本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダ】201908夏キャンペーン(PC)

baka123456

baka123456 さん

平均44.1点 / 770件

千葉県在住。
首都圏の温泉、銭湯巡りが中心です。

性別男性 年齢 60歳 住まい千葉
HP指定なし
ブログ指定なし

770件中 11件~20件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 外国人狙い? の温浴テーマパーク

    投稿日:2019年8月1日

    外国人狙い? の温浴テーマパーク湯楽城

    baka123456さん [入浴日: 2019年7月27日 / 5~10時間]

    総合評価 33.0点

    お湯

    22.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    33.0点

    中国資本が25億円かけて作ったという、富里の巨大温浴施設。
    オープンセールで半額の休日1560円ということで訪ねてみました。
    正規料金だと3300円、 凄いな。

    建物正面に浮世絵が並び、その前に噴水という趣向にまず圧倒される。
    大型ホテルのロビーのような入口でバンドをもらい、更衣室で浴衣に着替える。
    アメリカンサイズということで私はSサイズで充分。
    この浴衣を着て江戸の町をそぞろ歩くという「大江戸温浴物語」のような趣向。
    天井はプロジェションマッピングで華やか。(写真)

    風呂は残念ながら温泉ではない。
    ぬる湯、シルク湯、露天、壺湯と色々あるが全て白湯。
    せめて漢方薬湯や炭酸泉くらいあればと思うが、それすらない。
    サウナは新しいので、木の香りがして良い。

    建物内は豪華。
    特にロビーは高級ホテル風で、豪華トイレで一度用を足してみる価値あり。
    非常に空いていて、スタッフは愛想が良く、噴水ショーも面白かった。
    ステージもあるが、まだ仮オープンのせいか特別なイベントはなくて時間を持て余す。

    これだけ広いのに、喫煙所が建物外のテラスに灰皿2つだけという寂しさ。
    西洋人には好評かも知れないが、アジア人からは不満が出るのではなかろうか?
    食事はタッチパネルで注文する方式で、私は和食屋で税込880円のカツ丼を注文。
    想像していたよりは安くて良かった。

    9月からカプセルホテルを営業するようで、外人観光客を狙った施設なのは間違いないが、
    日本人だと「一度行けばいいや」という感じだし、
    外国人が「これが日本の温泉」と思ってしまうのも残念な気はします。

    派手過ぎて、日本的とは言えない面もありますが、エキゾチックで楽しめましたし、
    話のタネにはなるので、安いうちに一度行ってみてよかったとは思います。

  • 空いている

    投稿日:2019年7月26日

    空いているリスパ印西(りすぱいんざい)

    baka123456さん [入浴日: 2019年7月26日 / 5時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    平日、午前仕事の帰り、どうしても涼みたくて1年ぶりに来ました。
    入浴とプールのみのシンプルコースが、55才以上で1000円。
    タオル、髭剃り、歯ブラシ、ナイロンタオル付きですから高くない。

    当然、33度の生源泉に直行、運良く独り占めで堪能出来ました。
    加温掛け流しで36度の壷湯、ガセホ風呂も空いていました。

    変化としては、サウナが以前はスチームサウナだったが、タワー式のドライサウナに変わっていた。
    夏場だけだと思うけど、露天最下段の湯船が井水の水風呂になっていました。
    ガラガラのサウナで寝転がって、その後水風呂は快適、これで岩盤浴コースの必要はないと感じました。
    あと、お金持ち用? の個室スパが出来ていました。

    同じような泉質で、埼玉の「小春日和」や「雅楽の湯」が、ここの10倍くらい人がいることを思うとオススメ出来ます。
    欠点としては、暇そうなスタッフがいっぱい立っていて、なんか監視されているように感じること。
    「私は入浴コースだから、館内着エリアには入らないよ、心配しないで」って言いたくなる。

    毎度言いますが、問題は北総線の運賃で「新鎌ヶ谷~印西牧の原」631円は高すぎる。
    せめて半額なら、夏場は毎週でも行きたい施設です。

  • 硫黄臭のする良泉

    投稿日:2019年7月21日

    硫黄臭のする良泉別所温泉 大湯

    baka123456さん [入浴日: 2019年7月21日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    0 - 点

    長野方面での仕事の後、同僚がせっかくここまで来たら何処かに寄って帰りたい、
    ということで電車で行ける観光地「信州の鎌倉」に連れて行きました。
    私も別所温泉は、北向観音そばの「大師の湯」に行っただけで、ここには入ったことがありませんでした。

    内湯は薄緑色の単純硫黄泉で濃くはないけど、硫黄の香りを楽しむことが出来ます。
    カランも4つほど備え、温泉が出て来ます。
    露天風呂もありますが、そちらは温泉らしくないです。

    地元の人は75円のようですが、
    観光地でありながら、こんな素晴らしい湯を150円で提供して頂けるのは有難い限りです。

  • 絶景露天と田舎の雰囲気

    投稿日:2019年7月20日

    絶景露天と田舎の雰囲気馬曲温泉望郷の湯

    baka123456さん [入浴日: 2019年7月20日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    近くに、仕事で来たついで何年かぶりで訪ねました。
    泉質は、無色透明な単純泉で個性は感じませんが、
    硫酸イオンが多めで、メタケイ酸も100mg以上含み、ツルツル感を感じました。

    景色の良い露天と、身体の洗える内湯を移動するには一旦服を着なければなりませんが、
    どちらの脱衣所にも無料のロッカーがあり便利です。
    紅葉などの季節ではないためか、空いていました。

    観光ポスターだと、崖ギリギリまで湯船になっているように見えますが、これは女湯の方でしょうか?
    ここは珍しく、女湯の方がより景色が良いみたいです。

    ロケーションは全国でもトップクラスと思いますが、
    温泉王国長野としては、湯の個性が弱いので4点としました。

  • 再入浴が可に

    投稿日:2019年7月6日

    再入浴が可に南増尾 健美の湯(けんびのゆ)

    baka123456さん [入浴日: 2019年7月6日 / 5時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    0 - 点

    久しぶりに来てみたらフロアが大きく変わってびっくり。
    受付が、今までの浴室入口から、2階フロア入口に移動。

    中にフィットネスジムが出来ていた。
    (シューズがあれば、入館料のみで使えるらしい)
    受付位置が変わったため、風呂と食堂の行き来が出来るようになった。
    (従来は、土日再入浴不可)

    人工硫黄泉、炭酸泉、日替り薬湯。
    寝転べるほど大きいサウナの他、塩、スチーム3種類のサウナがあるなどの特長は変わらず。

    私にとってジムは無駄な空間で、ここが休憩所だったらベストだが、
    浴室入口脇に畳のお休み処が出来て、休憩スペースは一応確保されている。
    悪くなったのは喫煙所が、隅っこに追いやられ狭くなったこと。

    ともかく、食事休憩後の入浴が出来るようになった点は大きい。
    私もここで初めて、缶酎ハイ飲んで、タバコ吸って再入浴させてもらった。

    今後、来ることが増えそうだ。

  • 東京から1時間の温泉地

    投稿日:2019年7月2日

    東京から1時間の温泉地鶴巻温泉 弘法の里湯(こうぼうのさとゆ)

    baka123456さん [入浴日: 2019年7月2日 / 5時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    22.0点

    東京から一番近い温泉地として知られる、鶴巻温泉を訪ねてみました。
    新宿から1時間という距離もさることながら、運賃が586円という小田急線の安さが神。
    千葉県の北総線や東葉高速鉄道などは、爪の垢を煎じて飲んでもらいたい。

    駅を降りるとすぐ「手湯」の看板、足湯じゃなくて手湯ですが温泉地の風情を醸し出しています。
    はじめ高級旅館の「陣屋」に行ってみたら、入口に送迎用? のロールスロイスが置いてあったりと凄かったが、
    定休日ということだったので、庭と建物の写真だけ撮ってこちらに回りました。

    ここは駅1分、廃業した旅館の跡地に出来た新しい公共施設ですが、駐車場に足湯もあって温泉街らしさは出しています。
    入館料1000円と公共施設にしては高い。
    他旅館の営業を妨害しない価格設定にしているのかも知れない。

    浴室は内湯にひょうたん型の浴槽とスチームサウナ、露天に円形の浴槽があるだけのシンプルなもの。
    内湯と露天は源泉が違い、新源泉である内湯のほうが成分は濃いようですが、
    どちらも無色透明な「カルシウム・ナトリウムー塩化物泉」で、塩味と石膏臭、ツルスベ感があります。
    循環ですから「日本有数のカルシウム含有量」というほどのものは感じませんが、想像以上に良い湯と思いました。
    平日のため客は十数人、人はいるけど混雑という感じではなかった。

    鶴の湯という1時間1000円の露天付き貸切湯があり、ちょっと覗いてみたが結構良さそう。
    もし妻と来るようなことがあれば、使ってみたいと思った。

    二階には広い座敷があって軽食が食べられるので、焼きそばを注文してみたけど、とても500円の価値は感じなくて300円が良いところ。
    しかし、缶ビールの自販機があるのは良い。

    ここの評価点が低いのは、こうした食事がショボいこと、休日混むことなどがありそうだが、温泉豊富な神奈川県としての評価基準でもあるのだろう。
    千葉県民の私としては、これだけ駅近でマトモな湯であれば、4点付けて良いと感じました。

    都市型スーパー銭湯とは違って、温泉地として、ちょっとした旅行気分も味わえるのが魅力。
    機会があれば、他の施設にも行ってみたい。

  • 夏の極楽

    投稿日:2019年6月25日

    夏の極楽湯パーク南柏(ゆパークみなみかしわ)

    baka123456さん [入浴日: 2019年6月25日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    仕事帰りに寄りましたが、露天の宝寿薬湯がヌルめで夏に良い。
    一方、水風呂が20度くらいと逆の意味でヌルめのため、年寄りの私に丁度良い。
    この交互浴をやっていたら何時間でも居られそう。
    私は湯に「入った瞬間」が一番好きなので、このやり方が極楽である。

  • 欠点の少ない温泉スーパー銭湯

    投稿日:2019年6月23日

    欠点の少ない温泉スーパー銭湯みどりの湯 田喜野井店

    baka123456さん [入浴日: 2019年6月23日 / 5時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    44.0点

    日曜日の午後、普段なら柏か野田の温泉に行き、船橋方面は道が混むので車では余り行かない。
    とは言え同じ施設ばかりでは飽きるので、久しぶりに訪ねました。
    机の引き出しから、以前作った会員カードが出てきてラッキー。

    二階の露天は広く、一段高くなった所に6人用くらいの「源泉掛け流し」。
    茶色に濁った「ナトリウムー塩化物泉」でモール臭がして、とても塩辛い湯です。
    その下の大岩風呂、壷湯、寝湯などは循環であるが全て温泉。
    結構人はいたが、温泉浴槽が多いぶん客が分散し、私の目的である「掛け流し」に余裕で入れたので満足。

    内湯は、循環温泉、炭酸泉、ジェット、サウナ、水風呂というありふれた構造ですが「炭酸泉」が結構大きくて余裕がありました。
    カランの数は多く、待つことはなさそうだが、シャワーの出る時間が短いのは欠点か。

    二階には畳の休み処と、リクライニングが20ほどありますが、さすがに日曜日ですからリクライニングは満席。
    5年前に行った時ほどは空いていませんでした。

    一階の食堂は、メニューは少ないのですが庶民的で、
    例えば「ラーメン、春巻2本、ミニチャーハンのセット」が750円(会員)などリーズナブル。
    一般的に泉質の良い施設は、高級ぶって食事代も高いのが多いから、これくらいの値段なら嬉しい。

    セルフ食堂なので座敷でも休める上、分煙化された喫煙席もあります。
    「髪切り処」が外部ではなく館内にあるので、様子を見て空いたときに利用出来ました。

    手賀沼満天、酒々井湯楽、佐倉澄流、船橋法典など、千葉県の「掛け流し」のある人気スーパー銭湯と比較して考えてみました。
    ここは通常入館料は高めですが、回数券を買うと休日でも650円と安くなる。
    近くに住んでいたらという仮定で考えると、食事が安くて空いているここが一番快適かもと思えたので、5点付けます。

  • 坂東市の公共温泉

    投稿日:2019年6月16日

    坂東市の公共温泉さしま健康交流センター 遊楽里

    baka123456さん [入浴日: 2019年6月16日 / 5時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    2010年オープンだが、なぜか「観光いばらき」のHPにも、この施設は載ってなくて、千葉県からかなり近いのに最近まで知らなかった施設。

    平将門ゆかりの坂東市は、ただの田舎町だけれど、街の中心部は電柱のない綺麗な道になっている。
    街はずれの丘陵地帯にある、この施設も大変キレイ。
    温泉と、清掃工場の余熱を利用した温水プールを持つ公共施設で、
    茨城西部にはこの手の施設が多く、特に「あけの元気館」と似ていると思った。

    入浴料は500円で、プール、ジムを利用すると+200円となる。
    開場前から老人たちが、ロビーでTVを見ながらくつろいでいました。

    風呂は、和風、洋風の入れ替え式で、今日の男湯は和風でした。
    浴室は想像以上に広くて、仕切りのある立派な洗面台を12個備えます。
    「ボディソープ類盗難多発、監視強化中」というシールが貼ってあり、
    銭湯に置かれているような安っぽいものですが、こんな物を盗む人がいるのかと感慨に耽りました。

    内湯に檜風呂、岩風呂の温泉浴槽があります。
    円形のジャグジーはHPでは天然温泉とあるが、白湯としか思えなかった。
    あと小さなサウナと水風呂。
    小さいながら、露天にも温泉浴槽があります。
    洋風風呂には炭酸泉もあるらしいので、ちょっと残念。

    「ナトリウムー塩化物泉」ということで成分表も掲げられているのですが、
    湧出量が少ないため、完全に循環されており、無色透明、微かに塩味を感じる程度でした。
    湯温は38度~41度ほどで、夏場は良いと思った。
    日曜日の午前中、結構流行っていました。

    もちろん食堂もあり、野菜などを売っている売店、缶ビールの自販機もあります。
    公共の健康施設であるからして「館内禁煙」、喫煙所は外部の玄関脇にあるが、かえって迷惑じゃないかと感じました。

    温泉としては特筆するものはないけれど、施設は充実しており、
    地元の人が銭湯代わりに使ったり、子供を連れてプールに入ったりすると、コスパは良いと思います。

  • 雰囲気は良い

    投稿日:2019年6月8日

    雰囲気は良い小谷流温泉 森の湯

    baka123456さん [入浴日: 2019年6月8日 / 5時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    5月に出来たばかりの施設ということで、土曜の朝訪ねてみました。
    未舗装の広い駐車場があり、平屋の旅館風な建物があります。
    千葉市と距離的にはすぐですが、とても田舎。

    10時開店の10分前に到着しましたが、一番乗りでした。
    受付でロッカーキーをもらい説明を受ける。
    タオルは付くものの、休日税別1500円と、かなりの値段。

    湯は、千葉県に良くある薄黄色の「含ヨウ素・ナトリウムー塩化物泉」を循環しているようです。

    驚いたのは露天の広さで、
    名前の通り、森のような庭園に岩風呂や人工滝が配置されている。
    「大岩風呂」は底が浅いが、面積は50人くらい入れそうで、一段高くなった高見風呂、洞窟など凝った造り。
    円形の「炭酸泉」と、奥に屋根付きの「温泉浴槽」がもう一つあり、いずれも空いていて、独占で利用できました。

    内湯は、極めてシンプルで、四角い「温泉浴槽」、小さなサウナと水風呂のみ。
    シャンプー類は高級そうで、洗面台は壁付きで立派だが、9個しかないのも驚いた。
    あまり客が押しかけることは、想定していないのだろうか。
    スーパー銭湯というよりは「高級旅館の大浴場」といった雰囲気です。

    リラクゼーションルームは、岩盤浴料金を払わないと使えないが、
    通常エリアにソファやハンモックを置いた休暇スペースがあり、空いていたので充分休めた(写真)。

    佐倉、成田などには普及価格の温泉施設も多い。
    ここの料金の高さと、循環湯ということを考えると、さほど流行るとは思えない。
    しかし、それ故に空いていて、遠くの温泉に来たような気分に浸れるのが魅力でしょう。

    気になったことを、ひとつ書き加えると、
    脱衣所が小さい割にロッカーが多くて、通路が非常に狭い。
    この部分に関しては、とても高級志向の施設とは思えない。
    脱衣所を広げるか、客数に見合ったロッカー数に減らしても良いのでは。

770件中 11件~20件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる