来寻找最适合您的日本温泉吧!

  • 当日往返

Kiriake Onsen(切明温泉)

长野县 / shigakougen / kiriake

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0

4.3

设施情报

地址 长野县 下水内郡栄村切明
路径
通过Wayama JR饭山线Morimiyanohara津南方向的巴士使用从火车站95分钟,终点Wayama下车,出租车5分钟
服务 美容 按摩, 停车场
温泉的特征 当日往返温泉, 露天浴场

评论

  • 2014/11/27

    baka123456

    自分で砂利を掘ると温泉が出るので楽しいです。 しかし、たしかに身体が入れるまでに掘るのは大変であり、他人の造ったものを利用するのが現実的なので、私もそうしました。 (でも足湯ぐらいなら造れるので、それは楽しいです。) 秋山郷は、かつては「秘境」と言われましたが、今は車道もちゃんと舗装され(カーブが多い山道なので注意)、温泉も、切明、和山、小赤沢など点在し、しかもすべて特徴が異なるので、温泉ファンにもお奨めのエリアだと思います。

  • 2014/06/11

    TAKE

    切明温泉は小さな温泉地なので、他の温泉地にある様な共同湯的な施設はありません。しかしながら、こちらにはそれに代わる素晴らしいものがありました。天然足元湧出の河原の露天風呂です。こちらを朝風呂に使ってみました。 さてこちらのお湯は分析書の掲示はありませんが、切明温泉源泉の分析結果とほぼ類似と考えても差し支えないかと。ナトリウム・カルシウム‐塩化物・硫酸塩泉で泉温は50℃以上。主な特徴を表す成分についても省略。使用状況は天然足元湧出泉と川水との混合による掛流しとなります。 こちらには雄川閣さんの近くにある吊り橋から対岸に渡り、左手側の川原一帯です。河原のあちこちから、ふつふつと湧き上がるのが見えますね。橋から100mほど行った辺りに手作りされた露天群があります。温度は季節や川の水位にもよるかと思われるが、川に近い方は非常にぬるいです。丸い井戸の様なものがあり、その周辺が温度帯的にはよろしい感じ。なお、その井戸?の中は50℃以上と思われる熱さなので、そちらに直接入ることは出来ません。こちらはほぼ源泉に近い様ですね。 過去に製作されたものを部分的に改修すれば十分使えますので、スコップなどの道具は特になくても大丈夫です。手頃な大きさの石がゴロゴロ転がっており、それを積み上げたり、底に砂利を敷いてみたりでも手軽に楽しめます。自作したものを○○の湯(○○はご自身のお名前とか)と勝手に命名して、「自家源泉の掛流しだ」と悦に入るのもよろしいかと。夕刻までこちらで遊んでから、旅館に宿泊の流れの方が良いかも知れません。

  • 2013/08/18

    きくりん

    険しい山々に囲まれ、冬場は豪雪地帯としても知られる秋山郷。その最奥にあるのが切明温泉です。祝日の午後、ちょっと寄ってみました。群馬県の野反湖周辺から流れ出た魚野川と、カヤノ平高原に端を発する雑魚川が合流し、中津川と名を変える辺りの河原の一角や川底から温泉が湧き出しています。雄川閣から坂を下りて吊り橋を渡り、看板に従って左へ。木々が茂る細い山道を50m程歩くと、河原に出られます。すでにいくつか湯船のようなものがありますが、苔が浮いていて入れそうにはありません。上流に進むと、川のすぐそぱに8人サイズの丁度いい感じの湯船があり、先客が1人入浴中。湯加減を尋ねると、37℃位と回答。「ご一緒してもいいですか?」と聞くと、快くOKいただけました。その辺の岩の上に脱いだ服を置き、タオル一枚でいざ野天風呂へ。確かにぬるめですが、冷た過ぎることもなく快適です。50℃を越える源泉が湧いているので、川の水がかなり入って来ていたのでしょう。実際、川に面した石囲いの下は手で触ると、川の水を感じて冷たい。一方、湯船の底からは時折プクプクと気泡が上がり、確かに温かい湯が湧き出しています。自分好みの温度を探しては、体を移動。川の水面と、湯船の湯面の高さが一緒で、まさに周りの自然をまるごと感じて、溶け込むような感覚です。後から他の方も来られ、和気あいあいに。中には、スコップ片手にフロンティア精神の旺盛な方もいましたが、途中で力尽き、入れそうなところに入っていました。どうやら自分で一から掘ると、何時間もかかるのだそうです。川のせせらぎと風が心地良かった、夏の野天風呂でした。

手机用户请点击此处

用手机读取左边的二维码,或者发送邮件链接URL。

从附近的温泉地区查找

从附近的温泉地查找

筛选

从人气地区查找

从人气温泉地查找

寻找旅游胜地附近的温泉

16/1/11

nurusube

powered by Microsoft Translator

X