本文へジャンプします。

羅臼温泉 熊の湯の探訪記詳細「知床横断道路の無料で入れる硫黄泉「羅臼温泉 熊の湯」と間欠泉」

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる
  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
4.2点 / 37件

みんなでつくる温泉探訪記

[15/10/10 17:40] コメント数:0 ΨあやΨ

知床横断道路の無料で入れる硫黄泉「羅臼温泉 熊の湯」と間欠泉

[北海道] 羅臼温泉 熊の湯

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

ΨあやΨ (ΨあやΨ) 称号:温泉ソムリエ
7556544
サル

神奈川県在住の温泉ソムリエブロガー。
ゴルフ・スノボ・ダイビング・レーシングカートの趣味を経て、現在は温泉に夢中な自由人。楽してきれいになるズボラ温泉美容道を探求中!

7月の海の日連休に、北海道の道東に旅行に行ってきました。初日は女満別空港から網走を観光して知床のウトロに宿泊、翌日は知床をクルーズで観光し、野湯に入りながら羅臼、宿泊は川湯温泉。最終日は摩周湖・屈斜路湖・阿寒湖を観光し、釧路湿原を展望台から眺めて釧路空港から帰る2泊3日のプランです。

羅臼温泉 熊の湯

記事画像 男女別の露天風呂なので女性も安心

知床から羅臼に向かう知床横断道路のほぼ羅臼寄りにある「羅臼温泉 熊の湯」。ウトロからは知床峠を越えて向かいます。
数台ある駐車場に車を停めて橋を渡り、坂を下ると見える温泉小屋が熊の湯です。男女別の露天風呂は、小屋の中に脱衣所あり。手前の女湯は扉がありますが、男湯は衝立がなくそのまま露天風呂なので、覗きに行くと丸見えです。

熊の湯入浴10ヶ条

記事画像 ボランティアの方々に感謝してお湯をいただきます

脱衣所には、「熊の湯入浴10ヶ条」(羅臼町、羅臼町観光協会、熊の湯愛好会)が掲示されていました。内容は、注意書きを読むこと、かけ湯、温度管理、飲泉、掃除のお手伝いなど。
ボランティアが掃除・除雪をしているので、感謝の気持ちを忘れずに入浴するよう説かれています。「読む余裕がなく急いでいる方は入浴せずにお帰りください」との厳しいお言葉も…。

大自然の中の素晴らしい硫黄泉

記事画像 源泉は高温ですが飲泉も可能です

大自然に囲まれた露天風呂!熊の湯はマイルドな硫黄泉で、ツルスベの浴感。硫化水素臭があり、硫黄が感じられるpH7.3のやさしい温泉で、飲泉もできます。
浴槽の脇には、熱交換のパイプがありました。源泉は77.4℃と高温なので、ホースでの加水もあります。久しぶりの硫黄泉が嬉しくて長湯していたら、湯上り後も汗がなかなか引かないほど温まりました。
景色もお湯も素晴らしい温泉がいただけて、地元の熊の湯愛好会の皆さんに感謝です。

羅臼ビジターセンター敷地内の間欠泉

記事画像 初めて見る間欠泉に感動!

その後、近くにある「羅臼ビジターセンター」で間欠泉が見られるとのことで寄ってみました。間欠泉が噴出するのは1時間ごとに数分だそうで、センターで目安の時間を教えてもらえます。
間欠泉の場所まで5分ほど歩き、さらに10分ほど待っていると…、突如お湯が噴き出てきました!以前よりも勢いが弱まっているとのことでしたが、2分ほどは見られたと思います。
初めて見た間欠泉、温泉地では覆いを作って有料のところもありますが、羅臼は無料で見られて感激です。

■ 源泉:羅臼温泉(4号井・5号井の混合)
■ 泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉(低張性・中性・高温泉)
■ 泉温:77.4℃(気温16.9℃)
■ pH :7.3
■ 形態:加水△(ホース)、加温×、循環×、消毒×

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


エリアから温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

TOPへ戻る
TOPへ戻る