Find your best Onsen in Japan!

  • One Day Trip

Nishimera Onsen Karikobozu No Yu Yutaato(西米良温泉カリコボーズの湯ゆた~と)

Miyazaki / saito

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0

4.2

Facilities

Address Miyazaki 児湯郡西米良村村所260-6
Telephone 0983-41-4126
Official Website http://www.yutato.com/

Entrance fees: 400 yen (adult) / 250 yen (elementary and junior high school students) Nagomi hot water charter Rate: 1,500 yen / hour (※ bathing fee another)

Business hours November to March: 10:00 to 21:00 April to October: 10:00 to 22:00
Business Holidays Third Wednesday January 1  
Access
1 hour from Miyako City, a 3-minute walk from JR Nippō Main Line Minami-Miyazaki Station Miyazakikotsu bus Saito Bus Center bound, Saito transfer 1 hour and 30 minutes to Miyazakikotsu bus Murasho bound in the bus center, twins get off, a 5-minute walk, a 30-minute drive from Yunomae Station
Types of hot springs Hydrogen Carbonate Springs
Types of effectiveness Skin Disease, Neuralgic, Muscle Pains, Joint Pains, Frozen Shoulder, Motor Paralysis, Bruises, Sprains, Enteropathy, Bad Circulation, Incised Wounds, Burns
Equipments Restaurants, Suvenirs, Milky Lotion
Services Restaurants, Beauty Salons, Massages, Rest Areas, WiFi, Parkings
Characteristics of hot springs One Day Hot Spring, One Day Bathing, Open Air Bath, Private Bath, Family Bath, Sauna

Reviews

  • 2015/05/31

    TAKE

    こちらは西米良村の地元公共施設です。位置的には宮崎から北西方向に直線距離で40kmにある山村です。施設の印象としては、全国各地によくある今時な感じの施設と云えば、だいたい雰囲気的には判るでしょうか。見栄えはしますけどね。それなりに公費を掛けて箱物を造れば、だいたいこういった感じにはなります。利用料金は400円でした。山村なのでロケーション的には悪くないと思いますが。温泉施設として、肝心なお湯がどうなのかは気になる処です。 さてこちらのお湯はナトリウム-炭酸水素塩泉、泉温35.1℃、源泉名は西米良温泉。主な成分はNa:387.6mg、NH4:3.0mg、Ca:1.6mg、Al:0.3mg、Mg:0.2mg/炭酸水素:932.3mg、CO3:36.7mg、Cl:34.1mg、F:1.3mg、チオ硫酸:0.6mg/メタホウ:26.9mg、メタケイ:18.9mg。溶存物質(ガス性除く):1451mg/kg、総硫黄:0.3mg、pH:8.5。 使用状況は加温:あり、循環ろ過:あり、消毒:塩素消毒ありの表示です。 お湯の特徴としてはほぼ純粋な重曹泉です。宮崎は霧島山系から離れると、どうしても泉温が低めになってしまいますね。やはり、残念な感じの湯使いとなっている様です。 内湯は御影調と木造りで統一された雰囲気。見栄えはするが、浴場に入ると共に雰囲気に消毒臭を感知します。 ①主槽はかなり広く約20畳サイズ。バイブラ・ジェットが付加されています。なるほどこれか。と思いました。こちらは適温41℃の具合。 ②小槽は4畳サイズ弱。ややぬるめの40℃の具合でした。 他には半径1間の扇型の水風呂ありです。 湯色はほぼ無色透明。香りは特になし。消毒臭しか感じられません。浴感的にはつる感顕著に出ていますが。 露天岩風呂は14畳サイズで適温41℃の具合となっていました。 正直云って、お湯に関しては残念でした。申し訳ないが、辛点気味となります。南九州地方には重曹泉は多数あるし、それらの良泉と比肩する様な評価は難しいと思います。こちらでは主にロケーションと、お食事処の地産品に期待して下さい。食事はしませんでしたが、地産のサーモン・鹿肉・猪鍋・地鶏・冷や汁など、そちらは気になる感じでしたよ。

  • 2014/08/28

    きくりん

    熊本県との県境、宮崎県西米良村の一ツ瀬川沿いに佇む、日帰り温泉施設。日曜日の午後、温泉博士の特典でタダで(通常400円)利用しました。カリコボーズとは、猟をする時の狩子に似た、古くからこの地に伝わる守り神。また、「ゆた~と」は土地の言葉で「のんびり」とか「ゆったり」という意味なのだとか。正面玄関から左手に進むと、突き当たりに男女別大浴場。この日の男湯は「陽の湯」です(ちなみに女湯は「川の湯」で、毎週男女入替わり)。立派な100円返却式ロッカーが並ぶ脱衣場。木をふんだんに使った、一面ガラス張りの広い浴室。壁に、ウグイスのタイル絵が飾られています。洗い場には、シャンプーやボディソープも完備。中央に20人サイズの石造りL字形内湯があり、うっすら青みがかった透明のナトリウムー炭酸水素塩温泉(源泉名:西米良温泉)が満ちています。源泉35.1℃を、湯温40℃位に加温。PH8.5で、肌がツルツルする浴感です。炭酸水素イオン932.3mg、炭酸イオン36.7mgを含むためでしょうか。手前にジャグジーコーナーと、奥に2本のジェット水流が出ています。隣には、6人サイズの石造り浴槽。こちらは、湯温36℃位でした。続いて、外の露天風呂へ。12人サイズの石造り浴槽で、湯温は40℃位。柵越しに、山々の景色を望めます。飲泉所があり、口に含むと微塩味がしてまろやかな味。あまり混んでいなくて、ゆた~とできました。近くにある、日本一の木造車道橋「かりこぼうず大橋」も、変わった形で一見の価値ありです。

  • 2011/04/26

    よっしー

    小林市から細い道を2時間運転し疲れましたが行く価値はあります。温泉・料理共に申し分ないですが、食事の時地元の中年の団体が酔っ払ってうるさかったのが残念でした。 村内に道の駅はありませんが、近くに夜間トイレが使用できる水の駅があります。

Cell-phone call

Please access by scanning the barcode at the left or sending the access URL by email.

Search by areas near by

Pick ups

Search by popular areas

Search by popular hot springs

Search Onsen near the tourist attractions.

16/1/11

nurusube

powered by Microsoft Translator

X