本文へジャンプします。

都幾川温泉 旅館とき川の探訪記詳細「pH11.3の強アルカリ泉と季節の柚子会席を味わえる1日4組限定の日帰り貸切温泉」

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる
  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
0.0点 / 0件

みんなでつくる温泉探訪記

[15/12/04 17:16] コメント数:0 ΨあやΨ

pH11.3の強アルカリ泉と季節の柚子会席を味わえる1日4組限定の日帰り貸切温泉

[埼玉県] 都幾川温泉 旅館とき川

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

ΨあやΨ (ΨあやΨ) 称号:温泉ソムリエ
7556544
サル

神奈川県在住の温泉ソムリエブロガー。
ゴルフ・スノボ・ダイビング・レーシングカートの趣味を経て、現在は温泉に夢中な自由人。楽してきれいになるズボラ温泉美容道を探求中!

都幾川温泉は、pH11.3の日本一の強アルカリ性温泉の一軒宿。宿泊ではなく日帰り利用で、2部屋を昼の部(11:00~15:00)・夕の部(16:00~20:00)の2回に分けて1日4組限定です。そのため予約が取りにくく、週末は1ヶ月前からの予約がお勧め。私も行ってみたいと思いながらも数年がたち、満を持しての訪問です。

埼玉ときがわ町の山の中の一軒宿

記事画像 山に抱かれるように佇む「都幾川温泉 旅館とき川」

埼玉県のときがわ町は関越道東松山ICから20kmで、ICを降りてからは40分ほど。最後は細い舗装山道を走り、自然豊かな山間にある旅館に着きました。電車で行く場合は、JR八高線の明覚駅、東武東上線の武蔵嵐山駅・小川町駅、東武越生線の越生駅からバス。昼の部の行きのみ明覚駅から送迎サービスがあります。

車4台が停められる駐車場には、大きな実がなる柚子の木がありました。昼の部を予約したので11時少し前に伺うと、和服の仲居さんが出迎えてくれました。館内の至るところに生花が活けられ、洗練された旅館の雰囲気が落ち着きます。

小物にこだわった純和風の貸切個室

記事画像 時計のない室内で日常から離れてリラックス

やまぶきとあじさいの2部屋があり、私たちは奥のやまぶきに案内されました。2間続きになっており、室内の小物などにもこだわりが伺えます。小さなテレビが1台ありますが、日常を持ち込むのはもったいない!

最初に、抹茶と柚子羊羹をいただき、浴衣(女性は10種類、男性は4種類)を選びます。タオルやアメニティは浴室に完備。女性用のスキンケアグッズもすべて揃っているので、手ぶらで行っても大丈夫。源泉にひたして使う簡易パックも備えられていました。

pH11.3の日本一の強アルカリ性温泉

記事画像 強アルカリ泉の湯上りは保湿もお忘れなく

浴室は、手前にシャワーとカランが3つ、奥に檜と天然石造りの浴槽があります。都幾川温泉は1990年に掘削され、2014年にリニューアルオープンした温泉で、敷地内に天然温泉が湧出している自家源泉。源泉100%掛け流しにこだわり、加水・循環・消毒なしで加温(源泉14.9℃)して掛け流すという贅沢!しかも、温泉が酸化するからと毎晩お湯を抜き、毎分2.4Lの自然湧出のお湯を朝からためて1日4組のためだけに提供しています。

11時の段階ではお湯が熱く、軽く湯もみして入りました。pH11.3の強アルカリ泉は日本一で、高校の化学の教科書にも載るほど!pH10以上の強アルカリ性温泉は強い石鹸のようなもので、肌の汚れや皮脂などのたんぱく質を取り除き、その反応でヌルヌルしたように感じます。最初はヌルスベの浴感でしたが2度目に入ったときはさらにヌルヌル感が強くなったので、入れば入るほど効果が感じられます。
都幾川温泉は泉質名はつかず、メタケイ酸の項で温泉法の温泉に適応。メタケイ酸は温泉に含まれている天然の保湿成分で、肌のセラミドを整える作用があり、こちらも美肌の湯の条件。分析書によると含有量が54.1mg以上なので、合わせて美肌の湯となっています。

お風呂あがりの肌はスベスベで、美肌の湯の恩恵を受けています。ただ、強アルカリ泉は必要な油分も落としてしまうので、入浴後は保湿が必須。廊下に源泉使用の温泉ミストがあったのでお借りしました。可能なら、帰る前にはこっくり系のクリームで油分を与えて蓋をしてしまうとより効果が得られます。

化学調味料を用いずに丁寧に作られた柚子薬膳料理

記事画像 こだわりの器にも注目です

お風呂のあとは、お部屋に戻って柚子薬膳料理の会席ランチをいただきます。内容は季節によって変わり、品書きには「神無月の柚子薬膳料理」とありました。

食前酒 ゆずワイン(ゆず)
前菜 ゆず豆腐(ゆず・生姜・ねぎ)、とき川まんじゅう(山芋・くり)、里芋のゆず味噌掛け(ゆず)、大根の煮物(干しいたけ)
凌ぎ 茶碗蒸し(ぎんなん)
中皿 ゆず小鉢(ゆず)
焼物 岩魚の塩焼き(はじかみ)
酢の物 菊花かぶ(しそ・ゆず)
揚物 うの花のとき川揚げ(山芋・ねぎ)
ごはん 薬膳ごはん(きび・あわ・ひえ)
お吸い物 三つ葉・しめじ
香の物 みそ漬け
水菓子 季節の果実

たっぷりの柚子がお料理に風味を添えています。器もそれぞれに可愛くて、目でも舌でも楽しめるお料理です。コースでいただく会席なので女性にはボリューム十分、化学調味料は使用していないという丁寧に作られたお料理を心ゆくまで満喫しました。大抵の方は車で来ると思うので、食前酒はいいのかな?と思いつつ…。

最後に、女性限定のお土産もいただきました。お土産は、組み立てて使う木の鍋敷き。素晴らしいおもてなしに加え、お土産までいただける心遣いが嬉しいです。
旅館とき川は、貸切温泉と柚子薬膳料理がつき、税抜7,800円(現金のみ)。また何かの記念日やお祝いの際に、日本一の強アルカリ泉と季節のお料理をいただきに伺いたいと思います。

■ 源泉:都幾川温泉
■ 泉質:メタケイ酸の項で温泉法の温泉に適応
■ 泉温:14.9℃(気温19℃)
■ 湧出:毎分2.4L(掘削・自噴)
■ pH :11.3
■ 形態:加水×、加温○、循環×、消毒×

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


エリアから温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

TOPへ戻る
TOPへ戻る