Find your best Onsen in Japan!

  • One Day Trip
  • Lodging

Bihadanoyukinokuniya(美肌の湯 きのくにや)

Kanagawa / hakone / ashinoyu

  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0

3.2

Facilities

Address Kanagawa 足柄下郡箱根町芦之湯8
Telephone 0460-83-7045
Official Website http://bihadanoyu-kinokuniya.com/

Entrance fees: Per person 1,000 yen ※ The use of the day spa is within 2 hours

Business hours Weekday business hours 12:30 - 16:00 ※ Last admission 15 o'clock. Please exit Museum until 16 o'clock.
weekends and holidays business hours 12:30 - 15:00 ※ Last admission 14 o'clock. Please exit hall to 15 o'clock.
Access
Hakone Tozan Railway Hakone Yumoto 30-minute Hakone mountain climbing bus Miyanoshita via Hakone-machi, bound from the station, the hot water of the reed get off immediately
Types of hot springs Alkaline Simple Springs, Sulfur Springs, Lukewarm Springs
Types of effectiveness Skin Disease, Neuralgic, Women's Disease, Backache
Equipments Facial Towels, Bath Towels
Services Beauty Salons, Massages, Parkings
Characteristics of hot springs One Day Hot Spring, One Day Bathing, Open Air Bath, Good for Skin

Reviews

  • 2015/01/02

    TAKE

    芦之湯温泉にやって来ました。こちらは江戸中期創業の老舗宿。瀧廉太郎ゆかりの宿で、療養中に箱根八里を作曲したとのこと。本館玄関前には石碑が見えます。 さてこちらのお湯は2源泉あり。 ①源泉名:黄金湯1・2号=芦之湯 第3,6号混合/単純硫黄泉、泉温31.9℃。主な成分はCa:50.4mg、Na:34.6mg、Mg:14.2mg/硫酸:188mg、炭酸水素:71.8mg、Cl:3.8mg、HS:4.9mg/メタケイ:127mg/H2S:7.0mg。成分総計で522mg/kg、総硫黄は9.4mg。 ②源泉名:揚湯2号泉=芦之湯 第11号/カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉、泉温66.4℃。主な成分はCa:119mg、Na:92.8mg、Mg:34mg/硫酸:440mg、炭酸水素:195mg、Cl:6.8mg、HSiO3:3.7mg、CO3:1.4mg/メタケイ:192mg。成分総計で1098mg/kg。 箱根のお湯としては珍しく、硫黄泉のあるところが特徴かと。 浴場は2カ所、本館入口から入ると手前が「遊香殿」、奥に進むと「貴賓殿」です。源泉①は両浴場に使用、源泉②は貴賓殿に使用。 使用状況表示は浴場によって異なり、以下の通り。 遊香殿は加水:あり(冬季のみ加温のため)、加温:あり、循環:なし、消毒:なし。 貴賓殿は加水:なし、加温:あり、循環:あり、消毒:塩素消毒あり。 「遊香殿」 内湯は5畳サイズ。湯色は透明感のある弱黄色で黒い湯の花あり。湯の香はほぼ無臭。あまり硫黄の香りがしない。飲泉でも?と思うぐらい。槽内はややぬる40℃の具合。湯口も熱くはない。何故か汚れが目立ったのが残念、印象が良くありません。 露天岩風呂は4畳サイズ弱で底がタイル張り。槽内は適温41℃の具合。こちらの湯口も硫黄の香りがもう一つ。冬季のみ加温のため加水とは、お湯か蒸気を使っているのだろうか。このため硫黄が弱くなり今一です。 「神遊風呂」と名付けられている、源泉掛流しのつぼ湯が特筆です。湯口は仄かに温かいが、槽内は冷たく30℃未満。湯口でしっかり硫黄の香、近くの雰囲気にも漂う。湯色は無色透明で白い湯の花あり。残念ながらこの時期は外気温も低く、交互浴が成立し難い。以前の方も云われる様に夏季の方が良いです。 「貴賓殿」 浴場入口周辺のレトロ感は悪くないのですが。浴場の使用状況は上記の通り、残念な感じです。中の様子のみ確認しましたが、こちらを使う気にはなれませんでした。 別途、貸切風呂もあるが、そちらは宿泊者専用なので確認していません。

  • 2013/06/24

    ぽち

    2~3度入りました。残念なのが、湯船を大切にしてない。硫黄泉でも、藻が落ち込むのは残念。 良い湯なのですが、元々周りに温泉宿があるから、壁で閉塞感があります。最近は行かないですが、竹の樋から藻が落ちるのが残念。 少しの工夫が、足りないです。 残念です。

  • 2012/01/04

    きくりん

    年の暮れの午後、日帰り入浴してみました。入浴料1000円を払って、館内へ。まず、大浴場「貴賓殿」から。8人サイズ石造りタイル張り内湯には、うっすら白濁のカルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉が満ちています。泉温は41℃位で、ほのかな硫黄の香り。続いて、外の露天風呂へ。6人サイズ石組み浴槽には、無色透明の高純度重曹芒硝泉。1km離れた湯の花沢からの引き湯とのことで、泉温は43℃位。白や茶色の湯の花も見られます。時間帯が良かったのか、貸切状態で楽しめました。一旦服を着て、次に大浴場「湯香殿」へ。こちらは、先客でなかなかの賑わい。10人サイズ石造りタイル張り内湯には、うっすら白濁の単純硫黄泉が満ちています。泉温は42℃位、黒い湯の花も見られます。外には、8人サイズ石組み露天風呂。こちらは42℃位で、景色は望めませんが、タイル絵などを眺めつつ、まったりして来ました。

Cell-phone call

Please access by scanning the barcode at the left or sending the access URL by email.

Search by areas near by

Search by hot springs near by

Pick ups

Search by popular areas

Search by popular hot springs

Search Onsen near the tourist attractions.

16/1/11

nurusube

powered by Microsoft Translator

X