本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

人気温泉スタンプラリー

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

猫柳

猫柳 さん

平均44.2点 / 8件

名湯秘湯の差別無く、湯煙思えば気も漫ろ。
京都をねぐらに温泉巡り、浸かれば疲れもどこへやら。

性別男性 年齢 44歳 住まい京都
HP指定なし
ブログhttp://hotspringsallow.blog12.fc2.com/

8件中 1件~8件を表示

前へ  1  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 山代温泉の新しい「古」総湯。

    投稿日:2010年10月22日

    山代温泉の新しい「古」総湯。山代温泉 古総湯感想

    猫柳さん [入浴日: 2010年10月11日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    山代温泉に今年10月、新しくオープンした「古総湯」に行ってきました。明治時代の「総湯」を復元したものとのことです。
    その日の最初の入浴者(男女それぞれに1名ずつ)には「一番札」をいただけると言うことで、ダメもとで5時50分ほどに到着しましたが、既にお客は5名ほど待っていました。残念。

    お風呂は内湯一つ、木張りの部屋にアンティークランプとステンドグラス、九谷焼タイルがちりばめられた空間で、抑え気味の照明も相まってとても落ち着く、静寂の似合う浴室でした。天井はとても高く、湯気抜きも完璧です。
    なお、浴室の扉を開けるといきなり目の前に浴槽が見えます。一瞬「脱衣場はどこ?」と探してしまいましたが、脱衣場は浴室の中、入り口の左手にありました。
    お湯は加温・加水・循環なしで供給される山代温泉の掛け流し湯。湯温は44~5度とかなり熱めです。「総湯」の熱い方の浴槽よりもう少し熱いくらいだったでしょうか。
    (オープン当初、湯がぬるいと地元の方からクレームがあり、源泉の投入率を変えて今の温度になったという噂を聞きました)

    浴室にはカランもシャワーも無く、身体を洗う事はできません。純粋にお湯に浸かるだけの場所です。身体を洗いたい場合は、向かいの「総湯」へどうぞ。
    なお、入浴料は「総湯」が420円、「古総湯」が500円ですが、両方入浴できる700円の券もあります。お湯巡りをしたい方はこちらをご利用下さい。

    お湯はもちろん消毒臭もなく、石膏のような味と臭いが感じられました。
    噂では3億かけて作られたという浴室を幸運にも独り占めにして、水面にゆらめくステンドグラスを眺めていました。ここでは嬌声や騒音は無粋、静かに湯に遊ぶのが作法というものではないでしょうか。
    風呂上がりには2階に無料休憩所があり、テーブルと座布団、それに無料のお茶と水があります。のんびり昼寝を挟みながら、何度でもお湯に浸かることができます。

    山代温泉の新しい「古」総湯。明治時代にタイムスリップしたような非日常の中、掛け流しの湯を楽しめるお勧めの場所でした。

  • 湯の花、見事に咲き乱れ。

    投稿日:2010年10月11日

    湯の花、見事に咲き乱れ。鳩ヶ湯温泉感想

    猫柳さん [入浴日: 2010年10月9日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    R158から刈込池へ向かって進むこと、10km少し。行きは上り坂で、ところどころ離合困難な場所のある道を30分弱。
    山中の何もない場所に、ぽつねんと施設が佇んでいました。

    入浴料は50円上がったようで、大人550円。
    お風呂は3~4人も入ればいっぱいになる内湯が一つのみ、源泉温度22度ということで加温してあります。
    泉質はナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉。二酸化炭素を900mg/Lほど含んでいます。循環濾過・塩素消毒も行っているようですが、消毒臭とは無縁です。

    浴感は弱いぬるぬる感、後からしっとりとした感じに変わり、またとても暖まります。この日は小雨降りしきる肌寒い日でしたが、雨に打たれてもぽかぽかとした暖かさはずっと続いていました。
    臭いは無臭、源泉を飲んでみると、塩味と少し甘味のある、炭酸の弱いソーダというところでした。

    なんといっても印象的だったのは、こちらの湯の花。
    純白の細やかな湯の花が浴槽の表面にびっしりと浮かび、身を沈めるとゆらゆらと舞い踊ります。
    他にお客もいませんでしたので、その様を眺めながら半身浴で小一時間至福の時を過ごさせていただきました(後で気づきましたが、外来入浴は「1時間以内でお願いします」との記載がありました)。

    温泉の教科書がもしあるのなら、代表例として載せたいほどの「秘湯」。次は是非、泊まりで行ってみたいと思いました。

  • もう少し塩素を抑えて・・・

    投稿日:2010年8月14日

    もう少し塩素を抑えて・・・京都・烟河(旧亀岡ハイツ)(けぶりかわ)感想

    猫柳さん [入浴日: 2010年8月1日 / 2時間以内]

    総合評価 22.0点

    お湯

    22.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    京都の奥座敷「湯の花温泉」にある宿の中でも、日帰り入浴を積極的に受け付けているのがこちらです。
    中型ホテルの浴場ということで、設備の充実度・施設の清潔度については文句ありませんが、決して泉質自慢の場所ではありません。
    私の場合は「家から近い」という理由で訪れる事もありますが、温泉だけを目当てにすべきではないと思います。好評の昼食バイキングをセットにしたり、あるいは近くの観光スポットの後で汗を流すなど、目的地の一つとして使われるのがよろしいかと。

    温泉は弱放射能泉。加温・循環・消毒ありで、浴感は白湯と余り違いがありません。浴後のポカポカとした感じが長続きする分、温泉なのかな、と実感できる程度かと。
    私が入った時だけかもしれませんが、露天の消毒臭はかなり強めで、公衆プール並でした。

    ここでお勧めするのは、内湯の湯口付近です。湯口からのお湯も消毒臭がするのですが、たまに「消毒臭の弱い(感じない?)ぬるいお湯」が出てくる事があるようです。
    こちらの源泉温度は29度ということなので、もしかするとこのお湯は源泉に近いんじゃないかな・・・? と勝手に思っております。
    この情報については、信憑性は全く保証できませんが。

    総合得点の☆3つと☆2つで迷ったのですが、少し厳しめに採点させていただきました。小さくてもいいので源泉浴槽を一つ作っていただければ、一気に高評価になること請け合いです。

  • 虻と格闘しながら・・・

    投稿日:2010年8月14日

    虻と格闘しながら・・・黄金の湯感想

    猫柳さん [入浴日: 2010年8月8日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    同じ燕温泉の「河原の湯」は落石の危険があり入れないとのことで、こちら「黄金の湯」へ向かいました。
    標高1100mにある燕温泉では連日の猛暑も幾分手加減してもらえるようで、温泉に入る気さえ無くなるほどの温度ではありません。

    湯はナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉とのこと。薄青の白濁、硫黄臭&重油臭、マリンスノーのような白い湯の花が大量。ちょっと身構えながら口に含んでみると、思ったよりもずっと普通で、硫黄臭混じりのほのかに甘く飲みやすい味でした。
    湯口は耐えられないほどに熱く、浴槽全体も熱め。入ってきた他のお客も私も、湯口からなるべく離れた浴槽の縁に陣取っている状態です。

    お湯から上がって涼もうとすると、虻に囲まれて数カ所刺されてしまいました。湯の中に入っていれば虻も襲ってはきませんが、熱い湯のため長居できません。
    夏にこちらを訪れようという方は、携帯用虫避けを持って行く事をお勧めいたします。

    これだけの湯に無料で入らせていただけるのですから、設備の維持管理をなされている方にはただ感謝するのみ。長続きしてもらいたい温泉でした。
    あ、それと以前の口コミで「掛け湯をする桶がない」という内容がありましたが、少なくとも男湯には桶はありました。ただ、底が1/3ほど抜けている「船幽霊用桶」ではありましたけどね。

  • 現在、入浴できません。

    投稿日:2010年8月14日

    現在、入浴できません。河原の湯感想

    猫柳さん [入浴日: 2010年8月8日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    情報提供いたします。
    8/8に訪問したところ、写真のような掲示がありました。
    一応現地まで行ってみましたが、浴槽はお湯が抜かれており、入る事はできない状態となっていました。
    もう一つの「黄金の湯」は問題なく入浴できます。

  • 私の湯治場。

    投稿日:2010年7月29日

    私の湯治場。山空海温泉(さんくうかいおんせん)感想

    猫柳さん [入浴日: 2010年7月18日 / 5時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    この温泉を知ったのは、この「Nifty温泉」での先達様方のクチコミによるものでした。先達様に感謝を。

    京都の自宅から1時間弱、手近な場所で湯治の雰囲気を味わいたい気分の時にはここを訪れます。ここでなければ「北白川不動温泉」か「北白川天然ラジウム温泉」を選択するでしょう。
    泉質はナトリウム-炭酸水素物泉とのことですが、私的には硫化水素泉のように思えるほど硫黄の香りが強めです。
    42度と36度の加温浴槽、そして夏でも冷え冷えの源泉浴槽の交互浴はこたえられないほどの至福。浸かればその夜になっても身体からは硫黄の甘い香りが漂う、誠に結構な温泉です。

    皆様のクチコミ通り、ここは一般のスーパー銭湯とは一線を画す施設でありますので、利用者にもそれ相応の常識と心構えが求められます。
    この山中の秘湯、温泉好きが集う場所がいつまでも続くよう、私も気をつけて通わせていただきたいと思いました。

    お湯については沢山の皆様が既にクチコミをされていますので、ここは少し切り口を変えて、愛らしい湯守の紹介を。
    ここには3匹の犬が飼われていまして、レトリバーの血が濃いと思われる2匹は「そら」と「ひな」。この写真はそのどちらかです。(毛のふさふさ具合で判別はできるのですが、どちらがどちらか忘れてしまいました)
    この2匹、初対面の相手には歓迎の吠え声を上げながら突撃してくるのが常なのですが、慣れてくると歓迎の代わりにまとわりついて「撫でろ撫でろ」と催促をしてくるようになります。撫でるのを止めると、手を置いたり顎を乗せたりして「もっと撫でろ」のお代わり要請も。
    とにかく人なつっこく、とても甘えたがりですので、犬好きの人にはたまりません。湯の質と並び、この可愛らしい湯守もこの温泉の魅力の一つかと思います。
    もう一匹の雑種の「さん」は、頭を触られるのが嫌いで気分により噛み癖があります。気分がいい時にはこの子もまとわりついてくる事がありますが、触らない方が無難です。

    ちなみに、「ひな」というのは預けられた先で定着してしまった名前のようで、元の名前は「うみ」だそうです。
    3匹揃って「さん(山)」、「そら(空)」、「うみ(海)」=「山空海温泉」というのが名前の由来とのことですので、オーナーの犬好き具合がうかがい知れますね。

  • 珠玉の湯。

    投稿日:2010年7月27日

    珠玉の湯。月野瀬温泉 湯治場ゆうや感想

    猫柳さん [入浴日: 2010年7月10日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    こちらのクチコミを拝見させていただき、ここだけは行ってみないと! と決意した次第です。
    ところが、いざ現地へ着いてみると、浴場前には写真のような貼り紙が。
    さりとて諦める事もできず、家主様に湯を請うてみましたところ、「もし何かあっても責任は取れませんが・・・それでもよければ」と丁寧に、嬉しいお返事をいただけました。

    喜び勇んで中に入ったところ、確かに天井部分が一部壊れ、強風でも吹けば落ちてきそうな状態になっていました。
    とは言えこの日は風もなく、一応注意しながらそそくさと服を脱ぎ、身体を清めてお湯に浸かりました。

    お湯の感想は・・・凄い。凄すぎます。
    皆様のクチコミ通り、想像以上、いや、想像の遙か外にある素晴らしい湯。
    湯けむり天使様のコメント通り、湯の質は椿温泉の「富貴」さんに似ています。ただ浴槽が小さく、比較して新湯の投入量が圧倒的なため、お湯に浸かった瞬間に肌が細かい泡に包まれます。
    簾から降り注ぐ昼下がりの陽、たまに聞こえる車の音。甘い硫黄の香りと、羽毛のような肌触り。浸かっている間の記憶が飛ぶほどの、素晴らしい湯でした。

    また必ず訪れたい湯が、一つ増えました。その時には再び家主様に許しを請うて、この珠玉の湯を満喫したいと思います。

  • 2号温泉ポンプ故障

    投稿日:2010年7月27日

    2号温泉ポンプ故障京都桂温泉 仁左衛門の湯(にざえもんのゆ)感想

    猫柳さん [入浴日: 2010年7月27日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    タイトルの通り、現在2号温泉のポンプが故障しています。
    この温泉の白眉は、2種類の源泉の温冷交互浴にあると思うのですが、現在は魅力が半減。早い復旧を願います。

    訪れる方は、復旧状態を確認されてからの方がいいかもしれません。

8件中 1件~8件を表示

前へ  1  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる