本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

おふろdeマスク販売中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

温泉ドライブ

温泉ドライブ さん

平均43.5点 / 627件

性別男性 年齢 55歳 住まい埼玉
HP指定なし
ブログ指定なし

627件中 41件~50件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 川をせき止めた温泉

    投稿日:2014年10月21日

    川をせき止めた温泉大丸温泉旅館(おおまる)感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2014年10月8日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    0 - 点

    大丸温泉 相の湯
    単純泉 70℃
    湧出地 旅館脇を流れる白土川の露天上部と川脇などの3ヵ所。
    安政年間創業
    受付1130~1430不定休
    1000円混浴巻用貸しタオル付き
    外観・内装とも改装したように思えます。
    露天風呂は旅館脇の川の水と自噴の熱水が合わさり適温の湯となり流れている。

    内湯からドアを開くとすぐに、川を水門でせき止めた一つ目の混浴大露天風呂がひろがる。河床には玉砂利が引かれていて、深さも程よい。
    湯は無色透明。
    本来の川幅は広くなく、沢程度とおもわれます。

    環境は左手が山の緑、右手はほぼ川岸に同じ平面で旅館、下流側も旅館の渡り廊下と内湯と云った中庭の様な露天風呂。

    続いて二つ目は岩でせき止めた小露天。
    3つ目は階段を上った先に水門の岩囲い円形の露天風呂があった。

    先客は内湯1名、混浴露天1名、あとから母娘とでくわした。

    女性用の露天風呂も囲い階段で上った所にあります。

    フロントで話を訊くと川の洪水時は入れなくなるそうで、洪水後は一度湯を抜いて泥を出すそうです。また、週に一度は湯を抜いて入れ替えるそうです。

    >>靴は鍵付き靴箱へ、中にあるスリッパに履き替え
    >フロント支払い左へ
    >内湯 笹の湯
    外湯 川の湯

    >脱衣室:棚籠、貴重品ロッカーあり
    剃刀あり

    浴室: レンガ風壁 伊豆石風床

    カラン:湯押し釦、シャワー手動止水式
    コンディショナーあり

    浴槽:等分にした二つの浴槽。温度が若干違うか?

    30年位前に初入浴
    20年位前に2回目入浴
    14H261008水曇3回目入浴

  • 映画チックな内湯

    投稿日:2014年10月15日

    映画チックな内湯弁天温泉旅館感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2014年10月8日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    22.0点

    飲食

    0 - 点

    弁天温泉No.6~9混合泉
    中性低張性高温泉
    単純泉 H7.7分析
    48.0℃ 210㍑ pH6.4
    1000円時間1000~1800
    250年以上前に弁財天のお告げにより発見されたと言われる温泉。岩盤の数カ所より湧出。

    那須ボルケーノハイウェイ上方の道沿いにある門から少し林間を行くと現れる。
    吊り橋のある駐車場に車を置き歩くと、すぐに宿である。
    下を流れる沢、苦戸川は小滝を形成している。
    宿前には古びた車、宿も薄暗く古びた感じで営業を疑うも声を掛ける。

    >>靴は玄関でスリッパへ
    >フロント支払い
    >左通路奥、左が男

    >脱衣室:棚に大ザルが置いてある
    ドライヤー、貴重品ロッカーなし

    浴室ゆめの湯:引き戸をあけ数段下りるとセメント造り?の浴室。
    高い天井、壁はすべて朱色に塗られている。所々壁が黒ずみがあり、中ほど右寄りに朱色のコンクリート柱がある。
    曇りガラスからは、くすんだ光がはしご状に差し込み、無人の浴室を照らしていた。まるで映画に出てきそうな雰囲気だ。
    柱を囲んだ屈折形の変形角張りの浴槽、湯はやや白濁、適温。湯口は石組みの壁より流れてくる。
    使えるカランは2席中1席のみ。蛇口方式。

    露天河の湯:混浴である。
    岩風呂が二つ。カエルの像がある方は低温湯。長湯出来る。
    右の番傘風屋根がある方は適温。先客が一人。バイクで温泉を巡っているそう。

    左手には小さな丸い湯小屋に釜風呂、樽風呂と並ぶが廃墟状態。一番左の夫婦かめの湯は水であった。

    明治16~17年頃創業
    14H261008水曇初入浴

  • 露天にスタジアム席

    投稿日:2014年10月12日

    露天にスタジアム席休暇村那須感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2014年10月8日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    大丸温泉相の湯 中の湯混合泉 単純泉
    弱Al性低張性高温泉
    60.1℃ 322.5㍑ pH8.3
    860円 受付1130~1600
    標高1230㍍

    那須の山頂駐車場の少し手前にある国民休暇村、大丸温泉からの引き湯との事。

    >>フロント支払い左へ
    >階段2階左へ
    >階段・EVで1階へ
    >男湯左
    脱衣室:靴は解放靴箱へ、鍵付き木製ロッカー4段あり
    リキッド 冷水あり

    浴室:全体は灰御影敷き、しかし温泉成分で黄土色なる床
    カラン:10席ほど、
    湯押し釦・シャワー手動止水式
    桶台・各席仕切りあり・コンディショナーあり

    内湯:
    源泉大丸 ぬるめ
    相の湯 あつめ

    露天:軒下内にある
    湯温はぬるめ
    湯は無色透明
    前方は落葉樹の森で紅葉直前の感じ。
    2段ながら木製ベンチがスタジアム席風に設けてあるのが面白い。天気の良い日は日光浴も良い。
    立てば那須のが原の景色が一望できるが、この日はガスっていて今一つだった。
    開業1970年頃

    14H261008水曇初入浴温泉博士利用

    ←←大江戸温泉物語伊香保

  • 小浴場で入浴

    投稿日:2014年10月11日

    小浴場で入浴八塩温泉 鬼石観光ホテル感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2014年10月4日 / 2時間以内]

    総合評価 11.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    八塩温泉 鬼の湯
    Na‐塩化物強塩冷鉱泉
    中性高張性冷鉱泉
    7.3℃ pH6.6 自噴
    加温 加水 循環濾過 塩素
    入浴料金600円

    >>靴は玄関棚へ>スリッパ
    >フロント支払い
    >右手突き当たり右へ
    >大浴場手前、小浴場奥
    >この日女性団体さんが来てる為、男は小浴場
    >脱衣室は4段棚のみ
    ドライヤーは貸出制らしい
    >小浴場は大浴場が丸く食い込んだ形で、狭め。三波石の石組みとなってその縁で湯船を形成している。
    湯は無色透明で、湯口近くの石には成分がブツブツと付着している。

    カランは3席。そのうち1席が鏡・シャワー付き。シャンプーあり。

    窓は高窓1つ、簾貼りされている。


    静かになった大浴場は、戸が開けっ放しで湯船まで見えた。
    石組みの浴槽が横たわる明るい浴室だった。

    14H261004土曇初入浴

  • マニアックな温泉

    投稿日:2014年10月3日

    マニアックな温泉処々や感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2014年9月15日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    11.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    石段街の上部に入る辺りに、道がくびれる場所があるが、『処々や』はその目立つ場所にある。
    ここやと読むようだ。
    店先で入浴を申し出ると女将さんが案内してくれた。
    表向きはたこ焼き屋で、中は靴を脱いで2階へ上がるそば屋である。その階段の上がり間に浴室へのドアがあった。

    政五郎の湯500円
    そばなどの食事をすると無料らしい。
    どうしてこんな造りかと云うと、ここは旧旅館で昔の叶屋さんとの事。
    政五郎とは創業者の名前との事。

    かのうやは現在、景風流の宿かのうやとしてこの上流で営業している。
    そちらの方には昭和48年の冬に宿泊しているが、移転したばかりの頃かもしれない。

    話は戻って、浴室入り口の木ドアを入るといきなり男性脱衣室、その先に女性脱衣室がある。
    脱衣は棚籠だ。

    浴室は6畳間位で小ぶりな半瓢箪形の浴槽、小タイル貼りである。壁は薄いピンク色、浴槽付近は泉質の色で茶色くなった年季の入った浴室である。
    おそらく一つの浴室を半分にしたのではないかと思われる造りです。
    奥の男女仕切り壁には四角い穴が開いていて洞窟状になっている。中に打たせ湯となった湯口がありその向こうの女湯に抜けられる造りで、半混浴と言っていい。
    しかし殆どの場合はお店の計らいで貸切状になるらしい。
    この時も妻は入らず客室で待たせてもらい、私一人独占状態でした。

    浴槽は深めで、黄金の湯使用。濃いお湯と云う感じ。湯温も高め。掛け流しと思います。
    カランは水道蛇口1つ
    ケロリン桶2・腰掛け1・石鹸1

    本泉(混合)
    Ca・Na‐硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
    40.9℃ 3300㍑ pH6.4
    14H260915月俄雨地震初入浴

  • 岸権旅館の足湯

    投稿日:2014年9月26日

    岸権旅館の足湯岸権旅館感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2014年9月16日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    石段街中腹にある岸権旅館の門前に足湯があります。
    岸権旅館辰の湯です。黄金の湯を掛け流しで使用。湯温はぬる目です。
    2010年8月1日に出来たそうです。
    開設時間は800~1900で無料です。

    石段を上って来て丁度良い休憩所となります。

    岸権旅館
    開業天正4年 1576年
    安土城開城の年
    日帰り入浴は不可

  • かやぶき古民家のテーマパーク

    投稿日:2014年9月23日

    かやぶき古民家のテーマパークかやぶきの郷 薬師温泉 旅籠感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2014年9月15日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    薬師温泉 薬師の湯
    Na・Ca-塩化物・硫酸塩温泉
    中性低張性高温泉
    42.8℃ 18㍑ pH6.5
    循環濾過 塩素 源泉掛流し? 加熱 湯張り時加水70㍍引き湯

    開館1000~1600
    入浴1200円
    見学500円

    ※滝見露天(温泉)
    1100~1400の時間制限あり

    今回ニフティさんのクーポン提示で500円で入浴できました。
    他、パンフレット持参で1割引、心障手帳提示でも割引があります。

    案内にはないが、車だと前橋ICから高崎方面→環状線経由→R406も良い経路です。

    江戸時代の移築民家と古民具のテーマパークと温泉宿の融合態。
    高低差のある苑内には古民家や展示棟、接客棟が所狭しと点在し、それらを枕木の歩道が結んでいる。

    >>長屋門にて受付
    クーポンなどを提示して券売機にて支払う
    苑内の説明される
    首掛け札は薬湯棟に入る為の暗証番号
    露天は掛流しと説明

    >苑内を散策
    >内湯の薬湯があるが露天風呂へ先行する。
    >奥の本陣が露天風呂への経路
    ここで貴重品やバックを預かって貰える。
    >EVで宿泊棟1階へ(ここは5階扱い)

    >宿泊棟に接続した温泉棟は手前が男湯。
    奥は滝に近い女湯。
    宿泊者には時間交代あり。

    下足:温泉棟で男女共靴を棚へ、右手には足湯がある。
    脱衣室:狭めで脱衣は籠棚になる。小型の貴重品ロッカーは木製。ドライヤー1個。

    浴室:板壁の露天小屋内にある半露天風呂。
    檜枠の10人サイズの角張り湯船に無色透明の湯。
    温川には堰堤があり 水量も程良い人工滝を形成している。
    折れ戸のサッシがあり閉める事も出来る。

    カラン:両壁に4席程づつ。小豆御影の台とシャワー手動止水式一体型あり。

    休憩所:温泉棟の横に滝見の休み処あり。

    内湯:長屋門に戻る途中にある。
    暗証番号を押すとドアが開くが、退室者と同時に難なく入る。
    靴は鍵付き木製靴箱へ、脱衣は緑コインロッカーである。

    浴室:直角三角形風の檜枠浴槽。
    この吾妻地域で採れた薬草を入れた薬湯で、すぐ温まり長湯できなかった。
    お風呂からの眺めは屋根が見える位で、あまりない。
    カラン:9席程。

    1999年開業
    02H141012土初入浴14H260915月曇2回目←鷲宮百観音
    →四万清流の湯

  • 山あいの静かな施設

    投稿日:2014年9月20日

    山あいの静かな施設バーデ六合感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2006年5月7日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    中之条町(旧六合(くに)村)の健康増進施設、医療センターの付帯施設として温泉浴室とプールがある。
    山間のR405を進むと左へ花敷・尻焼温泉への道が分かれた先の、小トンネルを出てすぐの坂上にある。
    建物は蒲鉾形で温浴施設は正面でなく、地味な左脇を通り、御勝手口から入る形。写真は地味な裏手にある色鮮やかな入口看板。
    初入浴の時は知らずに正面から入りましたが…
    以前来た時は浴室・プール、両方利用しましたが、貸切状態でした。

    因みに本日は休館日でした。

    内容>プールと浴室

    浴室:内湯のみ
    タイル浴室
    貸切状態、無色透明できれいな新鮮な湯でした。
    湯は尻焼温泉からの送湯とかで、ここが出来る時は、尻焼の川露天が出なくなるとかの声も聞かれたがそんな事もなく推移している。

    プール:水深1㍍あるかないかの浅いプール。
    リハビリ歩行浴や水中運動に適す。
    長さは10~15㍍位だったと思います。
    誰もいないので泳がせていただきました。気持ち良かったですね。

    根広共有泉
    Ca・Na-硫酸塩・塩化物温泉
    56℃ pH7.9

    当時300円プール100円
    心障者無料
    1000~1900
    月曜定休

    06H180507日初入浴

    ←前湯古河くつろぎの湯
    →次湯沼田ふじやまの湯

  • 宿までのアプローチに期待感

    投稿日:2014年9月18日

    宿までのアプローチに期待感湯の平温泉 松泉閣感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2000年1月1日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    湯の平温泉
    Na・Ca-硫酸塩・塩化物温泉
    弱Al性低張性高温泉
    71.2℃ PH8.23
    源掛 加水

    '12年12月から無期限休業中の松泉閣。
    10数年前に友人と4人で日帰り入浴しました。
    車を降りると、谷を下り赤い鉄橋をわたり対岸を上る。
    宿で支払いを済ますと川沿いの露天風呂へと胸に心踊らす歩きが楽しかった思い出があります。

    友人は尻焼温泉は常連なのに、湯の平温泉の閉鎖には気付かなかったそうです。


    14H260908月曇撮影

  • 鍵を借りて入る温泉

    投稿日:2014年9月18日

    鍵を借りて入る温泉京塚温泉しゃくなげ露天風呂感想

    温泉ドライブさん [入浴日: 2014年9月8日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    国道405の花敷温泉手前に京塚温泉のちいさな看板があり、細い路地を谷を下って行くと、白砂川の橋をわたり、すぐその先に京塚温泉の横看板があり殺風景な土建屋の敷地へ降りる。そこにある作業小屋は冬の大雪のせいか屋根がつぶされていた。
    その行き止まりの場所に板塀の囲いがあり男女別の露天風呂があった。
    しゃくなげ露天風呂と命名されて、以前からの住民専用を平成19年から一般解放としたもの。

    入口に書いてあった国道405角にあった豆腐屋か、民宿くじらやにて鍵を借りて来る。くじらやは今渡って来た橋の手前にあり近い。車で移動する。

    一人500円の料金もそこで払う。くじらやは個性的で立派な山荘であった。
    鍵は先客がいるからと、後に上がった人が返せば良いとの話。全てはお客さんの信用に任されているのが凄い。

    チケットを入口で入れて、ノックをして開けてもらう。
    岩風呂は50人が入れると言う広さ。
    手前側は屋根がかかり、右手に解放された籠棚のみの簡素な脱衣場、床は簀の子やセメント敷である。
    左手にはカランで1席のみ、湯と水の蛇口2本ありブレンドして使う。広い鏡・桶数個・腰掛け・ソープ1本はある。

    湯は無色透明だが湯華なのか藻のようなものがカスが舞い緑がかった色に見える。
    湯は筒より多量に注がれてその付近の湯温は高めで離れるとぬるくなっている。
    前方は開け放たれており、対岸の緑と白砂川が一部見える。

    先客は年配者夫婦二組で、やがて奥さん達がこちらに移ってきた。女湯は半分位の大きさだそうだ。

    先客さんの話では、この土地を所有する土建屋さんが掘った温泉との事。
    因みに隣に内湯の小屋があるが、地元住民専用らしい。

    分析表は以下の通りリ
    花敷温泉川端の湯で登録されている。
    Ca・Na-硫酸塩・塩化物温泉
    温度等不明。42℃位の湯が投入されている。
    鍵の管理は3軒で行っている。上記の他、野反ラインやまぐち(相客さんが言っていた道の駅の事か?)


    07H19 一般解放
    14H260908月曇初入浴

627件中 41件~50件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる