本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

夏ランキング2019

かとぅん

かとぅん さん

平均33.3点 / 243件

いつも参考にさせてもらっているので、少しは還元しなきゃいけないかなぁと思って書き込んでみます。

温泉は泉質と鮮度だと思います。鄙びた温泉・野湯歓迎!日帰り入浴は500円まで!

性別指定なし 年齢 45歳 住まい神奈川
HP指定なし
ブログ指定なし

243件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 登山者にのみ許された足下湧出湯

    投稿日:2011年10月3日

    登山者にのみ許された足下湧出湯赤湯温泉 山口館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年9月18日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    苗場山に登山をして、その下山に一泊しました。苗場プリンスホテルなどのある登山口からも歩いて2時間、宿の予約の時にも「山道を歩けますか?」と聞かれますが、登山道を2時間歩ける装備で行くべき宿です。苗場山の山頂から下山する歩程4時間の道もあまり整備されておらず、アクセスは難易度の高い温泉と言わざるを得ません。

    その分、宿についた時の開放感はひとしおです。川に面した部屋は、山小屋とは言え個室が用意され、電気はありませんが夜には石油ランプが灯されます。夏でも肌寒いくらいですが、窓を閉めれば川の音も小さくなり、ランプのほのかな暖かみがあって、日常を忘れられます。料理は自家米と山で採れた山菜やキノコなどが中心で、質素なものです。決して華やかさを求めてはいけない。登山者としては物足りないので、何かしら肉などを持参した方がいいでしょう。

    肝心の温泉は3ヶ所。混浴の「薬師の湯」「玉子の湯」。昼間だけ女性用(夜は混浴)の「青の湯」です。どれも川に面しており、岩とコンクリートで作られた手作り感あふれるものです。薬師の湯と玉子の湯は自噴しているようで、川に面したシンプルな露天風呂の底から、ポコポコと空気とともにお湯が湧き出しています。素晴らしい泉質と思います。特に薬師湯が鮮度がよいでしょう。

    3つとも源泉は違いますが、どれもpH 6.5前後。総成分1.9~3.6g/lのCa,Na-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉で、青白~赤茶色に濁っています。鉄分など金属味は弱く、硫酸塩泉独特のキシキシした触感があります。臭いは強くありません。ここへ来るだけの価値のある足下湧出湯と思います。

  • 濁っていない日もあります

    投稿日:2011年9月21日

    濁っていない日もあります滑川温泉 福島屋感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年8月31日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    米沢八湯の一つ。板屋駅からずっと山道を入ったところにある一軒宿。有名な濁り湯ですが、入浴した日はほとんど濁っていませんでした。

    木造の宿で、山小屋の風情です。
    お風呂は4ヶ所あって、時間によって混浴・女性用などと変わります。

    建物の中に内湯が2ヶ所。建物の外に露天風呂が2ヶ所あります。
    基本はどれもNa,Ca-硫酸塩・炭酸水素塩泉。総成分1086mg。硫化水素はガス0.6mg+イオン0.8mg。浴感としては、硬い感じの硫酸塩泉です。濁り湯でなくても、鉱物の香り、土の香りがあります。特に内湯の大浴場はなみなみとお湯が注がれ、新鮮です。硫黄の臭いは強くなく、自然と入りやすいお湯です。建物は新しくありませんが、新鮮なお湯が楽しめます。周囲には硫黄の強い枡形屋もありますが、その仕上げ湯としてもとてもよいと思います。

  • 強烈なアブラ臭を実感

    投稿日:2011年8月26日

    強烈なアブラ臭を実感豊富温泉町営ふれあいセンター感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年8月26日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    多くの方が絶賛していますので、あまり長くは語りません。全国から入浴者が訪れる皮膚病の温泉、として有名かと思います。豊富温泉は、宿が数軒ありますが、ごくごく小さい温泉です。コンビニやお土産物店もありません。この町営温泉が、温泉街の中心施設、と言ってもいいかも知れません。

    お風呂の他にも、日帰りの休憩所の他、個室休憩室もあって日帰り施設ながらも病気療養に通う人も使いやすいようにできているみたいです。浴室も、湯治用のぬるめの浴室と、一般客用の熱めの浴槽に分かれています。とはいえ、誰がどっちに入ってもよく、湯治用はぬるめに設定されていて長湯しやすいという違いだけだそうです。

    熱めが嫌いなので、ぬるめの湯治用に入りました。
    お湯は、まったりとした塩系です。濃厚な黄白色の濁り湯で、pH 7.64, 総成分12.4g/kg。Na-塩化物泉ですが、メタホウ酸400mgを超える含有量のためかとてもすべすべした印象です。そして鼻をつくフェノール臭。これはもう強烈な印象ですね。さすが天然ガスと一緒にでてきたお湯だけあります。療養泉としての印象が強いですが、とにかく一度は入るべき強烈な温泉であります。

  • 何か今後の展開に期待

    投稿日:2011年8月4日

    何か今後の展開に期待岸権旅館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年6月18日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    44.0点

    グループ旅行で、伊香保の石段街へ行きたくて宿泊しました。
    立地はいいです。石段街の上の方で、眺めもよく、ちょっと石段へ遊びに行くこともできます。傾斜地にある旅館なので構造が複雑。古い大浴場(内湯のみ)はフロントの上の1階(又左衛門の湯)に、新しい浴室(六左衛門の湯)は別棟スパタワーの上、さらに新しい露天風呂(権左衛門・写真)が宿の外へ一歩出たところにあります。

    伊香保は、全部伊香保源泉から引かれていますので、源泉に近い方が新鮮ということになるのでしょうが、岸権旅館は比較的源泉に近い方だと思われます。

    新しくできた、露天風呂だけの権左衛門の湯が鄙びた感じと、木質の湯殿の雰囲気があって一番よかったと思います。反面、旅館からは一度外へ出るし行くのが面倒でもあります。大きな旅館でありながら、鄙びた温泉気分が味わえる浴室があると気分もよいです。ちょっと今後に期待でしょうか。

  • 露天風呂が濃厚まったり

    投稿日:2011年5月21日

    露天風呂が濃厚まったり霧島国際ホテル感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年5月14日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    霧島の中心地、丸尾の高台にあるホテル。丸尾なのでバスでも行けます。
    ホテルは大きくて、10階くらいの高さ。建物自体はちょっと古い感じはします。宴会場なども広くて、温泉の質はどうなのかやや心配ではありましたが…温泉はよかったです。

    2ヶ所に浴室があるのですが、泉質はいずれも薄く濁った白色の湯。硫黄の臭いがします。

    特に「別館」の方の露天風呂は、小さいしフロントからかなり歩くのが面倒なのですが、お湯はよかったです。巨大ホテルとは思えないような木質の内湯で、木の匂いもして一瞬、湯治場のような雰囲気もします。露天風呂の隅には、ボコボコと音を立てる源泉流入口があり、新鮮な硫黄の臭いが広がっています。朝で浴室が入れ替わりますが、どちらも開放感・泉質とも楽しめるものと思います。pH 6.2, 総成分289mg/kg。アンモニウム-硫酸塩・炭酸水素塩の不思議な成分。メタ珪酸40mgのためか、柔らかめの泉質とほぼ中性のお湯は肌にも優しい感じがします。

    もう一つ「大浴場」の方は、タイル貼りの内湯に濁り湯に露天風呂も付いているものの、雰囲気にはやや欠けます。こちらもほぼ同様の泉質で、足下までは見えないほどの白い濁り湯。硫黄の香りもほどよくあります。

    夕食はよかったです。地元の食事のアレンジに焼酎も選べて、満足でした。

  • 鍾乳洞かのような温泉堆積物

    投稿日:2011年5月3日

    鍾乳洞かのような温泉堆積物ユートピア和楽園 知内温泉旅館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年5月2日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    33.0点

    青函トンネルの北海道側出口近く、知内駅から車で10分ほど。原野の中の一軒宿です。函館から1時間半くらいかかるにも関わらず、夜21時まで外来入浴客で混んでいました。

    温泉は3ヶ所に分かれていて、男女別の内湯2ヶ所と、混浴の露天風呂が1ヶ所。それぞれ離れています。移動するには、一度服を着ないといけないのがやや面倒です。一番左手奥の一番古いと思われる浴室(秘湯を守る会のホームページに載っているところ)が最も特徴的かも知れません。浴槽と床全体に温泉沈殿物が堆積して鍾乳石のようになっています。浴室が全体的に薄暗いので鍾乳洞のようです。泉質自体も、カルシウムとマグネシウムが多くて、かなり硬めのキシキシした触感です。かすかに白く濁った、ほぼ無色透明。臭いと味はあまりありません。

    源泉は違うようですが、他の2ヶ所の浴室もほぼ同系統の泉質。成分はいずれもpH 6.7前後のほぼ中性、総成分 2.5g/kgのNa-炭酸水素・塩化物泉。昔でいうところの、石膏泉のために、いろんな成分が体積するのでしょう。お湯は全体的に熱いです。もう少しぬるい方が入りやすいなあ。地元の人の話では、気温でお湯の温度が変わるそうです。

    建物は新しくなってツインベッドの部屋で、ビジネスホテルみたいな作りでした。食事は山菜の天ぷらや牡蛎鍋など地域のもので十分楽しめます。一軒宿なので夜は静かなのもいいです。脱衣所のそばに喫煙所があってタバコ臭いのは改善点だと思います。

  • ぬるぬる薄黄色の源泉

    投稿日:2011年5月3日

    ぬるぬる薄黄色の源泉たらポッキ温泉感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年5月1日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    新青森から2駅、鶴ヶ坂駅前の旧国道7号を5分ほど歩いたところ。普通の日帰り温泉施設です。周りは住宅も少なく、なんとなく山の中という雰囲気のところです。青森市街からは離れているのに結構お客さんが入っています。

    料金420円の普通の公衆温泉浴場なのですが、なかなかの泉質です。タイル貼りの浴槽には、源泉がかけ流しになっています。淡黄色透明。弱アルカリ性でぬるぬるっとした肌触り、ごく微かにタマゴ臭がします。pH 7.8、総成分3.47g/kg。Na-塩化物・炭酸水素塩泉。成分表記ではそんなに特殊なものではないのですが、この微妙な触感が新鮮で良質な印象です。

    浴室の中に、温泉の由来について語ったプレートがあって、砂金の採れる沢に温泉が見つかり3軒の温泉宿があったことなどが書かれいて、読みながら入浴しているとついつい長湯になってしまいます。畳敷きの無料休憩所もあり。9時~22時営業。

  • 綿状の大きな湯ノ花

    投稿日:2011年4月27日

    綿状の大きな湯ノ花蟹場温泉感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年4月24日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    妙の湯・大釜温泉からさらに歩いて5分ほど奥にある一軒宿の温泉。川沿いの混浴露天風呂が有名ですが、内湯の方がゆっくり楽しめてよかったです。

    微かに硫黄の臭いのする透明なお湯に、大きめの綿のような湯ノ花がゆったりと舞っている不思議なお湯です。pH 8.3、総成分732mg/kg。硫化水素3.2mg。同じようなお湯は、鹿児島の「みやま荘」にありましたが珍しいように思います。

    川沿いの混浴露天風呂がよく知られていますが、宿から少し外をあるかねばならないのが、ちょっと不便です。同じ泉質なので、ゆっくりお湯を楽しむなら内湯がいいと思います。内湯にも無色透明、微かに硫黄や土の臭いが漂い、綿状の大きな湯ノ花が舞っています。お湯の鮮度は十分です。内湯は木の床からスノコになっており、お湯は下に流されていくようになって、お湯の清潔感・鮮度とも高く保たれています。乳頭温泉の他の湯と比べても十分満足できるものと思います。

  • 雰囲気のよいサラサラとした濁り湯

    投稿日:2011年4月5日

    雰囲気のよいサラサラとした濁り湯小地獄温泉館感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年3月20日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    雲仙の温泉街から車で10分ほど入ったところにある日帰り温泉施設。訪れた日は雨と霧でほとんど視界がなく、山の中の秘湯のような雰囲気でした。連休ということもあって、朝から多くのお客さんがいました。

    木造の浴室は、天井が高くもうもうとした湯気が立ちこめ、硫黄の臭いがしています。熱い浴槽と、ぬるめの浴槽があり、どちらも手元が見えないくらいの白い濁り湯で、ほのかな硫黄の臭いがよい感じです。お湯の感触はサラサラしており、比較的さっぱりとした印象です。酸味もそんなに強くありません。溶存成分228mg/kgの弱酸性泉で、メタ珪酸73mg/kgのせいか、ややしっとりした感じはあります。

    熱い湯は苦手なので、ぬるめの方にずっと入っていましたが、刺激も少なく、長湯しても湯疲れのしない湯です。風呂の外には休憩所もあり、セルフのおでん販売があって一休みできるようになっています。人気があって混んではいますが、ゆっくり楽しむことのできるお湯だと思います。

  • ぬるぬるさっぱりの湯

    投稿日:2011年4月3日

    ぬるぬるさっぱりの湯紫尾温泉 旅籠 しび荘感想

    かとぅんさん [入浴日: 2011年3月19日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    出水からも鹿児島空港からも1時間以上かかる微妙な場所にある温泉。周りには田畑が広がり、山が狭まり、ぽつんと温泉があります。温泉街というようなものもなく、ただ紫尾温泉に宿が数件あるのみです。しび旅館は古い民宿のような感じ。フロントを入ると、少し階段を下りて浴室棟へ。浴室は男女別の内湯と、貸切?の露天です。

    内湯には卵形の熱い浴槽と、四角いぬるめの浴槽の2つがあります。両方とも源泉風呂だと思いますが、どちらのお湯もトロトロした感じの透明な湯。湯ノ花はごく少量。微かに土類か硫黄のような臭いの残存が残ります。pH 9.2、総成分323mg/kg。メタ珪酸が32mgの他は、比較的薄いNa-炭酸水素塩泉です。

    お湯が刺激が少なく、肌触りがいいので、ゆっくりするにはよい温泉。周りに観光地もないので静かに温泉で過ごすにはよいところと思います。

243件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる