Find your best Onsen in Japan!

  • One Day Trip
  • Lodging

Yufuin Yasuha(杜の湯 ゆふいん泰葉)

Oita / yufuinshuuhen / yufuin

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0

4.2

Point

Originally classified as hydrogen carbonated spring, 「Aoyu」transformed with the elements of high temperature (approx. 100 degrees Celsius) and high pressure (self-flowing).
When you get into the bath it is thick and mild and as you get off the bath your skin gets smooth and well moist, and women especially wouldn’t need lotion after bathing.
The springs is transparent when it gushes from the ground but as time goes by it gradually turns blue. The time when it turns blue depends on conditions such as the weather and so it couldn’t be clearly proven.

Facilities

Address Oita Yufu-shi Yufuin-cho Kawakami1270-48
Telephone 0977-85-2226
Official Website http://www.yasuha.co.jp/

Entrance fees:
・charter outdoor bath【family bath】(partial room fee):river side 50 minutes JPY 2,500、mountain side 50 minutes JPY 2,000
・male and female separated baths JPY 700 (per person)

Business hours 8:00PM last admission
Access
20 minute walk or 5 minutes by taxi from JR Yufuin Station、20minutes walk or 5 minutes by taxi from Highway Busy Toyonokuni Yufuin
Types of hot springs Hydrogen Carbonate Springs
Equipments Shampoo, Restaurants, Hair Dryers
Services Restaurants, Beauty Salons, Massages, Rest Areas, WiFi, Parkings
Characteristics of hot springs One Day Hot Spring, One Day Bathing, Natural Hot Spring, Hot Spring Source , Open Air Bath, Private Bath, Family Bath, Reserved Open Air Bath, Turbid Hot Spring

Reviews

  • 2015/05/10

    organic

    湯布院温泉街から少し山を登った高台の細い路地の奥、少々分かりにくい場所にある、青い湯で有名な温泉旅館です。旅館とは別に小さな湯小屋がたくさんあり、日帰り入浴専用の受付で700円を払い、内湯のみ入浴が可能です。他に多くの借切り露天風呂も有り、郡司さんから日本一の青湯のお墨付きを貰ったとのこと。しかし、この日のお湯はそれほど青くはなく、僅かに青み掛かった透明なお湯で、その分鮮度が良いということでしょうか?実際に入ってみると、肌のツルツル感が感じられ、微量の泡付きもありました。浴室は綺麗で清潔感があるが、数人が入浴したら一杯になる程度の広さです。時を変えて、また立寄りたいと思いました。

  • 2014/01/11

    一人旅温泉巡り男

    【源泉温度】98.4℃ 【成分総計と泉質】2,007g ナトリウムー塩化物泉 【色】かすかな青 【におい】少青湯 【味】かすかな塩 【浴感】肌つる 【温泉利用状況】掛け流し 【感想】受付をして、4~5人くらいのこぢんまりした槽がある内湯に通された。青湯として郡司さんのコメントが表示されているなど、入る前からワクワクがとまりません。浴槽の湯は、かすかに青いかなぁという具合でものすごく青いという訳ではありません。においは、青湯臭・・・強いにおいではないのだがモンワリとしたにおいで他の青湯にも共通するにおいで言葉での表現がなかなか難しいものがあります。味は成分通りかすかな塩味で、浴感はトロトロつるつるです。青湯の原因となっているメタケイ酸は天然の保湿成分でもあるので肌に良い効果をもたらしますし、99,6mgというCO3がつるつるの強化に加勢しています。九州温泉道認定施設。 

  • 2011/07/09

    ごんごん

    立ち寄り入浴で男女別浴場を利用させていただきました。 泰葉さんの立ち寄り入浴用施設とお食事処は、母屋から坂を80mほど下った別棟にあり、日帰り利用者専用の駐車場も用意されています。 日帰り入浴用の男女別浴場は「大浴場」とは呼べないようなこぢんまりとした建物ですが、奥にある大きな煙突からモクモクと立ち上る湯煙にお湯への期待が高まります。 脱衣所も浴室もシンプルですが、新しくて清潔感があり、ドライヤーも用意されています。 浴室は内湯1つのみで、湯船は3~4人サイズぐらい。入浴料が500円と、フェイスタオル付きとはいえ、九州としてはお高めの設定なので、最初は「え?これだけ・・・?」と思ってしまいました。 けれど、お湯に身を沈めると「あ~、なるほど!」という感じでした。 「ガリガリ君ソーダ味」を淡~くしたような色のお湯(コンデジでこの微妙なブルーの再現は無理!)は、肌の上にゼリーがコーティングするような独特の肌触り。まるで身体がジュンサイになったような感覚です。 庄屋の館さんからさほど距離が離れておらず、同じコバルトブルーのお湯ということで、同じようなお湯を想像していたのですが、はるかに浴感が強く、はっきりとした美肌効果が感じられます。もしかすると、一瞬「え?」と思うほどの湯船の小ささこそが、この鮮烈な浴感を可能にしているのかもしれません。 お湯が新鮮ゆえ、色は透明に近いですが、「美肌効果>>>>>お湯の色」のごんごんにとってはとても満足度が高かったです。保温効果が高くてすぐに汗がどっと出てくるので、長湯ができないのが残念でした。水風呂があったら最高だろうな~と思います。 画像は析出物(メタケイ酸・食塩等)が層になった湯口です。 湯船の湯口付近も、析出物で白くなっています。

Cell-phone call

Please access by scanning the barcode at the left or sending the access URL by email.

Search by areas near by

Search by hot springs near by

Pick ups

Search by popular areas

Search by popular hot springs

Search Onsen near the tourist attractions.

16/1/11

nurusube

powered by Microsoft Translator

X