本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

夏ランキング2019

かとぅん

かとぅん さん

平均33.3点 / 243件

いつも参考にさせてもらっているので、少しは還元しなきゃいけないかなぁと思って書き込んでみます。

温泉は泉質と鮮度だと思います。鄙びた温泉・野湯歓迎!日帰り入浴は500円まで!

性別指定なし 年齢 45歳 住まい神奈川
HP指定なし
ブログ指定なし

243件中 81件~90件を表示

前へ  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 冬場は循環併用?泉質が夏とは違う…

    投稿日:2011年2月13日

    冬場は循環併用?泉質が夏とは違う…美肌の湯 きのくにや感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年12月31日 / 1泊]

    総合評価 22.0点

    お湯

    22.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    44.0点

    以前、夏に日帰りで入浴して、箱根で唯一とも言える天然の濁り湯に感動したので、今回は冬に宿泊で行ってきました。夏のときは茶色味帯びた濁り湯を堪能することができ、箱根でこんな天然濁り湯に入れるとは!と感慨深かったものです。

    しかし今回、結論から言うと満足できませんでした。どうやら冬場と夏場で源泉の使い方が違うようです。もともと濁り湯の自家源泉は湧出量はあっても湯温が低く、夏はそのまま入浴できたものが冬場では加温・循環しているそうです。循環ではせっかくの硫黄泉のインパクトが楽しめません。貴賓殿の内湯など、何となく硫黄の臭いがするくらいです。夏場には出ていた「仙液の湯」や「黄金の湯」という濃厚な源泉は注がないのでしょうか。せっかくpH 6.9、総成分520mg/kgの源泉表記があるのですから、もっと楽しめる湯の使い方をして欲しいです。

    もう一つの源泉、湯ノ花温泉からの透明な引き湯。こちらはもともと濁り湯ではありません。こちらは源泉がよく投入されていたようでした。結局、冬場に源泉に入るには、貸し切り風呂の「正徳の湯」に入るしかないようです。個室風呂や貸切風呂などで源泉を分散させてしまうより、どのお客さんでも源泉が楽しめるような温泉を作って欲しいなあと思うわけです。

  • 斬新なレトロモダン2階建て公衆浴場

    投稿日:2011年2月13日

    斬新なレトロモダン2階建て公衆浴場共同浴場しろがね湯感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年12月5日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    銀山温泉入口にある、モダンな黒系の建物。黒板の壁に、大きめのガラスを配し、間接照明を使った構造は、公衆浴場としてはなかなか斬新です。2階建てで男が1階、女が2階。内部もかっこいいです。レトロモダンなデザインで、銀山温泉全体の街並みの雰囲気を崩すことなくかっこよくさせています。

    お湯については、何とも評価しづらいです。泉質は銀山温泉共通のNa-塩化物・硫酸塩泉と思われる湯の感じなのですが、建物と浴室が斬新的なのと、浴室全体が暗いので、微かな土類臭と柔らかい肌触りから推測するしかありませんが、銀山温泉そのものの新鮮さもあるように感じます。難を言えば、デザインがかっこよすぎて地方の公衆浴場へ来た、という風情に欠けてしまいます。デザインは一長一短かも知れませんね。

  • 感動の新鮮湯(特にかわら湯)

    投稿日:2011年2月13日

    感動の新鮮湯(特にかわら湯)蔵王温泉共同浴場 上湯感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年12月5日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    蔵王には複数の共同浴場がありますが、訪問したときは「上の湯」が改装中だったため「下の湯」「かわら湯」へ入ってきました。どちらも強烈な個性の酸性・硫黄泉で、湯が新鮮。好印象です。

    「下の湯」はバスターミナルから5分ほど坂を上ったところ。外に源泉の泉があって、硫黄の湯ノ花が溜まっています。この時点ですでに一面硫黄の臭い。湯小屋は新しい木造で、脱衣所・浴室ともに7~8人入れる。お湯は真っ白な硫黄泉で、強酸性ではありますがややまろやかな肌触りもあります。味は酸味と苦み。カランも何もなく、ただお湯を楽しむだけの湯小屋なのですが清潔感も高いです。

    「かわら湯」はすごい!これは共同湯の中でも一番でしょう。古い湯小屋で脱衣所は狭くて湿気っているし扉は閉まらないし問題が多いのですが、お湯はすばらしい。木製の浴槽ですが、全体がスノコ状になっています。浴槽自体がより大きな源泉槽に浮かんでいるような構造。足下や背中から新鮮な湯が流れていく。湯船から溢れたお湯は床全体に流れを作って外へ流れ出ていきます。洗面器を床に置くと浮かんでいってしまいます。お湯自体が新鮮なために濁りはほとんどなく無色透明。pH 1.45と更に酸性度が高く、引き締まった肌触りがします。味は酸性と苦みでほどよい硫黄の臭いが付きます。私としては特に「かわら湯」に高得点です。

    下の湯;ph 1.8、総成分2.0g/kg。硫化水素10.8mg/kg。
    かわら湯;pH 1.45!、蒸発残留物3.7g/kg。硫化水素18.4mg/kg。
    *画像は「かわら湯」です。

  • スキー上がりによいかも

    投稿日:2011年1月9日

    スキー上がりによいかもなよろ温泉サンピラー感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年12月29日 / 2時間以内]

    総合評価 22.0点

    お湯

    22.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    名寄ピラシリスキー場のベースにある温泉入浴・宿泊施設。併設の宿で食事を取ることもできます。スキー施設と併設なので、スキーを終わったらそのまま温泉、という流れでしょうか。休憩スペースのあるロビーから階段を下りていきます。お風呂自体はタイル貼りの浴室に、内湯が2ヶ所。露天はありませんが、窓が大きいので外の雪景色を見ながら入浴です。

    浴槽のうち一つが温泉浴槽でpH 6.7、総成分1.8g/kgのCa,Na-硫酸塩・炭酸塩泉。濃度としては十分な濃さです。残念なことにこの温泉浴槽が循環・消毒されています。何となく土類の臭いと、アブラ臭が残っているように感じるのですが、何とも評価できません。微かに黄色透明・無味。スキーの上がりに入浴するのが正しい入り方かと思います。

  • 熱い!地元向け?

    投稿日:2011年1月6日

    熱い!地元向け?銀山温泉 かじか湯(共同浴場 大湯)感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年12月4日 / 2時間以内]

    総合評価 22.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    銀山温泉の中央部にある公衆浴場。「かじか湯」という名称になってます。
    小さいくて古いコンクリートの建物に入っています。外見は銀山温泉の景観と合わせるように木質になっていて周りに溶け込んでいます。300円を入れて自由に入る形式。脱衣所は2人が限界の大きさ、浴室は5~6人くらい入れるシンプルなコンクリートものです。

    泉質は銀山温泉共通のもの。源泉63℃。微かに硫黄の香りがする透明なお湯。かなり熱湯でした。薄めながら入るようにしましたが、ここの浴場は温度を調節する仕組みが欠けているようで…。結局足しか入ることができませんでした。泉質は間違いなく新鮮だと思いますが、熱すぎてお湯が楽しめなかったのと脱衣所が狭すぎたので2点。

  • ぬるめの黒湯がいい!

    投稿日:2011年1月6日

    ぬるめの黒湯がいい!太田黒湯温泉 第二日の出湯(閉館しました)感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年11月3日 / 5~10時間]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    蒲田の駅から10分くらいの住宅地にある銭湯。普通の町の銭湯ですが、なかなか渋いです。
    脱衣所に縁側があって鯉が泳いでいます。露天の岩風呂(男風呂)もあります。お湯は、基本は普通の沸かし湯なのですが、男女とも小さな源泉湧かし風呂があって、黒いモール泉が楽しめます。透明度は低くほぼ真っ黒です。肌触りはさらさらしており臭いはありません。蒲田でよく見られるモール泉ですが、他の銭湯ではかなり熱く沸かされていることが多い中で、ここの源泉風呂は比較的ぬるめでゆっくり楽しむにはちょうどよい温度です。

    この銭湯では、時々、バーベキューやおでん大会などの企画に場所を提供しているそうです。私もとあるカフェが主催したバーベキューに参加しました。露天風呂がバーベキューサイト。脱衣所にテーブルを並べて飲んだり食べたり、そのままお風呂にはいって煙を落とす。そんな非日常的な楽しみもできる、銭湯の新しいスタイルなのかな、と思いました。

  • 露天風呂も部屋も快適

    投稿日:2011年1月6日

    露天風呂も部屋も快適銀山温泉 古山閣感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年12月4日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    55.0点

    宿泊で利用しました。銀山温泉では数少ない露天風呂のある宿。古風な古い建築の宿で風情があります。内部は適宜改装されていて、風情は失わず快適な宿になっています。風呂場は1階に内湯と、3階に貸し切りの露天風呂が2ヶ所。貸し切りとは言っても、小規模な宿なので比較的自由に入ることができました。

    泉質は白い湯ノ花が少量舞う無色の湯。かすかに硫黄と土類の臭いがします。pH 6.6、総成分2.2g/kg。基本はNa-塩化物・硫酸塩泉ですが、硫化水素1.2mg、メタホウ酸・メタケイ酸も100mgくらいずつ含まれ、適度なまろやかさもあります。そしてお湯の鮮度がいい。源泉68℃とのことですが風呂にはちょうどよい温度になっており(晩秋だったからでしょうか)、やや肌寒いものの長湯が楽しめました。内湯は女湯はタイル貼りですが、男湯は石組み。貸し切りの露天風呂は、展望こそないものの木の質感と広さととてもよいと思います。鮮度・泉質・雰囲気、いずれをとっても合格点と思います。料理も適度な量の、手の入った地元の料理が並びとても満足でした。

  • 深くて不思議な浴感

    投稿日:2010年10月27日

    深くて不思議な浴感藤三旅館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年10月10日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    かの有名な白猿の湯に入ってきました。
    確かに深い…。浴室は半地下のようになっていて、1階部分から階段で下りていきます。天井は高く、天井と窓から光が射し込むほかは、ほのかに暗い感じ。コンクリート張りの床に岩組みの浴槽が、小さいものが一つと、大きいものが一つ。小さい方は一人用みたいな大きさで、大きい方は7~8人入れます。底にも岩が転がっていて一番深いところは1.5m近いような…。その中央部の足下から温泉が湧いています。pH 8強のアルカリ性泉で、総成分は700mg/kg程度。Na-硫酸塩・塩化物泉で無色透明・無味無臭です。

    泉質としては、あまり特徴を感じることはできませんが、この風呂の独特の雰囲気はなかなか他では味わうことができないと思います。

    藤三旅館には、旅館部と湯治部もあり、全体では5ヶ所以上の風呂場がありますが、むしろ景色や泉質を楽しむなら、露天風呂の桂の湯が一番かと思いました。今回は日帰りなので宿としての評価はできませんが、少し町よりにある大沢温泉の方が明るい雰囲気、鉛温泉の方が静かな雰囲気だったと思います。

  • 夜の湯治場&露天風呂の雰囲気がいい

    投稿日:2010年10月26日

    夜の湯治場&露天風呂の雰囲気がいい大沢温泉 湯治屋(とうじや)感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年10月10日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    菊水館に一泊しました。
    大沢温泉には、新しい建物の山水閣、古い木造の湯治場、奥に藁葺きの菊水館があります。建物を探検してみた印象でいうと、山水閣はきれいなんだけど新しすぎて風情に欠ける感じ。菊水館は一番奥なので人の出入りが少なく、建て付けは古いけどその分ゆったりした雰囲気でした。

    そして湯治場は、廊下から襖一枚挟んだそれぞれの部屋に湯治のお客さん達が集まっている会話まで聞こえてきて、活気ある湯治場の雰囲気がとてもよいです。湯治客用の売店や食堂も並び、東北の温泉地気分をいやがおうにも盛り上げます。

    風呂場はそれぞれの棟に数カ所ありますが、やはり入るべきなのは、有名な川沿いの露天風呂。菊水館側の渡り橋から丸見えなのですが…開放感・景観・秘湯気分、どれをとってもこの露天風呂が一番だと思います。お湯はpH 9.0、総成分量500mg/kgのNa-硫酸塩泉。少し硬い感じのするお湯ですが、特に臭いや味はなく、無色透明。とにかく湯の供給量が多いので、常に新鮮な湯であることが特徴です。

    露天風呂は、男性は脱衣所も丸見え。女性は脱衣室はあっても入浴時は丸見え。なので、女性にはかなり入りづらいと思いますが、夜中などを選んで入ってみるとよいと思います。

    他の書き込みをみると、食事の味がおちたという感想が多かったですが、私は初めて泊まったこともあり、食事も十分満足しました。菊水館の広めの部屋もよかったです。またリピートするなら、菊水館>湯治場>山水閣の順で泊りたいと思います。

  • 山奥の濃厚泉質秘湯

    投稿日:2010年10月18日

    山奥の濃厚泉質秘湯元湯夏油感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年10月10日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    夏油と言えば、川沿いに並ぶ露天風呂、そのほとんどが混浴という秘湯そのもののイメージでしたが、実際、北上から夏油へ向かう山道はかなりの急所でした。夏油スキー場を過ぎてからの5kmは慎重に運転しましょう。

    さて、元湯夏油というのは、元湯夏油の本館の他に、いくつもの湯治場が並んでいます。湯治の方のための店や食堂もあって、それらを通り過ぎた先に温泉が並んでいます。

    一番奥にあるのは「大湯」。とにかく熱い。45℃以上はある。肩まで浸かっている人もいるけど、相当我慢している感じです。かすかに濁った透明な湯に、自然そのもののような土の臭い。正に野湯。

    それに比べると「疝気の湯」は、40℃以下のぬるいお湯です。足下からプクプクと湧いていくルお湯がまたいい味を出していて、鉱物を思わせるような硬い香りと、硫黄ともアブラ臭とも言えないほのかな臭いがします。お湯が新鮮な証拠ですね。

    お湯は湯船によって少しずつ違うとは言え、おおむねNa,Ca-塩化物泉。でも、K, 炭酸水素, メタケイ酸など微量な成分も多く、複雑な泉質です。pH 6.6、総成分4.95g/kg。お湯は特徴的であり、アクセスの悪さもあって秘湯と言ってよいでしょう。気に入りました。ただ、泊まるならもう少しゆっくりできる旅館がいい。

243件中 81件~90件を表示

前へ  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる