在此尋找最適合您的私房秘湯!

Shitanyu(下ん湯)

大分縣 / yufuinshuuhen / yufuin

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0

4.0

設施情報

地址 大分縣 由布市湯布院町川上岳本
路徑
Takeshihon比JR久大本線由布院站,20分鐘步行到金秤湖區
泉質分類 溫和性溫泉
服務 美容・按摩
溫泉特徵 天然溫泉, 泉源溫泉, 露天浴池

評論

  • 2015/01/26

    ぐまニスト

    場所の詳細を知らないまま、日が暮れた後に由布院駅から程近い宿より約30分かけて徒歩で行きましたが、湯の坪街道は日中の賑わいが嘘のように静まり返っていて、金鱗湖に到着した時は既に真っ暗だったので、ハダカ電球の灯る茅葺屋根の湯小屋を発見したときは、感激よりもホッとしました。 中には内湯と半露天風呂が縦に並んで配列されております。共同浴場ながら風情は抜群と言ってよく、老若男女を問わず好まれる造りをしています。とはいえ、妙齢の女性の入浴は構造的に難しいでしょう。湯に関しては俗に言う普通の範囲内かと思いますが、感性の鋭い方であれば違いが分かるかも知れません。加水の有無は不明ですが、投入量はまずまずでコンディションは良好でした。この時の温度は内湯・半露天とも42度程度だったと思います。 由布院のイメージにマッチした、ロケーションや造りが実に素晴らしい共同浴場です。一度、金鱗湖の朝霧を見ながら入ってみたいものです。しかし由布院の外国人人気は凄いですね。日本なのに散策しているとアウェイを感じました。

  • 2014/11/01

    baka123456

    湯布院といえば、女性のあこがれの温泉というイメージだったのですが、九州旅行のさいは、時間がなくて立ち寄り湯に2件行っただけでした。そのうちのひとつがこの「下ん湯」でした。 ひとがいっぱいいる観光地のど真ん中に、東屋があって、混浴風呂がありました。 お湯は、もちろん湯布院ですから最高なのですが、なにしろ観光客からも丸見えのロケーションなのは驚きでした。 でも、お湯と雰囲気を楽しんで満足しました。 帰り際、地元の方だと思うおばさんが入ってきました。スゲーなと正直思いました。 また九州に行く機会があれば、ほかの湯布院も経験してみたいと思います。

  • 2014/02/01

    TAKE

    湯布院に当日の宿を取りました。宿にチェックインを済ませてから、温泉街の散策でこちらに訪問してみました。こちらは温泉街の北東辺り、金鱗湖畔に佇む共同湯。近隣には一般利用不可の地元専用の共同湯があり、対しこちらは茅葺屋根とした庵風の佇まいで観光用といった感じです。 さてこちらのお湯は単純泉、泉温 約63℃、ほぼ無臭、無色透明。源泉名は岳本共同温泉。 主な特徴を表す成分としてNa:148.0mg、Ca:12.5mg/炭酸水素:245.0mg、Cl:80.6mg、硫酸:74.7mg/メタケイ:194.0mgといった辺り。 使用状況表示はありません。掛け流しではあるが、若干加水もあるのかな? しかし、湯布院のお湯は若干あつ目ではあるが、冬場は気温が低く冷め易いらしい。そのため、源泉掛け流しといっても良い状態かも知れない。 内湯が43℃付近のあつ湯で、半露天の方がぬる湯の38℃付近となっていました。 地元のおじさんが入って来た。この人は組合員でした。気さくな方で話がなかなか面白い。地元の温泉宿の噂話やら、畜産物の話やら、色々と興味深く聞かせて頂いた。因みにこちらの組合費は年額6000円なのだとか。共同湯の事情により組合費は異なる様で、相場は2~3万程度?かもと思われるので、お安い方かと。都市圏の日帰り施設の回数券10枚綴りで幾ら…の感覚でいえば、しかもお湯のレベルが段違いでは、うらやましい限りであろう。私もこのお湯が家の近所にでもあれば組合員になってもいいかなと思った。しかし、維持管理などお金の問題だけでは済まない苦労もあるかと察する。 茅葺屋根の葺き替えに800万円ほど掛かったらしい。来年(明けての今年)は組合費が上がるとぼやいていた。こちらの入湯料も上がらなければ良いのだが。 景観は正面に竹林、左手方向に池を眺める感じだが、夜間なのでよく判りませんでした。まあしかし、湯屋の雰囲気だけでも悪くなかったです。こういう処は観光客のいない朝晩が良いのですよ。

手機用戶請點擊此處

用手機讀取左邊的二維碼,或者發送郵件鏈接URL。

從附近的溫泉地區查找

從附近的溫泉地查找

篩選

從人氣地區查找

從人氣溫泉地查找

依照觀光景點名稱搜尋

16/1/11

nurusube

powered by Microsoft Translator

X