本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

かとぅん

かとぅん さん

平均33.3点 / 243件

いつも参考にさせてもらっているので、少しは還元しなきゃいけないかなぁと思って書き込んでみます。

温泉は泉質と鮮度だと思います。鄙びた温泉・野湯歓迎!日帰り入浴は500円まで!

性別指定なし 年齢 45歳 住まい神奈川
HP指定なし
ブログ指定なし

243件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • かなり前の感想ですがオススメ

    投稿日:2010年9月14日

    かなり前の感想ですがオススメ渋温泉 かめや旅館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2007年12月14日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    2年前の感想であることを、ご容赦ください。
    真冬に一泊しました。猿が温泉に入っているのがみたくて、かつ渋温泉の湯巡り目的で一泊しました。

    宿は渋温泉街の真ん中にあります。9つの外湯巡りをするにはちょうどよいところです。外湯の鍵は、宿で貸してもらえます。

    この旅館の温泉は、猿の温泉で有名な地獄谷の源泉を引いてきたものと、旅館街の共用のもの、旅館独自のものがミックスされているようです。お湯は無色透明で、かすかに硫黄臭ともとれるような独特の臭いがあります。宿の中にいくつか、ちょうど数人で入れるようなこぢんまりとした貸し切り露天風呂が作られており、冬であれば雪見風呂が楽しめます。貸し切り露天は複数ありますが、施設の写真に載っている岩風呂が一番大きくてゆっくりできると思います。

    食事も、量や内容に合わせて部屋に出してもらえました(写真)。そんなに混むこともなく、値段も手頃で満足できる宿だと思います。2年前の感想ですので、もう少し最近の感想がありましたら、フォローお願いします。

  • よい宿だが真夏はちょっと大変

    投稿日:2010年9月14日

    よい宿だが真夏はちょっと大変銀婚湯感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年8月31日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    55.0点

    8月の終わりに一泊しました。北海道でも最も評価の高い宿の一つと思い、泊まってみました。
    今年の8月は北海道もとても暑い日が続いていました。夕方に着いたので、まずは自慢の、離れの露天風呂へ。これが、意外に遠いです。宿の裏庭を歩くのですが、特にトチニの湯は、15分くらいも歩かなければなりません。夏の終わりのため蚊が多く…、トチニの湯に着いた頃には汗だく&虫さされでした…。

    とはいえ、お湯はトチニの湯が、やはり一番よかったです。濃厚な食塩味に、アブラ臭に近いガソリン臭。薄く濁った緑色のお湯といい、かなり個性的過ぎるお湯であります。

    離れの露天風呂は4つあるので、「もみじの湯」へも行ってみましたが、お湯はトチニの湯には敵わなかったと思われます。旅館の内湯・露天風呂のお湯は、少しおとなしめながらも、やはりかなり特徴的な泉質です。pH 7.3、総成分7.6g/kgの温泉は、Na-塩化物・炭酸水素・塩化物塩泉ですが、なによりも肌に纏わり付くような塩分の濃さと、アブラ臭はたまらないものがあります。アメニティや料理の評価も高い旅館ですが、何よりも、お湯が強烈です。

    真夏に行ったので、お風呂の後は汗だくでたいへんでしたが、涼しくなったらぜひまた行きたい温泉です。料理はさすがに美味しかった~

  • まったりとした肌触りのよい緑茶色の濁り湯

    投稿日:2010年9月14日

    まったりとした肌触りのよい緑茶色の濁り湯富良野 思惟林(旧 ヒュッテバーデンかみふらの)感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年9月1日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    44.0点

    十勝岳登山のため、一泊しました。
    上富良野の市街から、車で30分ほど。山の上にあります。かの有名な吹上温泉露天風呂も、車で10分ほどの距離です。

    山の中の一軒宿で、周りにはもちろん売店も何もありません。富良野盆地が見渡せて景色がよいです。
    ここの温泉は、薄緑色から茶色の濁り湯。掘削で見つけられたようです。pH 6.5、総成分2.25g/kg。Ca,Mg-硫酸塩・塩化物泉です。土類元素が多い割には、味も苦くなく、ほぼ中性のためか、非常にまろやかな感じのお湯です。お湯も低めに設定されているため、長風呂をしても疲れることなく入っていられるように思います。

    風呂場は、夜中に男女入れ替えで、それぞれ内湯と露天風呂があります。周りが原生林なので、露天風呂も原生林の雰囲気です。裏手にはエゾシカが来ました。そんなに凄く特徴的な泉質ではありませんが、近くの清潔感も高く、吹上温泉よりは肌に刺激が少ないので、ゆっくり一泊するにはいいと思います。

  • 牧草地帯の開放的な薄茶色モール泉

    投稿日:2010年5月16日

    牧草地帯の開放的な薄茶色モール泉オーロラファームヴィレッジ感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年5月15日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    標茶駅から車で15分くらい。舗装道路から次第に未舗装道路に入ってずっと走っていきます。途中に何カ所か案内板が出ていますので、標茶から注意深く進めば分かるでしょう。最後の未舗装道路は狭くて滑るので注意して運転してください。

    そんな林の中に突如現れるオーロラ温泉。宿泊ロッジとか牧場のある複合施設で(個人経営?)、ロッジで受付をすると、お風呂の場所を案内されます。お風呂はロッジから少し離れていて、混浴の半露天風呂と、男女別の内湯・露天風呂が別棟であります。いずれもお湯は薄茶色のモール泉。濁りはほとんどなく足下まで見えるくらい。味もありません。臭いは微かに不可思議な匂いがします。モール泉にありがちな泡立ちはあまりありません。かなりすべすべ感が強く、pH 9.37、総成分260mg/kg。pHが高いせいかとても特徴的な肌触りで、しかしながら刺激的な感じはなく、お湯がぬるめなこともあって長湯をするのにとてもよいです。冬場はぬるくて寒いかも知れませんが、夏場などはとてもいいかも知れません。

    モール泉はあまり好きではなかったのですが、ここのモール泉はぬるぬる感の強いわりにとても肌触りがやさしく、また湯温もぬるめでとても好印象でした。周囲の景色も原生林と川だけで爽快でした。行くのは大変ですがお勧めです。

  • まさに鹿の湯源泉のホテル

    投稿日:2010年4月26日

    まさに鹿の湯源泉のホテル松川屋 那須高原ホテル感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年2月21日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    某雑誌の温泉特集で、かの那須湯本温泉「鹿の湯」と同じ源泉を引いている宿として紹介され興味を持っていました。近くで用事があったために1泊しました。

    黒磯駅からずっと山に入っていったところ、那須湯本温泉の高台にあります。谷底にある「鹿の湯」の源泉を引いた大きなホテルで、さすがに新しいとは言えないまでも十分清潔感あります。

    風呂場は、広めの内風呂と露天風呂。どちらも、ミルクのような乳白色のお湯が満たされています。強い匂いの硫黄泉なのですが、不思議とトロトロしたような触感です。湯ノ花は極めて細かく、真っ白に濁っています。pH 2.5、総成分1040mg/kg。メタ珪酸380mg、硫化水素28mg(ガス)+42mg(溶存)。まったりとした肌触りはメタ珪酸のせいでしょうか。そして強烈な硫黄。宿だけでなく那須湯本温泉全体がもはや硫黄の臭いがします。お湯の温度もほどほどに調節されています。大型ホテルとはいえ温泉もかなりのものです。露天風呂は小さくて数人しか入れないのですが、木の触感のある風呂場で展望もよく、外来入浴者のいない夜はよりゆっくり入れます。風呂上がりのところに喫煙所があるのだけは改善した方がいいかも。

    料理も安いプランにしたのですが、十分に食べられました。温泉が主な目的なら料理は少なめにしても十分楽しめると思います。なお、坂道を降りて10分くらいの「鹿の湯」まで外来入浴に行ったのですが一時休業していました。宿泊にしておいてよかった、と胸をなでおろしました。

  • どうしたらこんな青白い湯になるのか

    投稿日:2010年4月3日

    どうしたらこんな青白い湯になるのか観海寺温泉 いちのいで会館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年2月13日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    44.0点

    2年ぶりに再訪。別府有数の青白い濁り湯。
    私も初めて行った時はかなり道に迷いましたが、さすがに今回は迷いませんでした。別府駅から車でラクテンチのケーブルカー乗り場へ向い、ケーブルカー乗り場を右折して、細い川沿いから急な坂を登っていきます。少なくとも最初はちゃんと下調べしてから行った方がいいですね。

    前回入浴した時は午後3時くらいだったのでほぼ無人で貸切でした。その代わり貸切料金を取られました(お弁当付きで2000円くらいしました)。今回は普通に昼に行ったので、だんご汁付きで入浴。写真はだんご汁です。あまり夕方近くだと、だんご汁は終了してしまうようです。

    さすがに土曜日の昼間は混んでいました。今回は小さい方の「金鉱の湯」。さすがに景色は別府市街が一望の「景観の湯」には敵いませんが、木々に囲まれた岩組みの露天風呂で雰囲気はいいと思います。「景観の湯」はほとんどプールですからねー。

    さて、いちのいで会館は、何と言ってもこの青い濁り湯。成分表記によるとpH 8.5、総成分2350mg/kg。温泉法上はNa-塩化物泉という特徴ない成分ですが、何げにメタ珪酸470mg/kgを含みとても肌触りのマイルドなお湯です。お風呂が大きいのでぬるめなのもマイルドな一因でしょう。味と匂いはほとんどありません。

    この青い色はどこから来ているのでしょうか?鉄イオンは含まれておらず、銅イオンも0.2mg/kg以下です。細かい成分は分かりませんが、微量成分によってこれだけの色が付くのは温泉の不思議と言っていいでしょう。そして長湯をしても全く疲れない肌触りのよいお湯。別府の中でも私のお気に入りの一つです。

  • 温泉好きを満足させる手作り家族風呂

    投稿日:2010年3月3日

    温泉好きを満足させる手作り家族風呂奥みょうばん山荘感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年2月14日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    別府・明礬温泉からさらに10分くらい車で入ったところ。あまり大っぴらに宣伝していないとのことで道案内の看板がありませんから結構迷いました。集落の奥にある湯小屋で、家族風呂が5つ。さらに現在5つくらい建てているところでした。どれも1~4人が入れるログハウス調の長屋で内風呂、もしくは内風呂+露天風呂という構成です。写真は一つだけある内風呂+露天風呂のお風呂場です。

    泉質は、酸性・硫黄泉(硫化水素型)でしょうか。成分分析にはpH 5.7、成分総計12mg/kgと書かれていますがそんな薄い湯ではありません。灰白色の濁り湯で、酸味があり強い硫黄臭。砂粒大の湯ノ花が大量に舞っています。サラサラとした肌触りもよく、別府の硫黄濁り湯の中でも上質だと思います。源泉95℃のお湯がどんどん注がれているのでかなり薄めないと入れないのが難点ですが、それだけにお湯はとても新鮮です。このお湯が500円で貸切で楽しめるのは素晴らしいことです。

    どうやらお風呂はご主人が趣味で岩風呂など手作りで作っているそうです。上等で新鮮な泉質、一家族くらいがちょうど入れる大きさの構造。温泉好きの心をくすぐる造りをしています。湯上がりの温泉卵50円もオススメです。なお、現在は宿泊は受け付けていないようです。

  • 爽快なお湯・洒落た和室・野生動物の観察も

    投稿日:2010年2月1日

    爽快なお湯・洒落た和室・野生動物の観察も湯宿 だいいち感想

    かとぅんさん [入浴日: 2010年1月9日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    1月始めに宿泊。中標津の市街からは車だと40分くらい。完全な氷道なので現地人以外は送迎を頼んだ方が正解でしょう。

    養老牛温泉の中心にある宿ですが、温泉自体が自然に囲まれているので宿に入った瞬間からエゾクロテンが走り回る姿に癒されます(写真)。館内は民芸調にあしらわれていますが、各部屋はモダンに改装され(こっそり他の部屋も覗きましたが)清潔感と洒落た感じと、でも木のぬくもりや古い家具など風情もあり快適です。

    肝心の温泉は昼間は外来入浴客が結構入っています(夜はかなりゆったり使えます)。大浴場の内風呂と何種類かの露天風呂。そして川に面した混浴の露天風呂といくつも楽しめます。木の香りのする内風呂もいいし、大きな木をくりぬいた丸太風呂もいい。そして傍を流れる小川とほぼ同じ目線のコンクリートの露天風呂はぬるくて長湯向き。1月なので周りは雪と氷の世界でしたが、風呂場は快適です。湯はpH 7.4、総成分1.6g/kgのNa/Ca-塩化物・硫酸塩泉で、そんなに特殊な泉質ではないものの、湧出量が多いためでしょう。どこもお湯が新鮮で草木や土の匂いの微かに混ざった匂いがします。

    豪華さはないけど、温泉・料理・環境・部屋、すべていいバランスの宿です。餅つきなどのイベントもあり、野生動物の姿に飽きることがありません。東京から直行便で行けばそう時間もかからないし、ゆっくりするにはとても快適な温泉宿だと思います。

  • 乳白色の有名露天風呂

    投稿日:2009年11月22日

    乳白色の有名露天風呂羅臼温泉 熊の湯感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年11月19日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    知床の観光名所の一つとも言える熊の湯。羅臼市街から知床峠方面へ車で10分ほどの距離にあります。冬期は知床峠は通行禁止ですが、熊の湯までは入ることができます。入湯したのは11月末。すでに雪が降っていて路面が凍っていました。知床峠への道がゲートで封鎖されており、その前に10台分くらいの駐車スペースがあります。歩行者用の橋を渡ったところが熊の湯。無料で管理人は不在。男女別の露天風呂で、屋根のある簡易脱衣スペースがあります。夜だったのですが、電灯が灯いていました。

    熱い、という感想をよく見かけますが、私が訪れた時はほぼ適温。真っ白に濁った乳白色の湯で、湯ノ花など固形分はほとんどありません。中程度の硫黄の臭いがあります。味はあまりありません。pH 9.1、総成分3880mg/kg。イオン型の硫化水素が11.3mg(ガス0.1mg)とほどよい硫黄分です。含硫黄・Na-塩化物泉ですが、炭酸水素340mg・メタ珪酸340mgなど多くの成分が含まれ、成分が濃い割には柔らかい浴感があります。

    毎日朝に有志で清掃されているそうで、清潔感もあります。あまりエチケットを怒るような人もおらず、平日の夜だったためか、地元の方々が自前の洗面器とシャンプーを持参して代わる代わるやってきました。知名度だけでなく、実力ある温泉です。混んでない時間を狙っての入浴はとても快適です。

  • 夜は満天の星空・快適な野湯

    投稿日:2009年11月18日

    夜は満天の星空・快適な野湯からまつの湯感想

    かとぅんさん [入浴日: 2009年11月16日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    11月、平日の夜に行ってきました。
    旅館が3軒並ぶ養老牛温泉を通り過ぎて未舗装道路に入り、くねくねと数分走ったところ、左側の林の中です。旅館のあるところは街灯もあるものの、ここまで来ると夜は真っ暗。「からまつの湯」への看板が道端に出ているものの、小さくて一度見落としてしまいました。

    小さな川の傍に駐車スペースと、木造手作り感あふれる脱衣場があり、混浴の岩風呂があります。広さは5~6人が入れる大きさ。団体が来たら一杯でしょうね。晩秋の夜なので貸切状態でした。まだ雪は積もっていません。無料の野湯なのですがよく手入れされていてきれいです。湯船の底に敷き詰められた小石もいいですね。

    お湯は無色透明なもので、誰もいない時間帯なのに至適温度。硫黄とも言えないのですが、ほのかな土の臭いがして、とても新鮮な湯です。空を見上げると満天の星空。露天風呂に浸かって星空とは何にも代え難い快適さでした。なお、電灯はありません。私はライトを持参して入浴しました。

243件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる