Find your best Onsen in Japan!

  • One Day Trip

Takamasu Onsen Fudounoyu(高増温泉 不動乃湯)

Aomori / kitatsugaru

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5

4.7

Facilities

Address Aomori 北津軽郡板柳町大字大俵字和田422-3
Telephone 0172-77-2155
Access
By car from JR Gonō Line Itayanagi Station about 11 minutes
Types of hot springs Alkaline Simple Springs, Hydrogen Carbonate Springs, Chloride Springs, Hyperthermal Springs
Services Parkings
Characteristics of hot springs One Day Hot Spring, One Day Bathing

Reviews

  • 2014/10/06

    きくりん

    JR五能線の板柳駅から車で約20分。昭和31年に開業した、歴史ある公衆浴場。土曜日の午前中、りんご畑が広がる県道を車で走っていたら、ナビに出てきたので寄ってみました。狙い通り、鄙びた外観。入口に売店があり、ここで入浴料350円を払います。館内は、何十年変わっていないんだろうと思うほどの鄙び具合。古いマッサージ機の置かれたロビー(廊下)。男女別の浴室前には、お釜ドライヤー(使えないみたいですが)もあります。古いながらも、掃除の行き届いた脱衣場。タイル張りの広い浴室。12人サイズのタイル張りd字形内湯から、うっすら黄褐色のナトリウム-塩化物・炭酸水素温泉[源泉名:高増温泉 2号泉(再)]が、サラサラとオーバーフローしています。源泉43.3℃を、湯量を絞って41℃位でかけ流し。PH8.4ながら、肌がツルツルする浴感です。ナトリウムイオン295.7mg、炭酸イオン18.0mg、メタケイ酸125.0mgを含む影響でしょうか。成分総計1.058g。ふと気がつくと、あっという間に全身アワだらけ。石組みの湯口の湯を、口に含むと石膏臭がして、まろやかな味がします。浴槽の奥には、不動明王の石像が鎮座。隅には、朽ちた打たせ湯もありました。ずっと貸切状態で、素晴らしい湯を満喫。上がっても、なかなか汗が引きませんでした。

  • 2014/02/05

    一人旅温泉巡り男

    【源泉温度】43.3℃ 【成分総計と泉質】1,058g ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉 【色】薄緑 【におい】モール 【味】かすかな塩っ気 【浴感】肌スベ 【温泉利用状況】掛け流し 【感想】見た目は昔ながらの駄菓子店のような感じだなぁと思っていたが、本当にちょっとしたお菓子などが売っていた。350円を払ってそのまま進むと浴室があり、内部は地元の方で賑わっている。内湯のみで槽は長靴のような形で42℃強ぐらいのしっかり温まる湯が注がれています。湯は緑がかったような色をしている所謂モール泉で、モール臭・肌スベ感(モール・炭酸水素ナトリウム・CO3)・微塩っぽさを感知できるやさしい湯。源泉温度が43.3℃で湧出量が360リットルということで、加水やら加温やら気にすることなく掛け流しにできるので湯が新鮮だ。その証拠に体表への泡付きが多く見られ、オーバーフローもしっかり確認できる。経年感のある建物に賑やかな地元、そして泡付き掛け流し温泉という青森の魅力がギュッと詰まった施設です。

  • 2011/08/18

    paw_paw

     青森県北津軽郡板柳町にある温泉銭湯です。「道の駅つるた」から県道249号→137号線へと進んだところにあります。同道の駅からは4-5キロでしょうか。ナビ付き車であれば問題なく着けると思います。  外観はトタン系の仕上げ材を使った渋い建物で年季も感じさせます。内部も鄙び系全開。昭和の面影が色濃く残っており、大事に使い込まれている印象。なんとも私好みで嬉しくなります。  素晴らしく感じのよいご主人に受付をしてもらい早速浴室へ。訪問したのは平日の午後8時頃。調度常連さんたちのお風呂タイムに当たったようで、館内は家族連れも含め結構な賑わい振りでした。  お風呂は男女別の内湯が各一のシンプル構成。先端が丸みを帯びたL字型の湯船が鎮座しています。湯船の奥には、施設名の由来と思われるお不動様の石造が建立されていました。お不動様と一緒に入浴できる施設はそうはないでしょう。  源泉は奥と手前の二ヶ所から投入され、鮮度も抜群。湯はやや茶色掛かった濃い目の煎茶色。あふれ出しも充分で湯口付近では泡付きも確認できました。板柳地域特有のヌルスベした肌当たりも秀逸です。湯温は体感42度弱、ややヘビーでしっかりとした浴感。とても満足のいく湯浴みが楽しめました。  兎に角、生活感のある施設で皆さんおしゃべりを楽しみながら洗体・洗髪をしたりと、とても賑やかです。そんななか一人元気のないお爺ちゃんを発見。いつも一緒に入浴する仲良しさんがまだ姿を見せずションボリしているとのこと。他の方が慰めていると遅れて仲良しお爺さんが登場。悄然としていたお父さんは俄然元気になってなんとも嬉しそう。さっそく互いの背中を流し合っていました。  見ているこちらも心温まる光景で微笑ましい限り。情深い津軽人の一端を垣間見た気がしました。地元住民の生活に寄り添う温泉銭湯では、今夜もこうした小さなドラマが繰り広げられていることでしょう。

Cell-phone call

Please access by scanning the barcode at the left or sending the access URL by email.

Search by areas near by

Pick ups

Search by popular areas

Search by popular hot springs

Search Onsen near the tourist attractions.

16/1/11

nurusube

powered by Microsoft Translator

X