本文へジャンプします。

温川山荘の探訪記詳細「1日バス2便の秘湯!森に抱かれた癒しの混浴露天風呂!」

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる
  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
4.1点 / 17件

みんなでつくる温泉探訪記

[13/11/27 13:59] コメント数:0 小松 歩

1日バス2便の秘湯!森に抱かれた癒しの混浴露天風呂!

[青森県] 温川山荘

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

小松 歩 (こまつ あゆむ) 称号:温泉ソムリエ
1021494106
龍

東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター)。
交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床にて、車でヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は1,500以上。

こんにちは。
青森県は八甲田山や十和田湖など、魅力的な観光地が多く、雰囲気の良い温泉も多いですよね。そんな八甲田山と十和田湖の近く、黒石市から車で1時間弱のところに、この「温川山荘」はあります。
というわけで、僕の携帯電話も圏外のこの秘湯に行ってきました。

宿は川の向こう側

記事画像 吊り橋を渡ります

温川山荘へは、道路の向かいの駐車場に車を停め、吊り橋を渡って行きます。秘湯感がグングン上がって行きますね!
ちなみに温川山荘は、小説「宮本武蔵」で有名な文豪 吉川英治ゆかりの地のようで、記念碑なんかも建っています。

バスでも行けますが…

記事画像 1日2便!!

ここは黒石駅からバスでも行けます。でも時刻表を見てみると…1日2便!!とっても秘湯感満載ですねー!素敵です!笑
もちろん逆方向の黒石駅行も1日2便です。笑

男女別内湯

記事画像 レトロな雰囲気がいいですね!

内湯は男女別です。シンプルなお風呂ですが、ヒバ作りの床と、タイルの壁が良い雰囲気です。レトロ感も出ていて、とてもリラックスできます。
源泉温度が70℃とそのままではとても入れないので、多少加水はしていますが、かけ流しというのが嬉しいですね!
泉質は、中性で無色透明のナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉。なめらかな肌触りで、温泉独特のほのかに甘い香りがアロマのようで癒されます。

混浴露天風呂

記事画像 ブナの木に囲まれた贅沢空間!

露天風呂は内湯から離れたところにあります。男女別になっている脱衣所を抜けると、広々20人は入れそうな混浴の露天風呂があります。
ブナの緑がキレイで、川のせせらぎを聞きながらの湯浴みはとても贅沢な時間です。夜はランプの灯り、また違った良い雰囲気です。
温泉にガツンと来る個性はないですが、なめらかでお湯に抱かれているような感覚が印象的でした。
湯温は適温で、長湯してもあまり汗はかかなかったのですが、湯上りはずっとポカポカでした。そして、びっくりするほどお肌がプリプリ!!化粧水を塗った後のような肌触りです!さすが美人の湯!

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


エリアから温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

TOPへ戻る
TOPへ戻る