本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

夏ランキング2019

かとぅん

かとぅん さん

平均33.3点 / 243件

いつも参考にさせてもらっているので、少しは還元しなきゃいけないかなぁと思って書き込んでみます。

温泉は泉質と鮮度だと思います。鄙びた温泉・野湯歓迎!日帰り入浴は500円まで!

性別指定なし 年齢 45歳 住まい神奈川
HP指定なし
ブログ指定なし

243件中 61件~70件を表示

前へ  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 真っ白な濃厚硫黄食塩泉の野湯

    投稿日:2009年11月15日

    真っ白な濃厚硫黄食塩泉の野湯川北温泉露天風呂感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年11月15日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    これはいい泉質ですね。満足です。
    無料露天風呂だけの野湯ですが、もともと旅館のお風呂場だったというだけあって、ちゃんと床があります。浴槽も4人くらいしか入れない小さいものですが岩風呂です。もともと旅館の内湯の、廃業して屋根と壁が取り払われただけ、というのが現実なのかも知れませんが…。

    とにも泉質最高です。真っ白な濁り湯で、アブラ臭に近いくらいの強烈な硫黄臭、そして塩味。個性の強いお湯です。しかし刺激はまろやかな感じです。感じとしては中性に近い印象でピリピリした感じはありません。源泉は上流部からホースで引っ張ってきてかけ流しになっています。湯の鮮度も新鮮です。成分表示はありませんが、含硫黄食塩泉との表記はあります。地元の愛好家による清掃が行われているらしく快適に入れます。

    場所は中標津空港から標津方面へ走って、国道244号線を根北峠へ向かう途中、金山橋というところに大きめの看板が出ています。橋から5kmは未舗装道路ですが、比較的整った道で、オンロード車でも普通に走れます。2009年11月訪問時は通行止めは解除されていましたので普通に入れましたが、11月より冬期閉鎖みたいなことは書いてありました。

  • 古いが、かけ流しの鉄鉱泉もよいです

    投稿日:2009年11月4日

    古いが、かけ流しの鉄鉱泉もよいです蘭越町交流促進センター 雪秩父(旧 国民宿舎雪秩父)感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年11月1日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    33.0点

    雪の降り始める季節に宿泊しました。ニセコ大湯沼の傍にある国民宿舎。蘭越町の町営施設です。評価が分かれていますが、確かに施設は古い。しかし温泉は高評価だと思います。温泉は鉄鉱泉と硫黄泉となっており、どれも微白濁した湯ですが、鉄鉱泉と書かれたところは微かに茶褐色に濁っており金気臭もあります。pH 6.7、総成分0.84g/kg(Na,Ca-炭酸水素塩泉)。

    硫黄泉はpH 3.5、総成分0.55g/kgの比較的、薄い成分で、あまり強い刺激は感じません。それでも硫黄臭はしっかりしており、底には泥状の成分も少しは貯まっています。硫黄泉の浴槽は全体的にぬるめ、鉄鉱泉はほぼ適温に調節されていましたが、雪がちらつく天気だったため、露天風呂の硫黄泉は少し温度が足りないように思いました。露天風呂が有名な宿ですが、内湯もコンクリート製で古びてはいるものの湯治宿のような雰囲気があり、むしろ露天風呂の湯船の数があんなにたくさんなくても充分満足できる温泉だと思いました。

    晩秋のためか、宿泊者も少なく夜はほぼ貸切でした。外来客も少なかったので、建物は古いものの清潔感については気になるところはありませんでした。泊まった6畳の部屋は床が抜けそうになっていたり、テレビも3つのチャンネルしか映りませんが、食事も質素なものの小食の私には充分満足であり、2食付き6700円という値段と建物の築年齢を考えると、充分問題なく泊まれる宿でもあります。でも、そろそろ建物も建て替えの時期なのかも知れませんね。洗面所がトイレから独立していないのは不便でした。特別なサービスはなく、建物も耐用年数が迫っている、でも、私はお湯が良いと思うし、また入りたい温泉と思います。

  • 化学薬品系臭いの代表格

    投稿日:2009年10月26日

    化学薬品系臭いの代表格ぽっぽの湯感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年10月22日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    特徴的な臭いの温泉です。鶴岡市と酒田市の中間、長沼温泉にある日帰り温泉施設。田んぼの真ん中です。公共施設のようで物産の販売所や公民館なども併設されています。駅としては羽越線西袋駅が最寄りですが3kmほど離れており、タクシーを含め何も交通機関がないので車で行きました。

    浴室に入ると強烈な化学薬品のような石油系の臭い。すでに強烈です。浴室はタイル貼りでスーパー銭湯っぽい。外には広い露天風呂もあります。一般浴槽は循環消毒併用で、赤茶色のお湯。微かに濁りはありますが足下まで透けて見えます。味・臭いともにあまり強烈ではありません。

    感心なのは源泉浴槽と露天風呂には2号泉と3号泉の源泉をブレンドしてそのまま使われていること。成分の濃い2号泉はpH 8.0、総成分25.6g/kgの濃厚な食塩泉。これは主に源泉浴槽と露天風呂に使われています。強い塩味と、強烈な謎の化学物質のような臭いがします。防腐剤のクレオソートとパラジクロロベンゼンの中間のような強烈な臭い。これをちゃんと源泉槽として用意したところが偉いと思います。アブラ臭好きにはとにかくお勧めです。逆に普通の(?)お風呂に入りたい人には臭いが個性が強すぎるかも…。

  • 源泉大量かけ流しの住民用共同湯

    投稿日:2009年10月25日

    源泉大量かけ流しの住民用共同湯湯田川温泉 正面の湯感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年10月23日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    湯田川温泉の中心にある公共湯。湯田川温泉全体の源泉にもなっています。外来入浴者は200円で入浴できますが、旅館への宿泊者は無料で入ることができます。鍵でロックされているので鍵を開けてもらわないと入れません。地元の人の利用が中心なのでほとんどの人が洗面器と石けん持参で、入るとき出るときには挨拶するのが基本みたいです。

    入口は和式建築を思わせるファザード、中は普通にコンクリートのタイル貼り浴槽。湯船は5人くらい入れる大きさで、カランもありますが基本的には浴槽からお湯を汲んで体を洗います。お湯は無色透明、ほぼ無味無臭、pH 8.4、総成分1.29g/kgのNa,Ca-硫酸塩泉。新鮮なお湯だけに臭いは微かに土のような臭いがします。泉質に強い特徴はありませんが、源泉供給量は非常に多く、常に浴槽から溢れており、お湯の新鮮さは素晴らしいと思います。

    湯田川温泉自体は旅館が15軒くらいありますが夜は静かなところですし、正面湯自体も夜20時には閉められてしまいます。入浴するなら早めの時間がよいかも知れません。また、近くに田の湯というもう一つの共同湯がありますがやや小ぶりです。

  • 透明な湯の中では記憶に残る湯

    投稿日:2009年9月30日

    透明な湯の中では記憶に残る湯濁川温泉 新栄館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年9月30日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    森町市街から国道5号を北上、途中で山の方へ左折し5kmくらい走ったところが濁川温泉。温泉街や繁華街は全くない田園地帯ですが、盆地一帯に温泉施設がぽつぽつと並んでいます。

    その盆地の北の外れにある一軒の宿が新栄館。正面が木造の2階建てで、新しく作られたと思われる建物が右手にあります。浴室は木造の右手奥。この木造建物がなかなか渋い感じに古くなって床が傾いている…。温泉通として一人で泊まるには楽しそうですが、仲間ととまるには難しそうな感じです(たぶん普通は新しくできた建物に泊まるのでしょう)。

    今日は日帰り入浴でしたので、さっそく浴室へ。これがまたレトロないい雰囲気を出しています。木の天井の湯治場みたいな空間に、コンクリートの長方形浴槽が3つ。カランはなくて浴槽からくみ出す方式。お湯は微かに黄色かかった透明なもの。ごく小さな湯ノ花がチラホラ舞っています。臭いは土のような臭い。硫酸塩かCa,Mgあたりが入っているでしょうか。キシキシするような、でもなめらかな感触の湯です。しかもお湯はどんどん供給されており新鮮です。床には析出物がウロコのように堆積して足が痛いほどです。

    透明で臭いのきつくない湯は個性が強く出ませんが、新栄館の風呂は独特です。道南では朝日温泉と並んで印象に残りました。

  • ほどよい弱硫黄泉の居心地よい旅館

    投稿日:2009年9月30日

    ほどよい弱硫黄泉の居心地よい旅館山口旅館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年9月20日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    秘湯を守る会の宿。阿蘇山の南縁、地獄温泉清風館のすぐ下にあります。外来入浴で混雑する地獄温泉とは対照的に、宿泊客中心で静かなのが山口旅館。谷あいに建物が連なり全体像が分かりづらい構造ですが、新しくはないもののよく手入れされた宿です。洒落た木造の玄関スペースもよし、フロントや客室係の必要十分な接客もよし。

    お風呂は複数の浴室があり、男女別の内湯(天の湯)と半露天風呂(かじかの湯)の他に、少し宿から離れた混浴露天風呂「滝の湯」があります。小さい家族風呂もありますが、これは家庭の内湯のようなものです。数種類の源泉がありますが、いずれも泉質は似ており、ほぼ中性、総成分600~700mg/kg。硫化水素0.3~2mg程度の軽く硫黄臭のする微白濁の温泉。上にある地獄温泉と比べると硫黄成分は少なく、むしろ炭酸水素成分が多く柔らかい印象です。

    山口旅館は地獄温泉のように温泉の個性を楽しむには柔らかいお湯で刺激的ではありませんが、環境の静かさ、待遇、料理も適量で、泊まる旅館としてはとてもよいと思います。なお、宿泊客は地獄温泉の無料券がもらえるので徒歩で入りにいくことができますし、女性には滝の湯用に混浴用湯着の無料貸し出しがあります。

  • 柔らかい感触の新鮮な濁り湯

    投稿日:2009年9月28日

    柔らかい感触の新鮮な濁り湯鯉川温泉(こいかわおんせん)感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年9月18日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    33.0点

    昆布駅からは車で10分くらい。ニセコの町からは奥まったところにある宿で、周りは夜になると真っ暗。近づいていくにつれ、次第に温泉の臭いがしてきて期待が高まります。玄関からして古きよき旅館のたたずまい。木造の建物で、部屋の造りは10畳+縁側というところ。古いと言えば古いので、廊下を歩く音がぎしぎし言います。この辺は大目にみてもよいでしょう。

    肝心の温泉は、なかなか渋い。内風呂+露天風呂ですが、この内風呂が昔の銭湯のような、天井が高くてタイル貼り。昭和の雰囲気です。お湯は薄い白茶色の濁り湯で、なかなかによい湯。pH 6.3、総成分3.7g/kg。柔らかい感じの泉質なのは、メタ珪酸と炭酸水素のせいでしょうか。味と臭いはありませんが湯は新鮮です。露天風呂も同じ泉質でこちらは林に面しています。内湯・露天ともにお勧めできます。また建物も古いとはいえ、清潔に保たれていますので心地よく過ごせると思います。ニセコで硫黄でない温泉としてはかなり気に入ったところです。ネット回線はないけど確かにドコモ・emobileともに感度良好です。

  • 山の中の雰囲気が最高!

    投稿日:2009年9月24日

    山の中の雰囲気が最高!奥美利河温泉山の家感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年9月16日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    国縫ICから10km入った美利河ダムを右折し、さらに細い舗装道路を10km。一番奥にあるのが奥ピリカ温泉。山の中の、川沿いにログハウスの町営宿泊施設があって、別棟で温泉棟があります。この温泉棟の雰囲気がいい!周りは山に囲まれてすごく静かなところです。携帯の電波も入りません。

    温泉棟は、男女別の内湯と、混浴の露天風呂。内湯はログハウスの中で薄暗く静かです。木枠で、湯の底には小石が敷き詰められています。石けん類は置いてないしカランもありません。ただお湯に浸かるだけ。かなりぬるい無色透明なクセのないお湯が淡々と注がれています。

    露天風呂は、男女別の内湯を出たところで開放的な混浴露天風呂です。水着の着用は可。岩で組まれた大きな露天風呂で、底には砂利が敷いてあります。お湯は無色透明。無臭無味。ログハウス脇の岩場から源泉のお湯が入ってきます。そこだけは少し暖かいけど、かなりぬるめの湯です。泉質はpH 7.8。成分総計0.3g/kgのかなり薄いお湯。成分はCaと炭酸水素塩が主で、特徴は強くないがサラッとした、そして鮮度が高いものです。

  • 十勝山奥の3種類の源泉かけ流し

    投稿日:2009年9月24日

    十勝山奥の3種類の源泉かけ流し幌加温泉 鹿の谷感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年8月30日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    帯広から1時間半ほど北上した糠平湖の奥にある旅館。糠平温泉を過ぎて、そのまま国道273号を北進します。糠平湖より少し北側にホロカ温泉の看板が出ていますので、そこを西へ曲がると2kmほどで着きます。ホロカ温泉には自炊宿を含め3軒ほど宿があるようです。鹿の湯は古い旅館で、1階の奥に浴室があります。脱衣所は男女別で、女性用の小さな浴槽もありますが基本的には内湯・露天風呂ともに混浴です。メインの内湯には入口こそ男女別ですが、中は完全に一室です。

    広い内湯には浴槽が3つあり、手前から、ナトリウム泉・鉄鉱泉・カルシウム泉となっています。いずれも強い臭いと味はなく、ややキシキシ感を感じます。色はほぼ透明無色。ナトリウム・土類ー硫酸塩泉の印象です。いずれの浴槽もコンクリート貼りで10人は同時に入れる大きさ、温泉成分が縁に付着し鍾乳石のようになっています。浴室が広い窓に面しているので、外の緑を見ることができ明るい浴室になっています。石けんなどの備品はないようです。

    露天風呂は建物を出て15mほど歩きます。周りは完全に緑と川に囲まれて自然の中です。泉質は内湯と変わりませんが、源泉が少し上にあって熱いお湯が注がれています。湯温は内湯・露天ともに適温です。場所は不便で新しい施設でもありませんが、人気があるようですね。風呂上がりには休憩所もあります。お湯の新鮮度と秘湯感は高いです。

  • 新しい施設・細かい湯ノ花の濁り湯

    投稿日:2009年9月16日

    新しい施設・細かい湯ノ花の濁り湯五色温泉旅館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年9月7日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    33.0点

    ニセコ五色温泉は宿が数件の小さな温泉で、商店などはありません。今回は五色温泉旅館に宿泊しました。ニセコ山の家の向かいの、より源泉の地獄地帯に近いところです。部屋の窓の眺めは源泉地です。予想と違ったのは新しくてきれいな宿だったこと。入ってすぐのところに食堂と混浴の露天風呂があって、奥の方に男女別の内湯・露天風呂が2カ所ずつあります。男女別の浴室はシャンプーなどありアメニティも揃っています。混浴の露天風呂はただ脱衣所と浴槽しかないし夜は真っ暗ですが、雰囲気はよいです。

    お湯はpH 3.2の酸性泉で細かい湯ノ花が舞う白い濁り湯です。成分総計5.28g/kg。H2S 10.5mg。当然、ちょっとすっぱくて、かなり硫黄の強い温泉です。傷があったら浸みますね。これが、全部の浴槽にかけ流し。全体的に熱めですが、露天風呂はぬるいので長湯にはよいです。しかも広くて、木の風情もあって、清潔感もあります。昼間は外来入浴で混むようですが、夜はしーんとしていて、テレビ(BS放送のみ)以外音が出るものがありません。この日は9月の平日で泊まり客は4~5組。全部の浴室をたったこの人数なので夜はずっと貸切でした。

    館内に貼ってある昔の写真を見ると、湯治場みたいな旅館だったようですが、現在は秘湯のような雰囲気はありません。泉質好きにも、清潔な宿が好きな人にも、ある程度なら団体さんでも大丈夫そうな宿でした。ソフトドリンクとビールの自動販売機あり。ドコモの携帯は入ります。

243件中 61件~70件を表示

前へ  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる