本文へジャンプします。

熱海温泉 山田湯の探訪記詳細「タイル画が素敵!熱海の昭和レトロな共同浴場!」

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる
  • 天然
  • かけ流し
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • 岩盤浴
  • 食事
  • 休憩
  • サウナ
  • 駅近
  • 駐車
評価
3.6点 / 12件

みんなでつくる温泉探訪記

[16/02/28 14:58] コメント数:0 小松 歩

タイル画が素敵!熱海の昭和レトロな共同浴場!

[静岡県] 熱海温泉 山田湯

記事画像

今回の温泉探訪記ガイドはこの人

ユーザ画像

小松 歩 (こまつ あゆむ) 称号:温泉ソムリエ
1021494106
龍

東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター)。
交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床にて、車でヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は1,500以上。

都内から身近な熱海温泉。歓楽的な要素が強く、大型の旅館やホテルの多いイメージですが、古くから地元の方に愛される共同浴場も健在です。
大型の温泉施設は、大浴場等の設備こそ豪華ですが、湯遣いの良さや風情を考えると、共同浴場の圧勝ではないでしょうか。どちらを選ぶかは好みですが、温泉マニア的には、そんな共同浴場に惹かれるところ。今回は、そんな熱海の共同浴場「山田湯」をご紹介します。

狭い路地の先にひっそり佇む「山田湯」

記事画像 のれんはなく、「男湯」「女湯」とあるだけの外観

「山田湯」があるのは、賑やかな温泉街から少し離れた住宅街の中。JR熱海駅からは約2キロの距離です。
車がやっと1台通れるぐらいの狭い路地の先。白い外観の民家の一角に、「山田湯」がひっそりと佇みます。温泉とわかる看板やのれんはなく、扉のガラスに「男湯」「女湯」とさりげなく書いてあるだけ。一見わかりづらい外観が、秘湯感を高め、マニア心をくすぐります。
熱海の共同浴場には珍しく、駐車場を完備。山田湯までの道は狭いですが、駐車場は広く安心です。

昔ながらのシンプルな脱衣所

記事画像 白基調の明るい空間は、学校の体育館の雰囲気

昭和30年代から続く山田湯は、文字通り山田さんが営む民間の共同浴場。料金は300円。入り口の番台で支払い、さらに扉を開け脱衣所へ。
外観同様、白を基調とした明るい脱衣所は、棚があるだけのシンプルな空間。無機質ですが、どこか暖かみのある雰囲気は、昔ながらの学校の体育館のような懐かしさです。

レトロなタイル張りの浴室

記事画像 富士山と水車小屋のタイル画が素敵です!

男女別の浴室は、レトロなタイル張りの明るい空間。湯船は3人サイズのコンパクトなものがひとつと、こちらも外観・脱衣所同様、シンプルなつくりです。シャワーはなく、カランのみの洗い場も、レトロ感たっぷりです。
湯船の上には、富士山と水車小屋の描かれた素敵なタイル画があり、シンプルな浴室の中で目を引く、良いアクセントとなっています。

無色透明、新鮮な熱海の塩化物泉

記事画像 贅沢にかけ流しです!

湯遣いの良さが、共同浴場に惹かれる理由のひとつ。山田湯も例に漏れず、素晴らしい湯遣いの共同浴場です。
泉質は、カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。源泉温度56.2度のため、多少の加水こそありますが、湯遣い良くかけ流しでの利用です。湯量もかなりのもので、浴槽内は常に新鮮。オーバーフローもかなりのものです。
無色透明なお湯は、ツルスベ感とキシキシ感を同居するやさしい肌触り。しばらく浸かっていると、肌を包み込むような感覚が化粧水のよう。特徴的な香りはありませんが、舐めるとほのかな甘味と塩ダシ味を感じ、湯上りはさらさらポカポカ。タイル画を眺めながらの湯浴みは、昭和にタイムスリップしたかのような癒しの時間です。
昨年末の水口第一・第二浴場の営業終了は衝撃的でしたが、いつまでも残って欲しいと感じる共同浴場です。

この記事を報告する

この記事の投稿者を見る


エリアから温泉・日帰り温泉・スーパー銭湯を探す

TOPへ戻る
TOPへ戻る