宿。宿泊者の駐車場は近くに停められますが、日帰り利用は最下段に停めて階段を上ります。途中、受付で料金を払い、まだまだ最上段まで上ります。

メタケイ酸が594mgの美肌の湯

記事画像 池のような大きな露天風呂です

七里田温泉を出たときは晴天だったお天気も湯布院に着くと雪になっており、たった3時間でけっこうな雪景色に…。庄屋の館のブルーのお湯が鮮やかな大露天風呂は、まさかの雪景色で楽しむこととなりました。内湯なしの露天だけのため、全裸で外に出た瞬間は凍えるほど寒いです…。

ナトリウム-塩化物泉のお湯は、メタケイ酸が594mgと豊富に含まれているのが特徴。メタケイ酸効果でまろやかでやわらかく、白い細かい湯の花が見られました。お湯がブルーになるのは成分や環境の化学反応で、湧き出たときは無色透明、空気に触れて時間がたつにつれて濃さを増すとのことです。

雪見露天も風情があって素敵なのですが、内湯で温まることができず、屋根がある部分の端は38℃と芯まで温まることは不可能。後から知ったのですが、洗い場に近い湯口は熱いお湯が出ていたらしく、たしかにその辺りに3人ほど入っていたかも…。
洗い場も露天で、カランと継続シャワーが5つあり、シャンプー・コンディショナー・ボディソープが設置。もう帰るだけなので髪も洗ってしまおうと思ったのが失敗で、雪が降りしきる中、露天の洗い場での洗髪は狂気の沙汰でした…。

湯上り後に休憩できる売店

記事画像 雑貨の販売もありました

大露天風呂の建物には、イートインスペースを併設した売店がありました。
庄屋の冷たいお水(500ml)、湯あがりちょこっとかき氷、湯あがり(拘り・ほろ苦)アイスコーヒー、庄屋の手作りカップアイス(バニラ)などがいただけます。

景色を眺めながらのカフェタイム

記事画像 ほっこり癒されるひと時です

私は、1日20個限定の温泉入りプリン(300円)と温泉入りの温泉まんじゅう(100円)をいただきました。
売店には源泉が供給されており、カップに注いで飲泉できます。こちらの源泉を見ると透明なのがわかりますが、時間がたつとあのブルーになるのが不思議です。飲泉の適応症は慢性消化器病・慢性便秘ですが(腎臓病・高血圧症は禁忌症)、1日の摂取量は150ccくらいがいいそうです。

窓の外の景色を眺めながら、プリンと温泉まんじゅうと源泉でカフェタイム。手作りのプリンはほどよい固さで、カラメルも美味。源泉はやや匂いがありますが、さほどクセもなくて飲みやすいです。

そうこうしている間に、どんどん雪は降り積もり…。大露天でわずかに温まった身体は駐車場に着くまでに冷えてしまいましたが、メタケイ酸の恩恵を受けた肌は翌日もスベスベでした。

■ 源泉:旅館 庄屋の館
■ 泉質:ナトリウム-塩化物泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
■ 泉温:90.5℃(気温10.9℃)
■ 湧出:-(掘削 500m自噴)
■ 濃度:pH8.8
■ 総計:2.056g/kg(メタケイ酸594.0mg)
■ 形態:加水- 加温- 循環× 消毒-

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


エリアから温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

TOPへ戻る
TOPへ戻る