在此尋找最適合您的私房秘湯!

  • 住宿

Sansuikankawayukinokuni(山水館 川湯きのくに(旧 木の国ホテル))

和歌山縣 / ryuujin / kawayu-wakayama

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0

4.0

設施情報

地址 和歌山縣 田辺市本宮町川湯26
電話 0735-42-0353
官方網站 http://www.urashimachain.co.jp/kinokuni/
路徑
新宮川湯是2分鐘的公交車從車站步行
功效分類 神經痛, 肌肉痛, 關節痛, 消化器官病, 寒性體質(畏寒), 便祕, 肝病
服務 停車場
溫泉特徵 天然溫泉, 露天浴池, 露天浴池

評論

  • 2014/01/14

    シスレー

    タイトル通り、湯守りのスタッフ(男性)が、湯温の確認を定期的にしにきてくれます。 さすがに女性用内風呂にお客さんがいるときは入れないので、確認する時間の間隔があいてしまうこともあるようです。 この日の内湯は最初「この寒空の日にどうして?」という位、低い湯温でした。 露天風呂から帰ってきたらほぼ適温になっていて快適でした。 あとから湯守りのスタッフ(脱衣場で着衣後に遭遇)に聞いたら、冒頭のようなことでなかなか確認できずにすみませんとのこと。 源泉は70度位らしいので、熱いお湯を投入する量やタイミングがあるのかと。 内湯の湯口から流れるお湯は激熱でした。 適温であれば、内湯だけでも心地よいお湯を楽しむことができます。 こちらの露天風呂は、脱衣場に用意してある三種類の湯あみ着を選んで入ることができます。浴衣の裾と袖を切ったような形です。 2、3年前にお隣のみどりやでお借りした茶褐色一色のみの湯あみ着はありませんでした。 露天風呂は混浴ですが、湯あみ着があることで女性のお客さんもそれなりにいました。ただ、さすがに女性おひとりの方はいなかったです。おひとりでいるのかと思うと、必ず彼氏(または旦那さん)がすぐに合流しているようでした。 そういう私も夫が一緒だったので安心してくつろいで、ゆっくりあたたまることができました。 男性客の皆さんも、女性客がいる湯船(数人が入れる大きさのものが全部で4ヶ所あります)に率先して入るような方はいなくて、ここの混浴は湯あみ着があることもあって、比較的混浴マナーは悪くないのかな、と思いました。 宿泊したホテルの窓から露天風呂がほぼ丸見え(2つは上からの目隠しは一応ありますが、食堂がある横からは丸見えです)なので、夜明けが来るとかなり開放的な雰囲気になり、女性客はほとんど見当たらなかったです。 マナーがよい状態が続けば、再訪したい温泉です。

  • 2013/07/27

    TAKE

    湯の峰温泉から川湯温泉を再度尋ねます。 奈良~和歌山の山中とはいえ、昼間は結構暑いです。水風呂が欲しいです。 川湯温泉は前日、露天の方に入れなかったという事もあり、リベンジの意味もあります。 そうだ、川に行こう!という感じです。 この辺は近隣の温泉地まで各々10km以内の圏内に点在しており、温泉の銀座みたいなところですね。移動が比較的楽です。 さて、「きのくに」は先日訪問した「みどりや」のお隣にあるホテルです。 みどりやと同じく「山水館」の名前が付いており、姉妹館となっています。という事はこちらも浦島チェーンです。 元々は同じ系列だったのかどうかは判りません。 こちらでも日帰り入浴を受付けています。H/Pや宿の表側を見ても、日帰り入浴可の表示は一切ないですが。 フロントに確認したところ、営業時間は14:00~19:00、料金は500円なので、みどりやさんより安くなります。 さて、とりあえず入浴ではなく、今回は水着を持ってきたので、まず川に入ってみます。 天然水100%の水風呂。もちろん塩素臭なし。この季節には有難いです。 水は綺麗ですね魚も泳いでいます。小さいけど鮎かアマゴなのか? 川底から自然湧出しているのか、微妙に所々ぬるい感じのする処があり。 手で掘り返したり、石で堰をしてみたりするが、思う様に熱くはなりません。スコップがないと無理だな。 一通り遊んで満足したら、戻って風呂にします。 露天は水着利用されているため、コンディションの維持は難しいと思われ、川遊びの一環という感じ。お湯については内湯で充分です。 さて、こちらのお湯はナトリウム-炭酸水素塩-塩化物泉、泉温 約71℃、硫黄臭、ほぼ無色透明、白い湯の花あり。 源泉名は川湯浦島湯となっています。…って何てことはない。みどりやさんと同じ源泉ですね。 こちらには原表表示がある。しかし、みどりやさんの表示とは泉温がまた違ったりして??? 施設には使用状況表示はなく、循環出入りも見当たらないため、掛け流しの様に見えますが加水・消毒など詳細不明です。 施設のH/Pでは源泉掛け流しとなってますがねえ。 なお、14時から入浴開始時刻のはずですが、まだ掃除が終わってなかったみたいです。 お客が来ることを想定してなかったのかな? 貸し切り状態でした。 日帰り川遊びでの利用もありかも。

  • 2010/11/23

    鸚鵡鮟鱇

    河原の露天風呂です。天候に恵まれたらここが一番気持ちいいです。

手機用戶請點擊此處

用手機讀取左邊的二維碼,或者發送郵件鏈接URL。

從附近的溫泉地區查找

篩選

從人氣地區查找

從人氣溫泉地查找

依照觀光景點名稱搜尋

16/1/11

nurusube

powered by Microsoft Translator

X